スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説 『装甲騎兵ボトムズ』 (高橋良輔) この物語はやっぱり面白い! 

[2009/06/05] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(5) | TOP ▲

 相変わらずネットでのお買い物があまり得意でないもので、例えば本だったら大概のものはブックオフで探すと、こういう感じの旧型人間であります。
 で、「えー、まだ『リーンの翼』も読んでなかったんですかー」みたいな恥ずかしいこともあるんですが(笑)、リアル本屋さんは探してるつもりじゃなかったものがつい目にとまり、衝動買いしちゃったりするのがいいところでもあり、悪いところでもあり。そんなわけで、先日入手したのがこれ、『装甲騎兵ボトムズ』の高橋良輔監督によるノベライズです。

装甲騎兵ボトムズ〈1〉ウド編 (角川スニーカー文庫) 装甲騎兵ボトムズ〈2〉クメン編 (角川スニーカー文庫) 装甲騎兵ボトムズ〈3〉サンサ編 (角川スニーカー文庫) 装甲騎兵ボトムズ〈4〉クエント編 (角川文庫―角川スニーカー文庫)

 元祖ボトムズのストーリーを丁寧になぞったノベライズでした。昔からあったのを私が知らなかっただけかと思ったんですけど、4巻の巻末にある高橋監督のあとがきを読むと、2002~03年にかけて書かれたものってことでいいのかな?
 ご自身で「テレビの放映後20年経ってのノベライズなど寡聞にして聞きません」と書いておられるとおりで、ちょっと意外な感じがしますね。

 ついつい富野監督の小説と比べてしまうのが私のサガですが、アニメ版を小説版にしたからと言って、あまり改変を加えていないというのが、高橋監督らしいところでしょうか。もっとも、富野監督にしてもアニメのすぐあとで執筆した小説版の『機動戦士ガンダム』では「えぇーっ」てぐらいストーリーを変更したわけですが、ずっと後年になって書いた『密会 アムロとララァ』では、だいぶアニメの物語に沿った内容になっていたという印象があるので、放映から長く間があくと、かえってそういうふうに馴染むというか何というか、そんなものなのかもしれません。

 そんな感じで文章としても、富野監督よりもずっと読みやすい、きれいな小説にまとまっていたと思います。もちろん富野監督のは、あの毒気が味なんですけど、少々読者を選ぶと言わざるを得ない部分があります。この高橋監督の小説版『ボトムズ』は、誰が読んでも(アニメ版のファンだった読者であれば)抵抗感なく楽しめる、素直な内容だったんじゃないかなぁ。

 アニメのノベライズは映像で表現された部分を文字にしてしまうことで、解釈が加わってしまうというところがあって、特に後半の「サンサ編」から「クエント編」あたりの「んぐぐぐぐ・・・?」と思いながら映像を眺めていた部分もすらすらっと読めてしまうのは、よいところでもあり、ちょっと食い足りないところでもあり。まあオチは分かっていますから、普通はこういうもんでしょうね。(そのへんが富野監督との違いかな?)
 とにかく真面目な高橋監督は、あとがきで、ワイズマンがどうしてキリコに欺かれたのかという部分をこの小説版で補完しちゃいました、ということに義理堅く触れています。ああ、そういえばなるほど。言われなければ、そんなに違和感もなかった感じでしたけど。そこの「どうして」に関心のある方は、ぜひ読んでみてください。

 私はこの作品は、キリコとフィアナのラブストーリーとして好きなので、「サンサ編」で「私を置いていって」というフィアナに、「冗談はなしだ。俺はくそ真面目な男だ」というキリコのシーンが一番好きですけどね。(笑)
 そんな風に考えていくと、アニメ版で魅力的だったサイドキャラクター(私の好きなのは「クエント編」でのキリコとシャッコとの絡みとかですが・・・)の描写とかも、あっさりと読めすぎてコクが足りないかなぁ?・・・これを読むと、アニメをもう一度見たくなります。それはいいことなのか悪いことなのか。あと、アニメ版を見たことがない人がこれを読んでも面白いかどうかも、私にはよく分かりません。

続きを読む
スポンサーサイト

『火の鳥』復活編・異形編 

[2007/11/29] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 今日は珍しく「これを観たい」という作品が決まっていてレンタル屋さんへ行ったんですが、こういう日に限って、それはレンタル中。こうなると、流浪の民でありまして、あれでもないこれでもないと、さんざん悩んだ挙句に借りてきたのが、なぜかこの一本になってしまいました。

火の鳥 復活編・異形編火の鳥 復活編・異形編
(2006/07/28)
竹下景子、松本保典 他

商品詳細を見る

 手塚治虫の原作マンガ『火の鳥』は、あの『地球へ・・・』と同時期に『マンガ少年』に連載されていて、大判の単行本で何度も何度も読んだ作品でした。手塚治虫という漫画家が、私は好きなのかどうか、これは昔からよく分からないなぁと思っている対象だったりするのですが、『火の鳥』は別格で、絵がどうであっても、このストーリーにはどうしようもなく引き付けられるものを感じていました。

 今回観たアニメ版は、2004年にNHKで放送されたもので、監督は高橋良輔さん。本当は、『黎明編』全4話が先にあって、次がこの『復活編』、『異形編』だったんですけど、『黎明編』はマンガの記憶が強すぎたのと、『異形編』は物語を知らなかったので、全部観るかどうかはとりあえず保留という感じで、これを借りてきて観てみることにしました。

 『復活編』は、よく覚えているストーリーだったんですが。まあ、とにかくひどく肩が凝りました。肩に力が入ったと言いますか。そういうストーリーなんで、どうもこうもないんですが(笑)。
 『異形編』のほうは、そういう意味では、抵抗なく観ることができて、かなり楽しかったですし、オチが分かっているのは不幸なことなのかなぁと。ただ、原作マンガは何度でも何度でも繰り返し読んで飽きなかったという記憶もあり。
 考えてみれば『復活編』は、そもそも原作のときからして、このキャラクターがあまり好きではなかったと、見ながら思い出しているような感じで。もう一度見直せば、ちょっとミステリー仕立てふうの組み立ては、決して悪い狙いではありません。それでも、『異形編』も最後に物語の構図が明らかになる構造ですが、個人的に私が話の先行きが分かっていなかったことをのぞいても、こちらのほうが上出来なのではないかと感じられました。

 と言いつつ。マンガ原作とアニメの関係、そのすわりの悪さのようなことも考えたりしていましたが、物語を追う中で、何かそんなことはよく分からなくなっちゃいました。高橋監督で、今のアニメの技術だったら、もっとまとまり良くやれそうな気もしたんですけど、特に『復活編』のほうは、この“割り切れない感じ”そのものが原作の持ち味だったりもしますしね。(うぐぐぐぐ・・・。)

 原作マンガの絵の雰囲気は、「Tezuka Osamu@world」の中で見ることができます。

→ 「復活編」 (場面カット
→ 「異形編」 (場面カット

 それと、各話の予告編を「NHKアニメワールド」内で見ることができますので、よかったら絵の雰囲気の違いを見てみてください。

 ああ、そうか。良輔監督は時代劇好きなんでしたね! 『異形編』が魅力的なのは、そこもポイントなのかもしれません。あと、男装の麗人の入浴シーンは、NHKだけあって控えめ表現なんですが、そこがまた何とも良い!(笑)

 しかし、この作品はいったいどういう視聴層を想定して作られたものなのでしょう。子ども向きでもなければ、アニメオタク向けとも言えないような。NHKならではの作品だったのかもしれませんね。『火の鳥』という名作マンガそのものが、壮大な実験性を持っていたということもありますが、この作品も“虫プロ的アニメ”の現在形を示す実験作だったのかもしれません。
 で、どうも私は純粋虫プロ系ではなく、かといって東映動画系でもなく、あえて言うとタツノコ系のアニメが、なぜか一番体質に合っているのかもしれません。あくまで個人的な趣味の話ですが。

書きたい話の備忘録 

[2007/09/14] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 今夜は、GyaO昭和TVの『科学忍者隊ガッチャマン』が見終わらないので、ネットを徘徊していて最近ブックマークしたところをいくつかランダムにご紹介だけします。

 まずはガッチャマンにも関係あるタツノコプロの草創期~黄金期を語る貴重なインタビュー三題。

→ 【インタビュー】『マッハGoGoGo』放送開始40周年記念企画 - 演出家の笹川ひろし氏が明かす制作秘話 (1) 第1期タツノコ黄金期の重鎮 | ホビー | マイコミジャーナル

→ 【インタビュー】『マッハGoGoGo』放送開始40周年記念企画 - 主人公・三船剛を演じた声優の森功至氏 (1) 『鉄腕アトム』に影響を受けた幼少時代 | ホビー | マイコミジャーナル

→ 【インタビュー】『マッハGoGoGo』放送開始40周年記念企画 - 吉田三兄弟の末弟で演出家の九里一平氏が登場 (1) アメリカンコミックに憧れ | ホビー | マイコミジャーナル

 高橋良輔監督の“アンチ天才”のボトムズ流仕事術の続き。

→ 「一番になれないと、不安かい?」 (“アンチ天才”のボトムズ流仕事術):NBonline(日経ビジネス オンライン)

 私も卒業したつもりだったガンコレに、∀ガンダムが登場らしいと聞いて、胸がどよめいている話(笑)。

→ ひびのたわごと また悪い病が

 ちなみにブツはコレ。

ガンダムコレクション コンプレックス (BOX)ガンダムコレクション コンプレックス (BOX)
(2007/08/31)

商品詳細を見る

 何とコメントしていいやら。(笑)

→ Something Orange - 永野護暴言録。

僕は富野さんをボロクソに言うけど、でも富野さんをバカにするヤツがいたら、僕はマジギレしますよ。

富野監督がつくったものが「ガンダム」であって、それ以外の人間がつくったものは、どんなによくできていてもパチモン

 tobofuさんの[キングゲイナーあらすじ?]が完結。お疲れ様でした。楽しませていただきました。

→ トボフアンカル・ミニ・メディア(T:M:M) - 4年ちょっと目のキングゲイナー

 『エヴァンゲリオン』について、≪その感想、ちょっと分かるなぁ≫と思ってしまった記事。

→ WEBアニメスタイル_COLUMN:シナリオえーだば創作術 第115回『機動戦艦ナデシコ』のなんでもかんでもぶち込め感

 なんでもかんでもというとこがみそで、そのキーワードやイメージのどれかは見ている人の心に引っ掛かる。
 そして、そんな部分を含んだ作品全体に共感する。
 内向的なものならなんでもかんでもぶちこんで、だから何が言いたいのかと聞かれても、答えはおそらくない。答えなんかいらないのである。
 作品の何でもかんでもぶち込みましたムードに酔えればいいのである。
 酔える事に価値がある酒のようなものである。
 そのキーワードやイメージやキャラクターは、おじさんの僕にとっては、現実の中ですでに通過した、懐かしくもあり恥ずかしくもあるどこか既視感のあるものなのだが、若い人には新鮮に思えるのかもしれない。

 どれもこれも、それをネタに記事が書けそうなものばっかりなんですけど、(って言うか、書きたいものばっかりだし、時間ができたらいつか言及するかもしれませんけど、)最近、肉体労働続きで体が持たないので、今夜はご紹介だけして、退散します・・・。

“アンチ天才”のボトムズ流仕事術 

[2007/08/31] | ネット巡遊記 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 この連載、面白いですよね。(皆さん、読んでおられます?)

→ “アンチ天才”のボトムズ流仕事術 (“アンチ天才”のボトムズ流仕事術):NBonline(日経ビジネス オンライン)

あれはね、僕は原作・総監督であると同時にプロデューサー的な立場でも関わっていたんだけど、プロデューサーとしては“間違っちゃった”作品なんですよね(笑)。

僕のやりたい方向に振りすぎてしまって。あなた同様、何人もの人に「よくあの企画通ったねぇ」って言われたもの。今現在は、まぁ、そんなに自慢できるような売れ方はしていないし(笑)。

 高橋監督の言葉って、ほんと、いつ聞いても、いい感じですよねぇ。(どっかの富野御大のような危なっかしさがない。)
 上のは『FLAG』について言ってるんですけど、

でも、今現在それほど売れていないからって、全部間違ったとは思っていない

「FLAG」みたいな作品を作ることで、アニメーションの対象になる“素材”というのを1つ広げることができるかもしれない、と思ったんです

 いい話ですよねぇ。

僕は今、「FLAG」をやって、確実によかったなと思えるのは、監督した寺田和男君が、「自分が今までやった仕事の中で最高だった」と、自己評価してくれていることですね。

僕がずっと頼りにしてきた後輩が、アニメーションをやっていてこの期間が…とりあえずはね、一番楽しかったと言うんだから、それはよかったんだろうなと。

 この記事、宮崎駿、富野由悠季、出崎統らの天才に比べて、高橋監督は“アンチ天才”だって趣旨なんだけど、少なくとも人を育てる才能から言ったら、高橋監督が抜きん出て天才のような気がしますよね。(作りたい作品を着実に作っていくという意味での“プロデュース”力に関しても、もしかしたらそうかもしれないですけど。)

自分が関心が高いテーマを初めてストレートに入れてみたんです。

 『太陽の牙ダグラム』が転機になったっていうこの話も、社会性を持った題材が、アニメーションでできるかやってみようっていう意味では、好きなことだけやってたわけじゃあないですね。

ほかの作品は、みんな「ガンダム」の路線に集約されていくんです。それだけ間口が広い作品で。あれはブラックホールみたいなもので、どんなロボットアニメも、作っても作っても「ガンダム」に吸収されていってしまうところがある。あらゆるものが。

「ボトムズ」だけが、「ガンダム」っぽくないわけです。デザインはどちらも大河原邦男さんなんだけどね。

 たしかにね、高橋監督のロボットアニメは“ガンダム”に呑みこまれていない気がしますね。でもそれは「ATのテイストが他のロボットとは系統が違う」っていうような理由なんですかねぇ。それも含めて、高橋監督の個性というものがしっかりとあるような気がするんですけど、うまく言い当てられなくて難しいですねー。

 しかし、我らが敬愛する高橋監督が、ビジネスとか経営とかいう視点から取り上げられるなんて、あまり思ってもみませんでした。(笑)

『FLAG』最終話 これは味わい深い! 

[2007/08/19] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 『FLAG』の最終話を見た日に、『コードギアス』のStage24&25スペシャルも見てしまったら、感想がぜんぜんまとまらなくなってしまったんですけど、その後、どっちの感想も書けないままに日を過ごしていたら、潮が引いたあとに残ったものみたいに、頭の中で何度も反芻しているのは『FLAG』(→GyaO 8/28まで)のほうでしたね。
 オープニングもエンディングも、実際見ているときはひどくおとなしいし冗長なようなもののような気がしていたんですが、こうしてみると、なぜか自分の中ではいつまでもリフレインし続けています。不思議なもんだなぁ。

FLAG Vol.6【完全生産限定版】

 最終話の構成については冒頭に、一瞬、放送事故か編集ミスかと思うような、あのシーンが持ってこられていることが、観衆にとっては時間をかけて“悲劇”を受け止められる優しさなのか、と思いましたが。私は終盤が近づいてくるに従って、この展開を予期していたので、わりと早く「あっ!」と気付きましたけど。気付いたときのショックは大きいから、そのあたりはどうなんだろう。なかなかニクい構成だと思いました。違うパターンをいろいろ考えてみたけど、やっぱりこの位置がベストなのかもしれない。
 というか、その終わり方から逆算して考えたときにはじめて、この作品のいろんな味付けが、すごい意味を持って見え始めてきました。でも、「ネタバレしたらだいなし」だと思うので、ぜひ皆さんも自分の目で確かめていただければなぁと思います。(こりゃ困ったね。)
 そういう意味で、本当に“高度”なレベルの作品ですよ。これじゃメディアに乗っかってバカ売れすることはぜったい不可能ですよねぇ。(←これは、そのぐらい「いい」という誉め言葉です。 苦笑)

 最終話は、テーマ的なものについて、それぞれの人物がかなり冗長に語ってくれて、そういう意味では分かりやすく最後をまとめてくれているほうなんだろうと思いますけど。(個人的には、こういうのは少し苦手だったりします。)

 気が付けば『FLAG』について、前半に感じた欲求不満も含め、案外多くの感想メモを書いてきたんですけど、これは確かに最後まで見ると、もう一度最初から見返してみたくなるし。

FLAG Director's Edition 一千万のクフラの記録

 そういう意味では、全体を約100分で構成しなおした『FLAG Director's Edition 一千万のクフラの記録』というのは、劇場版サイズみたいな感じでいい狙いかなぁ。すごく見たくなりますね。まだしばらくはレンタルには出てこないですかねぇ。
 でもきっと、それを見たら、本編(Vol.1~6)が見直したくなるのかもしれません。「食いつきは悪いと思いますが、見続けていただけるとなかなか味があるな、と思って頂けるように今がんばってますので、ぜひ『FLAG』を目にしたり耳にしたら、最後まで付き合って頂ければと思っています。」(公式サイト 高橋総監督インタビュー#1)って、本当に言葉以上に言われたとおりで、最後まで見ないとつらいし、まったく食いつきはひどく悪い作品でしたけど、他ではない苦さがいつまでも舌の上に残って、何度でも味わいなおしたくなる、独特な作品でした。
 オススメします。チャンスがあれば、ぜひ見てみてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。