スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駄文日記(原作つきアニメとオリジナルとか批評とか、あれやこれ w) 

[2009/04/20] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(8) | TOP ▲

 感想にもならないような感想でも、何がしか書いておくと、それはそれで反応が返ってくるもので、もしそこに耳の痛くなることが書いてあっても、考えるきっかけをいただけるというのはありがたいことです。

 というわけで、前回に続いて駄文日記ですけど、昨期で終わった作品の話の次だから、今期見始めた作品の話をしようかなと思ってました。そんなこんなが入り混じりつつ。

 製作サイドの意識と噛み合わない「ガンダム語り」は、あまり世の中を豊かにはしないのではないか、という指摘。確かにそうです。ただ、そのようにばかり考えてしまうと、私なんかは失語症になってしまうので、世の中のためにではなく、自分のために何かを書いているとか、開き直りみたいですがそんな感じです。
 東浩紀さんが「ぼくは批評をメタ作品というよりも、ベタにひとつの作品として読んでしまうところがある。したがって、その社会的な影響力や「正確さ」なんてものは、究極的にはどうでもいい。」(批評について - 東浩紀の渦状言論 はてな避難版)とか言っていて、それにはビックリしましたけど、私の駄文は批評なんかじゃないし。まあ、批評とは何なのか、正直よく分かりませんけど。

 実を言えばまともな録画機器というものをもっていない私は、ネット配信されるもの以外は現在進行形のアニメを見る手段がほぼありません。そんな中で見始めたのは、とりあえず上記の三作品のみ。

 私の見ている範囲なんてあまりに視野が狭いので、傾向なんて話をしても無意味なんですが、たまたま重なったにしても『マジンガー』と『BASARA』のぶっ飛びぶりは、それはそれは凄くて強烈な印象です。(笑)

超合金魂 GX-45 マジンガーZ

自分が小学生の頃に永井豪作品に感じていたパワーと、『衝撃! Z編』1話に感じたものは、近い気がする。原作の物語をなぞってパワーのないものを作るよりも、よほど正しい原作に対するリスペクトだと思う。

 パワーっていうか勢いっていうか。アニメ様の感想は同じ年代的に分かるんだけど、永井豪の原作ってコミック?分かんないぐらいアニメの印象が強いです。
 で、難しいのはそこから『ガンダム』を経てきたのがわれらの世代なもんだから、このはっちゃけっぷりには正直、少し戸惑っちゃう部分もあるんですよ。こういうのでバッチリ育ってきたくせに、「これからのアニメはこういうのじゃないよね」ってタテマエを言ってきた世代だから。
 しかし、それにしたって、このノリは凄いな!圧倒的な濃厚さぢゃないですか!これはまいった。脱帽です。「衝撃!」ってのは看板だけじゃないですね。

戦国BASARA 其の壱 [DVD]

 『BASARA』のほうも、もの凄いノリ。(笑)
 戦国時代の歴史とか、わりと好きなんだけど、このむちゃくちゃぶりは完全にそんなものを超越しちゃってますね。ゲーム原作らしいので、ストーリーには何も期待しないほうがいいのかもしれないと思いつつ、『PERSONA - trinity soul -』と同じく、むとうやすゆきさんがシリーズ構成だということなので、案外、案外かもしれないなんて少し思ってみたり。ぜんぜん作品のタッチが違いますけどね。(笑)

 『あしたのジョー 2』絡みでも、そんな話をしましたけど、原作のあるアニメとオリジナルっていうのは、もうずっと昔からいろいろ思い惑うばかりのテーマで。

アニメブームの中で育った私はオリジナル原理主義者でしたけども。物語を生み出す力が全般に下がっているように思えてならない昨今は、何がその原因なのかと思い惑う日々です。

 こんなブクマコメントを書きました。
 何かを下敷きにしようがしまいが、アニメで表現される物語というものは、他の媒体で示されたものとは似て非なるもの。そういう覚悟が持てないところが、クリエーターである作品の創り手に比べ、ただの受け手に過ぎない私なんかの残念なところでもありますね。

続きを読む
スポンサーサイト

機動戦士ガンダム MSイグルー 『一年戦争秘録』&『黙示録0079』 

[2009/01/02] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 GyaOの年末の告知が少し分かりにくくて、最初の一話をだけやるのかと思っていたら、あれよあれよと『MSイグルー』の『一年戦争秘録』の3話と『黙示録0079』の3話を見てしまいました。何のことはない、さすがお正月の大盤振る舞いでした。(笑)
 富野監督の作品ではない『ガンダム』には辛口なのがこのブログの基本スタンス(笑)で、しかも私の嫌いなオールCGですから、全然期待しないで見たんですけど、これが意外と面白かったですよ。1/8正午まで公開中です。

機動戦士ガンダム MSイグルー-1年戦争秘録- 1 大蛇はルウムに消えた [DVD] 機動戦士ガンダム MSイグルー-1年戦争秘録- 2 遠吠えは落日に染まった [DVD] 機動戦士ガンダム MSイグルー-1年戦争秘録- 3 軌道上に幻影は疾る [DVD] 機動戦士ガンダム MSイグルー 黙示録0079 ジャブロー上空に海原を見た 1 [DVD] 機動戦士ガンダム MSイグルー 黙示録0079 光芒の峠を越えろ 2 [DVD] 機動戦士ガンダム MSイグルー -黙示録0079- 3 雷鳴に魂は還る [DVD]

 今西隆志監督というと、『0083』の印象が強くて、しかもまたジオン側の視点から作られた作品ってことで、毎度ミリタリーオタクの喜びそうな題材だなぁと、ちょっと半身に構えながら見始めました。
 そもそもアニメ産業そのものがスキマ商売だと言われてる中で、ガンダムのまるきり外伝ものなどというのは、ファン側が二次創作として作るのであればいざ知らず、サンライズ本体がやるなどというのは、どうにもこうにも志が低いんじゃないかと。
 ・・・そのぐらい反感をひそかに抱きながら見始めてみて、案の定、思い切りドイツっぽい感じで描かれているジオン軍の描写なんかを見れば「あーあ」という気持ちもありました。(目いっぱい白人キャラクターだったのは、海外でのセールスでも考えているんだろうか?)
 でも物語とすれば、実に思い切りよく松本零士の『戦場まんがシリーズ』へのオマージュ全開という感じで、『0083』みたいな半端さなしのストレートさがかえって潔い感じで、「これはこれで作品としてあり」かなぁと思った次第。
 今西監督は『ザ・コクピット』のOVAの監督なんかもしたことがあるんですね。すっかり変な人キャラとして定着しちゃったので今どき少し恥ずかしいカミングアウトになりますが、昔(小中学生の頃?)の松本零士ファンとしては、実は『銀河鉄道999』より、『宇宙戦艦ヤマト』より、『戦場まんがシリーズ』が最高傑作(これに対抗できるのは『インセクト』シリーズぐらい)だと思ってたりします。

 恥ずかしい恥ずかしいと言いながら、今まで何回もカミングアウトしてきているので、何を今さら(笑)ということで、そのへんは割愛しますが。
 戦争の主局面から置いてけぼりを食ったところにいる男たちの話っていうのが、あまり美化されすぎずにむなしいものはむなしいままで描写されているのが味があります。その“意地を通して死んでいく男たち”を、クールになり切れない技術屋の視点から見つめているのが、このささやかな物語のいいところでしょう。

 3DCGについて言えば、この作品はメカに比重を置いているんだろうと思いました。CGで描くメカを基準にして、そこから映像表現として浮かないものとして人間もCGで描いてみました、というような。メカ戦については、これはこれで無機的な感じでよかったような気がします。(爆発をあんなに色とりどりきれいにしなければ、もっとクールな感じでよかったと思います。)
 一方、人間についてはCGで描いたキャラクターがする芝居っていうのは、(見慣れないばかりではなくて、)正直まだまだ芝居にはならないなぁと。かえって何ていうか、2Dのアニメ絵っていうものは、制約も多い中で豊かな芝居の表現力をものにしているんだなぁと、逆説的に実感したりもしました。
 まあ仮に3DCGの人間が(芝居のできる)キャラクターとして見えてきてしまうと、メカのほうもキャラクターとして、無機的(ドキュメント調?)な動きばかりでいいのかどうかはよく分かりません。2Dと3Dの組み合わせのバランスは、今まで見た中では個人的に『スカイ・クロラ』より『FLAG』あたりのほうが面白かった気がしますが、オール3DCGというのは、むしろ既存のアニメとは隔絶した場所で、もっと表現として練られてこないと“見られる芝居”にまでは至らないんじゃないかという印象でした。

 我が家はアニマックスとか見られない環境なので、『機動戦士ガンダム』一挙放送も残念ながらお預けなんですが、軽い気持ちで見てみたわりには、思ったよりストーリーが吹っ切れていて好印象だった『MSイグルー』でした。こんな外伝が成立できるぐらいに世界観がしっかりとあって、しかも程よい感じで想像の余地がある『ガンダム』という作品が素晴らしいということでもあるんだと思います。
 サンライズで映像化されたものは公式になるとかならないとか、うるさいことを言い出すと邪魔くさいんですけど、『0083』よりも、そういう意味でも控えめなところが、好印象だったような気もします。今回のように無料で見るチャンスには見といて損はないんじゃないか、程度にオススメしておきます。

機動新世紀ガンダムX 第3話~第4話/「まあ待て、少し落ち着け」・・・という感じ? 

[2008/04/22] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 一昨日の続き。意外に謎を引っ張らないというか。ほんとにどんどん話を進めていくなぁと。フリーデンの艦長、ジャミルというのは、主人公の少年ガロードが成長するための、大人として分かりやすく配置されているようです。
 彼が何のために戦っているのかということを、フリーデンのクルーたちが知りたがり、非常に簡潔な説明がされて、従うものは従い、離反するものは離反するというところ。従うものたちはあっけなく従う印象でしたけど、離反するものもいるところは面白かったです。戦うための理由が重たい、ということだったけど、こういう世界観だとその反応もありだろうなー、とは感じました。
 逆に、この程度の説明でジャミルを信頼できるというのなら、はじめから疑問は差し挟まないだろうなぁというのもあって。「人徳」というような側面支援もあったわけですけど、この荒んだ世界観の中で“人徳”というものがあるなら、それはたぶん優しさよりも頼り甲斐なのではないかと思われ。
 ただ、それにしてはあっさりとフロスト兄弟の策略に引っかかってしまうことはどうなのか。そして、けっこうずっこけたのは、「コクピット恐怖症」って、何じゃそりゃ。(笑)
 過去の戦いの精神的な後遺症で、戦いの第一線に立てない大人っていうのも、なんか分かりやすい暗喩なのかもしれません。ここからどう展開していくのか。

 第3話から第4話、そして第4話から第5話という、「引き」の作り方は上手い感じで、物語の続きがどうなるのかが、とても気になるようにできています。しかし、物語の語り口がとにかく早口というか、芝居というものはもう少し余韻がないと味わいづらいだろうと感じずにはいられない部分も今のところはあります。慣れてくれば、とにかく語られてくる言葉の積み重なりで、何か見えてくる部分はあるのかもしれないですね。

 少年はヒロインを「愛してる」という言葉を使ってたような気がしましたけど、まあボーイ・ミーツ・ガールで一目ぼれっていうのはあるかもしれない。だけど、それを「愛」という言葉で語るのには、君はまだ若すぎるだろうって思わずにはいられませんでした。そのへんも、作品としてどう捌いてみせてくれるのかというところです。
 おじさんの目線から言うと、主人公にしても作品の進み方にしても、「まあ待て、少し落ち着け・・・」という感じではありますが。「お子様向け番組としてはGXはやはり正しい」としののめさんは言っておられましたね。うむ。お子様向け番組としては、ですか。なるほど深いなぁ。

機動新世紀ガンダムX 第2話 あなたに、力を… 

[2008/04/20] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 昨日の続き。一日30分見るので精いっぱい。

 情報屋みたいなやつが、やけに批評的なことを言っていて、やっぱり“もの言いたげ”な作品だなぁと思っていたら、それもこれも全部「薙ぎ払え!」(←違)ってことで思い切り一掃されちまって、ちょっとビビッっちゃいました・・・・・・。
 いくらなんでも、こんなのありなの?かなりひどい・・・と思っていたら、事態を引き起こしたヒロインが衝撃を受けてくれていたので、かろうじてありかな、と思いなおしました。

 並んで焚き火を囲みながら、主人公の少年が自分のバックボーンをヒロインに語っていたのは好印象。ただ、ハイエナの群れのようなモビルスーツ乗りたちがバトルロイヤル的な闘争を行っているのを通じて、ナレーションで時代の空気を語ってしまう手法は、やっぱり表現のやり方として端折っているというか、先回り先回りして結論を早く出したがっている気がしてしまいました。

 せっかくアニメという豊かな表現力を持ったメディアを使いながら、言葉だけで語ってしまうやり方は少しもったいないです。自分で味わう前に明文化された答が提示されるというのは、見ることの楽しみを半減させてしまいます。

 ・・・というような点はさておき、そうまでして語りたいことは何なのかということは、たしかに早く知りたくなります。だけど、この少年は、どうしてこうガスガスの声をしているんだろう(笑)。

機動新世紀ガンダムX 01機動新世紀ガンダムX 01
(2005/02/24)
矢立肇、高松信司 他

商品詳細を見る

機動新世紀ガンダムX 第1話 月は出ているか? 

[2008/04/19] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 やはりアニメを見ないと元気が出ない。先日、今日こそDVDを借りようと意気込んで、TSUTAYAまで行ったはよかったが、・・・「ん?」 財布に入っていたのが明日の昼飯代だけ、という寂しい経験をしてしまいました。コンビニに駆け込んで、ATMでお金をおろそうと思ったら、時間が遅すぎて受け付けてもらえないという、おまけまで。 orz

 ・・・ってな情けないことをやっておりましたら、

しののめさんのところで、こういう情報(4/24まで 1~5話無料)を読ませていただいて。

CS映らないしレンタルも面倒だけど無料動画なら見てみるかーという向きは是非どうぞ。見ていただかないと話は始まらないものですので、毎度おなじみ「あなた自身が確かめて」ということで。

 はい。おっしゃるとおりで。しののめさんには、以前に『ゼーガペイン』をパワープッシュしていただいて、騙されたと思って見てみよう(笑)というぐらいの気持ちで見てみたら、これが実によかった!・・・という体験をした恩義もあり。また、

富野監督はカミーユの正しい成長物語を描こうとして失敗したのではなく、成長が失敗する物語としてΖを描いたと見る方が、Ζが現実認知の物語である以上必然のことであったと思います。

ただそうした成長失敗の物語を反面教師的に提示したTV版が、土曜夕方のお子様向けロボットアニメとして正しいあり方なのかというと疑問は残ります。勿論、「正しさ」というものの基準は時代によって変わるものですし、「正しくない」=「間違っている」という単純なものでもありません。そして子供に見せるべき正しさと、それが本当に正しいのかという疑問の提示があって初めて、正しいあり方なのだろうとも思います。

ですが、そのメッセージが作り手の意図通りに伝わったのかという点での疑問があればこそ、20年経って劇場版ではカミーユが正しく成長する物語として「新訳」されたのでしょう。ガンダムX最終話ではありませんが「道を示すべき大人」が迷いの中にいるからこんなことになるんだよ、という苛立ちがTV版Ζにはありましたが、それは劇場版では払拭されていると思います。

 以前にこうした対話をさせていただいたこともあって、ここでこのオススメに反応しないわけには行かないと思い、がんばって見てみることにしました。

 とりあえず第1話を見て感じたのは、「お子様向け番組としてはGXはやはり正しい」としののめさんが言っておられたとおり、いささか低年齢向けな作り方なのかな、ということもありましたが、それよりも、いきなりずいぶん物語が走るなぁーということで。富野監督的な過剰さとはまた違う感じで、ディティールが多いのではなくて、ストーリーそのものが第1話におさめる分量としては少し大きいのかな、と。
 それはつまり、冒頭アーバンの部分で、世界観の背景の部分をどさっと語ってみせる手法が分かりやすい半面で、チョビッと勿体ないという印象かも。まあそれも一つの手法ですからね。でも何だか作品の性格として行き急いでるというか。

 お目々の大きなキャラクターはあまり得意ではない感じですが、私は毎度こんなこと言っているので、それはあまり気にしなくてよいのです(笑)。でも声優さんの演技の仕方がたどたどしい感じなのは、入っていきにくいなぁ。誰かもう少しよくしゃべる人物が出てくればいいのに。

 “赤い二連星”(笑)とか言ってましたっけ?なんだかいきなり“ニュータイプなんて・・・”と、もの言いたげな小ネタが挿入されていたのも、はっきりしてるんだけど食いつきとしてはどうなんでしょうか。
 最近のアニメでは、キャラクターの添え物みたいに物語があったりもしますけど、この『ガンダムX』第1話を見た印象では、何か語りたいことがものすごくいっぱいあって、キャラクターの影が少し薄いのかなぁというところがあります。(バランスの問題でしょうか。)
 主人公の少年が、何歳の設定なのかよく分かりませんでしたけど、見た目はともかくとして、言動がとても大人びていたのも不思議な感じでした。ここから「少年の成長譚として見ていて実に気持ちが良い」と、しののめさんが言われたところへどう繋がっていくのかなぁ。えーと、24日までにあと4話ですね。何とか見れるとよいのですが。(何しろ毎日帰りは遅いし、ネットの繋がりは悪いし。)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。