スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新訳Ζの「エンターテイメント」 

[2005/08/31] | 新訳Ζ | トラックバック(0) | コメント(4) | TOP ▲

nanariさんの「言葉にする力」は凄いですね。「THE END OF EVANGELION」を読んだときもそう思いました。私のつたない言葉で話がかみ合うのか不安なのですが。。。(この文は、この討論の続きで書いています。)

困難なコミュニケーションの可能性こそ、「Z」の肝


・・・なるほどと感服しました。それが「記号化できない『暗部』を描き続けることで」に賛同できるかが微妙なところです。

「暗部」は、怒りの表明される現場にあるというよりも、より本質的には、「怒り」の理由が分からないこと、それを表現できないということの内にあったはずで、その伝達不可能性において初めて「Z」という作品は、「キレる少年」という問題と、さらに現代の空気と、真に斬り結ぶはずだ。
http://d.hatena.ne.jp/nanari/20050829#p1


・・・TV版の予言したことは、そういうことだったと思いますし、その点であの時代に比類ない作品だったことにも同意できます。ただメッセージが鋭いものであることを認めることと、そのメッセージの内容を時代に対して「是」とすることは同義ではないとは、弱々しく反駁します。

劇場版のカミーユは、初見の観客の目にも「よく理由が分からないままに、怒り、焦燥し、キレていた」と映ったのでしょうか?これは主観が入る部分なので、判断が分かれてもやむないところかもしれません。
理由が分からないままに次々と押し寄せる現状は、劇場版では「観客=カミーユ」が共有できるものでしょう。ここでのカミーユはそのひどい状況の中で、焦りはしているでしょうがキレたいところをずいぶんこらえて、意外にも状況の把握に努めてはいなかったでしょうか?私はそのけなげなカミーユの姿に積極的に共感しましたし、だからこそラストシーンで伝説の英雄たちに接したカミーユの“言葉に出来ない”感動にも思わず涙ぐみました。…何でだかよく分からないまま。

言葉足らず、説明抜きに刻々と状況は押し寄せてくる。誰が状況をすべて理解して対応などできるものか。それは21世紀初頭の私たちの現実でもあります。けれど、頭だけで「怒り」へと短絡せずに、分からぬものは分からぬままでも、ひとは精一杯、現状と向き合うしなやかさを本来持てる生き物なのではないでしょうか。
(青臭いことを言いました。スミマセン。)
私は頭でっかちで、すぐ「怒り」へ短絡したカミーユの姿こそがTV版での「暗部」の象徴だったと思うのですが、今回まったく同じ状況に置かれながらも(まあそれは当然なのですが)、全身体的な感覚でそれと向き合っている劇場版のカミーユの姿には、正直驚かされました。
・・・「消毒」するまでもなく、頭だけですぐキレる子どもなど、今やそこらじゅうにいます。今、そんなものを入場料を払ってまで見る価値など、何かあるのでしょうか。それよりも耐えるカミーユの姿に自分を重ねてみる体験。普通に言うのとは違って聞こえるかもしれませんが、「エンターテイメント」とは単純にそんなことも含むのかもしれません。

今後も信じられないぐらい残酷なTV版のストーリーの上をあのカミーユは第三部まで生き抜かねばなりません。その筋書きには「誠実」なままで、しかし“違う見え方”が提示できないのであれば、それこそ何年も経て今さら旧作に向き合っている富野というモノ作りは、創作者としての資質を欠くと言われねばならないのではないでしょうか。

・・・彼ほど好きなことを言いながら、「好きなよう」に作れなかった屈辱の歴史を生きてきた作家も少ないでしょう。(それは「作らせてもらえなかった」環境だけでなく、個人プレイの限界で「作れなかった」面も当然あるでしょう。)それなのに相変わらずの“たかがロボットアニメ”で「伝達不可能性」に挑み続ける偉大なドンキホーテの姿こそが富野氏だと私は思うのです。

彼は失敗を明言するし、それは事実、彼が企図した大言壮語からすれば、彼にとっては明確に失敗なのです。そして新訳Ζも第三部まで終わってみれば、「失敗」である可能性だって十分にあります。ですが、∀ガンダム、キングゲイナーを経て今日ある富野氏の可能性は、「星を継ぐもの」に十分に見て取れました。うまく言えませんが、私の申し上げたいことは、そういうことです。
続きを読む
スポンサーサイト

「星を継ぐもの」批判への弱々しい反駁(笑) 

[2005/08/30] | 新訳Ζ | トラックバック(1) | コメント(8) | TOP ▲

新訳Ζ「星を継ぐもの」に対する、このnanariさんという人の鋭い感想が、目にとまってしまった。nanariさんのこの文章は、ササキバラさんのこの相当辛口な感想への違和感から書かれているらしい。

ササキバラさんの見方はこうである。

もともとのカミーユの激しさをテレビ版でよく知っている観客や作り手自身にとっては、それでもいいのかもしれない。そもそも富野監督の作る再編集劇場版は、だいたいいつもそんな「観客おいてけぼり」の情報圧縮ぶりなのだから、今さら始まったことでもないともいえる。


対して、nanariさんはこう反駁している。

・・・原作を知らない人間には理解できない速度で、説明抜きに観客にぶつけられる。こうした富野の説明不足の編集が奇妙な説得力をもってしまうということがあって、そうして生まれるフィルムの強度が彼を特別な監督にしているのだが、今回の劇場版はとくにその力をはっきりと感じた。



私のごときものは自分の体験に即したことしか言えないが、それで言うと「∀ガンダム」は劇場版からまず見て、TV版はその後から見ている。私に∀を勧めてくれたほとんどの人の評価は「TV版>劇場版」だったが、正直、私の印象は逆だった。これはたぶん出来不出来の話などではなくて、物語の先行きに何の先入観も持たず、最初に見たもののほうが単純にインパクトが強く、好印象が残っているというだけのことではなかったかと今は思っている。
多くのガンダムファンは劇場版Ζを見る準備としてTV版のΖを復習したようだが、私が何よりも見なければと思ったのは∀だったし、新訳解禁の前夜に見直したのは、なんと「THE IDEON」だった。

ササキバラさんが「85年に放映されたテレビアニメ『機動戦士Zガンダム』は、いろいろな意味でつらい作品だった。」というのに私は大いに共感できるし、それは誰よりも御大が感じていることだろう。だが、この論者が言うように、「可能性はその『つらさ』の中にこそ」本当にあったのだろうか?
nanariさんはスピード感のある表現手法は認めつつ「この奇妙な強度をもって、説明不足のままで観客にぶつけられる怒りと焦燥のなかに、『Z』の暗部が現れている(「表現されている」とは言うまい)と感じないでいることはできない。」と言うのだけれど、そうした感想は、まだTV版の重力に魂を囚われているために生まれてくる気がすると言ったら言い過ぎだろうか。
もちろん富野監督という「神」ならぬ「人」は、これまで何度も期待を裏切って見せてくれているので、指摘されているような暗黒面(笑)に陥る危険性は大きいと言わねばならないだろう。しかし、nanariさんが

今回の映画版はその「暗部」を切り捨てるどころか、その高速の編集によって、はるかに増幅してくれているのである。


と言っているのには、私はまったく共感できなかったな。
理解力を超えた凄いスピード感で観客に次々と何かが押し寄せてくる。それは「怒り」とか「焦燥」とかの言葉で、単純に記号化できるものではないと思うのだ。むしろ理解を超えたスピードそのものが重要であると言ってもよいのではないか?

私はTV版のことはほとんど忘れて劇場版に接した。そのおかげで、すごく素直に主人公カミーユに寄り添った視点に感情移入して物語を見ることが出来た。物語の成り行きは、カミーユの視点から見れば「その通り」で、理解に苦しむほどに急展開しているのが主人公をめぐる現況そのままなのである。

ササキバラさんの感想は、

結論としての「健やかさ」の提示を急くことなく、「健やかさ」へ向かって苦闘する泥沼の「Z」のドラマを新たに描き直すこと。それこそが、20年前にあのようなネガティブな感情をぶちまけながらドラマを作り、世の中に提示した者のなすべき新訳ではないのか。

と結ばれている。文字通りガンダムとともに歩んできた濃いガンダムファンなら、こういう意見はあってもおかしくないと思う。(だが濃いガンダムファンなら泥沼の苦闘が富野氏の中で既にあったことは、実はもう分かっていて、なぜか見えないふりをしているのではないか。)
nanariさんは

富野が「健やかなものを」とか、「エンターテイメントを」などと言いながら、現代に届く強度をもったフィルムを作ってくれるとき、この天才の自己認識のずれを非難しても面白くない。発言と作品が無関係だと言うのではないが、ともかく彼は好きなことを言いながら、好きなように作っていい作家だ。

と述べていて、もう少し突っ放した視点がここにはある。それはたぶんいいことである。

私がここで、それでもまだ欠けているのじゃないかと思うのは、富野という変わった人はたぶん、たとえどんな駄作を作っても、(良ければ良いなりに、悪ければ悪いなりに)盛り上がってくれるガンダムファンに向けてではなく、「世間」とかいう実体のはっきりしないもの(すなわち勝ち目もほとんどないもの)を対象にして、ドンキホーテのごとく本気で必死に何かを訴えかけようとしてるんだということへの視点、それだけである。
ダッテ、ソレッテ、カコワルーイ...?
「またキチガが電波な妄言を言ってるよ」と大多数のガンダムファンが聞き流して省みないあの言葉たちは、好きなことを勝手に言っている、ただそれだけのもの…なんだろうか?(まあそれも聞く人それぞれでいいんだな、きっと)

知られざるアニメーション 

[2005/08/29] | アートアニメーション | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

恐れ多いのですが、リスペクトする山村浩二さんのブログにリンクを設定してしまいました。

知られざるアニメーション

自主制作、非商業媒体というのかな?なにしろ短編アニメーションの分野で世界的に評価されている山村さんのブログでは、世界のアート系アニメーションの作家や作品が紹介されています。
この種の作品は、なかなか実際に見る機会が少ないのでつらいのですが、いくつかは美術館等で見たことがあり、「アニメーション」というものについて、従来とは違った角度から考えるきっかけとなりました。チャンスがあれば、是非もっと見てみたいと思っています。

山村さんのホームページのほうもおすすめです。

あまり勉強していないのですが、ヨーロッパやカナダで盛んなアート系のアニメーションを見ていると、言語が不要な視覚芸術であるアニメーションということの意味や、国際的であるために、逆にその国ごとの文化の伝統のようなものが出てくるといったことが思われてきます。特に後者のほうは、宮崎駿さんなんかはたぶん明確に意識してるのではないか、という気が私にはします。

皆さんもチャンスがあったら是非見てみてください!

ちょっと無理してがんばりすぎ 

[2005/08/29] | ブログ日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | TOP ▲

週末は寝込んでしまいました。(笑)
不慣れなくせに、実力不相応に「読み応えののあるものを書かなきゃ」と思ったのがたぶん敗因。
「闘いをまともにやろうとするから...」(byマ・クベ大佐)
だいたいからして、出てくる言葉もひとの受け売りばっかりだし。…少しペースダウンして、気楽にやろうと思います。

気の迷いと申しますか、「FC2ランキング」というのと、「ブログジャンキー」だかいうのに登録してしまいました。
前者は…今のところ意味不明であります。(笑)どなたか奇特な方おられましたら、登録申し込みくださいませ。スカるさんさっそくありがとうございます。けど、それでどうしたらいいのだろう?零細ブログどうしが「♪傷を舐めあう~道化芝居~♪」として楽しめばよいものなのかな?(爆)
後者は…不毛なアクセスアップ作戦です。私同様に登録した人のサイトをランダムに見て回る…とポイントがたまって、他の人がランダムに当サイトを見に来る…と大雑把に言えばそんなシステム。ですが、ランダムに見て回っておりましても、似たような趣向のページには全然かすりもしません。ということは、ランダムに訪れる方々も、「何だ、このヲタサイトは」ということで瞬時にスルーしていくのでございましょう。
まあ、ひと様のサイトをこんなに多数見ることもあまりないので、どういうのが見やすいか、どういうのが読む気がするか、という勉強にはなりました。こんなものに縋ってまでアクセス数を増やしても何にもならないし、それより文章を書く時間さえないわけですから、はっきりと無駄な試みではありました。海よりも深く反省
しかしね、「ジャンキー」(中毒)とはよく言ったもので、全然頭が動いていない状態の場合だと30秒おきにランダムに出てくる番号を「ポチッ」と押す単純動作の繰り返しが、けっこう止められなくなったりしてしまう。なんだろうね、これは。弱いね、人間って。たまにこんなのの観察日記なんてのもどうだろうか、なんて。(今日なんかだと、24時間テレビで丸山弁護士に感動した!なんて話題が多かったり。そんなものか。)

「大富野教」布教活動のほうは、あと1回載せたら、前半分終了なので、そこまでは近々がんばって書いてみるつもりです。後半は…まあいつかそのうち。(笑)
読み応えのある内容をずっと書いてらっしゃる皆さんが如何に大変かと痛感いたしました。皆様もお体には気をつけてください。ではまた!

一回休み。 

[2005/08/26] | ネット巡遊記 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

頭が動いてないので、少しでも考えなきゃならない文章は書けない。仕方ないので、少しリンク集に追加。皆さん、少しよそで楽しんできてください。

富野語録 on the web

解説無用ですな。

ガンプラ初心者スレ総集編

これは...私の恥部です。いつかお話しましょう。(笑)

アニメ『機動戦士ガンダム』はなぜ名作なのか?

熱く語られています。これはこれでよいと思ってたのですが、少し読み直してみる必要があるかと思い・・・。

天まで飛べ!

「大惨事!!スーパーロボット大全」は一部痛いほどに激辛だが必読かと。

Animation Creators Encyclopedia

これは普通に便利を通り越して凄いことだと思うのだけど、2002年で時計の針が止まっているのがとてもとても残念。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。