スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説 『機動戦士ガンダムF91 クロスボーン・バンガード』  

[2008/11/27] | 感想系 | トラックバック(1) | コメント(3) | TOP ▲

 このところブログも書かんと富野由悠季の小説ばっかり読んでるわけですが、まだ熱は冷めやらない感じ(笑)でありまして、今日は『クロスボーン・バンガード』の感想をメモしておきます。

機動戦士ガンダムF91クロスボーン・ガンダム(上) 機動戦士ガンダムF91クロスボーン・ガンダム(下)

 前にも書きましたが、世代的なこともあって私は、富野由悠季の「小説」には、半ば無意識に抵抗感を抱いて来ました。富野由悠季のファンを自認してるのに、我ながら妙なタブーを設けて来たものですね。
 そしてこれも前に書きましたが、『F91』というアニメも、私の中では釈然としない印象として記憶されている作品だったのでした。幸い、この小説は勢いで手に取ったので、そのあたりも変に構えて読まずにすんだのですが、感想を書くというと、そのへんのことも微妙にフラッシュバックして来てしまいそうです…。

 アニメと比べると、出来事の前史にあたる部分のボリュームの大きさが、小説版の特徴になるかと思います。
 普通は鉄仮面=カロッゾ・ロナが、いかにして、あのような暴挙に及ぶに至ったかという、アニメで説明しきれなかったところの補完を重点的に読むのかもしれません。富野由悠季という人が、内面に抱いた思想の代弁者として。
 …でも今回、私が思いきり強い印象を受けたのは、たぶん作者のもう一人の分身である、シオ・フェアチャイルドのほうでした。
 カロッゾのほうは、ある意味作者の叶わぬ(叶えてはならぬ)願望を、代償としてフィクションの中で形にしてみせてしまっているわけですが、このブンガク崩れの小市民たるシオという人物の惨めさたるや!
 それと、富野監督の娘さんたちの年齢を詳しくは知らないのですけど、この作品での「親子」の関係というのはそれ以前の富野作品とはどうも違って、ダメな親だけど親は親で一生懸命・・・だけど、やっぱりダメなのよね、というような、人の親の立場のほうから見つめなおした視点というのを不思議に親密なものとして感じました。

 富野監督、当時50歳ですか。『ブレンパワード』で「世代を重ねる意味」というテーマがひとつ、ぽんと投げ出されてあったわけですが、「人は手前1人でおぎゃあと生まれて1人で勝手に死んでいくものではなくて、それには他の人が大なり小なり関わっている」ということが、まさしくこの小説の「序」には懇切に書かれてありました。ナルホド納得。

 富野アニメを批判する人たちが言うことには、たとえば父親が王様で兄弟が将軍とかで、家庭内紛争みたいなのばかりをやっている、あれはリアルな戦争じゃない、みたいな話があるわけですけど、それは違うんですね。別に富野監督はリアルな戦争を描きたいのじゃなくて、人間の問題が最初にあって、その必然として家族の問題がある。ひとつの家庭だけでその暮らしがなりたつわけではないのが世の中だから、その衣食住をまかなってくれる、あるいは生計をたてるために両親が出てゆく、そういうものとして社会がある。
 そうしたことを丁寧に分かりやすく示しているのが富野監督の作品なのですね。(それに、少なくともガンダムのシリーズでは、戦争らしい戦争を描いたのは最初のガンダムぐらいであり、この作品もそうですが、あとは微妙に「内紛」というのに近いようなレベルの戦いに抑制されて描かれているということも、そのあたりの節度というものをわきまえているから、このようになるのではないかと私は思います。)
 なので上巻の全21章のうち7章までを費やして描写されているロナ家の事情というものこそが、この作品ではとりわけ魅力的であり、まだ物語は動き出してもいないのだけど、ちっとも退屈せずに読み進めることができました。

 もうひとつ、「あれ?」と思ったのはラストの部分が大きく違う、ということで。
 (・・・!) この間の肝心の本編にあたる部分をすべて飛ばすとは、何たること!!(笑)
 いや、アニメでよく分からなかったことが「そういうことか」と納得された部分はいくつもあったのですが、まあそこは個人的には、そんなに重要ではなかったということです。淡々と事象が積み重なっていって、悲劇が拡大していくという。

 で、終劇の迎え方ですが、やけにあっさりと終わったなぁと。いや本当は、なかなか余韻が残る、いい終わり方でしたが。
 それでアニメのことは見事に忘れて小説の物語だけにすっかり入っていたので、その時にはささいな違和感という程度だったのですけど、・・・今になって考えてみると、アニメではラフレシアの撃破以上に重要な感じで描かれていた、虚空を漂うセシリーを探す、あのシーンがごっそりとなかったことに気づき、ちょっと愕然。
 アニメであれを見たときには、富野監督は「ニュータイプの“認識力の拡大”っていうのは、エスパー的な戦闘力のことではなくて、こういうもののことなんだよ」というのを、とても強調したかったんだなぁと私などは感じていたわけです。その部分、丸々カット。(笑)

 ただ、このほうがずっと良かったですね。いまだからそう思えるんで、リアルタイムのあの頃に、そんなふうに思えたかどうかは分かりませんけど。

 生み育ててくれた母と父がいるならば、そこに戻るのが人でしょう。
 もちろん、その逆もあって、不幸な生立ちをもてば、両親を憎しみ忘れようともします。ときには殺そうとも・・・・・・。
 それも、父と母がいるから起ることですから、結局は、戻ることなのです。

 ここから始まる物語は、「世代を重ねる意味」こそが主題であって、ガンダムらしくニュータイプの話などを入れなければならない、などと欲目を出すべきではなかったのでしょう。
 たとえ、父をその娘が殺める悲劇の物語であったとしても。

続きを読む
スポンサーサイト

世代の話と『イデオン』が残した終末願望 

[2007/08/04] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 今回は、「この国はどうなっていくんでしょうかね。」にいただいたコメント等に関連して。

戦後の日本を支えていた希望の未来像が片っ端から信じられなくなった時代を生きてるのが今の若い世代(zsphereさん)

 その流れで言うと、私は“希望の未来像”が失われていくのを、リアルタイムで目の当たりに見ていた世代なのかな、と自分のことを思います。それでも、希望を自らのものとしていた時代がわずかにあった分だけでも、絶望を出発点としてきた世代よりは幸せ、と言えるのでしょうかね?

庵野 そうですね。僕らの世代(’60年代前半生まれ)の共通体験はテレビかマンガしかないと思うんですよ。それはしょうがないと思います。

 グダちんさんからいただいたトラバで、庵野さんが「僕らには”魔法の箱”の中にしか語るものがない」って言ってるのは、そのとおりだったと思います。ここで言う“僕らの世代”は、やっぱり“我々の世代”ではないのかもしれませんね。(私のお気に入り?の)「われわれ」と「ぼく」と「ニュータイプ」の話じゃないけど、なるほどテレビを見ていたのは、あの頃すでに個々の“ボク”だったのだよなぁと、ふと思いました。ともかく“魔法の箱”から一方的に流れてくるものを、一人一人の場所で受け止めるだけの“僕らの世代”は、全共闘世代やフォーク世代に比べ、たしかに情けない、と私は感じていたように思います。

 私の個人的アニメ史の中での“絶望”の極北というのは、やっぱり『イデオン』(1980年)だったなと思うんです。どんな“希望”を抱いてみても、人は自らの業を乗り越えることはできない――この生きものたちは、一度滅んでやり直すしかない、というのは、それでも再生の可能性に思いをいたしていた、と見るべきなのでしょうか。
 ですが、もっと言うと私の若い時代は、せめてそうして滅びることを、かなり切実に希求していたとも思えます。なのに、希望の未来も来なかった代わりに、あれほど願った終末も世界に訪れはしないまま、日々だけが過ぎていきました。(だからといって某カルト宗教のように、自ら世界を滅ぼそうなどとは思いませんでしたけど。)
 私にとっての『Zガンダム』(1985年)とは、個人的には、だから「あー、結局こうやってだらだらと続いていってしまうんだ」という、どうしようもない諦観とともに思い出されるタイミングの作品であり。『イデオン』抜きでガンダムの流れだけを語っても、あまり私の体感には馴染まないものにしかならないんですね。そうした意味で、『逆襲のシャア』(1988年)っていうのは、とりわけシャアの行動原理のところで、あの終末願望を前提に持たない人には話が通じない部分があるだろうな、と。で、それをアムロが阻止したってことも、私には凄いことだったんですよ。なのに、その次は、『F91』(1991年)だったでしょう? 「あー、それでもまた、だらだらと続いていってしまうのかヨ」っていうね…。

「道を示すべき大人は沈黙し、平和と豊かさの中で僕らは何かを求め続けていた」

 そうですね。しののめさんのご指摘のとおり、『ガンダムX』の頃(1996年)には、たしかに私もまた、もう大人のはずでした。

80年代前半のアニメには確かに大人が居た、でも85年のΖで大人をやってくれない大人が描かれて、今ではアニメに大人が殆ど居ないような気がする。そんなことを考えてしまいました。たかがアニメですけれども、「されどアニメ」という言葉で育った世代ですし。

 客観視すると、まったく言われるとおりです。私はそのころ何を考えていたんだろう?来なかった終末を、まだ待っていたんだろうか?
 今にしてようやく分かってきたことは、どうやら世界はなかなか一気に滅びてくれるものではなく、けれど、ひどく緩慢に滅び続けているものらしいという、そんなことでしょうか。(今でも世界が一瞬で滅びてしまう可能性というのは、決してなくなったわけではないはずなんですが、どうしてこう現実感のないものになってしまったのか。)

 「今の若い人の気持ちを自分たちが若い頃の経験で推し量ってはいけない」のはそれとして、私がちゃんとした「大人をやって」こなかったことの理由を考えていくと、そういう終末願望のようなものの決着がついていないということは伝えておきたいなぁと思いました。
 ただ私には、社会が若者を喰い物にしはじめたのは、わりと最近のことのように体感されていて、それは若者に無理解な高齢者が若者を喰っているのではなくて、若者を含めた社会全体が、少しでも弱い部分を見つけては、互いに喰いあっている状況なのかな、と感じています。
 希望はない。終末も来ない。その中でサバイバルするために行動し始めようとする気持ちを、私も支持します。でも、それは互いに喰い物にしあうことでしかないのでしょうかね。平和と豊かさの中で“終末”ではない何かを求め続けるのは、やはり“僕ら”であって、“我々”ではない。「われわれ」という気分を少しでも知ってしまっている私には、はじめから「ぼくら」でしかなかった世代の絶望は、どうしても分からない部分があるんでしょうかね?

アニメのリアルと嘘・・・ 

[2006/07/10] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 つたないVガンダムの感想にコメントをお寄せくださり感謝します。とりわけネタバレへのご配慮かたじけない!
 先の見えない不安感の中で見ている感じが大事ですよね、ありがたいことです。

 「シュラク隊が毎回死ぬのはギャグだと思ってました」というルロイさんのキツい一言がありましたが、意外とそういうものなのかもしれないですね。何でもないことのように見せられていると、それが普通に思えてきて、逆にいちいち凹んでるほうが変に見えてしまうのかもしれない。戦争に順応していくウッソたちの中でシャクティのほうが壊れちゃってるみたいにね。
 ルロイさんのような若い人は、自分の感覚がどうしてどうなって今のようになってきたのかとか、あまり後ろを振り向いたりはしないんでしょうしね。

 「紛争地域ではVのようなことが日常的な光景なんだと想像できます。Vは平和ボケの反省好きな日本人のごく一部に受け入れられやすいのではないのかな?」というのはわんこさんです。
 戦争ばっかりやっているアメリカの子どもたちに見せてやりたいと私は書いちゃったわけですが、日本の子どもたちは身近に戦争や死を感じる機会が本当に少ないですよね。
 『リーンの翼』の感想のところで書いたか忘れちゃいましたが、私は米軍基地の近くで小中学生時代を過ごしました。軍用機の爆音ってすごいんですよ。だけどそれを日常として育ってると、それが当たり前になっていて。久しぶりに少年時代を過ごした場所へ行ったときに、「こんなすごい爆音の下で育ったんだったっけ?」と思ったことをふっと思い出しました。
 「反省好き」かぁ・・・。どちらかと言えば、Vガンダムの容赦のない描写に痛みを感じてしまう感性を持っている人のほうが、この作品を評価しているんですよね。考えてみれば不思議なことです。
 『F91』との落差・・・。どうなんでしょう?リアルで展開を追っていたらどうだったんだろう?(前にも書きましたが、私はF91で、はじめて富野さんとの間に隔たりを感じてしまったんですよねぇ。)

今の子達って、ああいうのを「ギャグだと思って見れる」って事ですよね。


 今のっていうか、・・・子どもって意外とそういうものなのかも。
 戦争に対する気持ちの違いって、どこから来るのでしょうかね、スカルさん。私の親は戦争を覚えてる世代だったりします。それこそ小学生ぐらいのときに疎開先の田舎でグラマンに機銃掃射をされたというのを母から聞いたことはありますが。それを聞かされたのは私が中学生ぐらいのときで、そのとき私はあまり大したことには思えなかったような気がします。

作劇上の嘘以上にあからさまな嘘(タイヤとか……)を入れ続けているのに、嫌悪感を初めとした感覚だけはよりベッタリと染み付いてくるのは確かに苦行ですね。(Takkunさん)


 「終わりの無いディフェンス」状態ですかぁー。オープニングの歌詞はかなり耳に馴染んできました。(歌の明るさで持たせてる部分があるような気がするのは気のせいでございましょうか。)
 どんな要素をぶち込みながらでも、物語というのは書き上げることができるんですね、その辺がエヴァンゲリオンに受け継がれていくということなのか。
 アメリカでファーストが不評だったと言う話は、この辺で読んで知りました。「劇場版『Z』は北米を初めとした海外展開用に作られた側面もありそう」・・・私もこれを読んだとき、ふっとそう思いました。富野監督はともかく、バンライズはそのぐらいのこと考えていそうな気はしますね。

 「毎回、出撃した人が全員生きて戻ってくるZガンダム中盤とかよりも、こっちの方がリアルな戦争、なのかも?」と仰るのはzsphereさん。うん、リアルだと思いますよ。だけどリアルさってのは目的じゃなくて手段だものなぁ。

批評家もまた批評さる-作画アニメの中の真実


 こんなのを読んでうなったりしてるわけです。「アニメでリアル志向の映像を作る意味は?」この記事は作画の話だけれど、内容も同じじゃないかと。どうです?私には答えが分かりません。

 ほんとによく分からないんです。子どもの感覚も。アニメのリアルと嘘も。分からないけど今の私は、このVガンダムは子どもに見せたいアニメだとは思わない。子どもに見せたいアニメがいい作品なのかどうかも、残酷な現実を教えてくれるアニメがいい作品なのかも、分からない。(分からないんだなぁー、ということが、とてもよく分かる作品なのかもしれないですね。)
 「Stand up to the Victory!」・・・・・・何から何をディフェンスしていて、何に勝利したいのか、見えてこないまま、いろいろ考えさせられながら、何とか視聴していきたいと思いますですよ。

機動戦士ガンダムF91(1991年) 

[2006/02/05] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

今さらですが、『機動戦士ガンダムF91』は1991年の作品だったのですね。(参照:Wikipedia
これはちゃんと公開当時に、映画館へ見に行ったのですが、何故かもっと、ずいぶん遠い記憶のように思えていました。
先日、ガンダムシリーズを制作年順に、ただ並べるという変な事をしておりましたのも、その辺を自分なりに整理してみたかったからでした。(あれはあれで、制作年順にWikipediaを眺めていくだけで、けっこうオカズになるんですけどね。「中立的な観点」「保護」の数とかw)
相変わらず非常に個人的な視点なんですが、この年代順を眺めていて「そうか!」とバカに納得をしてしまったのが、この『F91』を観たのをほぼ最後ぐらいにして、私はアニメからもガンダムからも遠ざかる、個人的な「黒歴史」時代に入っていったのだなぁ~という事実でした。

改めて見直してみて感じたこと……第一印象は、たぶん当時感じたこととあまり変わらない"当惑"でした。
絵は悪くない。メカの動きや爆発なんかは、前時代からすれば、かなり水準の向上を感じさせる。音楽も悪くない。特にやっぱり森口博子はガンダムの歌を唄わせたら最高だ!!(笑) ラスト近くの主題歌が入る部分は、だから実に感動的だった。じゃあ何でひっかかる?

物語が煩雑?…それはある。「元々はテレビシリーズの企画で、ストーリーを劇場作品用に再編集しており、この為話の展開が非常に早い。」(Wikipedia) 最初テレビ版で構想されたストーリーを劇場版に圧縮すれば、そんなものかとも思う。けど、それは富野御大の得意技(本人も半ば自虐的にだけどそんな風に言っている)なのでは?
では「これは始まりに過ぎないのよ~♪」そのもののエンディングに不快感?…それもある。どうしたって私の世代は、あの『ヤマト』続編もので散々嫌な思いをしてきたトラウマがあるし。(「ヤマトめ、やりおったかヤマトめ……ハハハハハハ……」と引きつり笑いごっこをしたものです、ハイ。)

だがしかし、そんなことぐらいではないような気がする。もう15年ほども前になるわけだけど、公開当時の私は、どうしてか「もう付いていけないな~…」と思ったようだった。「自分が年老いたのだろう、もうアニメなんていう歳じゃないものな…」ということ。そうして自分を納得させたのか、あきらめたのかはよく分からないけど、あの富野さんが作ったあのガンダムに付いていけない気がしたことは、個人的にかなり寂しい出来事だった。『Ζガンダム』(TV版のね)に拒否反応はあったけど、「付いていけない」というような感じ方ではなかったと思う。『ΖΖ』のときはきょとんとしていたけど、『逆襲のシャア』で、「やっぱり富野さんだよな~」と思っていたはずだった。

今? 
今、見ると? 
…皆さんに、いろいろと教えていただいたおかげなのか、もう少し客観的な見方も出来るようになったような気がする。うまく整理をできるか分からないけど、もう少し何とか言葉を搾り出してみよう・・・。

ラフレシアが「どっかーん」した後の展開。セシリーが虚空を漂っているところ。「御大はこれがやりたかったのね」って、すっごくよく分かった。"ニュータイプ"ってのは、・・・"認識力の拡大"ってのは、つまりこういうことなんだということ、なんでしょ?(ここまで噛み砕いて見せなければならない?)
「そうか、御大はとっても『ガンダム』をやり直したかったんだなぁ~」という見方でこの作品を観ると、いろいろ難しく思えたことが、少しすっきりとしてきた気がする。「やっぱり民主主義はキライなのよね」とか。「モビルスーツは少しでも小さくしたかったのかな」とか。いろいろね。

御大の作品っていうのは、観るのに集中力が要求されますよね。ほとんど"気合"で作品と勝負しているぐらい。(笑)
そこがアンチには受け入れ難いところなのかもしれないけど、ファンにはたまらないところでもあるような。・・・そして集中して観させるだけの"技術"もある。
この作品は、技術論的には、さすが富野さんの作品というレベルには来ていると思う。じゃあ何なのかというと、・・・気分の問題。(ぇ?
気分で言うことをお許しいただければ、この作品は「誰に向かって」表現をしてるのか、分からない。というより、表現が自分(御大)の内側に向かってしまっているという気がする。御大の"気合"がこっちに向かってこないという感覚です。
ぶつかり合わない気合が空回り。集中力がふっと途切れそうになる。見ていて疲れてしまって・・・「もう付いていけないな~」ということを順を追って分析すれば、たぶんそういうこと。

『機動戦士ガンダム』の時代から約50年、『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の時代からは約30年経ったUC123年を舞台とした物語。リセットしたい気持ちと、やり直したい気持ちのごちゃ混ぜが、もう、その舞台設定から出てしまっている気がする。縁を切るのなら、もっとすっぱりと切れなかったものなのか?
モビルスーツ隊のコロニー強襲からはじまる物語。完全に前作までの王道をなぞっていますよね?
「ガンダム」だから。モビルスーツがあるのが当たり前の世界観だから。まして「宇宙世紀」ものでもあるし、説明は無用なんだけど。けれど本当にそれでいいんだろうか?既存のガンダムのファンには邪魔くさく思えても、そうした世界観の説明を省いてしまっては、新しいファン層が獲得できないのは自明のこと。

実際には1992年にテレビシリーズが放映されることはなく、1993年に放映されたのは、F92用の企画を翻案した、直接の続編とは言い難い『機動戦士Vガンダム』であった。(Wikipedia)


御大がガンダムの呪縛(重力?)に囚われていった構図は、そういうあたりで理解していったら間違いなんだろうか?
富野監督という人は、出来上がった価値観に挑戦していく人、改革者としてこそ、真価を発揮する作家なのではないかと。ファーストがヤマトに挑戦したように。イデオンのような作品を生み出したように。絶対に守りには向かない人でしょう?

『∀ガンダム』は、そういう意味で、ガンダムそれ自身をぶっ壊そうとするエネルギーを持っていたし、ガンダムの既存のファンではない人たちにも意識が向いていたように思うのです。だからうまくいったのじゃないかと。
ただ、『新訳Ζ』は、旧作のスキームをなぞっているからしかたないといえばないんだけど、そういう意味で言ったら、この作品ではじめて「ガンダム」に接する人には、まだ少し敷居が高いかもしれない。

富野さんの次の仕事は『リーンの翼』なわけなのですが、私としてはファンタジーものもいいけれど、「一大娯楽巨編」をやってみせてほしいなぁ。
『ザブングル』→『キングゲイナー』と来た流れで、たとえが古いけど、『未来少年コナン』を超えるような、アニメーションならではの痛快な大作を見てみたい。(できればNHKの地上波がいいなぁ・・・。)

まとまらない感想が迷走し、しまいにはおかしな妄想で、どうも申し訳ないです。

FC2ランキングには疲れました・・・。 

[2006/02/02] | ブログ日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

『機動戦士ガンダムF91』をレンタルしてきて久しぶりに見直しました。感想を書こうとしているのですが、猛烈にてこずっています。まとまらなくてもいいから、とりあえずでもアップしたいと悪戦苦闘しております。
どういう思考経路なのだか自分でも謎ですが、それで勢いを得て、ついに(というか、ようやく)今週は『ブレンパワード』を借りてきました。まだ観てないんですけどね。
近頃しばらく、御大のことを書いてないような気がしていましたが、今や頭の中はトミノ一色。寝てもさめても富野由悠季という人のことを考えているようなありさまで、これではまるで、中学生の初恋ですな。(笑)

このブログのサイドバーの下のほうに「チェックメモ」というのがありまして、その中に「★富野語録」というのを作ってあります。ネット上で気になったお言葉に、とりあえずリンクを貼って覚えておこうというものだったんですが、こうやってリンクしてしまうと、何だか"安心"してしまって記事として書かなくなるという現象が。…そのうちまとめて書こうとか思ってるんですけどね。

ブログパーツの話をもうひとつ。
このブログにアクセスしてくださった方が、どこのリンクから飛んでいらっしゃったかを見るための逆アクセスランキング。
これは、管理人として平素お世話になっているサイトを把握し、そのお礼にお世話になっているサイトを顕彰し、眞にささやかなものですが「宣伝」(?)申し上げるという意味で設けているものです。眺めておりますと、急にアクセスが増えたなと思ったら、文中でご紹介くださっていたりとか、うっかりものの管理人としましては、義理を欠かさないためにもなかなか実用的なアイテムです。
で、「FC2ランキング」を何とか使いこなそうとずいぶん頑張ってみたのですけどね。どうもうまくいかない。アクセス数が少ないので、最大で7日分の設定にしていても、すぐにランク外に去ってしまうので、「アクセスマッチ」とかの設定をやり直さなくちゃならない。このねたで何回か記事も書いて、読みに来てくれた人も少なくなかったんですが・・・さすがにもう、疲れました。面倒見切れない。このネタを読みに来るお客さんも、だいぶ少なくなったようですし、またも表示を最小にしてしまいました。登録をなくしたわけではないので、サイドバーの2行のほかにも、ここからでも見ることはできます。ですが今は、他のところの同種のものを使えないかと検討しています。

今日はまさに、「ただのブログ日記」状態。追記はいつもの。
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。