スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Blue Gender」 を見終わりました 

[2006/09/24] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 Gyaoでの放映の関係がありましたので、出張に行く前に少し見ておこうと思ったら、思ったより後半のノリが良くて、結局最後まで一気に見てしまいました。前回は第11話までの感想まで書いたので、今日はその続きを。
BLUE GENDER COMPLETE BOX [DVD]
 「微妙にエロいところが気に入った」と前回書いたのですが、そういういい感じの小芝居は後半にはあまりなくて、そこは少し残念でした。「エロくてグロくて淡白」とも述べましたが、最後までドライに淡白な感じは一貫していて、好き嫌いは分かれるでしょうが、落ち着いて見れるまとまりはあったと思います。
 第11話で一度感想を書いたのは、そこがGender(生物学的性=Sexに対する、「社会的・文化的な性のありよう」)という、この作品のテーマについてのひとつの節目と予想したからでしたが、その読みは正解。「守る性」(=男)と「守られる性」(=女)という既成観念の逆転した状況を前半部では描いてみせましたが、後半部では主人公の青臭いモミアゲ君(祐司)は強くなります。で、第11話の時点で私は、「この先、Gender逆転の面白みがなくなったらどうするのか」と危ぶんでみせたわけですが、後半部ではいわば“行き過ぎたGender”という感じで、祐司クン、強くなりすぎるという展開を見せます。(なるほど、そうきたか!)
 実は祐司クンが急に強くなるのには、愛の力でもなければ努力と根性でもなくて、「特殊ウィルスに感染している」と言われて人工冬眠させられていた設定上のトリックがあるわけなんですが。このあたりのSF小説的な仕掛けはなかなかよく出来ていたんじゃないかと思いました。
 それと登場人物のずいぶん少ないこの作品で、後半の物語に魅力を与えた気がするのは、異常繁殖した異生物Blueに追い詰められた人類の、最後の砦である宇宙ステーション“セカンドアース”で科学セクションの指揮官を務めるセノ・ミヤギという人物。登場の仕方はあまり重要でなさそうなんですが、後から考えるとあの変なサングラスが実はいかにも怪しかった(笑)。
 後半、祐司のライバル(祐司と同じく“スリーパー”と呼ばれる特殊能力者)となっていくトニーも、登場の仕方はそれほど派手ではなかったし、何しろこの作品は全般に表現が抑制的です。(よく言えば渋い。悪く言えば地味。)あと、萌えキャラ(?)の少女アリシアがヒロインであるマリーンの(一応)恋敵として出てきて、中盤になってやっと物語の骨格を成す主要キャラクターが出揃ったという感じでした。前半の印象もあるので、この人たちもチョイ役なのかと最初は思っていましたよ。
 後半部は最高議会に対するセノのクーデターで一気に盛り上がります。何しろこいつ本当は悪いやつなんじゃないかと思いながら見ていますから、わりとハラハラドキドキ。そしてトニーの謎の行動。このへんのストーリーはなかなか魅せますよ。ただエンターテイメント的にどうかな、と思うのは、戦闘メカであるアーマーシュライクは地上戦用なので、ステーション内での戦闘では活躍しないんですよね。その辺、SF的なリアリティでやってるのは分かるんだけど、絵的な爽快感を欠いてしまうきらいがあって、アニメとしては何かアイデアがあっても良かったのではないかと少し残念。
 ともかく意想外の展開で盛り上がったクーデター以後の騒動を何とか収束してめでたしめでたし…と思ったら、ん?あと何話か続きがある(笑)。そう、たしかに大きな設定の部分での解決は、まだ残されてはいるんだけど、ラスト3話ぐらいで急激にそこをまとめようというのは、正直無理がある感じ。なんか、最後の部分はまるで“外伝”のような印象になっていまいました。ラストバトル、最強のBlueとの凄惨な戦い…も、物語の幕引きのための“ラスボス”という位置づけがはっきりし過ぎていて、ちょっと苦しかったなぁ。まして“地球生命体”みたいなものとの交感は、少し荷が重かった…。

 振り返ってみて、この物語、たとえばSF小説的にはかなりいい線行ってると思うんですけど、アニメ的な魅せかたとしての詰めを欠いた印象が、やや残念でした。1999年の作品ということで、エヴァ以降のアニメ状況の中でエロチックな表現、グロテスクな表現などを明快な意図で盛り込んだということは理解できるし、はっきり“大人向け作品”として見ごたえのあるテーマ設定をしようとしたことも評価できます。ただGenderという問題で言うならば、強さ・弱さというだけでは一本調子になりすぎるところがあって、それはもしかしたら男性からの見方だけで語りすぎなのではなかったかと。最終回になってヒロインのマリーンが祐司の子を宿しているというようなものが出てきても、それをしっかりと話の中で活用しきれないというあたりに、「もう一息!」という思いがこみ上げてきました。もう少し許容しきれないぐらいの複雑さを、作品の中に取り入れる意気込みが欲しかったところですが、そういう意味でも淡白に、程よくまとめてしまったんじゃなかったかと。そこここに、魅力を感じさせる表現力はありました。ただ、きつい例えで言えば“同人誌レベル”で高い点を取れたとしても満足はしないでもらいたいので、プロの作品としてはもっともっと限界に挑戦してもらわないと!



続きを読む
スポンサーサイト

Blue Gender (第11話まで見ました) 

[2006/09/07] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 Gyaoで見ています。マイナーですが、かなり微妙に面白い(?)作品のような気がしています。残念ながら第5話から見はじめて、今、第11話まできたところです。仕方ないので第1話から第4話までは公式サイトであらすじを読みました。
 えーと・・・。一言で言うと、けっこうグロいです。(笑)  気に入っているところは、・・・実はメカアクションとかではなくて、けっこう微妙にエロいところですかね。(ぇ?)  エロいと言っても、「微妙に」というところがポイントです。(何ていうか、いじいじとエロい感じなのです。)
 主人公の祐司は、劇中で「未成年だから酒は飲めない」とか抜かしているし、いったい何歳の設定なのかと思ってましたけど、どうも高校生(17~18歳)という設定なのですね。ヒロインのマリーンも18歳ですか。(うーむ・・・。)
 しかし、どう考えてもこの作品、映画だったらR15は堅いですね。むしろ対象年齢で言ったらover22って感じさえしなくもない。「1999年10月7日から2000年3月30日まで毎週木曜日1:50-2:20にTBS系列で放送」(wikipedia)ですか。深夜とはいえ、よくまあ地上波で放送できましたね。いやエロやグロの描写がそこまで激しいわけではないんですけど、何せドライなタッチで、こりゃ感情移入のしようがないという、そういう意味です。マイナーなのもよく分かる。(いちおうSFなんだけど、ハリウッド調ではなく、むしろ邦画っぽい淡白な味わいなのかな。エロくてグロくて淡白って・・・通じますかね? 笑)
 主人公の祐司クンは2009年、特殊ウィルスに感染している事を知らされ、未来の医療技術の発展に全てを託して人工冬眠に入ったが……2028年に目覚めてみれば、そこは謎の生命体『BLUE』のはびこる廃墟と化した地球。そして彼は否応なしに戦いに巻き込まれていく……と、まあそういう設定であります。この青臭いモミアゲ君は、私の見始めた第5話でも、まだヘタレでしたけど、第4話まではもっとヘタレだったようですね。(笑) とにかく男勝りのマリーンに守ってもらってます。しょうがないか、今どきの男子高校生だものな。厳しい訓練を積んだ女戦士には足元にも及ばぬか。彼の目覚めたこの地球は、まったく洒落にならない地獄のような様相でありますから。
 ってわけで分かりやすく言うと、ゲームのような設定ですね。遺伝子操作で生まれちゃったらしい怪物のBLUEは巨大化した虫のようで、どえらい生命力なんですが、都合よく(笑)、コアと呼ばれる弱点をヒットすることで倒すことができます。(その辺、とってもゲーム的。)ただ虫にはありがちな話で、ときどきわらわらと湧いて出ますから、生身で対決するのは生命がいくらあっても足りない。そこでアーマーシュライクという二足歩行の兵器で立ち向かうのが、アクションの見せ所になります。
 
 私がこれは面白いかな、と思ったのは、第6話だと思うんですが、ソウルからバイコヌールを目指して徒歩で行く祐司とマリーン。文明社会の滅びた地球は、むしろいい世界なんじゃないのかっていうような大自然の描写。そこをとぼとぼ歩く二人なんですが、どうも初めて祐司がマリーンを「女」として意識する(らしい)場面。いじけ虫の祐司はぐずぐず後ろを歩いてるんですけど、その祐司視点でマリーンの腰から下のあたりを見てるんですね。で、祐司クン、急に元気になって前を歩き出すわけだ。こういうの、実は好きですよ。(笑)

 この話ね、ここでいったん感想を書いたのは、少し先のあらすじを読んでしまったせいもあるけれど、この第11話あたりが潮目になって、雰囲気が変わっちゃうと予想してるんです。
 『Blue Gender』って、どういう意味かと思いますよね。だって直訳したら「青い性」っすよ。(ぉぃぉぃ)
 ただGenderであってSexではないわけです。生物学的な性ではなく社会・文化的な性というわけだ。(→wikipedia
 しかし、ほとんどまるで“この世に二人ぼっち”に近いような状況下で、この坊やは社会・文化的な性のありように目覚めるのかよとか、そういう面白さですね。(何がGenderなのか、何がSexなのか。)女に守られていた少年が、自分の中の男に目覚めて行く流れの、たぶんクライマックスが第11話のラストに来ました。(もちろん反対側では、戦士として育てられたマリーンが女に目覚めていくラインもくすぐったく描かれてます。)
 男だ女だって言ったって、エロエロじゃないですよ。くすぐったいエロスです。ただ、この物語は“生きる”ということ、“生命”がテーマであるらしいから、無残な死のありようとともに、これを描かないとエロスとタナトス(生と死)という対概念になりませんですね。
 ただ、ここまでの描きぶりを見ていると、この先に期待できるのかな、という点は若干疑問。“生命”という大きなテーマを扱おうと言うのには、少し食いつきが淡白すぎる気がして、この調子では描ききれなくなるのは目に見えているので、物語の変調は必須であろうと。(この11話まで、いわゆるGenderの逆転という面白みを常識的な方向に解釈してきたけれど、これをどうかして再逆転して見せないと、つまらない話に終わってしまう懸念は強い。)
 いったんグロい描写に脳内フィルターをかけてしまうと、実はお茶漬けさらさら、あまり肩に力を入れずに見ることのできる作品だと思います。(そこが私には、少し物足りないところでもありますが。)
 さて、中盤から後半にかけて、どうなっていきますことやら。 

BLUE GENDER Vol.3 BLUE GENDER Vol.3
(2000/02/16)
ユーメックス
この商品の詳細を見る

BLUE GENDER Vol.4 BLUE GENDER Vol.4
(2000/02/23)
ユーメックス
この商品の詳細を見る

BLUE GENDER Vol.5 BLUE GENDER Vol.5
(2000/03/16)
ユーメックス
この商品の詳細を見る

BLUE GENDER Vol.6 BLUE GENDER Vol.6
(2000/03/29)
ユーメックス
この商品の詳細を見る


 ↑ このパッケージ、話の流れについて、かなり説明的であります。(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。