スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[これはひどい]今月二回目の更新(近況報告やら) 

[2009/04/18] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 はたと気が付いて、ビックリしました。いえ、4月ももう、17日なんですね。今月なんと二回目の更新ぢゃないですか。この勢いで行ったら、今月の更新は二回?三回?(笑)

 仕事の忙しいのは、半分ぐらいは一息ついてきました。もうひとふんばりっす!ここを何とか乗り切らねば・・・。
 で、やっと自分のブログが今月まだ一回しか更新されていないことに気づく程度には、余裕ができてきたというわけです。いやはや。

 かれこれ、どれだけTSUTAYAにも行っていないんでしょう?そろそろ『Zガンダム』も再開したいですね。インプットがないと、アウトプットしたいという意欲もわかないとか、そんな感じです。
 ネットで配信されているアニメは、それでもけっこう見ていましたけどね。

  • 鉄のラインバレル
  • 機動戦士ガンダムOO
  • キャシャーンSins
  • 鉄腕バーディDECODE:02

 昨季、見ていて最終回を迎えた作品は、こんな感じ。
 ラインバレルについては、前にも「言葉にならない」という最終回近辺の感想を書きました。私としてはそれで精一杯だったんですが、ネットを眺めていたら、“あれは堂々の王道でそれなりに感動した”というような感想を散見して。えぇーっ!?そうなんだぁーっ!?って感じです。世代の差なんですかねぇ。

 Sinsについては、前半で凄く期待が盛り上がっていただけに、後半(特に最終回)は正直、残念でした。元祖『新造人間キャシャーン』は打ち切りだったけど、それでも何とか話を締めようと、もう少し前のめりに終わってました。いい味出していても、ただの「味」で終わってしまっては、記憶に残る作品にはならないのではないかと。

 バーディ第二期は、第一期もそうだったけど、普通に面白くてウェルメイドな作品でした。ただ個人的にはそれだけで、それ以上突き抜けるようなボルテージが上がらなかったというのが、これも正直な印象です。作画で騒がれたりもしたけど、私はバランスがいい作品だと思いました。挑戦的な部分があるのなら、もっと思い切って全体的にバランスを崩した表現というのもあってよかったんじゃないかな、と。

続きを読む
スポンサーサイト

『キャシャーンSins』 最終回直前の話など あれやこれ w 

[2009/03/26] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(6) | TOP ▲

 何とか生きております。毎日は更新できないので、近況を簡単に書いておくと、・・・ともかく疲れ果てています。とりあえず、最近はそんな感じ。(笑)

 いくつか、ようやくフォローだけしていた現在進行形のアニメもやがて最終回を迎えるシーズンですけど、何ていうか言葉を失ってしまうものが多くて。特に『鉄のラインバレル』の最後何話かにはビックリしちゃいました。あれは私の脳内ではある意味、“大リーグボール三号”だったと私は思います。(分かるかなー?)そのぐらいしか言葉が出てきません。

映像の原則―ビギナーからプロまでのコンテ主義 (キネ旬ムック)

 一日に、ほんの何ページかずつ(へたをすれば1ページ以下の日もありますが)富野由悠季『映像の原則』を読み、ネット配信のアニメを流れてしまう前に見て、最低限の巡回をしたら、もうまぶたがくっついてきちゃうんですよね・・・。
 ああ、そういえば今年、今まで生きてきてはじめて“花粉症”というものになりました。正直、なってみるまでは「たかが花粉のアレルギーで何を大げさな・・・」と思っていましたよ。なってみて、はじめて分かる。うーん、シャレにならんツラいもんですねー。w

 ってなことで、『キャシャーンSins』は16話までの感想をメモしてありましたか。

 これ、『キャシャーンSins』の製作現場の話がけっこう載っていて興味深かったです。「その2」を読むと、“貞子”出現でビックリ(笑)した第18話「生きた時これからの時間」は、第6話「運命との再会」と第7話「高い塔の女」の間に入るエピソードとして当初考えられていたみたいですね。前半の一話完結っぽい感じがありましたから、何となく納得です。
 リューズの気持ちの変化具合を考えると、たしかに今の位置に来たほうがしっくりしているんですけど、後半はストーリーをぐいぐい進めていっていましたから、シリーズ構成としてはここでブツッと流れを断ち切られた感じは違和感ありありでした。アニメーション的に変わった表現を試みたことよりも、そっちが実は強かったのは、どうも「理由あり」の製作事情だったせいのようですね。

 しかし、作画がどうのこうのでネット界隈が賑やかだった『鉄腕バーディ』の例の回も見ましたけど、個人的には「あれぐらいどうだって言うんだ?」って感じでした。やっぱり(私は読んだことがありませんが)コミック原作があるとキャラクターの表現についての感じ方も窮屈になるんですかね。あの作品は普通に流して見ていますけど、ごく普通に面白いです。
 それでも野心的なアニメーションということでは『Sins』のほうが興味深かったと思いますが、私の低いアンテナ感度では、こっちについては大して感想も目にしなかったので、ちょっと残念。人気イマイチなんでしょうか、『キャシャーンSins』は。

 『バーディ』でも、今回の映像的な表現が成功しているかどうかと、そうした試みを入れてくることの是非は分けて考えるべきだという冷静な意見がありましたね。当然、賛成です。
 で、あっちのほうは、ある程度は意識して見てたんですけど、ビックリして騒ぐほど表現として浮いてる気はしなかったんですよ。過大に評価もしないけど、非難する気持ちは全然分からない。
 一方の『Sins』の“貞子”ですけど、前半の第7話であの映像を見ていたら面白かっただろうなと思います。後半のあの位置で見てしまったので、浮いてしまったなぁと感じざるを得なかった。
 ただ作品全体として、後半の展開では大事なテーマをセリフでしゃべりすぎるのかなぁという印象が強くあるので、浮いた感じの第18話を失敗というべきなのかどうなのか、そこの判断が微妙な感じです。前半はほら、映像全体でぶわっと押してくる感じがあって、言葉にはならないものがぐっと伝わってくるっていう、(安っぽくいうとアートアニメーション的な)あの感じが「スゲェ!」って思っていたので、もちろんエンターテイメントとして後半に入ってくれば物語は締めなきゃいけないっていうのは分かっちゃいるんですけど、やっぱり製作状況がかなり押しちゃったんですかねぇ。

 最近のテレビアニメのオンエアなんて、DVDを売るためのプロモーションのようなものだなんて話もありましたけど、スケジュールに押されてやりたかったことがやれなかったんなら、それは残念なことかもしれません。もちろん、キャシャーンとリューズとリンゴが擬似家族だね、なんて視点をグダちんさんから教えてもらったりすると、「そうか、なるほどなぁー」と思ったりもするんで、セリフで全部を語りつくしているわけじゃあない部分は面白いと思いますし、最終回がどうなるのかには、けっこう期待しています。
 「そうか、ルナをそういうふうに扱うんだなー」というようなところで、物語としても面白かったと思うんですけど、最後はどう締めくくるんでしょうか。

 『映像の原則』を読んでいると、“映像表現をみせるために最低限必要な物語性”というようなことを富野監督が書いているあたりも非常に興味深いものがありました。ここでの映像表現というのは、もちろんキレイな作画がどうのこうのなんていう話ではなくて、もっと絵コンテ的な映像力学のダイナミズムの話なんですけど、それがあざとく観客の意識の表層にのぼるようではイマイチなんで。意識しない間にドドドッとやられている部分が、実は肝心の所だっていうのは「スゲー!なるほどなぁ」と感心することしきりです。

 GyaOで夢中になって見ている出崎監督の『あしたのジョー 2』についてとか、そんな話をまだまだしたいんですけど、今夜はこのへんで力尽きておくことにします。(笑)

続きを読む

とっても駄目な私の今日の駄文日記 

[2009/03/03] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 お約束の駄文日記を書いておきましょうか。w

 今日は『Zガンダム』39話「湖畔」と40話「グリプス始動」をDVDで見ました。感想メモが今、第30話ですから、10話分も引き離されてしまった・・・。良くない兆候です。『イデオン』みたいにイデの発動まで見ちゃうと、そこまでの感想が因果地平の彼方へ飛んでいってしまって、もう感想が書けなくなっちゃったりした前科がありますからね。しかし後半になってくるにつれて、感想が言葉になりにくくなってきます。

 今日は仕事で凡ミスが発覚して、目に見えて会社に損害を出してしまいました。凹む・・・。

 集中力を欠いていることは分かっちゃいるんですが、今のわが社の体制で、大きなプロジェクト二つ含めて、私一人で5つも6つもの業務のマネージメントを同時にやれって、「そっちのほうが無理言ってるだろ」って、ミスをしておいて開き直った文句を言いたい気分がどうにも押さえられなくて・・・。
 駄目だ駄目!明日はちゃんと上司や同僚に頭を下げなくては。

「大人をやりゃあいいんでしょ!」

 カミーユに共感してる場合じゃないんですってば。www

 え?本当かな?私、ダブルオーの感想って、セカンドシーズンになってから一回も書いてないの?それはひどいや。www
 あ、違う違う。第11話までは一回書いてますね。それだけかよ!
 水島監督、一生懸命やってるんだと思います。『ガンダム』は伊達じゃないんだって。
 決められた尺の中で、『ガンダム』と呼ばれるだけの物語をやらなくちゃならないっていうところで、たぶんできるだけのことは一生懸命にやってるんだと。

 『映像の原則』を読んでいて慄然とするのは、こんなにもアンビバレントなたくさんのことを抱え込みながら、富野監督はアニメを作っているんだなーということで、同じ尺の中で表現することのできる物語の密度(物語だけじゃないですね。商業的な要請その他もろもろ含めトータルな情報量)が、やっぱりほかの監督には真似が出来ないスキルがあるんじゃないかってことです。

 何て言うか・・・。『鉄のラインバレル』なんかはどうして見続けているんだろうかと自分で問い直したくなるぐらいに、見ていてほとんど“不愉快”に近い感想を持ったりすることがしばしばあります。(ぉぃ

 それに比べると、(比較の対象をどこに置くかという話でもありますが、)『ダブルオー』はちゃんとやろうとしているというのが個人的な印象。・・・で、頑張ってるねって言ってあげたい気持ちはあるんだけど、『ガンダム』って看板背負ってやっちゃっているから、惜しいかな力が及んでいないよ~って、ついついそういう気分になっちゃうのが、富野作品の“密度”に慣らされてしまった厭な観客のサガっていうところです。

 何でそんなことを言うかというと、足りない能力で精一杯やってるっていうほうが、本当はリアルな自分には近いというところがあるわけで。でも、観客としてはやっぱり、力が及んでない表現をみせられると、頑張ってるんだろうなーとどんなに思ったにしても、「うーん、残念」と感じる気持ちを覆い隠すことができないってことなんですよね。残酷だな、観客ってやつは。

 そういうわけで、(どういうわけだ)明日のために、今日はもう寝ます。www

 あ、「明日のために」で思い出しましたけど、GyaOで『あしたのジョー2』を放映中です。あれはすげぇです。書きたいことがあるんだけど、なかなか書けない・・・。(涙
 書けないでいるうちにGyaOの放映が終わっちゃうかもしれませんけど、あれは見る価値があるアニメだと思います。オススメ!だけしておいて、今日はこんな駄文日記でごめんなさい。 ^^;

『鉄のラインバレル』 第11話「SUPER NOVA」まで 

[2008/12/21] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 なかなか派手だったクリスマス連作が終了。で、「正義の味方」誕生ということらしいので、なんかメモしておきましょうか。

鉄のラインバレル 城崎絵美 立体マウスパッド

 この間はいつ感想書いたっけと思って見てみれば、第5話以来!?
 正直、思いがけず早々に親友の矢島くんがお亡くなりになっちゃって、このストーリーはこの先どういう方向へ行くんだろうかと思って見ておりましたが、・・・どういうほうに行くんだろうかと見守っておりますうちに、いつの間にやら11話まで来てしまいました。(笑)

 毎回これだけネタをてんこ盛りにされると、ちょっとリアクションに困っちゃいます。とりわけ問題児は、社長ですかねぇ。実は敵の“加藤機関”の裏切り者だった・・・なんて話もあったような気がしますけど、そういう暗い影を微塵も感じさせないお茶目なはしゃぎっぷりは見事なもんです。
 どうみても「どよ~ん」と暗い感じの加藤機関の雰囲気からすれば、そりゃあ浮いちゃって裏切りもするだろうと変に納得も行くというか、そもそもあの加藤がこんなやつをメンバーに入れてたというのが信じられないというか。

 逆に“ジュダ”のほうで(こっちは明るい中で一人だけ暗くて)妙に浮いてるのは特務室長の森次なんで、なんかまあ彼のことは、これから何か因縁が明かされてくるんでしょうけど。

 これも何かある男だなーと思っていたら、矢島くんに代わるようにして登場してきたお調子者の道明寺くんは“特自”のパイロットだったってな話で。なるほど道理で、あの並外れた身体能力も納得・・・っていうか、ちょっと待て。早瀬のクラスメイトってことは中学生なんじゃないのか?ジュダの“ファクター”の面々はまあ、それぞれ特殊な事情があって、若くしていろいろアレなのかもしれないけど、自衛隊まで中学生を使ってんのか?こいつには、まだいろいろ裏があるのかなぁ。

 ストーリーの話っていうか、キャラクターの話になってっちゃいますね。そういえば加藤機関は謎の黒い球体を各地に埋めてました。(私の世代は、あれを見ると「ここは全能なるわれらマゾーンの第2の故郷なり」とか思い出しちゃいます。)加藤はなんだかパラレルワールドみたいなところから、この世界に来たとか言ってたので、この世界の地球をあれでどうかこうかしちゃうと、あっちの世界の地球もどうかこうかなっちゃうとか、そういう話なんでしょう、きっと。(ちょっと適当ですけど、たぶんそんなこと。)
 あっちの世界から城崎絵美ちゃんも来てるという話だから、実はそれが向こうの世界を救う唯一の方法でした・・・みたいなシンプルなオチでもなさそうな気もしますけど。むしろ加藤の考えでは、「こっちの世界の地球があまりにナニだから、平行世界にも歪みの影響が云々・・・」といったような感じかな?原作も何も知らないのでいい加減なことを想像してますけど、本当の「正義」がどうのこうのというと、そんなようなストーリーが思い浮かびます。そのぐらいの、想定可能な範囲でおさまっちゃうと、逆にちょっと面白くなかったりしますけど。毎回これだけネタ度が高いと、どうなっていっちゃうんでしょうかねー。

 とにかく、どのへんの年齢層をメインターゲットにしてるのか分かりませんけど、お色気ネタがなかなか強烈で。見境なく、揺らせばいいってもんじゃないだろーに、まったく。おじさんは見ていてちょっと恥ずかしいよ。(笑)

続きを読む

『鉄のラインバレル』 第5話「明日への道標」まで 

[2008/11/11] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 何しろネットワークの接続の具合がずーっと思わしくなく、ネット配信のアニメを見るのはある意味、苦行になってしまっております。困ったもんだね。

  • 視聴中の新作アニメ
    • 鉄のラインバレル (土曜日配信 by Biglobe)

『鉄のラインバレル』 DVD Vol.1 (初回限定版、特典ドラマCD付き)

 第5話「明日への道標」まで見ました。

 「うひゃーっ」みたいな感想ばかり書いているとアホ丸出しなんですが、今期見せていただいている新作アニメは、そういうのが多いです。第4話、まさか親友くんがこんなに早く、あんなふうにお亡くなりになるなんて・・・。

 で、これはここから過激路線で突っ走るのかと思ったら、んー?

 どうも悪の加藤機関とか、医療機器メーカーを偽装する正義の秘密組織とか、あまりに戯画化したところに落としてきている気がするので、これは真に受けていると何かいっぱい食わされそうなにおいがぷんぷんしてますね。コミック原作のある作品で、「戯画化」とかいうのもどうなんだか、よく分かりませんけど・・・。(笑)

 で、マンガっぽくというか、あちこちギャグがまぶしてあるんだけど、悪いけどちっとも面白くない気がします。あれはそういう仕様というか、お約束の世界かなぁ。何か、巨大ロボットアニメという伝統芸をパロってみせるというメタ作品なんだろうか?(考えすぎ?)

 まるでダメ男の主人公なのに、空から降ってきた美少女のほかに幼馴染までいるという。なんだって、この幼馴染の子はダメ男をひいきにしてるんだか、どうにも変な作品だねぇ。あまりにすわりが悪いので気になってしまうというのは、アニメオタク的な見方が過ぎるでしょうか?

 あと、空からラインバレルを呼ぶ場面で、美少女の「認証」が要らなくなっちゃったのには、なんだかとってもガッカリ。ああいうギミックっていいと思ってたんだけど。

 『コードギアス』も最初のうちは完全にネタアニメと思いながら見ていたけど、ぐいぐいと面白くなっていったので、とりあえず見守っていきたいと思います。気になる作品ではあります。希望とすれば、是非もっと弾けちゃって欲しいもんです。(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。