スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鋼の錬金術師 シャンバラを征く者 

[2008/10/31] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 ハガレンは、たまたまGyaOで放映していたし、ダブルオーをやってる水島精二監督の代表作ってどういうのだろうかと思いながら見始めました。あまりマメに感想は書いてませんでしたけど、大変面白かったです。
 で、そうであっただけに、その気になればもっと完璧に閉じれたであろう物語を、“劇場版ありき”で完全には完結させなかったラストに、その部分ではがっかりしました。

劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者 (通常版)

 劇場版『シャンバラを征く者』は、なので、今度こそきっちり完結篇という期待を持って見た作品です。公式サイトの「スペシャル」にある水島監督や脚本の會川昇さんのインタビューを読むと、二人ともTV版はTV版だけでちゃんと完結してる。劇場版も独立してハガレンを知らない人が見ても楽しめる映画にしたというようなことを言ってますね。そうなのかなー?(笑)

 導入から、劇場の大画面を意識したのだろう、力の入ったアクションからはじまって、「よっしゃー、劇場版だぜぇ!」という張り切りぶりがうかがえるのは、いい感じです。TV版のラストを受けて、どう始まるかという期待を逆手にとって、これはいったい、いきなりどこから・・・というテクニックもにくいですね。それに、たしかに監督たちが言っていたとおり、ハガレン世界の最低限の説明をうまく最初のほうの描写の中に組み込んでいて、この映画ではじめてハガレンに接する人でも作品に入っていけるような配慮のあとは分かりました。(あれで実際に分かるかどうかは怪しい気もしましたけど。)

 活劇としてのテンポも良くて、非常にしっかりとした表現ぶりを楽しみました。ただTV版とは独立した映画として見れる構造というのは、「完結篇」を見たいと期待して臨んだ私の思いとは、ちょっとずれていた感じだったと正直それは思います。よくある作り手と受け手の気持ちのすれ違いなのかもしれませんけど・・・。

 TV版で活躍したキャラクターたち。特に、劇中で死んでしまったあの人やこの人が、パラレルワールドという設定を生かして随所に顔見せをしてくれるのは、サービス精神がありました。でも明らかに“サービス”と割り切っている感じで、TV版のキャラクターたちが気に入ったので、この映画を見ている身からすれば、もう一息ストーリーに絡んでくれてもいいのになーという気も。
 物足りなく思うと、TV版で自分が何が好きだったのか分かってくるというところもあって、あのホムンクルスたちの哀しみを秘めた屈折した悪役ぶりが、私はけっこう気にいっていたみたいです。半面で、そのあたりに厚みがある分、真のラスボスがひたすら気持ち悪すぎるというか・・・。
 TV版で中途半端な消え方をしたダンテは、劇場版で絶対に出てくると思っていたのに肩透かしを食っちゃいました。水島監督はラスボス(ex:ダブルオーのリボンズとか・・・。)を気持ち悪く描きすぎる傾向があるような気が私はします。ラスボスだからこそ、もう少しバックボーンの掘り下げが欲しいのかなぁ。

 あと、まあ、主人公の少年たちが、青年になったというのも分かるんだけど、なればこそ。
 「ウィンリィはどうするのさ!」は、正しいと思いますよ、実際(笑)。
 恋愛要素を扱うのは嫌なのかなぁ?兄弟愛もいいけどさぁ・・・。少年が青年になったというにしては、あんまり彼らは青春してないんじゃないかと。
 それも含めて、“旅は続くよどこまでも”という感じの終わり方は、「完結」を求めていた私には、どうもすっきりとは来ない結末だったのでした。TV版、劇場版、それぞれに、とても上手く出来た佳作といっていい作品だったと思いますけどね。最後がどちらもしまらない感じだったのが、いささか残念だった気がします。

スポンサーサイト

『鋼の錬金術師』 最終話まで見終わっちゃいました 

[2008/10/08] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 GyaOで放映していた『鋼の錬金術師』。ずっと見てたんですが、意外に感想をここに書くことは少なかったですね。振り返ってみれば、何とヒューズさんがお亡くなりになって以来じゃないですか。(笑)
 後半は一度も感想を書いてないと言うことらしいです。おかしいなぁ。けっこう楽しんで、熱心に見ていたのになぁ。

鋼の錬金術師 vol.12

 というわけで、物語をかなり高く評価して見てきたからこそ、実はなおさら。
 うーん、こういう最終回なのか・・・。これでは『ダブルオー』の第一部ラストと似たようなもんだなぁ。あっちはTVシリーズ第二部だからまだしも、ハガレンの最終回は“劇場版ありき”なのですねぇ。
 こんなふうに見てきて、こう終わられてしまったら、劇場版を見るしかないとは思えますけど、きちんと締めてまとめれば、まとめられる気がしたところを引き伸ばした感じで。こういうのは、例えば打ち切りにあってしまった『イデオン』とか、そういうのとは同一視できない感じ。(昔は劇場版というのは本当にスペシャルなものだったのだよとは老人の愚痴・・・。)

 感想を書きにくかったのは、アニメは原作とはかなり違うらしいですよ、という話もあって。しかもその原作には相当のファンがいて、どうも新シリーズが始まるらしいが、そっちは原作準拠らしいというような噂までも聞こえてくると、このTVシリーズの評価はどうだったんだろうかと。ほかの人がどう思っていようが、自分が面白ければそれでいいんですけど、それでも何だかやりにくい感じはしました。
 実際、最終回まで見終わったので、原作とどこがどう違うのかとか少し調べてみようと思いましたけど、あまりにあれもこれも「?」なので、これはたしかに始末が良くないなぁと思いました。

 劇場版できちんと完結するなら、また印象が変わるかもしれないとは思いつつ。ロゼやライラあたりのキャラクターの使い回しが面白いなぁと思いながら見ていたのが、今、この最終回の印象から振り返ると、同人誌的な二次創作のようにさえ感じられてしまったり。うーむ・・・。

 個人的に、原作ものはとらえどころが分かりにくくて、苦手なのかも。いや、けっこう気に入って見てたんですよ?・・・とにかく劇場版を見てみて、また考えようと思います。

『鋼の錬金術師』 後半への折り返し点でびっくり。 

[2008/08/17] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 世間の多くのアニメファンにとっては“何を今さら”な作品なんでしょうが、GyaOで毎週4話ずつ放映しているのを見てまして、全51話のこの作品のうち、今週見たのは25~28話になります。

鋼の錬金術師 vol.6
  1. 別れの儀式
  2. 彼女の理由
  3. せんせい
  4. 一は全、全は一

 先週、「“第5研究所”のあたりで前半のクライマックスが来てたみたいですね」とか書いてたわけなんですけど。見事にやられました。25話!!

 べたべたにマンガチックなギャグなんかも入れながら、かなりシリアスなストーリーを転がしてくるなぁとは思ってたんですけど、まさか、まさか、ヒューズさんっ!!

 この人、わりと好きなキャラクターでした。しかも愛妻家の子煩悩というキャラ。まさか、まさか。あえて、この人を前半のラストで!
 原作がどうなってるのかぜんぜん知らないんですけど、これは参ったなぁ。なんか、凄いことになってきちゃいました、この作品。主要キャラクターもいつどうなるか分からないっていうと、急にストーリーは緊迫感を増しちゃいますよね。(ガンダムで言ったらマチルダさんとか。)

 後半に入って、少し仕切りなおしのような感じで、少年たちがもう一度原点を確認しているのもいい感じです。あと、この作品ではエドとアルは、ちゃんと子どもとして描かれていて、つまりはまわりの大人がしっかりと“大人の責任”を果たそうとしていて、どうも陰謀はとんでもなく深いようなんですが、ドキドキとしながらも好ましく見ていられます。まあ少年たちの成長を描く冒険活劇の定番どおりじゃないかと言うこともできるかもしれませんけど、わりと自然体で描かれているので、嫌らしくなくてよいと思います。

 少年たちはまだ、ヒューズさんのことを知らないんですよね~。それを知ったところで、物語は再びアクセルを踏み始めるんだろうと思いますが、これはほんとに上手く構成されているなぁ。後半に大いに期待します。

これは面白いですね。『鋼の錬金術師』 前半山場。 

[2008/08/09] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 『機動戦士ガンダムOO』のセカンドシーズンがそろそろ話題になり始めていますが、常連の皆さんはご存知のとおり、私は最近のアニメにはぜんぜん明るくないので、水島精二監督の作風というものも知らないんですよね。これまでの代表作は、やっぱり『鋼の錬金術師』になるらしいです。
 見始めたばかりのときに、一度メモを残しましたが、GyaOで毎週4話ずつ放映しているのをこれ幸いと見ています。

鋼の錬金術師 vol.7

 今、24話までというところで、“第5研究所”のあたりで前半のクライマックスが来てたみたいですね。全51話だったらしいです。そのへんもよく知らないで見てました。いつものことですが、なるべく事前の情報収集はしないで見たいと思って。当然、原作コミックも未読です。(そういえば『スカイ・クロラ』の感想では、原作小説のファンの人たちがどう感じているかというのを、まるで考え落ちしていました。ごめんなさい。)

人は何かの犠牲なしに、何も得ることは出来ない。何かを得るためには同等の代価が必要になる。それが錬金術における等価交換の原則だ。その頃僕らは、それが世界の真実だと信じていた。

 “武力によるあらゆる紛争の根絶”みたいなダブルオーの金科玉条と、この繰り返されるフレーズが、なんだか似たような扱いになっていくんでしょうか。
 後半に行くに従って、原作コミックから離れて独自展開をしていったということらしいですけど、つまり今見ているあたりまでは原作に沿って展開しているのかな。でも、このちょっと観念的だけど、繰り返されるたびに気になってきちゃう不思議フレーズのテーマ設定は、水島スタイルってことなんでしょうかねぇ。

マンガちっくなギャグ表現

 私の見ている範囲のアニメでは、近年あまり目にしない、まともに二次元マンガスタイルのギャグ表現とかは、見慣れてくればそれほど抵抗なくなりました。これ抜きのこの作品というのを想像すると、ちょっとヤバいぐらいのシリアス度になっちゃうんで、よく両立させているというか、バランスを成り立たせているなぁとむしろ感心できます。(個人的には、もう少し何とかならんもんかという気もしますが。)
 逆にかなりグロテスクな描写も少なくないんですけど、そのあたりには、いわゆる竹P(笑)の押しもあるみたいですね。とかくの批判も多い人ですけど、この人がらみの作品に面白いものが多数あることも否めないなあと思っています。

 1話2話でパイロット的に、とりあえず作品世界の魅力をざっくりつかんでおいて、3話からは過去に遡り、時系列に沿って丁寧にここに至るまでの物語を。・・・原作がどうなってるのかぜんぜん知りませんけど、極力物語を分かりやすく展開させているんでしょう。ただ、私みたいに4話ずつ束にして見ていても、基本視点(物語時間の“現在”の場所)はつかみにくく思えました。
 ただ、各回ぱらぱらと置かれていたのかなというエピソードやキャラクターが、前半も終わりに差し掛かってきて、すごい勢いで収束していくのには、とても感心しました。これは上手い。実に面白いです。
 つい比較してしまうと、『ガンダムOO』にはこういう鮮やかな手腕は見られなかった印象があり。ストーリーエディターの會川昇さんの功績なのか、原作の良いところを選んで繋ぐほうがやり易いということなのか、アニメの“オリジナル”ということにも関心がありますので、後半はどうなっていくんだろうかと思いながら見ています。
 同時に、『鋼の~』の面白さが水島監督の実力なのであれば、ダブルオーはもっと上手くやれたはずのようにも思われて、ガンダムの呪縛なのか、何なのか。こちらも第二部に期待したいなぁと。いや、マジで。

「鋼の錬金術師」に「PERSONA-trinity soul-」。全部見れるかなぁ? 

[2008/07/10] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 今日はイデオンの視聴日記はお休み。GyaOざんまいをしていました。ざっくりとした感想だけメモしておきます。

鋼の錬金術師

鋼の錬金術師 BOX SET -ARCHIVES-

「機動戦士ガンダム00(ダブルオー)」の水島精二監督が手がけた“王道”ともいえる冒険活劇アニメです。
作中で錬金術の原則として何度も掲げられる“等価交換”(何かを得るためにはそれと同等の代価を必要とされていること)という言葉をテーマに、重厚なストーリーが、時にコミカルに、時に残酷に、そして時に感動的に展開していきます。
また、ボンズ制作によるスピーディーで迫力あるアクションシーンも見所のひとつです。

  • 鋼の錬金術師 公式ホームページ
  • 昨日今日で、第1話~第4話を見ました。(7/12正午まで放映中)
  • 毎週土曜に4話ずつ更新とのこと。
  • 水島精二監督、・・・なるほどっていう感じがしました。マンガ原作だからなのか、微妙なギャグが入りますけど。
  • 兄弟愛って、珍しい気がしました。とりあえずアルは可愛い(笑)。
  • 今のところ、そんなに違和感もなし。適度に笑いながら見ています。むちゃくちゃ引き込まれる導入でもなかった気もしますけど・・・。これ、もしかして劇場版まで見ないと物語が完結しないんですか?

PERSONA-trinity soul-

ペルソナ ~トリニティ・ソウル~ Vol.1 【完全生産限定版】

10年前に発生した同時多発無気力症の災害から復興を遂げた綾凪市で、高校生の神郷慎は、弟の洵と共に、長男で綾凪市の若き警察署長である諒と10年ぶりに再会する。
だがその頃、綾凪市ではさまざまな怪奇事件が発生していた。潜水艇の中から忽然と姿を消した乗組員。10年ぶりに世間を騒がせる無気力症。学生が無惨な姿となって殺されていく表裏反転死体事件。一連の事件に潜む組織を追う諒。そして事件に巻き込まれてしまい、異形の姿をした“ペルソナ”を覚醒させる慎。

  • ペルソナ ~トリニティ・ソウル~ / PERSONA - trinity soul - 公式サイト
  • 7/13正午まで 全26話一挙放映中だそうです。きっつーい。(汗
  • なぜ私がこの作品を見ようと思ったかというと・・・。分かる人には分かりますね。とりあえず郊外の風景はそこそこいい感じです。しかし・・・都市部の風景が・・・。あれ、どこの大都会やねん(笑)。少なくとも、あの県では県警本部でも「綾凪署」ほど立派じゃないですゼ、旦那!
  • ゲーム原作だそうだけど。私はゲームには疎いのでぜんぜん知りません。
  • あれ、この作品も弟が可愛いな(笑)。
  • ちょっと大人向け?(少しグロい?)深夜アニメだったのかしら。ミステリー仕立ての導入はいい感じではないかと思いました。
  • 今夜のところは第3話までしか見れませんでした。日曜の正午までにあと23話?・・・うーむ・・・。

 “ハガレン”はDVDボックスの発売に合わせた放映みたいですね。“ペルソナ”のほうは?よく分かりません。ごく最近までオンエアしてたのかな、これは。
 最近リニューアルしたGyaO。近頃は、わりとご無沙汰してたんですが、たまに覗いてみたら、ついつい見てしまうもんですね。しかし、こんなに見れるかなぁ。『コードギアスR2』や『マクロスF』の感想も満足に書いていないのに、見たいアニメばかり多くて、まったく困ったもんです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。