スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「オタク思想史」?「攻殻機動隊」? 

[2005/09/27] | ネット巡遊記 | トラックバック(0) | コメント(4) | TOP ▲

8光年の彼方経由で不思議なページを読ませてもらいました。「オタク思想史における攻殻機動隊の位置付け」と題されたこの文章。

戦時中のアニメーションは、海軍と密接な関係を持っていた。

から始まる内容はなかなか刺激的。「アニメ界の赤色巨星元全共闘副委員長高畑勲と、その高畑勲にオルグされてアニメ界へ入ってきた宮崎駿」ぐらいは序の口。

手塚治虫は焼夷弾直撃寸前という体験から、終戦を迎えた時には「生き残れた喜びと新しい時代への期待と希望」を感じた。そして、天皇教からの解脱を果たすべく、新たなる共同主観を構成する思想の提示の必要性を認識していた。一方の宮崎駿は「不良品混じりの戦闘機を納入していた軍需工場経営者の息子」「宇都宮空襲の際に、助けを求める乳飲み子を抱えた近所のおばさんを振り切って親族だけで三輪自動車で逃げ出した」負い目を創作パワーの源泉とした。手塚は赤旗に度々寄稿していたし、宮崎はマンガのデビュー作「砂漠の民」を赤旗に掲載している。戦後アニメ界の創世期を形作った巨匠達は破滅的戦争からの反省を含めて、共産主義的イデオローグに依拠してアニメ作品を作っていくことになる。


・・・ほんとに刺激的。
(※「(笑)」と付けたかったけど、不謹慎かと思って遠慮してしまいました。)

この文章の本筋は、最近ここでも話題になった押井さんのことに繋がっていきます。

押井は後年
「ジブリはクレムリン、
宮崎さんはスターリンで、
高畑さんはトロツキーかな」
と評している。


・・・むはぁ、刺激的・・・。(これ、ほんとの話ですか?)

攻殻機動隊は「官憲物のオタク作品」ですか。なるほど、そういう視点もあるのですね。『逮捕しちゃうぞ』とか『こち亀』まで完全に統治サイドに対して無批判な作品として挙げるのは少々行き過ぎかなぁと思わなくもないですが(笑)
(※はぁ、やっと笑ってもよさそうなところがあった…。)

攻殻は現代日本統治を模倣しているが故に、現代日本統治が善政であるかの如き錯覚を与えてしまう危惧がある。現代日本社会の延長線上に位置した世界観を背景とする攻殻は、リアリティある描写を持って、受け手が抱く「アニメは所詮絵空事」との判断をねじ伏せてしまう。


ほぉぉ、すごい。説得力があるかも。

メディアが繰り出す虚像に視聴者が苛まれるのは、むしろアニメにおいては特例である。最も問題視されるべきなのは「トレンディドラマ」であろう。何しろ演じている人々が実在して、セレブリティな生活を営んでいるので、視聴者はドラマの中身と現実の境目を見いだす事が出来ずに、自らの価値観を引きずられる。


ここは脱線気味だけど、とても面白いものの見方をする人ですね。この部分、ひどく共感を覚えました(笑)。

現実には彼らほどの経済力や異性としての魅力を兼ね備えた人間と親しくなるのは、宇宙戦艦ヤマトを針の穴に通すよりも難しい。


・・・むはぁ、面白い!(例えも(笑))
「トレンディドラマ症候群」ですか、なるほど!

社会への関与は金銭関係だけで無い部分で最低限の責務を負わねば、この日本社会はいずれカタストロフを迎え、一気に噴き出る負の所産により、我々の生活が根底から破壊されてしまう時が来るのである。


しかし結びは、この上なく重い!

実は『攻殻機動隊』は見てないんですけど、大変考えさせられました。この筆者の人はどんな人なんだろう?この文章「Ver0.4」って書いてあるから、まだ加筆されるということ?

こっちの文章も面白かったです。ピカチュウのGIFアニメはやばいんじゃないかと思いましたが。(というか富野やガンダムの話題が出てる、こっちこそ本来、弊ブログ向けの内容だったかな?)
全体の読みにくさはありますが、個々に言及しておられる内容は面白いので、こんなに欲張って一つの文章に詰め込まずに、もっと読みやすく書いてくれればいいのにな、と思いました。・・・っていうか、リンク切れも多いし、このサイト自体生きてるのかな?この人の文章、もっと読んでみたいんですけど。

ついまたネットで拾ったネタを書いてしまいました。 orz

スポンサーサイト

アニメ!アニメ! ニュース 

[2005/09/25] | ブログ日記 | トラックバック(0) | コメント(9) | TOP ▲

アニメ!アニメ! ニュース というのをリンクに入れてみました。

とりあえずこんな記事に関心があります。

あとちょっと前のこれなんかもおもしろかったですね。

あー、だから、こんなことしてる場合じゃないんだってば。 orz



【もしも】バトン ぁなたならどうしますか 

[2005/09/25] | 戯れごと | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

また災難が降ってきた。

【もしも】バトン ぁなたならどうしますか

1.理想の女(男)が記憶喪失で落ちてぃゐ。
>もちろん迷わず
 人生やり直します。 orz

2.歩ぃてぃたらサインを求められた。
請求書じゃないかよく確認します。 orz

3.引き出しからドラぇもんが出て来た。  
>良心回路(?)を改造して、
 世界制服を企て(…ry

4.殺し屋に「死に方くらぃ選ばせてゃゐょ」と言ゎれた。
>「本当ですか!?」と喜び、
 ひそかに胸に秘めた

 あんなこと

 そんなこと

 こーんなことまでしてから、

 死刑になる前に安楽死させてもらいます。 (ぉぃぉぃ

5.見知らぬ大富豪に遺産を遺された。
>ですから、
 ともかく人生やり直します。 orz

6.初対面で「B型?」と聞かれた。
>「いいえ、ガタガタです。」と応えます。 orz

7.預金残高が増ぇてぃた。
頭にマイナスが付いていないか確認します。 orz

8.ヵモシヵの様な脚にされた。
>(小さな声で)
 ついでに馬並みの(…ry

9.前に並んでゐ人に「俺の背後に立つんじゃねぇ!」と言ゎれた。
>と、とりあえず座ってみます。
 (立ってなきゃいいんでしょ?え、違うの?)

10.「犯人はぁなたです!」と言ゎれた。
「ば~れ~た~か~。」
 ととりあえず言ってしまいます。 orz

11.鏡を見たら目がヤギ目になってぃた。
>「ヤギ目」ってどんなんだ?
 とりあえず「めぇ」と鳴いてみよう。

12.尻の割れ目が消ぇた。
>なんじゃそりゃ?
 用が足りればとりあえず我慢しておこう。

13.偶然手に取った本の主人公が、明らかに自分だった。
結末を見るのが怖いから、
 人生最後の日に読むためにとりあえずゲット。 orz

14.モナリザ゙がこっちを見てぃゐ気がすゐ。
>そりゃ、こっち見てるだろうってば。
 あまりタイプじゃないので無視ですな。

15.バトンを回す5人
>バトンはまわさない主義ですが、
 その辺に落としときますんで、
 勝手に拾っていただけましたら幸いでございます。

あまり考えなしに書いちゃいましたが、
こんなんでどうでしょ?
(あぁ、なんか自分のボロが出てる気が…。) orz


御大!御大!御大! 

[2005/09/25] | 御大 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

忙しくて頭がおかしくなってます。囚人022です。(笑)

そういうときに限って、終わらない連載物を始めてしまったり、
そういうときに限って、紹介したいところを見つけたり。

御大御真影


富野由悠季<有名人誕生日データベース>

ここの関連ブログってところが面白いんだけど、
きっとフルネームで書かないと検索に引っかからないんだ。
弊ブログがないのはしょうがないが、
子犬さんのところもないのはけしからん!(笑)

姓名判断がやけに強運で、どうも腑に落ちんと思いましたが、
考えてみれば、それでペンネームを変えたのでしたっけ?

あと、こっからたどってった中で、

富野由悠季(富野善幸)「とか、」

だって。すごいページがあるんですね。
見たことのないリンク先がありそうだけど、
今見てる場合ではないのだ。 orz

というわけで、今日のメモ代わりは終わり!

懐かしのスーパーロボット投票、煮詰まってきてるのに放置でスミマセン。
次のネタは懐かしのアニソンとかで如何でしょう?
ご意見いただければ幸いです。

OVERMAN キングゲイナー(その3) 

[2005/09/25] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

<その1><その2>ときて、できれば今回で完結させたかったわけですが、(汗
今回はちょっと脱線して「恋愛」の話……ゲイナーをめぐる三角関係(笑)のことから考えはじめて見ます。

従来の富野アニメの恋愛スタンダードは、過酷な運命にもてあそばれる中で、人との絆を求めて愛が生まれる、といったパターンが王道だったように思います。ですが、人々がたくましく生きている本作の物語中では、このやり方ではない、新たな恋愛の形式が提示されるのは、妥当かつ必然でした。

もてもてゲイナー君


このあとは微妙にネタバレ気味になりますので、未見の方はできましたら、以下の部分は読まないでくださいませ

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。