スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『機動戦士Zガンダム』 第35話「キリマンジャロの嵐」 (+α) 

[2009/03/18] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 ぱっと見たときの印象では、レコアの一件以来クワトロと冷戦になってるカミーユを見て、「カミーユ疲れているなぁー」という感じでした。でも見終わってしばらく経って思い返してみると、カミーユ以上にクワトロは衰弱してたのかもしれません。レコアの件もそうだし、ハマーンを目の前にして暴発してしまったという負い目もあるし。
 ヤザンの猛攻の前に、あまりにもあっけなく地球の重力につかまって、落とされてしまうシャア。(まあ、シャアとカミーユの二人を地上に降ろすための、物語の段取りくさい雰囲気もないではないですが、)これでは文字通り、「赤い彗星も地に堕ちたものだな」っていう不甲斐なさではないですか。(笑)

機動戦士Zガンダム 10 [DVD]

 でもカミーユの機転(?)で、仲たがいしてたはずの二人が仲良く大気圏突入するのを見るのは、それは悪い気分ではないですな。
 しかしカミーユが「俺は地球に降りたがってる」っていうのは、フォウの気配を予感してたんだろうか?どうもいろんな面でカミーユがシャアを凌駕してきてしまっている。うん。今さらカッコいいシャアに憧れたりはしないけど、オッサンとして(?)シャアに感情移入し始めていると、このへんは複雑な心境がしますです。

 しかしキリマンジャロに降りたら降りたで、ファーストガンダム以来相変わらずの潜入好きなんだからシャアって人はもう!w
 しかし好きなわりに、テレビで見ている限りではあまり満足な成果を挙げたことがないのがシャアの潜入って気もしません?案の定というか、意外に俊敏なジャミトフに射撃はかわされるし。物語的には、“またも狙撃に失敗→シャアがっくり”というためだけに、ここにいたようなもんじゃないですか、ジャミトフさんは。
 偶然(・・・)の邂逅にカミーユが狂喜したフォウを、思い切り射殺しようとしたのにもドン引きでしたし。ここで再会を果たしたアムロが、かなり鋭い洞察で「何故止めなかった?」と問うのに対し、「あのフォウという娘のことか?」というリアクションは、いくらホンコンでのことを知らないにしたって、カミーユを導くべき先輩としては鈍すぎやしませんか?

『機動戦士ガンダム大全集』(講談社)から、富野監督の文章を孫引きします。一次資料は「Z」の続編である「ZZ」の企画書とのことです。内容を読めば、執筆の時点は「Z」の実制作が終わりかけたころと想像されます。
---- 「Zガンダム」は、シャアがカミーユを悪の手先にする物語であると思った、といわれております。 その期待を番組が裏切った、と見られています。それが真実であるならば、そうなった原因は、作者がガンダムを継承しつつ、変わった作劇をしたいという意識が強すぎたエゴに起因します。 ----
ここを読む限りでは、囚人022さんが、
>「Z」をスタート時に思い描いていたとおりにきちんとやり通していたらどうなっていたのか。見てみたかったものだと思います。
と仰られているような解釈は、まさに富野監督の言う《その期待を番組が裏切った》ことに対応していますね。

Nishinomaruさんのコメント

 Nishinomaruさんに面白いコメントをいただいたので紹介しますが、この『Zガンダム』再見の冒頭で、カミーユをエゥーゴに引き入れたシャアの手並みを見て、『逆シャア』でクェスを味方にするやり口を思い出したのは、まんざら深読みしすぎでもなかったんですね。
 「いわれております」、「見られています」と客観的な視点を装いつつ、実はあまり共通認識ではなさそうな意外な言葉を出してきて、しまいには作者のエゴが強過ぎたという・・・。
 「シャアがカミーユを悪の手先にする」・・・リアルタイムでそんな期待を持って『Zガンダム』を見ていた人、(作者のあなた以外に)どこにいるんですか、富野監督!? w
 あたかも「番組が勝手に裏切った」かのような物言いは、正直なところ、(いくらファンの立場からであっても)作者としてはいかがなものかと言わざるを得ない気もしますねー。しかし、そこが面白い。w

 『Zガンダム』を『逆襲のシャア』に繋がる前史として、『ZZ』の存在がなかった状態での構想を想像しながら捉えると、(善悪という基準は単純すぎるので排除するにしても)物語のどこかでシャアがカミーユに見限られることは必然としてあったのかもしれません。
 『逆シャア』の劇中では、シャアがクェス・パラヤを「マシーンとして」扱ってしまったことを、アムロにクライマックスで非難されますが、それは『新訳Z』でカミーユがシロッコを非難した“絶対にやっちゃいけないこと”と同義ですよね。

 「シャアがカミーユを悪の手先にする物語」というよりは、「・・・しそこなう物語」というほうが、どうも見ているとイメージに近いような気もしますが。『ZZ』もスタート当初には、どこかでシャアが登場してくる構想もあった(オープニングにその残滓が残っている)という話もあったような気がしますが、ハマーン・カーンがわりとしつこくジュドーを自分の仲間にしようと迫る印象があるのは、諸事情(笑)で出て来られなくなったシャアの代わりに彼女がそれをやっていた面があったのかもしれないなーと思ったりしました。

続きを読む
スポンサーサイト

アニメージュ文庫 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』あとがき (1988年) 

[2008/12/18] | 御大 | トラックバック(2) | コメント(0) | TOP ▲

 私の手元にあるのは「1988年3月15日初版」と奥付に書かれているアニメージュ文庫です。

 ここのコメント欄で「さすが富野ファンの私も目を覆いたくなる、いつにも増してグダグダの言い訳全開」と書いてしまったのですが、意外なことにkaito2198さんが読んだことがないとおっしゃったので、こりゃあ困ったと思い、要点だけをかいつまんでコメントに書こうと思いましたが、なまじ要約するほど変なことになると思ったので、「あとがき」全文を紹介することにします。

あとがき

富野由悠季

 『ハイ・ストリーマー』として、『アニメージュ』誌上に連載をさせていただいたものを、『逆襲のシャア』として発表されたことで、戸惑っている読者がいらっしゃると思います。
 小生も、この事情については、裁定ができる立場ではなかったために、困ったというのが現実でした。なぜこうなったかという事情については、関係各位の善意がすれ違った、と理解していただきたいのです。
 当初は、本稿を『ハイ・ストリーマー』として、テレビのビジネス・ラインから離れたものとして、長く描いてみたかったという作者個人の願いがあって、それをアニメージュ編集部が了解して下さいました。つまり、『逆襲のシャア』版の映画化に平行して、そのストーリーを組み込みながらも『ハイ・ストリーマー』として、さらに継続する物語を想定しておりました。
 しかし、本稿を『逆襲のシャア』のためだけのものと理解されますと、物語は継続不可能になります。小生の思惑は、宙に浮いてしまうという感じになるのです。
 そのために、二巻目からは『ハイ・ストリーマー』のタイトルを併記して、復活させていただいたのですが、今後、読者の皆様の除名嘆願でもおこらない限り『ハイ・ストリーマー』としての復活はないと思えます。
 この種のテーマについては、永遠に『ガンダム』として継続するのだという宿命を想定するのは、作者としては辛いのですが、この経過ひとつ取っても、『ガンダム』という現実が迫ってくるのを、作者としても認めざるを得ません。
 思えば、『ガンダム』を始めた当初、フィクションが現実の生活にかくも食い込むものだということは、想像しませんでした。本当に、ありがたいことです。前に記した思いは所詮、個人として、大人としての賢しい計算だったのです。
 一人の男として自立したい、いつまでも『ガンダム』のトミノでは厭だという思いから、『ガンダム』離れしたいという欲が始まったのだと自覚せざるを得ません。
 このように、我々の仕事は、応援してくださる読者と観客がいて成立するにもかかわらず、大人の欲を出してしまって、自分勝手になんでもできるのではないかと思ってしまうのです。
 これが、大人の嫌らしいところであり、現実の生身の人間の問題なのでしょう。
 ですから、他人に感謝する心を持て、という先人の訓戒を身にしみこませる時なのだ、と実感する今日この頃なのです。
 あとは、皆様の御批判次第です。
 その上で、次なる物語を描かせていただけたらと、今は、被告席に座る気持ちで、日々悶々としてるのです。
 皆様の御声援には、本当に感謝いたします。ありがとうございました。

続きを読む

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』 

[2008/08/08] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 先日、「個人的富野小説史」という自虐的な記事を書いて、その後に相次いで子犬さんkaitoさんといった、最強クラスの方々の同様記事を読ませていただき、冷や汗・脂汗という体験をいたしました。(笑)
 そんな恥をかきながらも、怪我の功名。古書で探さなくても、新刊で書店に発注すれば買えるものが多数あることを知り、ならば、と、“猫まっしぐら”の勢いでまず入手したのが、これ。『ベルトーチカ・チルドレン』です。なんだ普通に買えるんだー。知らなかった!!

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア―ベルトーチカ・チルドレン (角川文庫)

 とにかく今、読みたい本が急に山積みという状況で、例の『ゼロ年代の~』とかも確保してあるんですけど、マイブームは富野小説なので、世の中の旬とか「そんなの関係ねぇ~♪」という悪い病気が。(苦笑)

 私には珍しく、一気に読み通しました。まあ1冊で完結ですし。ベルトーチカの関係と、登場人物たち何人かの名前(ナナイでなくてメスタとか、ギュネイでなくてグラーブ)とか、モビルスーツの名前(ササビーでなくてナイチンゲール、ヤクト・ドーガでなくてサイコ・ドーガ)とかで違いがあるほかは、ほとんど映画『逆襲のシャア』に沿って物語は展開しますし。
 って言うより、富野小説にはありがちなひねりはむしろ少なくて、あのアニメ映画で難解だった部分のいくつもについて、“やっぱりそうだったんだ!”と納得できるところが非常に多く、私はアニメ作品のノベライズというのは、怨念返しみたいで基本的には好きではないのですが、これは大変楽しく読むことが出来ました。
 と言いつつ、クライマックス近くにも、かなり重要な改変部分は少なくなかったんですけど、「アニメ > 小説」がデフォルトな私なのに、今回に限っては変更内容にいちいち納得のいくことが多かったですね。

 その反対に、「あとがき」で記されていることには、どうも釈然としないことが多く。
 映画版『逆襲のシャア』のシナリオ提出第一稿が、「このストーリーだった」としながら、出資者たちの批判にさらされて改変に応じてしまう経緯の説明が、いちおう言い訳の体を取ってはいるんですが、何だかやけくそな感じもするなぁと。
 論法とすれば、最近でもしばしば口にしている「映画=オープン・エンターテイメント=大勢の人が一緒に見て、パーッと楽しめるものでなければ」なのですけど、どうも自分を納得させるための理屈を捏ね回している印象があって、少なくともこれを読んで納得がいくようなものではないと私は思いました。
 個人の思いだけで映画を作ってしまうのは、もちろん危険なんですけど、そんなに簡単に個人の思いを無に出来るわけもないんで。・・・映画にはなくて小説にだけある場面で言うと、私は最期にアルテイシアのことを思い出したシャアが、とてもいいと思いました。そうした個人の思いを無視して観念に走ってもダメなんですよ。

 「本来描きたかった自分の中のガンダム」と富野さんは書いているけれど、あまりに上手く出来すぎていて、これ、どこまでが本当にシナリオ提出第一稿なのか。どうも、ここでの「あとがき」の富野監督の言うことは、まるごと鵜呑みには出来ません。(まあ、いつだってこの人の言葉は、言葉づらそのままに受け止めていいようなものではないというのは、もうよく分かっているはずのことなんですけどねー。)
 そういうような、(作中の人物たち相互におけるそれとほぼ同様に、)物語の作り手と、受け手と、作品そのものの間に常に存在するディスコミュニケーションのようなもの。でも、その微妙な位相のずれから来る緊張感が、物語(のありよう)に不断に運動エネルギーを与えている面もあるんだろうと。
 富野監督の作品史としては、作家個人の思いとエンターテイメントということの関係が改善されるのに、結局『ブレンパワード』以後までの長い時間を要したわけなんですけど、この間には非常に苦しむ時期も挟むわけで、そうしたものの原型がすでにこの小説と、あとがきの関係の中に見えていた気がします。そうした意味でも興味深く、また言うまでもなく作品としても、とても素晴らしい物語でした。

個人的富野小説史 発動篇<上> 

[2008/07/23] | 随想系 | トラックバック(1) | コメント(4) | TOP ▲

 前回の続きです。って言っても後半は読んでないのが多いので・・・。

機動戦士ガンダムハイ・ストリーマー〈2〉クェス篇 (徳間デュアル文庫)

 ここを参照しながらということで、後半戦は『ハイ・ストリーマー』からですね。ん?アマゾンの画像は徳間デュエル文庫版が出ましたね。こんなのが出てたんですか。私が持っているのは徳間アニメージュ文庫版のほうです。ただし第1巻のみ。続きが見つからなくて・・・。何しろ田舎のブックオフですからねぇ。
 で、第1巻の印象がどうもよく思い出せないです。えらく地味な話だったような・・・。ブンガクというのは、こういう地道な話を持ってよしとするのかなぁ。後半はわりと『逆襲のシャア』に沿っているんだそうですが。ラストがどう描かれているのかには関心がありますから、見つけたら買うつもりです。

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア―ベルトーチカ・チルドレン (角川文庫)

 次は『ベルトーチカ・チルドレン』なのですが、ごめんなさい。未読の富野小説の中では、一番読みたい一冊です。二つを書き分けるとは器用だなぁというか、映画も入れたら三通りになるわけですが、“バイストン・ウェル”ものも、同じモチーフを繰り返しているようなところがあるから、そういうようなものなんでしょうか。学生時代に夏目漱石の『こころ』とかそのへん(題名忘れた・・・)をいくつか読んで、同じテーマが繰り返されているのに「うー・・・」と感じたことを思い出したりしました。(いや、その点では武者小路実篤のほうがすごかったか。)

 その次の『シーマ・シーマ』は子犬さんが「富野ビョーキ三部作」の一角に挙げておられたひとつかな?これはレアみたいなので、のほほんと出会いを待っていても永遠に見つからないかな。万一発見したら、間違いなく保護いたします。はい。

 次は『ガイア・ギア』ですか。実は第1巻だけ所持しております。これは面白そうだと私は思ったんだけど、善良な市民さんの評は辛いですね(笑)。
 たしかに『Zガンダム』の焼き直しのようなところはあるんだろうけど、その焼き直しに意味があるというか。“スペース・コロニーなんて・・・”みたいなことを最近、監督はよく仰ってますが、そういう意識の変化が反映されているところはなかなか興味深いです。これは是非続きを読みたいと思っている富野小説です。ラジオドラマ版も、実は某所で聴いてみたことはあるのですが、これは正直あまり面白くなかった気が。私としては珍しいことですが、これは文字媒体のほうが面白いんじゃないかと思っている作品です。

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ〈上〉 (角川文庫)

 あ、また懺悔の時間だ(笑)!ごめんなさい、『閃光のハサウェイ』未読です。善良な市民さんが「富野小説最高傑作」って言ってますね。

人類の覚醒だのなんだのと安易なゴールを設けない「現状認知」の物語こそ、「ゼータ」以降の富野作品の真髄であり、それだからこそこの「閃光のハサウェイ」は美しい物語たり得るのだ・・・!

 そうなんですか。これ、見かけたことはあったのに買わなかったのは、Zで言ったらカツ系のウザい子どもの跳梁する物語を読むのがしんどいなぁと思ってしまったのですが。そこまで言われたら、今度こそもう少し前向きに検討してみましょう(笑)。

 その次は、破嵐万丈シリーズで『薔薇戦争』、『憂鬱ミュージアム』、『ヒット・カップル』、『愛はシベリアから』ですか。このへんまったく見かけたことがありません・・・。でも下記のサイトの感想が面白かったので、見かけたら保護しようと思っています。やっぱりまとまった感想を読ませてもらうと関心がわきますね。

 次もごめんなさいです。『機動戦士ガンダムF91 クロスボーン・バンガード』。見かけたこともないんですけど、発見していても、買うかどうかをためらってたと思います。『F91』って作画とかもなんかすごく良いと思うんですけど、ちょいと微妙な印象だったことは以前からときどき書いてきたとおりです。読まなくても、これこそアニメを“補完”しているんだろうなと予想は付くんですが、善良な市民さんは意外にオススメのようなことを書いておられますね。オヨヨ(笑)。

 未読のものが多いのに、なぜか長くなってしまったので、続きはまた今度にします。

実在するクェスに会ってしまった 

[2008/01/14] | ネット巡遊記 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 肩が凝る話題が続いたので、ウェブで拾った小ネタを二題。(笑)

恐ろしいことに映画公開後17年経った昨年(2005年)、実在するクェスに会ってしまった。

「アメリカは今度、火星に人を送るわ。日本人は土に縛られているからだめなのよ。だから月にすら行けてないじゃない。」
「地球温暖化なんて小型の核を落とせばすぐ解消するわ。ブッシュはそこまで考えているの。土に縛られているから地球全体の視点でものごとが考えられないのよ。人々が気づくためには核を落とせばいいんだわ。」

 これ、ひときわ笑えるのは、この注意書き。

**ネタバレ注意**
映画を見終った人むけのレビューです。
これ以降の文章には映画の内容に関する重要な情報が書かれています。
まだ映画を見ていない人がみると映画の面白さを損なうことがありますのでご注意下さい。

 たしかに「ネタバレ」ですか!なるほど「映画の内容に関する重要な情報」だ!!(笑)

 まぁ、ブクマコメントを見ると、「微妙に笑えない」というのがあって、たしかにね・・・。

 もう一題。

ロックな生き方をしていると思う有名人ランキング - goo ランキング

大衆化と細分化によって、音楽ジャンルとしてのロックを厳密に定義することはもはや困難になっていますが、日本では「ロック」という言葉に「古くさい既製概念や社会体制などに対する怒りを表現する」というイメージを持つ人が多いようです。いつまでも新しく、反体制な生き様を見せてくれる「ロックな生き方をしていると思う有名人ランキング」には、どんな人が上位に選ばれたのでしょうか。

 第29位にあのお方が!!(笑)

 まあ、ただのネタですが・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。