スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノスタルジアとの闘い・・・ 

[2007/09/01] | 随想系 | トラックバック(1) | コメント(1) | TOP ▲

 以前に書いた「ロボットアニメ雑感(“あり得なさ”と“本物っぽさ”)」というエントリーに、しののめさんからトラックバックをいただきました。

→ むいむい星人の寝言: 是我痛:ありえないありえなさ

 かなり重度のロボットアニメ好きの私なんですが、肌合いが合うロボット描写と苦手な描写があるなぁという、…私が書いたものは、そういう自己分析のようなもの(ただしグダグダ)でした。ロボットアニメって、そもそもあり得ないものを描いているから面白いんじゃないかなぁという感じです。で、どうもCGのロボは、うまく私を面白がらせてくれない傾向があるので、何でなんだろうか、と。
 しののめさんのご指摘は、『ゼーガペイン』では、そのあり得なさをどうやら逆手にとってストーリーに活かしてますよ、ということだと思います。コメント欄にも書きましたが、私が『ゼーガ』を1話以来見ていないのは、肌合いが合わなかったからではなくて、ただ他の視聴予定がつかえていたのと、レンタル屋さんで『ゼーガ』はまだ新作コーナーから下がってこないので(笑)、それを待っているというけち臭い事情だったのでした。

 見始めた当初に一瞬感じた違和感を、最後になって見事に逆手に取られて唸るという、とても気持ちいい体験を、先日『FLAG』でしたばかりなので、(何となく『ゼーガ』入り組んでて手強そうだなぁという印象はありますが、)“次にレンタルで観るかもしれないアニメ”候補の、かなり上位のほうに『ゼーガ』が入ってきましたよ。(笑)

 しののめさんもご紹介くださいましたが、廣田恵介さんも『ゼーガ』を推しておられたのは、私も前から気になってました。「550 miles to the Future: ■えっ、メカの装甲が半透明?■」で、

イヤなもんすね。「知っているものが出てくるから観る」ってのは。

そうそう、先日も『ゼーガペイン』のことを熱く語ったら、「半透明の装甲かァ……」なんて溜め息つかれちゃいましたよ。

しかし、メカの装甲が半透明ってだけでNGですか。80年代を体験した世代は、つまるところ「形」や「肌合い」しか覚えてないんじゃないか?

人生の後半は、ノスタルジアとの戦いなのかも知れない。

…と畳み掛けられた(笑)のには、胸に手を当ててみて、どこかちくちくと痛いものがありました。

 先月だったかな?『ラーゼフォン』が確かバンダイチャンネルで5話ぐらいまで無料で放映していたんで観たんですけど、記事には書いてませんでしたっけ?これもストーリーには惹かれたんですけど、『ライディーン』風のロボットには、これはこれで違和感を感じたんですよね。(ライディーンは大好きなんですけど。)
 で、そのへんと、あと冒頭に書いたあり得なさと本物っぽさの雑感のエントリーにcrow_henmiさんからいただいたコメントなんかも含めて、ちょっと興味を引かれた記事を今日読みました。

→ 徒然日記2~モデラーの戯言byまいど!: ∀ガンダムから見る押井vs出渕愛憎劇

「シド・ミードの∀ガンダムのデザインはインダストリアル(工業)デザインで、キャラクターデザインではない」

 “なるほどキャラクターか”と思いました。ロボットアニメの中で、ロボットというのは小道具なのかキャラクターなのかというのは、実は自分の個人的好みの問題としてさえも、そう簡単に判断の付きかねるところがあって、富野監督にしても押井監督にしても、口で理屈を言っている通りには、なかなか作品が作れていなかったりするところもあるような気がして、むしろそのぐらいの曖昧さがあるほうが、自分の揺れ幅にもピッタリとフィットしてくるようなところが始末の悪いところです。(苦笑)

 何しろ、私の場合は「下手の横好き」みたいな感じで、いったんロボットアニメの話をしだすと、このようにグダグダ長々と書いたりしてしまうのですが、例によって結論らしい結論は何もないですね。ただまあ、これでも私も“ノスタルジア”と闘っていることになるんだか、どうなんだか…。
 “ロボットアニメとは何か”的な考察で、最近読んで面白かった記事を挙げさせてもらって、今夜のところは退散します。(笑)

→ 主にマンガやアニメに関するメモ -

スポンサーサイト

“アンチ天才”のボトムズ流仕事術 

[2007/08/31] | ネット巡遊記 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 この連載、面白いですよね。(皆さん、読んでおられます?)

→ “アンチ天才”のボトムズ流仕事術 (“アンチ天才”のボトムズ流仕事術):NBonline(日経ビジネス オンライン)

あれはね、僕は原作・総監督であると同時にプロデューサー的な立場でも関わっていたんだけど、プロデューサーとしては“間違っちゃった”作品なんですよね(笑)。

僕のやりたい方向に振りすぎてしまって。あなた同様、何人もの人に「よくあの企画通ったねぇ」って言われたもの。今現在は、まぁ、そんなに自慢できるような売れ方はしていないし(笑)。

 高橋監督の言葉って、ほんと、いつ聞いても、いい感じですよねぇ。(どっかの富野御大のような危なっかしさがない。)
 上のは『FLAG』について言ってるんですけど、

でも、今現在それほど売れていないからって、全部間違ったとは思っていない

「FLAG」みたいな作品を作ることで、アニメーションの対象になる“素材”というのを1つ広げることができるかもしれない、と思ったんです

 いい話ですよねぇ。

僕は今、「FLAG」をやって、確実によかったなと思えるのは、監督した寺田和男君が、「自分が今までやった仕事の中で最高だった」と、自己評価してくれていることですね。

僕がずっと頼りにしてきた後輩が、アニメーションをやっていてこの期間が…とりあえずはね、一番楽しかったと言うんだから、それはよかったんだろうなと。

 この記事、宮崎駿、富野由悠季、出崎統らの天才に比べて、高橋監督は“アンチ天才”だって趣旨なんだけど、少なくとも人を育てる才能から言ったら、高橋監督が抜きん出て天才のような気がしますよね。(作りたい作品を着実に作っていくという意味での“プロデュース”力に関しても、もしかしたらそうかもしれないですけど。)

自分が関心が高いテーマを初めてストレートに入れてみたんです。

 『太陽の牙ダグラム』が転機になったっていうこの話も、社会性を持った題材が、アニメーションでできるかやってみようっていう意味では、好きなことだけやってたわけじゃあないですね。

ほかの作品は、みんな「ガンダム」の路線に集約されていくんです。それだけ間口が広い作品で。あれはブラックホールみたいなもので、どんなロボットアニメも、作っても作っても「ガンダム」に吸収されていってしまうところがある。あらゆるものが。

「ボトムズ」だけが、「ガンダム」っぽくないわけです。デザインはどちらも大河原邦男さんなんだけどね。

 たしかにね、高橋監督のロボットアニメは“ガンダム”に呑みこまれていない気がしますね。でもそれは「ATのテイストが他のロボットとは系統が違う」っていうような理由なんですかねぇ。それも含めて、高橋監督の個性というものがしっかりとあるような気がするんですけど、うまく言い当てられなくて難しいですねー。

 しかし、我らが敬愛する高橋監督が、ビジネスとか経営とかいう視点から取り上げられるなんて、あまり思ってもみませんでした。(笑)

『FLAG』最終話 これは味わい深い! 

[2007/08/19] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 『FLAG』の最終話を見た日に、『コードギアス』のStage24&25スペシャルも見てしまったら、感想がぜんぜんまとまらなくなってしまったんですけど、その後、どっちの感想も書けないままに日を過ごしていたら、潮が引いたあとに残ったものみたいに、頭の中で何度も反芻しているのは『FLAG』(→GyaO 8/28まで)のほうでしたね。
 オープニングもエンディングも、実際見ているときはひどくおとなしいし冗長なようなもののような気がしていたんですが、こうしてみると、なぜか自分の中ではいつまでもリフレインし続けています。不思議なもんだなぁ。

FLAG Vol.6【完全生産限定版】

 最終話の構成については冒頭に、一瞬、放送事故か編集ミスかと思うような、あのシーンが持ってこられていることが、観衆にとっては時間をかけて“悲劇”を受け止められる優しさなのか、と思いましたが。私は終盤が近づいてくるに従って、この展開を予期していたので、わりと早く「あっ!」と気付きましたけど。気付いたときのショックは大きいから、そのあたりはどうなんだろう。なかなかニクい構成だと思いました。違うパターンをいろいろ考えてみたけど、やっぱりこの位置がベストなのかもしれない。
 というか、その終わり方から逆算して考えたときにはじめて、この作品のいろんな味付けが、すごい意味を持って見え始めてきました。でも、「ネタバレしたらだいなし」だと思うので、ぜひ皆さんも自分の目で確かめていただければなぁと思います。(こりゃ困ったね。)
 そういう意味で、本当に“高度”なレベルの作品ですよ。これじゃメディアに乗っかってバカ売れすることはぜったい不可能ですよねぇ。(←これは、そのぐらい「いい」という誉め言葉です。 苦笑)

 最終話は、テーマ的なものについて、それぞれの人物がかなり冗長に語ってくれて、そういう意味では分かりやすく最後をまとめてくれているほうなんだろうと思いますけど。(個人的には、こういうのは少し苦手だったりします。)

 気が付けば『FLAG』について、前半に感じた欲求不満も含め、案外多くの感想メモを書いてきたんですけど、これは確かに最後まで見ると、もう一度最初から見返してみたくなるし。

FLAG Director's Edition 一千万のクフラの記録

 そういう意味では、全体を約100分で構成しなおした『FLAG Director's Edition 一千万のクフラの記録』というのは、劇場版サイズみたいな感じでいい狙いかなぁ。すごく見たくなりますね。まだしばらくはレンタルには出てこないですかねぇ。
 でもきっと、それを見たら、本編(Vol.1~6)が見直したくなるのかもしれません。「食いつきは悪いと思いますが、見続けていただけるとなかなか味があるな、と思って頂けるように今がんばってますので、ぜひ『FLAG』を目にしたり耳にしたら、最後まで付き合って頂ければと思っています。」(公式サイト 高橋総監督インタビュー#1)って、本当に言葉以上に言われたとおりで、最後まで見ないとつらいし、まったく食いつきはひどく悪い作品でしたけど、他ではない苦さがいつまでも舌の上に残って、何度でも味わいなおしたくなる、独特な作品でした。
 オススメします。チャンスがあれば、ぜひ見てみてください。

『FLAG』最終話と『コードギアス』Stage24&25スペシャルを一夜にして見る 

[2007/08/15] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 今夜は『FLAG』の最終話と、『コードギアス反逆のルルーシュ』のStage24&25スペシャルを一夜にして見るという、贅沢な日でした。やれやれ。強烈でした。贅沢すぎました。
 それぞれの感想は、また後日書きます。欲望に任せていっぺんに見てしまったのでは、感想なんて書けませんって。(笑)

 ネット界隈の話題的には、圧倒的に『コードギアス』で、『FLAG』のことを書いている人はあまり見かけないのですが、すばらしい佳作でしたよ。谷口悟朗監督が、「監督としての師匠」、「天才というのは、ああいう人のことをいうのだと思います」と讃えた高橋良輔監督の作品ですからね。もっとも『コードギアス』が言及されるのは、“話のネタ”として消費されることを積極的に引き受けているという面もあって。貪欲な消費者の皆さんには、『FLAG』もよかったですよ、と言っても何のことやらかもしれませんが。

 二作とも、尻上がりに良くなってきたところが、私には大変嬉しく感じられる作品でした。あと、『コードギアス』は“あそこで終わるのかよ!”みたいな感想が多く見られたような気がしましたが、私はよくできたクロージングだと思いましたよ。広げまくった大風呂敷とか、張り巡らした伏線とか、どうも本質的には“どうでもいい”と思う人なんだという自分のことを再発見。(笑)

 今夜は心地よく疲れました。お盆休みとも無縁で明日も仕事なので、もう寝ますけど、頭の芯がじーんとしていて、この暑い夜にうまく寝付けるかなぁ…。

続きを読む

『FLAG』 11~12話 (・・・見てきてよかった!) 

[2007/08/08] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 「この作品は単発でぱらぱら見ているよりも、一息に見通したほうが絶対面白いですね」と先回書いたばかりでもあり、全13話ということを考えれば、13話までGyaO に出揃ってから見よう、と思っていたのですが…。
 ごめんなさい。我慢できなくて。(笑)
 そのぐらい、続きが気になって、楽しみだったんです。

FLAG Vol.6 【通常版】 FLAG Vol.6 【通常版】
宮武一貴、田中麗奈 他 (2007/05/23)
アニプレックス
この商品の詳細を見る

 前半6話まで(って言うより9話までかな?)のスローペースから、ここに来て、一気に話が動く動く!漠然としていた、あるいは隠蔽されていた和平の危機が急激に顕在化して、目を離せない大ピンチで第10話が終わっちゃいましたからね。

 この作品、見てるのはやっぱり男性が多いんだと思うんだけど、主人公の報道カメラマン・白州だけじゃなく、国連軍って、こんなに実際前線に立つ女兵士が多いんだろうかというぐらい、女性が多く活躍しているから、女性がご覧になったらどんな感想を持たれるのか聞いてみたい気もします。
 組織の論理から言うと、シーダック隊の断固とした行動ってちょっと微妙なんだけど。女隊長、「やるしかない!」ってね。(笑)
 赤城と白州の関係でも、前半では赤城のほうがぐいぐい事件の核心に迫っていく勢いだったのに、いつの間にか白州は凄い成長を遂げていました。

 ロンクーとの戦闘はいいんだけど、ハーヴィックが敵の一般兵を制圧するモニター画面は、見てると何だか胸が苦しいですね。まさに薙ぎ払ってる感じですけど、もの凄く非情で。でもそれがある意味でリアリズムなんだろうなぁ。「任務は終了した」ってクールな言い放ちもいいです。

 秘匿されていた白州の行動に気付いた赤城は「そんなことに命を懸けて、どうするのだ、白州!」と口にするんだけど、そうとしか赤木の立ち位置からは見えないんですよね。でも、白州はいつの間にか、そこからさらに、もう一歩突っ込もうとしているんですよね。
 「なぁ、火に飛び込んで死んでしまう蛾のこと、馬鹿だと思ってないか?蛾だってそのくらいのこと分かってるんだ。」
 うぅーむ…。

 クライマックスは、感動しました。ここに赤城の視点がもう一つあることがいいですね。

 「白州ぅー、逃げろぉー!」

 「お前をそこまで衝き動かすものは、…いったい何だ。」
 「そうだ!そうだ!写せ!お前が見えているもの全てを写しとれぇ!お前の心が叫んでいるものを逃すなぁ!写せぇー!!」

 少し安直ですが、白州にとって眼前の戦場にあるものは、メカとメカとの戦闘ではなく、一人一人の“人間”だということ、なのかと思いました。(…そこで、田中麗奈の演技はどうだったか、というのは若干あります。及第点だとは思いますけどね。)
 そしてこれ、象徴的に“旗取り合戦”なんですけどね。ついに“フラッグ”を奪い返したハーヴィックが手にしたフラッグが旗めいて…って、でき過ぎなんだけど、きれいな絵でした。

 ラストで寺院から出てきたのが敵兵じゃなくて、国連軍だったのにホッとしたと思ったら、「?」…不穏な気配で。シーダック隊は白州を残して去っていってしまうし。あー、何か哀しい。また続きが気になる“引き”だなぁ。(笑)

 凄いです。ロボットアニメ好きで、この作品見てるようなもんですが、ロボット同士の戦闘よりも、カメラマンのドラマを注視してしまいました。赤城が千載一遇のこのシャッターチャンスに、シーダック隊の戦闘よりも白州に注意を引かれてしまっているのを「おぃおぃ」と思いながら見てるつもりが、気付いたら赤城とすっかり同じ目線になってしまっていました。(笑)

 久しぶりに、スゲー感動しました。こう、盛り上げてきて、最終一話でどう、締めてみせてくれるのか。うぅー、早く見たい。(やっぱり第13話まで出揃ってから見るべきだったか。 笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。