スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富野監督の「影響」というのでは格別なくってですね・・・ 

[2008/10/07] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 日経ビジネスオンラインでの谷口悟朗監督のインタビューについて、まとまらない感想を書いたところ、いろいろコメントをいただきまして、ありがとうございました。

 谷口悟朗という人に関心を持ったときに、私の貧しい知識の中では、富野由悠季という先人と比較対照してみるやり方しか知らないので、このようになってしまいました。私は職業評論家ではありませんし、読者の皆さんに自分の考え方、感じ方への共感を強いるつもりもありません。書くことを通じて考えているだけですので、異論反論、大歓迎であります。

 このブログの読者には多いであろう富野アニメ好きな人の中には、谷口作品に“近親憎悪”のようなものを感じると言っている人もいます。ですが私は少なくとも『コードギアス』は面白かったので、二人の共通するところ、違うところ、いろいろ考えてみたいと思っているところなのです。

 ご指摘のとおり、インタビューの中で谷口監督は、あまり富野アニメを見ていないと言ってます。私が書いたのも、作品の内容面の話ではなくて、「アニメーター出身ではない監督」という立ち位置の話をしたつもりだったんですが、わかりにくくてすみません。

「当時の演出家はほとんどがアニメーター出身なの。テレビシリーズのスピードに合わせて絵コンテを切っていくには絵が描けねえと結構しんどくて、当時日大の映画科出身者なんかが演出を目指したが、そのあたりで躓(つまづ)いてアニメーター以外の演出は虫プロではなかなか育たなかった。例外が富野さんね。彼だけが負けん気と才能と努力でその壁を越えて行った。」

 これは高橋良輔監督の「新・小説VOTOMS いちぶんの一」という連載の中の言葉です。そこで言われていた、かつての「アニメーター至上主義」という言葉と、谷口インタビューの中にあった「クリエイター至上主義」という言葉はよく似ていますよね。

 たぶん谷口監督は、富野監督を特別リスペクトなどしてないのだろうと私は思います。
 ただ「是非の両面」と私が書いたのは、同じサンライズで同じくアニメーター出身でない監督が仕事をするのに、先人の業績の功と罪は当然思慮に入っているんだろうと私が思ったからに過ぎません。「罪」のほうで言えば、反面教師ということにもなるでしょうね。

「歌舞伎や落語も生き残るために権威を必要とした。アニメも同じです。なら、今考えねばならないのは、その権威を護るのか、壊すのか。」

 恣意的な妄想で何が言いたいんだろうかと問われると、その当然のことをいちおう書いてみて、自分で呑み込みたかっただけのことで、格別それ以上の趣旨もない自分用のメモです。
 ただ、この辺の話は、富野監督が近ごろよく言っておられる「芸能」とか「エンターテイメント」とかの話に引きつけて読むことはできますよね。(言い回しが違う分だけ、かえって分かりやすい部分もある。ただ、富野監督が言ってさえ「・・・?」と思ってしまいがちな、なかなか難しい話ではあります。)
 影響を受けるといった関係でないなら、なおさら、異口同音に同じような問題点を指摘しているのかどうか。そうしたあたり、ごく個人的な感想ですけれども、とにかく興味が尽きないのです。

スポンサーサイト

富野由悠季というあり方から、谷口悟朗は多くを学んでいる気がします 

[2008/09/28] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(14) | TOP ▲

 『コードギアス』がいよいよFinマークを打とうというタイミングで、日経ビジネスオンラインで6回にも及んだ谷口悟朗監督のインタビューも完結したようです。毎回なかなか面白い内容でしたが、最後の回に近づくにつれ、現実的な落としどころとの間で揺れる部分なども出ていたように思われました。
 ごく個人的な感想ですが、アニメーター出身ではない谷口監督は、その点では同様の富野由悠季監督の歩んできた足跡から、是非の両面を深く学んでいると感じました。本人の意識の持ち方は分かりませんけど、立ち位置を考えれば、結果的に当然そうなるだろう、それは考えざるを得ないだろうとも言えます。まあ、思いつきレベルですが少しメモ。

しょせん谷口悟朗という名前は記号でしかなくて、ただの使い捨ての何かだろう

 人気作を作れば、ファンが支持してくれるのでは、という問いかけに対し、「それは『コードギアス』という作品に対してであって、私に対してではない」と答える谷口監督の発言。『コードギアス』を『ガンダム』に置き換えれば、「富野由悠季という名前は記号でしかなくて、ただの使い捨ての何かだろう」という言葉がそのまま導き出せると思いました。これは、富野アニメのファンという立場を外して客観視すれば、たぶん状況はそうなのだろうと私も考えます。この話は、下記の記事などにも関連します。

 それはともかく。結局『コードギアス』の完結までに、私は『無限のリヴァイアス』を最後まで見ることが出来なかったんですけど、この作品は富野アニメの系譜で言うと、『無敵超人 ザンボット3』に照応するんだろうと考え始めたら、ものすごくすっきりしました。

無限のリヴァイアス サウンドリニューアルBOX [DVD]
 富野谷口
挫折の経験ライディーンガサラキ
ここに我ありザンボット3リヴァイアス
エンタメの実験ダイターン3ガン×ソード
勝負作ガンダムコードギアス

 すごく雑駁に図で示すとこんな感じでしょうか?(以下、長くなるので追記で。)

続きを読む

『無限のリヴァイアス』 いつの間にやら第17話 

[2008/09/22] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(4) | TOP ▲

 見はじめに一度感想を書きました。その後も続けて見てはいたんですが、感想をブログに書くことはしていなかった『無限のリヴァイアス』です。
 『ガサラキ』(1998)の助監督を務めた翌年、谷口悟朗監督のテレビアニメ初監督作品。・・・なのですが、シリーズ構成の黒田洋介さんの印象が強いのかなー、と前に書きました。って言っても『ガンダムOO』と似たような重さだなーという程度の話ですけど、その印象は話数を重ねていってもあまり変わりません。
 あるいは“スペシャルコンセプター”(『ガサラキ』ではシリーズ構成を担当)の野崎透さんのカラーもあるのか? 世界観の設定というのがこの役職の仕事だとすると、物語の背景になっているSF的な部分(→ 無限のリヴァイアス | 用語解説)は面白いもののような気がします。ちっともそこに話が向かっていかないというところがいやはや何とも。いくら子どもばかりという設定とはいえ、登場人物の誰も「そもそも、このリヴァイアスって船は・・・?」的な疑問を示さないのには泣けてきます。(笑)

無限のリヴァイアス Vol.3 無限のリヴァイアス Vol.2

 まあ徹底して現代社会の戯画化をして見せているこの作品なので、そういうふうに「そもそも世界の成り立ちがどうなっているのか」といったような、考えても始まらないことなんかにかまってらんないだろっていうスタンスなのでしょうか。
 人間ドラマを重視しましたよっていう言い方も、もちろん可能なのかもしれませんが、ドラマっていうよりもシミュレーションを見せられているような印象が強いですね。この種の作品ではドラマがSF的なものと密接に絡んでこそ面白いというのは、ある程度鉄則だと思うのです。(この点ですごく良かった作品には、例えば『ゼーガペイン』などがありましたね。)
 だから良くないとまでは言わないのですが、何ていうか、もったいないなぁという印象があります。

無限のリヴァイアス Vol.6 無限のリヴァイアス Vol.5

 この作品には“ヴァイタルガーダー”という人型ロボット兵器も出てきて、いちおうロボットアニメというくくりもできる作品なのですが、何とか姿を現したのは第9話。がっつりそれらしいアクションを見せたのは、ようやく第15話という具合で。そこも全然やる気がないような。(笑)

 いや、別にそれも大いにけっこうなんですけど、最近メディアに露出度が高くなって、いろいろ発言している谷口監督の諸々の発言で触れていたような“娯楽性”の趣旨とは、一致していない部分も多いというのは思わざるを得ないです。

 特にロボットに関しては、アニメーションで最も有効なツールだと思っています。
 ロボットは、漫画や実写の映画にも登場しますけど、そこではメインストリームにはなり得ないんですよ。アニメにしたときに、初めてメインストリームになり得るんです。アニメーションはロボットが最大の武器なんですよ。

 うーん、すこしむつかしいいい方になりますが、ロボットは虚構でもあり、現実でもある、という事ですかね。それらしく見せることもできるし、ウソだけど気持ちよいでしょう、と表現することもできる。情報の整理がとてもしやすい記号なんです。

 “ロボットもの”にこんな前向きの言葉を与える人を最近あまり見たことがないような。(笑)
 だから、このリヴァイアスなんかは(もしかしたらガサラキなんかも)反省材料になっている点もあるのかもしれないなーと、そういう印象も持ちます。

 逆に『コードギアス』と比べても変わってない部分としては、「世界は自分には優しくない」、「抑圧した上で、突き破ろうとして出てくるのが個性だから」というスタンスは、このリヴァイアスからブレてないですね。これは薬じゃなくて毒なんだ、それがサブカルチャーなんだと言ってますが、毒を口に持って行かせるのが本当に上手くなったと。これははっきりと思いますね。(笑)

 それで、娯楽に乏しいと不満たらたらかというと、そうでもなくて、戯画化された人間模様の落としどころをどこに求めるつもりだろうかと。物語の成り行きを、あまり感情移入せずに眺めています。子どもばかりの集団の中で、いちおう上級生(エリート?)の“ツヴァイ”あたりは官僚なんだろうし、ブルーらの不良グループは政治をやったんだろうな、とか。あとファイナにはカルトっぽい宗教の気配もしてきたし。こんなに分かりやすく記号化しちゃうのか。
 描写であまり垢抜けないなと思うのは、劇中時間の経過なんかがほぼセリフで進行している感じで、アニメ的というより、これは小説の手法なんだろうと。エロチックなほのめかしの用法が少し下卑ているのも不快だけど、主人公周り以外の“その他大勢”をチャラかして描いているのも、娯楽の方向性を間違っている気がしちゃいます。人々がこんなことだと、普通にシミュレーションしていれば(主人公周りがどうあれ)、ここまで長い物語時間には本来耐えられずに、リヴァイアスという船はとっくに自壊していそう。
 その辺のリアリティバランスも考え直されて、後年の『ガン×ソード』とか『コードギアス』になってるんでしょう。善良な市民さんが、この『無限のリヴァイアス』と『コードギアス』にしばしば言及しているんですけど、両者を(批評的な目でなく一観客の目で)平たく見比べてしまうと、リヴァイアスの先駆性というよりも、’90年代的なものの残滓からゼロ年代的なものへの伸びしろというか、変化というか、私はそっちのほうを強く意識してしまいます。

『コードギアス』 Stage24 & 25 スペシャル 

[2007/08/19] | 感想系 | トラックバック(1) | コメント(0) | TOP ▲

 BIGLOBEのネット配信で見ていると、あちこちで感想が出尽くしたころになってようやく見れるようなあんばいです。(無料配信終了間近。 8/21 10:00まで!)
 前にも言いましたけど、この作品の場合、相変わらず、冒頭と最後のC.C.のまとめで、物語の要点としては、けっこう言い尽くされちゃってるんですよね。

一縷の希望は、ほのかな願いは、絶望からこそ生まれいづる。

 話としてはめちゃめちゃ入り組んでいますけど、私はここで物語が終わって、それでいいんじゃないかと思いました。見終わった直後に書いたとおり、「広げまくった大風呂敷とか、張り巡らした伏線とか、どうも本質的には“どうでもいい”と思う人なんだという自分のことを再発見」。(笑)
 物語としてきちっと終わっているかどうかでいうと、大いに盛り上がった「いいドラマだったなぁ」という印象で。『THEビッグオー』の前半の終わりでは、こういうのは許容できなかったんですけど、そのへんのどこに違いがあるのかなぁと反芻してみています。(まあ、もうひとつは、ここまで苛められるとキャラクターが可哀相で、これ以上は許して、みたいなヘタレなところも私にあるのかもしれません。)

 「なんのこっちゃ」と解せない気がしたのは、事ここに至って、“全能感”を目いっぱい謳い上げた前期OPで最後を締めくくったところぐらいで。(これは何かの皮肉?それとも?)

ここから先のことは、お前には関係ない!
お前の存在が間違っていたんだ!
お前は世界からはじき出されたんだ!!

 もうひとつ挙げれば、どうして最後にルルーシュが、今さらスザクのこのセリフでキレるのかなぁ?とか。少し不思議。

ブリタニアの少年ルルーシュが望んだのも、小さな幸せに過ぎなかった。特別なことではない。

 谷口監督の振幅の激しいドラマの作劇の方法論というのは、大衆演劇的なものの応用だという理解をすべきなんでしょうね。これはけなしているんではなくて、もの凄く誉めているんです。
 それでも、こんなフォローが入らざるを得ないのは、さすがにルルーシュが可哀相になったのか、それとも、最後の最後に演劇的な空間を、身近なところに引き付けて見せなければ、せっかくの物語も有効に機能しないということなのか。

 ただ、我々が住むこの世界は、人それぞれの社会環境や立ち位置によって、さまざまな様相を見せており二元論では語りきれないと考えます。その語りきれない部分をアニメーションという形で表現し、物語的に昇華させるというのが本作品の目論見の一つです。それをすることにより前述した二元論の疑問にも答えることが出来、また、エンターテインメントを成しえるのではないか?と考えています。
 こういった作劇論は日本のアニメーションがかねてより持っている「華」の一つだと思っています。そのような様々な「華」が長い日本のアニメーション史の中で生まれてきたと思います。
 本作品の目指すところの一つに、それら「華」を受け継ぎつつ、尚且つ、新しい「華」を作り出し、良い意味でのアニメーションの新しい可能性を作り出したいと考えています。

公式サイトの谷口監督コメント

 crow_henmiさんは、「テーマを語るために物語が供物にされている感覚」という言い方をなさっていて(「逆向きのデウス・エクス・マキナ」という表現もまた興味深い!)、それも分かるような気がするんだけど、ただ、こう明け透けにテーマを提示して、その解としてグダグダに生のスパイスを突っ込んだエンターテイメントを見せられると、むしろ「視聴者の反応を見過ぎなところがあって、こっちの生理的なリズムと妙に干渉するところがあるのかもしれない」というfoo_fighterさんの感懐のほうが、私の個人的な印象には近いです。
 つまり、これは私のアニメを見る場合の一般的な態度には著しく反しているんですが、“描かれているテーマ”に対してではなく、“描き方の方法論”のほうが気になってしまって、そっちに反応してしまうんですね。

 とは言いながら、とにかく谷口悟朗監督という人の、圧倒的な力を感じた作品でした。ドラマ的にボルテージを高めきってしまったこの状態で、続編があるということが、私にはむしろ信じられないぐらいなのですが、どんなものを見せてもらえるのか、期待して待つとしましょう。

続きを読む

『ガン×ソード』第21話「空に願いを 地には平和を」 

[2007/06/07] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 『ガン×ソード』第21話「空に願いを 地には平和を」(GyaO)の感想を、いちおうメモしておきましょうか。

「痛快娯楽復讐劇」というのが『ガン×ソード』のキャッチコピーらしいですけど、「復讐劇」を痛快な娯楽として見ると言うのは、キャラクターに感情移入してしまっては成り立たない構図のような気がするんですね。

・・・と前に書きましたが、どうも終盤に来て、“痛快”どころか、どこか“不快”な感じがあって。それは何だろうかな~と思っていたら、ヴァンが教えてくれました。やっぱりあの“鉤爪”は気持ち悪過ぎますって。そりゃ悪役だから気持ち悪く描くんでいいのかもしれないんだけど、気持ち悪さの意味が見えないんですよねぇ、ラストでどうなるのかにもよりますけど。
 もちろんファサリナも本当に嫌~な感じ。キャラクターの味付けが濃いのは、この作品の作風なんだと理解はしているんですけど、ネタとして楽しむっていうのはどうも苦手なんだなぁ。
 『コードギアス』はまだ大丈夫だったんですけどね、ガンソードは“キャラが立って”いるわりに、ストーリーのほうが立ち上がって見えてこない気がしちゃうんですかね。

 そのストーリーの先行きは気になる仕掛けが多いので、もちろん終盤の続きは見ていきたいと思っていますが、とにかく今回は“気持ち悪い”と感じた回でした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。