スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『SAMURAI 7』 見終わっちゃいました。 

[2008/11/24] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 この頃「・・・見終わっちゃいました」的なタイトルをよく書いてるような気がします。その都度感想がなかなか書けなくて、気づいたら「あ、見終わっちゃった」っていう感じです。でも『SAMURAI 7』、ラストはなかなか盛り上がりましたよ。盛り上がったんですけど、ね・・・。

SAMURAI 7 第5巻 (初回限定版) SAMURAI 7 第6巻 (初回限定版) SAMURAI 7 第7巻 (初回限定版) SAMURAI 7 第8巻(初回限定版)

 それにしたって、1~4話5~8話と感想をメモしてきて、あと今回いきなり9~26話って、ちょっとひどいな自分。(笑)

 出だしは着想の面白さにワクワクしながら見始めました。で、8話ぐらいまで見たところで、“物語が加速してこないなー”って、もうじりじりし始めてましたね。(笑)

 第9話「真っ二つ!」は、“機械のサムライ(=ほとんどモビルスーツ)”の野伏せりたちととカンベエさんたちが、初めて本格的に戦いを繰り広げた回。第1話の冒頭に先の大戦での合戦シーンがあったので、なんとなく雰囲気は分かってたはずだったんですが。 ・・・・・・。こりゃあすげぇ ・・・って感じでした。(笑)

 なんか容赦ないです。つえぇぇぇ。。。(汗)

 アニメ的には本来こういう表現もありなんだと思うんですけど、なまじ相手がガンダムの“モビルスーツ”そっくり(笑)の巨大な敵なもんだから、カンベエたち等身大で生身のサムライにバッサバッサとぶった切られていくのに違和感を感じるのもやむを得ないところ。(慣れればアニメ的快感だったりするのかもしれないですが・・・。)

 キャラクターたちの性格付けはとても魅力的です。7人のサムライのうち、カンベエをはじめ、シチロージ、ゴロベエ、ヘイハチ、それにキュウゾウ、彼らは皆、ひと癖もふた癖もある一人前のサムライ。農民上がりの機械のサムライ、キクチヨが半人前のコメディリリーフ役。
 ストーリー的には、特に精神面で未熟者のカツシロウの成長が一つの軸。彼を修羅の道に誘ってしまったことを悔いるヒロインのキララちゃんとの交情も面白いんですが、この淡い恋愛は意外な方向に向かうんで、そこはなかなか「うわぁぁぁ」って感じでした。(笑)
 大筋ではサムライのかっこよさを堪能するドラマ。なので、アイタタタのカツシロウはともかく、カンベエなんかはあまり思い悩むことなどもありません。そこがちょっと感情移入がしにくいところです。
 個人的には、もっと芝居を詰め込んで、各キャラクターの個性を堪能させて欲しかった気がします。私がストーリーばかり気になるほうで、絵づらのカッコよさをあまり重視しない人のせいかもしれませんが、ちょっともったいない感じがしました。

続きを読む
スポンサーサイト

『SAMURAI 7』 第5話~第8話 好きな感じなんですけど少し微妙? 

[2008/09/11] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 2004年の作品を、ふっと思い立って見ているわけですが。ようやく7人のサムライが全員登場しました。でも、まだキュウゾウが敵方にいますから、これがどうやって仲間になるのかっていうのが残ってますね。どいつもこいつも一癖も二癖もありそうで、ワクワクしているんですけど、なかなかストーリーが展開していきませんね。各サムライの登場が見せ場なのは分かっているんですけど、もっと一気に先が見たくなります。

SAMURAI 7 第3巻 (通常版) SAMURAI 7 第4巻 (通常版)

 時代劇なんだけど、時代設定は未来ということで、“禁足地”に足を踏み入れた一行の前に、なんだか核エネルギー(?)みたいなものを司っている謎の集団が出てきました。
 それと、すごく久しぶりにモビルスーツ(←違)も姿を見せてくれて、いよいよ本格的に戦いが始まるのかな、というところです。
 いい味出してるなぁと思いながら、どうも物語が加速していかないのには、少しジリジリしてきました。荒廃した未来世界ってこともあって、『ボトムズ』なんかの雰囲気も連想してみたり。
 この作品はとにかく滝沢敏文監督の作品ということで見てみたかったんですけど、やっぱりアニメ界きっての時代劇マスター・高橋良輔さんが黒幕にいるという気がします。(『いろはにほへと』を連想させるような異国情緒もありますしね。)

 村を襲う野伏せりとの闘いはこれから始まるんですけど、お公家さんっぽい大商人のどら息子のウキョウとかが、粘着質にしつこく絡んでくるのがいやらしいです。どうも変な陰謀(?)も動いてる気配があって、その辺のかみ合わせもここから難しい感じですね。もうちょっと明と暗を描き分けて軽く進めてくれたほうがエンターテイメント的にはいいような気がします。

滝沢敏文監督作品 『SAMURAI 7』 第4話まで見ました。 

[2008/08/31] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 更新が滞りがちなんですが、書きたいことがないわけじゃなく、たまり過ぎでどうしていいかよく分かんない状態なので、軽く書いてみます。

 とにかく「滝沢敏文」という人の作品を見てみたい! その一心で、どんな作品なのかもよく知らないままに、とにかく借りてきて見ているのが、この『SAMURAI 7』です。

SAMURAI 7 第1巻 (通常版) SAMURAI 7 第2巻 (通常版)

 なぜに滝沢敏文かと言えば、『伝説巨神イデオン』を見直していて、この人はどんな人なんだろうかと気になりだしたらどうにもたまらず、という実に単純な動機でした。(→ 『伝説巨神イデオン』 第14話 撃破・ドク戦法 - 囚人022の避難所

 黒澤明監督の超有名な『七人の侍』(1954年)の50周年記念リメイク。ハイビジョンのフォーマットで作られているんですね。はじめはBSなんかで放映されていて、地上波ではNHKで2年前にオンエアされてたんですか。(TV見ないから、ぜんぜん知らんかったなぁ・・・。)

 とにかく面白いです。見ている時間があっという間に感じてしまう。早く次が見たくなる。何だろう? このワクワクする感じをどう説明すればいいんだか!(笑)
 原作の『七人の侍』も見たことあるんですけど、高尚ぶった芸術映画っていうよりは、ワクワクドキドキな娯楽性が高い作品という印象があります。それでもやっぱり“渋いなぁー”と感じた気がして、こんなに“面白い!”とは感じなかったような。時代劇って設定的には古びないフォーマットのようで、でもやっぱり作られた年代は映すものですね。
 正直に言うと、コッポラやルーカスやスピルバーグが原作を絶賛してるのは、よく分かんなかったり(笑)しますが、これをハイビジョンのアニメでリメイクしようっていうのは、海外展開なんかも念頭にあって作られたものなんでしょうかね。

 でも映画的ではなくて、きっちりテレビアニメ的に毎回面白くなってますから、偉大な原作を巧みに克服して、そこからエッセンスを上手に汲み取っているんでしょう。何となく昔から、映画のほうがテレビより上のもののような気がしていたんですけど、最近になって自分が本当に好きなのは、むしろテレビアニメ的なものなのかもしれないと感じるようになりました。
 アクションシーンや不思議な世界観もいいんですけど、やっぱり少しずつ物語に加わってくる個性豊かなキャラクターたちが魅力ありますね。時代劇的なものの翻案の仕方が本当に上手い。
 そういえば、「演出協力」ということで高橋良輔さんがスタッフに入ってました。滝沢監督とも縁がある人だし、何と言ってもアニメ界では時代劇の大家ですからね。もうひとつ、タイトルの字も良輔先生の手になるものらしいです。大御所様(けっこう黒幕?)って感じでしょうか?(笑)

 まあロボロボした派手なアクションは、今のところ少ないわけなんですけど、GONZOの作画はすごいハイレベルな気がしますし、美少女も出てきます(笑)。よく分かりませんけど、もう少し人気があってもおかしくない作品では? 早く続きを見たいんですけど、まあぼちぼちとマイペースで見ていきたいと思っています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。