スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮崎駿 『ハウルの動く城』 (2004年) 

[2008/07/28] | 感想系 | トラックバック(1) | コメント(2) | TOP ▲

 恥ずかしながら、テレビ放映されたのしか見てませんでした。

 宮崎さんは「原作クラッシャー」の癖に原作がある作品のほうが出来がよいのは何故なんだろうかと前からよく言ってますが、画面作りの人だからと言われれば、なるほどそうかも。
 昔の作品では、あまり得手ではない物語作りに自分を投影することは控えていたのかもしれなかったですけど、今は“怖いものなし”なんで、平気でストーリーにも自分の趣味を押し込んでくるから、近作のいくつかは「気持ちいい」のか「気持ち悪い」のか、よく分からない作品になっているような気がします。

 この辺の話もありまして、やっぱりもう一度ちゃんと見直してみようと思いまして。
 で、見直してみて、これはテレビで見ちゃダメな作品かもしれないですね。けっこう集中して見ないと。・・・でも、かなり本気で難解な部類の作品ですよねー。こういうのが許容されるんだから、濃いアニメファンじゃない人たちの感性というのも、侮り難いものがあると変てこな方向で感心したりしました。この内容で観客が多かったのだから、まさかキムタクの声だからってだけではありますまい。(笑)

ハウルの動く城 特別収録版

 キムタクの声は案外悪くなかったですね。ハウル役については、元からそんなに演技力の必要なセリフは多くなかった気もしますが。
 倍賞千恵子も、私はまずまずと思いました。これはだって、少女から老婆まで行ったり来たりする役なんて、声以前のところで無理が大きすぎますもん。あるいは彼女は宮崎監督の好みのタイプだったのでは?最後の歌ぐらいはともかくとして、ところどころキャラクターの絵づらを倍賞千恵子に似せたふうに描かれていた部分があったような気もして、そんなことをするから“違和感”とか言われてしまうんだろうな、と感じました。
 役者を使ってもいいんですけど、へつらうような部分が少しでもあると、そりゃアニメファンはそっぽ向くだろうと思います。その点は、倍賞さんが悪いというより監督なのか、鈴木Pなのか分かんないけど、使った側の責任が大きいんだろうと私は思いました。

 宮崎アニメ的な「気持ちいい」ものを期待して見に行ったら、「気持ち悪い」ものをてんこ盛り見せられて、何かのせいにしたい人が声のせいにしたりするところもあるのかも。魔法の世界も気持ち悪いけど、黒煙もくもくな街の風景は、出てきた最初から厭世的な印象がありました。
 主人公のソフィーも、若くして何を世をはかなんでいるのか、というキャラクター。“荒地の魔女”っていうのは、もしかしたら彼女の暗黒面を象徴する分身なのかなぁとか思って見ておりました。(暗黒面だけあって、何と見苦しく描かれていることやら。)
 しかし魔女の呪いで老婆になってしまった彼女の、何と生き生きしていることでしょう。これを見ていると逆に、自意識でパンパンになってしまう若さというもののほうが、ある意味で呪いなんじゃないかと、そんなことを思ってもみたり。

ハウルの動く城

 って言うか、端的には、宮崎監督の大好きだったお母さんのイメージが、老婆になったソフィーには投影されていたりするのかも。転がり込んできたソフィーにハウルが戸惑わないのは、後半で明かされる少年期の出会いがあるからかもしれませんけど、素晴らし過ぎる“プレゼント”などを見ていると、宮崎監督が喜ばせてあげたかった老婆というのがきっといたんだろうなぁと。
 とにかく宮崎監督にとっては、幼女でなければ老婆というわけで(笑)。
 若者独特の自意識の全否定というのは、これはけっこう過激ですよね。

 この作品、どうもわざといろんなことの説明をすっ飛ばしてまして、それはそれでよいと思うのですが、ハウルが「守らなければならないものが出来た」と言って飛び出して行った後のソフィーの行動とその結果とか、ちょっと限界超えちゃってるかなという感じで。

 「未来で待ってて!」

 「ごめんね、私グズだから。ハウルはずーっと待っててくれたのに。」

 説明的なセリフが必要だとは思わないんですけど、もう少し丁寧にソフィーの心境の移り変わりをたどってもらわないと、映画を見ただけでは本線の情が追いきれないと私は思いました。(これを理解できない観客のせいにするのは、いささか傲慢というものでしょう。)

 もう一つは、この作品にも宮崎監督独特の空中戦艦をはじめとする魅力的な兵器が多数出てきますけど、このへんも監督の嗜好を前面に出しすぎてしまっているのかな、と。この辺を取り上げて、“この作品には反戦というテーマもある”みたいなことを言っちゃうと、たぶん的外れでしょうね。むしろ、そういうどうしようもなく自分の中にあるものも含めて“浄化して!”って、放り出されているという、そんな印象。

 とはいえテレビ放映されたときに見た時には、ほとんど斜めに見ていた感じで、正直嫌だなと思う部分ばかりが目に付いていたんですが、今回しっかり集中して見て、なるほど悪くないという印象を持ち直しました。これが万人受けする作品だとは到底思えませんでしたけどね・・・。

続きを読む
スポンサーサイト

「ブレンパワード」のオリジナルサウンドトラック 

[2006/12/07] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 何ていうのか、自分に元気をあげるには、これが一番だろうと思い、ようやく入手いたしました。

ブレンパワード サントラ(1) ブレンパワード サントラ(1)
TVサントラ、アルトゥール・ステファノウィクス 他 (1998/08/05)
ビクターエンタテインメント

この商品の詳細を見る

1. Power of the Light 3.06
2. Ark 3.29
3. Deep Trench 4.17
4. Sonne~光 2.43
5. My Little Pony 2.04
6. Run 2.15
7. Chemical Dance 2.18
8. Butterfly 3.06
9. Blue Tone 2.53
10. Home 3.04
11. Groud Zero 3.35
12. War Ship 3.51
13. Spark 3.53
14. Flow 5.03
15. Transmission 2.56
16. Music Box 1.43
17. Bridge 2.18
18. Ephemera 1.26
19. 愛の輪郭 4.16
20. On the Earth 2.33

ブレンパワード ― オリジナル・サウンドトラック 2 ブレンパワード ― オリジナル・サウンドトラック 2
菅野ようこ (1998/11/21)
ビクターエンタテインメント

この商品の詳細を見る

1. Light of love 7.56
2. Crossing 3.40
3. Lost memories 3.58
4. Prism 3.10
5. Aurora 3.11
6. Warriors 5.09
7. True love 4.38
8. IN MY DREAM 4.57
9. Departure 3.09
10. Waver 4.11
11. Shell 1.25
12. Orphan 1.38
13. Morning grace 2.51
14. Smile 2.16
15. Tribe 3.27
16. Nervous 2.29
17. Field 2.01
18. Walk by myself 3.02

 何度聞いても“ぞくぞくっ”とするのはED曲だった「愛の輪郭」なんですけど、場面が目に浮かんできて鳥肌が立つようなBGMは、むしろ2枚目のサントラのほうに多かったかな。
 劇伴の音楽としては、きらびやかに過ぎるのかもしれないんですけど、富野さんのアニメにはしっくり来てた気がするんですよね。それと非常に多彩というか、幅が広いような。
 これからしばらくは、これらを聴きまくって癒されたいと思います。(笑)


| ランキングオンライン |

「惑星の午後、僕らはキスをした」 

[2006/07/30] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 田舎ものの私はマイカー通勤しているのですが、ちかごろ朝な夕なエンドレスでカーステから流れている音楽は、「劇場版 ∀ガンダム ― オリジナル・サウンドトラック 「惑星の午後、僕らはキスをした」です。私には音楽はよく分からないんですけど、ともかく菅野よう子さんは天才ですね!(笑)

劇場版 ∀ガンダム ― オリジナル・サウンドトラック 「惑星の午後、僕らはキスをした」 劇場版 ∀ガンダム ― オリジナル・サウンドトラック 「惑星の午後、僕らはキスをした」
サントラ、Donna Burke 他 (2002/02/06)
キングレコード

この商品の詳細を見る

曲目リスト
1.AFTER ALL
2.宵越しの祭り
3.ウィルゲム離陸
4.Silent prayer
5.MOON
6.Jig
7.クリケット
8.THE ETERNITY DANCE
9.はたらくお嬢さん
10.花泥棒
11.月のくじら
12.The way to the river
13.グエン様のファーストカー
14.Queens valley
15.着せ替えドール
16.Element's
17.月の魂
18.X top
19.Black history
20.酔っ払いワルツ
21.コレンの最後
22.Final shore
23.Moon 2
24.End title ノスタルジーナ

 今日なんでこれを書いたかというと、昨夜テレビ(どっかの局のスポーツニュース)でサッカーのVTRが流れているときに、BGMに「AFTER ALL」が聞こえてきて、「おぉ!」と。(笑)
 実は先日、中田ヒデの引退のときの感動的なVTRのときにはBGMに「MOON」が使われていて、「おぉぉぉぉ!」と思ったのです。というわけで、どこかの局のスポーツニュースの編集をしている人に、菅野よう子さん(あるいは∀ガンダム)のファンがいるのかもしれない、という説です。(笑)

 私のお気に入りは「花泥棒」「月のくじら」「The way to the river」このあたりがかなり好きですね。(もちろん「MOON」も!)
 「宵越しの祭り」「月の魂」最初のうちはこれらはなんだか異質なような気がしていたのですが、耳に染み付くぐらいにしつこく聞いているうちに、古今東西(?)さまざまな音楽のジャンルを縦横に駆使して編まれているこのアルバムの中に、こうした日本の“祭り”を感じさせる曲が入っていることには意味があるし、活きていると感じるようになりました。

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。