スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史に残りやすいアニメ、残りにくいアニメ 

[2008/01/05] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(7) | TOP ▲

歴史に残りやすいアニメ、残りにくいアニメ サイオンジ探偵社

 音楽の例を引きながら、記号化しやすい音楽のほうが歴史に残りやすい、という話からはじまる、この西園寺さんのエントリー。

 こちらの記事を拝読して、非常に興味深いテーマだっただけに、ちょっと認識(たぶん世代差から来るもの)に違う点があったので、思わずブクマコメントしました。

これは「ちょっと待った」と物言いを付けたい部分が多々あります。少なくとも松本零士のキャラの激烈さは富野さんに負けてないよ?

 ここでコメントした点だけでなく、全般に思うことがいろいろあるので、(いつものことながら)ちょっと雑駁な言及になるかもしれませんが、おろおろと書いてみます。

 まず冒頭の「歴史に残りやすい」という話。いい作品と、人の記憶に長く残って語り継がれる作品は、往々にして違うという見解には、基本同意します。

  • 別に語られやすいものしか歴史に残らないってことではない
  • だけど、人々が語りやすいもの、語りを誘発しやすいもののほうが後々まで人気が続く傾向にあるのはたしかだと思う。

 この2点も同感。ただ、この時点で「歴史に残りやすいアニメ」という話から、すでに少し話題は逸れちゃいましたかね。音楽の例示もそうでしたが、特にここ以下の展開は、“いい作品なのに、歴史に残っていない(ほぼ忘れ去られている)アニメ”についての話ではないような気がします。例示されているのは『機動戦士ガンダム』と『宇宙戦艦ヤマト』ですが、いかに今日における人気に大きな差があるとはいえ、私は『ヤマト』が歴史から忘れ去られた作品だとは、さすがに思えませんので。
 と言うより、歴史に残るかどうかというのは、“ひとつの時代を画したかどうか”にかかる部分が大半だと私は考えています。今日における人気のありなしで、そこの評価が簡単に変わってしまうべきではないでしょう。『ヤマト』が日本のアニメ史の画期だったことを否定する人は少ないのではないでしょうか。

 というわけで、以下を私は、“一時代を画し、歴史に残る作品”の中で、“今も人気が長持ちして語られやすい作品”と、“そうではない作品”の話として読ませてもらいました。
 『ガンダム』も『ヤマト』も続編が存在する作品なのですが、前者の続編がいろいろ言われながらも現在進行形の『ダブルオー』に至るまで作り続けられているのに、後者の続編は一応、『完結編』で終わっています。まあ、それ自体大きなハンディです。
 作品を愛するものとしては、“続編という存在そのものの是非”も本来は気になるところですが、それはさておき。人気がしぼんだから、続編も続かなくなったという状況もあるでしょう。(逆に人気挽回を狙ってか、『ヤマト』新作の計画は今もあるらしいですが。)

 問題の核心として、なぜそうなってしまったのかというところで、西園寺万五郎さんは、

ここはとりあえず、便宜的に話を狭めてみると、ガンダムのほうが文芸批評的な語りをしやすい。
ここで言う文芸批評的ってのは、、作品というものを作家の反映であると無意識的に観じる態度のことを言ってるんだけど、富野由悠季っていう人はそうした語りを誘発しやすいんだと思う。

・・・と、富野監督の作家性について言及しておられて、この着眼は慧眼だなぁと。
 ただ、まだ幼かったとはいえ、両方のブームを一応体験してきた世代の立場から言うと、これはたぶん西園寺さんが触れておられるような、富野由悠季と松本零士の、人としての“キャラ立ち”の差ではないのではないかと思われます。って言うのは、(ネットで検索してみても最近の“盗作騒動”ぐらいしか話題は乏しいんで、それはそれで衝撃なんですけど、)松本零士さんって、面白い(ある意味、面白すぎる)キャラだったんですよねぇ。今もあんまり変わってないという印象を持ってますが、何しろ大真面目に“信念の人”なもんだから。(って考えていくと、たしかに面白さを語りにくいキャラではあるかな。でも、間違いなく富野さんのほうが常識人っぽい気がします。)

 で、あえて記事にして言及しなおしてみたのは、『ヤマト』というのに松本零士の作家性は出ているとは思うんだけど、やっぱりあれを“松本零士の作品”と言うのには、成立の経緯に“西崎義展”というプロデューサーの存在があまりに大きかったという、そのことは、アニメ史に関心を持っている人なら調べて知っておいて欲しいなぁと思ったからなんです。
 作品の是非とは別のところでの『ヤマト』成立経緯の問題、とりわけ(富野監督とも縁浅からぬ)西崎さんという、日本のアニメ史に残る稀代の“怪人”のことについては、これこそマジで書きにくいことこの上ない!(大したことなど書いてないはずの、このブログでさえ、「tag: 西崎義展」って記事が上位表示されちゃうぐらいに、調べたい人に比べて、言及してる人が少ないんだと思います。)変なこと書いて炎上しちゃうのはイヤだって言うよりも、私自身どう考えればいいのか分からないことばかりなんで、戸惑うんですよね。一応、私の知る範囲で主要な参考リンクを挙げておきます。皆さん自身で読んで、考えてみてください。

 もう一つ、『エヴァンゲリオン』の話が出ていて。これも時代を画した歴史に残る作品だと私も思います。でも、『エヴァ』は、おりしも今に至るインターネット時代に登場したということもあって、その語りやすさが作品の内容によるものなのかは私にはよく分かりません。『ヤマト』~『ガンダム』(1st)世代なんてのは、今のネットじゃシーラカンスですものねぇ。(苦笑)
 私に言わせれば『エヴァ』はまだ、たかだか10年の歴史しか持っていないので、「たぶん、人気が永続するのはエヴァのほう」だと断言できるのかは未知数です。『ガンダム』の例に倣うなら、あと20年後ぐらいにそれが言えれば本物でしょうか。たぶん、庵野監督も、今それを思って、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』を作り直さなくてはと思ったのではなかったかと思っています。

機動戦士ガンダム 劇場版メモリアルボックス 宇宙戦艦ヤマト【劇場版】 劇場版 NEON GENESIS EVANGELION - DEATH (TRUE) 2 : Air / まごころを君に

続きを読む
スポンサーサイト

『トリトン』は懐かしいのだけど・・・ 

[2007/02/28] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 今日も今日とて「読まなきゃ!」という記事がネットに多すぎて、なんだか、ただ読んでばっかりいます。今日「おおお!?」と思ったのは、この記事でした。

真佐美 ジュン 海のトリトン
(via 8光年の彼方さん)

 『海のトリトン』制作の舞台裏の物語ですが、読んでいるとなかなかツライものが。西崎義展にまんまとヤラレる手塚治虫先生・・・。
 富野ファンとしては、手塚先生は富野さんに絶大な信頼を持っていてくれたのか、とか、富野さんは昔から「哲学的な話しぶり」だったのか、とか。つい、そんなところに目が行ってしまうのだけれど。
 ただ、「8光年の彼方」さんも富野発言を引いておられるとおり、まんまとヤラレて地団駄踏むのも、逆に、長いものには巻かれて何の疑問も持たないのも、どっちも誉められたことではないんで、アニメ界もタフな大人の業界にならなきゃならないという警句は、今でもまだ通用しそうに思えるところが怖いです。(この発言の元ネタは『だから僕は…』だったら、1981年ごろ?)

だから僕は…―ガンダムへの道

だから僕は…―ガンダムへの道
富野 由悠季 (2002/11)
角川書店

この商品の詳細を見る

 あと、コメント欄のリンク先からたどって行ったら、こんなページがあったのを知って、これはまた読み甲斐がありそう(あり過ぎ)だと嬉し涙。

アニゲノム~日本動画興亡史~

 すごくマニアックな戦前のアニメ史が書かれているようなんですが、「現代のアニメーションが抱える、資金提供者と創作者の企画意図の落差などの問題は、はるか大正時代よりすでに明らかになっていた」と言われると、これは一見の価値がありそうだな、と。時間ができたら、少しずつ読んでみるつもりです。

海のトリトン DVD-BOX

海のトリトン DVD-BOX
富野喜幸、羽根章悦 他 (2001/09/21)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る

 『海のトリトン』は今から考えても不思議な雰囲気を持ったアニメでした。あのウェットな空気感は、『ライディーン』を経て『ブレンパワード』まで繋がってる何かがあるような気がします。(“海”の描写が多いってだけじゃなくて。)どのへんまでが手塚さんのもので、どんなところが富野流なのか。・・・これもいつか見直してみないとなぁ。(いつのことやら。)


| ランキングオンライン |

「宇宙戦艦ヤマト」の初期企画書 

[2006/10/08] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 yasuakiさんのところで、また興味深いテーマの連載がはじまったようです。

yasuakiの新評論空間(経営、アニメ、ゲーム、旅行): ヤマト、ガンダム、宮崎アニメ、エヴァンゲリオン、ゲド戦記における人種問題1

 宇宙戦艦ヤマトの乗組員は、なんで全員日本人だったのか、っていうのは、けっこう昔からアニメファンの間ではいろいろ言われてきた話題ではありますね。ガンダムやエヴァンゲリオンと、その辺の視点で見比べていくというのは面白そうな気がします。作り手の世代による感じ方の違いなんかもあるんでしょうかね。ガンダムなんかは意図してヤマトの弱点を狙った、ってセンもありそうな気がしますけど。(笑)

 ここで、けっこう意外だなぁと思ったのが、ヤマトを愛国心高揚の軍国調に持っていってしまったのは西崎Pだ、というのはけっこう定説になっているわけなんですけど、少なくとも初期プロットではあまりそういうニュアンスではなかったらしい、という指摘です。だとすると、どこでどうしてどうなって、そういうことになっちゃったんでしょうかね?興味津々なのでありますが、今となってはすべては藪の中でしょうかねぇ。
 どうでもいいことですが、当時の私はと言えば、たぶんわが人生の中で最も右傾化していた時期(笑)で、未熟ながらにミリオタ趣味に奔り、連合艦隊の戦艦の名前をそらんじて悦にいったりしてましたから、軍国調だからこそヤマトにはまったという面も否定できず。そのあたりはなかなか複雑な心境です。
 さらにどうでもいいことですが、その頃の私のアメリカ嫌いはかなりのもので、今思えば真に恥ずかしながら、将来の夢は自衛隊に入ってクーデターを決行し、米軍を日本から追い出す…という勇ましい(笑)ものでした。まだ観れていませんが、いやあ『コードギアス』!ネットでの風評を聞いていると面白そうですねぇー。(ぉぃぉぃ)
 勢いに乗って脱線を深めると、かつて『ボルテスV』がフィリピンで超人気だったが放送禁止にされた、というようなことの記事を読んでいても、「日本の経済侵略だ」といったような反発が現地の人々に生じていたということが、私には感覚的に分かる部分があるのです。(参照→フィリピンでの評判:超電磁マシーンボルテスV - Wikipedia「ボルテスV」フィリピン事件など。)要するに、アメリカナイズされることへの日本人の反発なのですけど、今の若い人たちにはそんな感覚は分からないですよねぇ…(笑)。

 ああ、脱線、脱線。申し訳ありません。<(_ _)>
 それでyasuakiさんのところに、宇宙戦艦ヤマトの初期企画書へのリンクがありましたので見てみました。

西崎義展の手記 宇宙戦艦ヤマト企画書

 まるで同人誌みたいな感じですが…。タイトルの字体が完成作と同じとはいえ、アステロイドシップ(この話は前にも聞いたことがありましたが…)のイメージはずいぶん違いますねぇ。でも、この構想の一部は、アステロイドリングになって完成作でも日の目を見ています。
 「人間とは“愛”だ」という言葉が、この時点から見られるのには「へぇ~」と感心しました。
 イスカンダルまで往復4万光年、というのは、完成作(14万8千光年でしたっけ?)よりずいぶん近い設定だったんですね。しかし生還者はたった一人という設定だったとは!ずいぶん渋いSF路線の味付けを考えていたものです。部分部分で、わずかに完成作に残滓が残っているところがあるのがなかなか興味深いんですが、登場人物の名前で残っているのは「相原義一」だけだったり。(アナライザーのスカートめくりが、初期設定からあるなんてねぇ…。 笑)
 しかし、ヤマトは人間ドラマを描いたことで人気が出たと思うんですけど、この初期企画書に書かれているどろどろと濃い人間ドラマの葛藤は、(一部は完成作にも残滓を留めていますけど、)このまま作っていたら濃すぎて大変なことになっていたんじゃないでしょうかね?(重すぎる~。 笑)
 ヒロインの最期をはじめ、かなり重要なエピソードのエッセンスが、絵づらとしては全然完成作からは遠い(笑)、この時点から書かれていたことには、なかなかビックリします。
 「ヤマトのかっこよさは、このシリーズの興行的成否を握っているといっても過言ではない」と書かれていますが…この点に関しても、完成作でああなって、本当によかったですねぇ~!!
 SF的な小道具の設定では、スタートレックとかの影響が見られるものやら、強化宇宙服みたいなものまで、ずいぶん欲張りにてんこ盛りで考えていたものだと。(もしかして打ち切りにならずに予定通りに製作が進められていたら、これらの一部は真田さんが発明して本編に登場したんでしょうかね~?)
 「製作について」ということで書かれている中には、こういうSFテイストの作品を特撮ではなくアニメで作ることについて、「天文学的な予算と時間がない限り特撮では成功しない。アニメーションの場合には、そのへんが一挙に解決すると同時に、他惑星や宇宙生物など、アニメでなければ描けない創造性が期待できよう」と、優れたアニメスタッフを虫プロ系を中心に集める方針が記されているのが興味深いですね。
 また「番組としての成算」について書かれている中には、怪獣ブームからロボットものに子どもの関心が移ってきており、荒唐無稽なものからメカニズムへ興味が移ってきているので、「もう少し高度な知識欲の吐け口を」という狙いが明記されています。「子供たちの視聴率的支持を、充分得られるという確信」は、当時としては少し外れていたわけですけどね。(笑)

 これって、本当に当時のものなんですよねぇ…。(後から作ったにしては一部が、ねぇ?)
 いや~、ともかく面白かったです。西崎Pの業績を少しは見直すべきだという話も納得。だけどyasuakiさんのところにもコメントしましたけど、「復活篇」は本当に勘弁してほしいです。頼むから、ヤマトは静かに眠らせてやってほしいというのが、当時のファンとしての切なる願いなのでありました。



| ランキングオンライン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。