「館」もいいですが、「批評」が肝心なのでは? 

[2006/01/31] | ネット巡遊記 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

「国立新美術館がアニメの拠点に!」とかいう話です。

何しろ美術館を「アニメの拠点に」という意味が、まだよくわからないのですよね。「国立新美術館」というのは「ナショナルギャラリー」とか仮称してたヤツで、あまたの美術団体が主催する公募展とかをやると言っていたところだったと思います。今、上野の東京都美術館が果たしている役割を、国規模で拡大するという発想は、あまり前向きなものではないなと思っていましたが、六本木という立地のよさもあり、それなりに注目される美術館にはなりそうな感じです。
で、……この館でアニメについて、何をするんだろう?収集?展示?常設展示はないところなんでしょ?関係史料とかは図書コーナーみたいなところでも公開できるのかな。映像アーカイブのようなものができるんなら、けっこう期待できますが……権利関係とか、けっこう厄介そうな気もします。
この書き方だと、運営には日本動画協会というところが深く関わるようですが。これって同業者団体なのかな?大手のアニメ制作会社がたくさん入っていますね。(それでも虫プロの社長が理事長なのか…と変なところでも感心を。)杉並アニメーションミュージアムの運営を手がけているそうだから、そういうような活動をすると思っておけばいいのだろうか?
杉並は面白そうだから、一度は見に行きたいんですよね。どなたかもう行かれた方、ぜひ感想を教えてください。

美術団体というのも、昔は元気は良かったけど、今はどう見たって絵描きさんや彫刻家さんたちの「同業者団体」ですからねぇ。(あれは一種の「ギルド」だ、なんてのは、もう半世紀ほども前に議論され尽くしてきた話。)
そういう意味では、いわゆる「美術」でさえ、健全な「批評」というものが確立されているのか危ぶまれるのが、この国の偽らざる現状なわけで。
とりあえず美術館でアニメをどう扱えばいいのか分からないし、アニメもまずは、同業者団体の手前味噌でやらせてみたら、どんなものになるんだろうか…などというのは、辛口すぎる深読み?(笑)
とにかく、どんなものになっていくのかと、興味津々です!

それと、ここにリンクの載っている『日本のアニメ全史』というこの本、ちょっと高いんですが、「買い」ですか?どなたかお持ちで?(田舎の書店では、見かけたことがございません・・・)

漫画・アニメ全般 - 漫画・アニメにほんブログ村 漫画アニメブログへ


以下は余談。。。
続きを読む
スポンサーサイト



「ガンダム」シリーズを、ただ制作年順に並べてみた 

[2006/01/31] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

Wikipediaの機動戦士ガンダムシリーズ一覧より、映像作品(劇場・TV・OVA)だけを抽出して、制作年順に並べてみました。自分は映像の制作史として、こういう風に見てみたいんだという、ただのわがままなんですけど。小説とかゲームとかを除外すればすっきりとするつもりだったのに、こんなにあるんだなぁと改めて実感。

1979年-1980年
* TV「機動戦士ガンダム」 富野喜幸 全43話
1981年
* 劇場「機動戦士ガンダム」 富野喜幸
* 劇場「機動戦士ガンダムII・哀戦士編」富野喜幸
1982年
* 劇場「機動戦士ガンダムIII・めぐりあい宇宙編」 富野喜幸
1985年-1986年
* TV「機動戦士Ζガンダム」富野由悠季 全50話
1986年-1987年
* TV「機動戦士ガンダムΖΖ」富野由悠季 全47話
1988年
*劇場「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」富野由悠季
1989年
*OVA「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」全6話 高山文彦
1991年
*劇場「機動戦士ガンダムF91」富野由悠季
*OVA「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」加瀬充子/今西隆志 全13話
1992年
*劇場「機動戦士ガンダム0083 ジオンの残光」今西隆志
1993年-1994年
*TV「機動戦士Vガンダム」富野由悠季 全51話
1994年-1995年
*TV「機動武闘伝Gガンダム」今川泰宏 全49話
1995年-1996年
*TV「新機動戦記ガンダムW」池田成 全49話
1996年
*TV「機動新世紀ガンダムX」高松信司 全39話
1996年-1999年
*OVA「機動戦士ガンダム第08MS小隊」神田武幸/飯田馬之介 全12話(ラスト・リゾート含む)
1997年
*OVA「新機動戦記ガンダムW Endless Waltz」全3巻 青木康直
1998年
*劇場「新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 特別編」 青木康直
*劇場「機動戦士ガンダム第08MS小隊ミラーズ・リポート」 加瀬充子
1999年
*劇場「G-SAVIOUR」(特撮)グラム・キャンベル
1999年-2000年
*TV「∀ガンダム」富野由悠季 全50話
2002年
*劇場「∀ガンダム 地球光/月光蝶」 富野由悠季 2002年
2002年-2003年
*TV「機動戦士ガンダムSEED」福田己津央 全50話
2004年-2005年
*TV「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」福田己津央 全50話
2005年
*劇場「機動戦士Ζガンダム 星を継ぐ者」 富野由悠季
*劇場「機動戦士ZガンダムII 恋人たち」富野由悠季
2006年
*劇場「機動戦士ΖガンダムIII 星の鼓動は愛」富野由悠季 
続きを読む

人生は「ガンドロワ VS イデオンソード」でなくちゃ!? 

[2006/01/31] | ブログ日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

昨日、ストレスチェッカなるものを紹介したところ、出人さんがさっそくおやりになり、

あなたのストレス蓄積度は10013%です。


という驚異的ハイスコア(笑)のご報告をいただきました。
(私としては、「廃パーイソターネットダメ人間スカウター 」の共犯者を募集したかったのですが、残念です。)

あまりのハイスコアぶりに、これは・・・?ということで、設問と配点の「傾向と対策」を分析してみました。その結果・・・実は、ある設問について出人さんの答えが特定されてしまいました。私も注目した第5問。「世界を破滅させる」を選択なさいましたね? 
(ーー;)

「世界をひっくり返すような神に匹敵する力」を手にしたなら…それってイデの無限力ですね~。本当だ!私も「世界を破滅させる」を選ばなきゃダメだった!!(爆)
やっぱり
イデオンソードに憧れを持たないようになったら、
人間終わりってモン
です。(そうか?)
いつからこんなに生ぬるく、濁世と妥協して生きる人になってしまったのだったろうかと、深く反省されました。(これは半分本気だったり・・・。)

昨日ご紹介したサイトには、どうもこういうイデ発動の引き金を引いてしまうような、人間の「業」に関わるトラップが潜んでいるようなので、私の「廃パーイソターネットダメ人間」も、どこかで地雷を踏んでしまっていたようです。(どこで間違っちまったんだろう・・・)

追記はランキング観察日記につき、興味なき方はご覧になられませぬよう。

続きを読む

イデに取り込まれてますか?(笑) 

[2006/01/30] | 戯れごと | トラックバック(1) | コメント(5) | TOP ▲

「ヤツとの戯れ事はやめろぉぉぉ!!」

とシャア大佐がいくら叫ぼうとも、
忙しいと本筋ではない戯れ事に逃避するのは世の常です。(笑)

lakissさんが紹介していた面白そうな診断ものを、いくつかやってみようかな、なんて。

性格診断チェック

設問は少なめですが、まあまあ真面目な判定系かな?

あなたは努力家です

まず努力ありき。ですがそれを周囲に見せびらかすことなくコツコツ地道に逝くタイプ。もの静かで目立つことを避けますが、ここぞという時は如何なく底力を発揮して周囲を驚かせます。ただ、警戒心が強かったり、慎重でとっつきにくい印象を
与えてしまうかもしれません。



ははは。地道に逝くか…。半分当たってて半分違うような気がしますね。あまり影では努力してません。っていうか、なんでも正直に晒しすぎてるぐらいなんじゃないかと思うんですけど、どんなもんでしょうか?

ストレスチェッカ

少しヤバめな設問が多い中で、

第5問:世界をひっくり返すような神に匹敵する力を持っていたらどうする?


これでストレスが計られてしまう?(笑)
ここが悩んだところだったのですが、
「世界の王になる」を最初選んだら、

あなたのストレス蓄積度は43%です。

-結果からのコメント-

少々現代社会で常につきまとうストレスが
溜まり気味のように思えます。この時代
を生き抜くには強靭な精神力が必要です。
かといって四六時中緊迫した状態でいて
いいわけがありません。1度旅にも出て
疲れを取るがてら自分を見つめ直してはどうでしょう。


(゜ペ)・・・うーん、そうですかぁ!!
ところが、ちょっとよく見直してみて、
「セコセコと隠れて使う」という選択肢に気づき、
それも面白いかなぁと考え直したら・・・

あなたのストレス蓄積度は23%です。

-結果からのコメント-

やや精神的に疲れているようですが
至って基本的な精神状態は良好のようです。
悩んでばかりいないでたまには気分転換をすれば
暗い気分もスッキリなくなるでしょう。
もっと気楽に生きましょう。ふぁいとっ


いきなり20%もストレスが消えてなくなりました。(笑)
いや、人生ちょっとした心のゆとりで楽になるものですなぁ。
(しかし神のような力をセコセコって・・・?)

ストライクゾーンチェッカ

あなたの本来のストライクゾーンは
24~39歳です!
あなたの年下の属性は
妹がいるならばはっきり言ってシスコンです!
あなたの年上の属性は
すぐ上のとなりのお姉さんに憧れる程度です!
あなたの現実逃避性は
かなりの空想世界人間です。現実を見ましょう!


ということです。
アルテイシア!!(え?
だって現実は……イロイロつらいんだもの。 orz

萌えタイプ&心理チェッカ

これ設問少なすぎんか?

あなたは元気娘タイプに萌える性質です!

タイプ別分析

とにかく自分の道を突き進んでいる女の子や
元気いっぱいの女の子に魅力を感じるタイプですね。
また、時に見せる弱さも可愛いと感じるタイプです。

心理分析結果

強い女性にグイグイひっぱってもらいたいという気持ちあり。やや女性的な気持ちも。


どうなんでしょう?願望としてはそうなのかなぁとも思いましたが。(そういう女の子ベイベーには見向きもしてもらえないのが常…。)

廃パーイソターネットダメ人間スカウター

げ、ま、まさか・・・。

ネット脳形成度: 79%
ネット知識度: 37IQ
ネット中毒度: 70%
ヒッキー度: 65%
ネット犯罪度: 40検挙
ネトダメ人間力: 1004000
総合判定: 絶

あなたのネット脳形成度所見:
難問にぶつかって困った時、考えずにネットで答えを探してしまう傾向が見られます。該当する方は注意しましょう。

あなたのネット知識度所見:
普通にネットする為の知識はあり、特に問題はないようです。

あなたのネット中毒度所見:
一日でもネットが出来ない状況にあると落ち着かないという典型的なネット中毒の症状の方が見えはじめる傾向があります。該当する方はかなり危険です。 2ちゃんねら臭も漂っていますので、それにも注意しましょう。

あなたのヒッキー度所見:
中度ヒッキーです。外に出るのが億劫というより、人との接触を避けたいと思っていませんか?重度化する前に身近なところから人と関わりを持ちましょう。

あなたのネット犯罪度所見:
ネットでの法に触れる行動が見られます。悪いことは言いません。やめた方が賢明かと思われます。


「絶」って何?偉いのそれ?(笑)
っていうか、戦闘力的に、桁がひとつ壊れてるみたいですが、一桁下としても「犯罪者予備軍」ですか、私?(笑)
どうもハンパに2ちゃんねる語を知ってるのが災いしましたかね。「イターネット」に気づいてしまったのがいけなかったのか!?
「くそっスカウターが壊れてやがる」ボタンをクリックしたくなりましたが……結果は見てのお楽しみです。(笑)

これは絶対におかしいと思うので、みなさんも是非やってみて、結果を教えてくださいませ!
(「釣りと言えば?」に「そんなエサに俺様がクマー」がいかんかったかなぁ・・・) 

orz

続きを読む

アニメへの多様な見方が集う場であれば、と。 

[2006/01/30] | ブログ日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

「面白くなかったという感想は?」という埒もない質問に、暖かいご意見の数々、とても嬉しくなりました。
アニメに向ける多様な「ものの見方」をお互いに許容できる人が集まって来れる場所になってきているのかな、と誇らしくさえ思われました。いろんな意見オッケーだということこそ、このブログのとりえなのかもしれないですね。続けていれば、いつか「怖い人」(他人の意見を許容できない人)も来襲するんだろうな…と思いつつ、こんな皆さんがいてくれるので、恐れる必要もないのかと、勇気付けられもしました。いろんな意見こそ望むところで、「ばきばき」(笑)やっていきましょう、はい。

「なんでアニメが好きなんでしょう?」(この頃、埒もないことばかり聞いてるかも?)のほうへは「アニオタですが」というコメントをいただきました。アニメにも当たりはずれがある、アニメなら何だっていいわけじゃない(アニオタだってそう思う)というところを言っていただき、少し安堵しました。「最近のアニメは話が・・・・・・」ですか。お若い方のようなのに、「最近の」と言われるのですねぇ。「物語」の希薄なアニメがやはり多いと思われますか?(最近のアニメは実はあまり見ていないので、「これぞ!」というのがありましたら、ぜひ教えてください。)

日本人全体に言えることとして、プロデュースが苦手なのでは、というご意見もありましたが、加減がわからないと言いますか、「売り」に走ると売りばっかり、「本気」に走ると売れなくてもいいんだっていうのが極端すぎるかもしれないですね。
「売れるのがいいもの」だという勝ち組負け組の論理から、どうすれば、「いいものだから売れる」という方向へ向かうのか、これは社会全体が抱えている問題であるかもしれません。

何を隠そう、今週は少し雑事で忙しそうです。(何とか毎日更新したいと思ってるのですが。)

追記は観察日記のほうです。

続きを読む