「新人類」と「おたく」の違いは? 

[2008/04/02] | 「おたく」な話 | トラックバック(0) | コメント(6) | TOP ▲

何がどうして、どう間違ったのか、代理店にあれだけ頼んであったのに、禁煙車が手配されていたことに、乗り込む段になって気付き、いきなりブルーな出張の旅です。
…車窓の風景を愛でるでもなく、日ごろの不摂生が祟ってほぼ爆睡の旅。なんともはや。(笑)
携帯から書いてますんで参照しながら書けないんですけど、「おたく」についての話題に皆さんコメントありがとうございます。のりのりさんのお話にはなるほどと思いましたし、G3さんのお話も実際の体感として「あー、やっぱりそういうのはあるなぁ!」と。
ちょうど今、車中の徒然に読んでいる本(橋本努『自由に生きるとはどういうことか』)に70~80年代の文化として“ブランドを着こなす「新人類」”と、“自分だけのシェルターに閉じこもってマイナー趣味に興じるという「オタク」”という表裏の対比が出て来ました。
…経過とすれば、まさにそんなことでした。が、現代の状況から読むとやや時代がかって見えますね。
どちらも当時は否定的に使われた言葉でしたが、「新人類」が今や死語なのは、それが一般化しちゃったからでしょうか。「オタク」もかなり同様に普遍化した気がするのに、変だなぁ…。
Nishinomaruさんが指摘しておられたように、メディア飽食の時代ということがありますし、またインターネットは“同好の友”を見出だすハードルを格段に低くして、仮想現実のコミュニケーション空間を与えてくれました。
そんなことで、島宇宙の中に篭っていても、もはやその趣味がマイナーだという意識は生まれて来なくなったのでしょう。しかし数ある趣味の島宇宙の中で「漫画、アニメ」だけが、(常にではなくとも)とくに反社会的なものででもあるかのように蔑視を受ける場合があるのは、実感できます。
…まあ一部に突出して熱狂的な皆さんがおられるのが目立つのは事実ですが(苦笑)。
そもそも語源的には「あなたのおうち」という意味の「おたく(お宅)」を相手に呼び掛ける時の二人称代名詞に用いていた集団なのだそうで、『マクロス』のキャラクターなどを見ても、他愛なくイノセントな“坊ちゃん・嬢ちゃん”というのが大多数なのだと思うのです。
しかしジブリアニメは許容されてロボットものはアウトってのも、体感のレベルでは確かにありますねぇ。
…携帯で長文書くのもさすがに疲れたので、今日はこの辺で。
スポンサーサイト



「おたく」という言葉についての雑感 

[2008/03/31] | 「おたく」な話 | トラックバック(0) | コメント(7) | TOP ▲

私はライトオタっていうより、「普通のファン」だと自分のことを思ってますけどねー

・・・って何気なく書いたら、psb1981さんに全力で否定されちゃいました(笑)。
 この話題についてコメントがいくつかあったので、相変わらずネットの接続もよくないし、少し続きをまったりと書いてみましょうか。

 「おたく」ってほんとに何でしょうかね。世代によってもずいぶんイメージが違うのは間違いない感じです。私は“1.5世代”とかになるのかなーってところですが。
 世間一般の人の「おたく」という言葉の使いかたをみていると、

  1. 狭義の「おたく」
    アニメやまんがなどの熱心なファン。特にそういうものを見るだけじゃなくて、その話題について互いに話すことも好きな人が多い。
  2. 広義の「おたく」
    上記のようなジャンルに限らず、広く趣味全般に関して、とりわけ熱心な状態も「おたく」っぽいと言われているようですね、昨今では。

・・・私は、まあ、こんな程度のゆるーい認識でいいんじゃないかなと最近では思うようにしています。やはり古い世代に属しているので、「おたく」という語に世間の多くの人たちは強くネガティブな意識を持っていると感じているし、言われて嬉しい気がするかというと、そんなことはありません。
 ただ、ウェブのあちこちを見てまわっていたりすると、特に強く感じるのは、みんなすごく“コレクター”だなぁということで。その点、私は貧乏性(というかケチ)なこともあって、あまり所有欲は強くないんですよね。高額なアイテムなどは全然持ってない。趣味にどの程度、資本をかけているかというので「ヘビー」、「ライト」を分けるとしたら、私なんてウルトラライト級だろうと。そう思っています。
 “世間の目”を意識するときと、“同好の仲間”どうしで話しているときと、どうしたって基準が違うということはありますよね。なので、世間の目の基準からは、私も「おたく」だろうと言われたら、まあそうかもしれないですけど、ほんのピラミッドの底辺(っていうか、ほとんど裾野?)ですよと、これははっきりと思います。

 ただ、何事も絶対評価と相対評価というのはあるかもしれず。自分の自由になるお金、あるいはもっと大きいところでは自分の自由になる余暇時間。これらに対してその使い道に適度なバランスが存在せず、著しく偏っていることを「おたく」だと言うんでしたら、これは私には確かに当てはまってしまうかもしれません。
 アニメを見て、ブログを書く。・・・残念ながら、他にあまり楽しいことを知らないんですよ。なので今、パソコンやプロバイダの不調でアニメが見れない環境が続いていると、すごーく哀しいです。ええ。

 今の40代以下の人たちっていうのは、少なくとも小学生以下の時にはそのほとんどが、まんがやアニメのファンだったんじゃないかと思います。もちろん例外に属す人は常にいると思いますけど。よっぽどスポーツ好きだった人とか。よっぽど勉強熱心だった人とかね。
 で、一部の人を除いては、中学生か高校生ぐらいのときに、そういう「子どもっぽい」趣味からは卒業をしたんでしょうね。卒業し損ねた人たちを「おたく」と呼んでいるのだと。
 私について考えると、正直に言うと、高校生ぐらいで一回アニメは卒業したんだと思っています。忙しくて、全然アニメどころじゃなかったし。これでも一応、高校生や大学生の時には、恋愛の真似事だってしたことぐらいあるんですよ。世間並みのレベルとは言えないかもしれませんけど(笑)。
 で、いつの間にか大人になっちゃって、がむしゃらに働いてばかりきて、ある日気付いたら、仕事以外に何の趣味も楽しみもない自分に気づいたという。そんな感じ。

 何て言うか・・・一回卒業しちゃった学校に、忘れ物をしてきたみたいに出戻っちゃった。私はそんなアニメファンなので、「おたく」って言われると。・・・“そうだねぇー?”って考え込んじゃうところが。
 正直、呼ばれ方なんかはどうでもいいんで、楽しい話が出来れば私はそれで全然満足です。出戻りなもんだから、“脱オタしなくちゃ”みたいな話を読むと、うーんって悩むほうかな。だって何一つ趣味もないよりは、「好きだ」って言えるものがあるのは、すごくいいことですよ。これははっきり言えます。

 ただね。まあ、経済的に破綻するところまで物欲に取り付かれてみたり、健康を害すぐらい寝る間も惜しんで趣味にのめりこんでみたりするのは、そりゃ普通に駄目ですよ(笑)。
 広義の「おたく」で、車マニアがまったく身分不相応なスーパーカー(死語?)を買っちゃったりとか、健康マニアがダイエットやジョギングのし過ぎで逆に不健康になっちゃったりとか、そういうのと一緒だろうと。
 で、たしかに最近、ちょっと夜更かししてアニメやブログにのめり込み過ぎかなぁと。それは確かに思います、はい(笑)。幸か不幸か、自由になるお金はほとんどないも同然なので、経済的には被害は小さいですけどねー。健康はやばいかなー。

 長々と書いてきて、別に結論も何もないんですが、私の世代のディープな「おたく」の皆さんっていうのは、とてもクリエイティブで、(仲間うち限定でも)コミュニケーションの達人がむしろ多かったということは、これは書きとめておきたいかもしれません。そういう意味でも、私なんかまだまだ浅い浅い!でもそれはそれ。
 ちょっと変わってるのかもしれないし、案外とても平凡なのかもしれない自分の立ち位置というのを自覚しているので、人それぞれの「おたく」についての考え方も、私はどれも尊重したいなーと思っているのですが、どんなもんでしょうかねー。

また悪い虫が騒いでます・・・。(笑) 『STRATEGY OF GUNDAM Extra Best』 

[2008/01/22] | 「おたく」な話 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 なんか、アマゾンでも品切れみたいで、もしかしたら、これを買えた私って、とってもラッキーな人なんでしょうか。普段あまり行かないローソンに行ったらたまたま売ってたので、買ってみたんですけど、これはなかなか良いですよ。(笑)

STRATEGY_OF_GUNDAM_EXTRA_BEST STRATEGY_OF_GUNDAM_EXTRA_BEST

機動戦士ガンダム S.O.G.(STRATEGY OF GUNDAM) Extra Best (BOX)

 ラインナップは、

  • ザク&グフ
  • シャア専用ズゴック&ジム
  • ガンキャノン&コア・ブースター(005Ver.)&スペースランチ
  • ガンダム VS ドム
  • シャア専用MS(ザク&ゲルググ)
  • ガンタンク&コア・ブースター(006Ver.)&コアファイター(クラッシュVer.)
  • ガンダム VS ジオング

・・・ということで、2個入りで500円以下ですから安いほうじゃないでしょうか。

ガンダム ガンキャノン コアブースター

シャア専用ズゴック ジオング

 超しょぼしょぼの写メですが!(笑)

 1/300ってことで、「ガンコレ」より大きいところがコレクション的には、むしろマイナス(場所とるなぁ)なんですけど、ポーズがカッコいいです(特にシャア専用ズゴック!)。汚し塗装が入っているのと、ディティールを強調気味な造形なのが特徴でしょうか。
 ガンダムは別パーツ差し替えで“ラストシューティング”のポーズに出来るのが売りみたいなんですが、それはちょっと微妙な気が。ジオングの立体ものは前から欲しかったので嬉しい!(明らかに、この箱だけは重いのですぐ分かります。)ガンキャノンは好きなモビルスーツなんですが、この造形は細部凝りすぎて、あまりいただけない感じです。コアブースターもちょっと微妙~。シャアズゴックはあり得ないぐらいの開脚ですので、フィギュア萌えの各位にあっては、股間を下から覗いてみるのもオツではないでしょうか。(笑)

 7種のうち、まだ3種しか入手していないのですが、他のも欲しいなぁ。どうも、あのローソンでしか見ない気がして、大人買いの衝動を抑えつつ、毎日一つずつ買っています。(正直、恥ずかしい・・・。)

ざざん ざーざざん ざざん ざーざざん・・・ 

[2007/07/10] | 「おたく」な話 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 先日、スコタコとレイズナーがあたった話を書きました、「サンライズ ロボット セレクション」。今日、ようやく本命のザンボット3をGETしました!(笑)

ザンボット3

 なんだかね、コンビニが視界に入るたんびに目が泳いでたんですよ。もう、“スイッチが入っちゃった”って感じで、頭の中でエンドレスに

♪ざざん ざーざざん ざざん ざーざざん・・・

って、鳴り続けているような状態。ほんと、駄目人間です。(笑)

 これ、ローソンやファミマじゃ置いてないのは分かりましたけど、サンクスでも置いてあるところとないところがあって。もう、この数日で何軒、無駄足を踏んだやら。

 あとネット情報は正しかったです。引きが“重い”のがスコタコ。ザンボットは明らかに“軽い”!

 念願のザンボを手にしたのは本当、嬉しいんですけど、ただブツとしては印象が微妙です。やっぱりスコープドッグとか、レイズナーとか、いわゆる“リアル”系のものは立体化のイメージも確立されたものがあるんだと思うんですけど、ザンボは“スパロボ”系ですからねぇ。なんとなく違和感が。
 巨大な感じを出すためなのかな、頭がとても小さい。で、額の三日月とかディティールをやや強調して大きく作ってあるので、“顔”がすんごく小さいんです。意図は分かるんですけどね、なんだかもう少しコミカルでもいいような気が。

 やっぱりスーパーロボット系は、“超合金”っぽい質感のほうがしっくり来るのかなぁなどとも思いました。でもまあ、525円でザンボット3のフィギュアを入手できたんだから、文句を言っちゃいけませんね。(笑)

カウンターカルチャーとサブカルチャーとオタク文化  

[2007/01/04] | 「おたく」な話 | トラックバック(2) | コメント(8) | TOP ▲

岡田斗司夫は『オタク学入門』(1996)でカウンターカルチャーとサブカルチャーとオタク文化のみっつを明確に区別して述べていて、おおきな示唆を受けました。いまでも、これをちゃんぽんにしている人がいて……、とっとっとっ。


いつのころから新発売2: 啓蒙主義者 岡田斗司夫


 そういえば、私もちゃんぽんによくなるので、いい機会だと思い、またWEB上で“にわか勉強”をしてみました。
カウンターカルチャーとは - はてなダイアリー
サブカルチャーとは - はてなダイアリー
オタクとは - はてなダイアリー
サブカルチャー - Wikipedia
サブカルチャー - Wikipediaの「類語」
おたく - Wikipedia

 こんなあたりをちゃんぽんに眺め回して考えてみたところでは、“はてな”では、サブカルチャーは「カウンターカルチャーの一つ」と明言しちゃってるのですが、Wikipediaでは混同されていることを踏まえてニュアンスの違いへの言及が多く、その代わり曖昧なような気がしました。
 それで、なるべく差異を最大化する方向に絞って読んでいくと、この3つは“カルチャー”への着目点の違いという捉え方が一番いいのかな、と。つまり、反主流・反体制的な「価値観」を重く見るのがカウンターカルチャー、マイナーな娯楽という「目的」面を重く見るのがサブカルチャー、要は嗜好の「対象」を重く見るのがおたく文化なのではないかと。(それらは実体としては結果的に重なり合う部分もあるが、明確に区別されねばならない部分も当然ある。)
 この中で気になったのは“サブカルチャー”で、すると“ハイカルチャー”(いわゆるゲージュツ?)ってのはもっと高尚な目的を持ってると、つまりそういうことになるらしいですが、そこでの“メジャー/マイナー”って言い方自体がかなり怪しいですね。(ポピュラー=メジャーではない点が要注意!)
続きを読む