スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富野監督の「影響」というのでは格別なくってですね・・・ 

[2008/10/07] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 日経ビジネスオンラインでの谷口悟朗監督のインタビューについて、まとまらない感想を書いたところ、いろいろコメントをいただきまして、ありがとうございました。

 谷口悟朗という人に関心を持ったときに、私の貧しい知識の中では、富野由悠季という先人と比較対照してみるやり方しか知らないので、このようになってしまいました。私は職業評論家ではありませんし、読者の皆さんに自分の考え方、感じ方への共感を強いるつもりもありません。書くことを通じて考えているだけですので、異論反論、大歓迎であります。

 このブログの読者には多いであろう富野アニメ好きな人の中には、谷口作品に“近親憎悪”のようなものを感じると言っている人もいます。ですが私は少なくとも『コードギアス』は面白かったので、二人の共通するところ、違うところ、いろいろ考えてみたいと思っているところなのです。

 ご指摘のとおり、インタビューの中で谷口監督は、あまり富野アニメを見ていないと言ってます。私が書いたのも、作品の内容面の話ではなくて、「アニメーター出身ではない監督」という立ち位置の話をしたつもりだったんですが、わかりにくくてすみません。

「当時の演出家はほとんどがアニメーター出身なの。テレビシリーズのスピードに合わせて絵コンテを切っていくには絵が描けねえと結構しんどくて、当時日大の映画科出身者なんかが演出を目指したが、そのあたりで躓(つまづ)いてアニメーター以外の演出は虫プロではなかなか育たなかった。例外が富野さんね。彼だけが負けん気と才能と努力でその壁を越えて行った。」

 これは高橋良輔監督の「新・小説VOTOMS いちぶんの一」という連載の中の言葉です。そこで言われていた、かつての「アニメーター至上主義」という言葉と、谷口インタビューの中にあった「クリエイター至上主義」という言葉はよく似ていますよね。

 たぶん谷口監督は、富野監督を特別リスペクトなどしてないのだろうと私は思います。
 ただ「是非の両面」と私が書いたのは、同じサンライズで同じくアニメーター出身でない監督が仕事をするのに、先人の業績の功と罪は当然思慮に入っているんだろうと私が思ったからに過ぎません。「罪」のほうで言えば、反面教師ということにもなるでしょうね。

「歌舞伎や落語も生き残るために権威を必要とした。アニメも同じです。なら、今考えねばならないのは、その権威を護るのか、壊すのか。」

 恣意的な妄想で何が言いたいんだろうかと問われると、その当然のことをいちおう書いてみて、自分で呑み込みたかっただけのことで、格別それ以上の趣旨もない自分用のメモです。
 ただ、この辺の話は、富野監督が近ごろよく言っておられる「芸能」とか「エンターテイメント」とかの話に引きつけて読むことはできますよね。(言い回しが違う分だけ、かえって分かりやすい部分もある。ただ、富野監督が言ってさえ「・・・?」と思ってしまいがちな、なかなか難しい話ではあります。)
 影響を受けるといった関係でないなら、なおさら、異口同音に同じような問題点を指摘しているのかどうか。そうしたあたり、ごく個人的な感想ですけれども、とにかく興味が尽きないのです。

スポンサーサイト

『ガサラキ』 Vol.8 ~ いよいよ核心に迫る! 

[2006/12/25] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 いざや、いざゆかん!
 ・・・って、一昨夜も書き始めたんですけどね。(笑 →その辺の事情
 そればっかりではなく、Vol.7以来、すごくいいところで、しばらく間が開いてしまって。むさぼるように見入ってしまいましたよ。

ガサラキ Vol.8 ガサラキ Vol.8
矢立肇、 他 (1999/08/25)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る

第21話 疾走 
追って追う 全ての法を 踏み越えて 疾走る心の 赴くままに

 『ボトムズ』の話の流れで言うと、この物語もまた、政治、経済、軍事のウンチクが例えどれだけ詰め込まれていても、基本はユウシロウとミハルのラブストーリーなんだということで、OKなんじゃないかと思って見ています。ただ、『ガサラキ』の場合には、特務自衛隊TA中隊の仲間たちとの心の交流っていう嬉しさがまた、大きいという気もします。
 私の中では初出のときの刑事コロンボというイメージの抜けない脇坂検事。「重苦しい、巨大な力に対する怒り」を抱えた彼と接触する豪和清春。(うーん、また複雑な・・・。)
 「何を為したかは結果でしかない。大切なのは何を為そうとしたか。何かを為そうとしたときに、人はその中に自らの生きる道を見出す。」速川隊長またカッコイイこと言う!と思った次の瞬間、「西田さんですね」って受け売りだったのかぃ。その点、鏑木や安宅は自分の感覚で判断し、法を超えても守りたいものへ突き進んでいくんですね。
 戦闘機vsTAの戦いってのは面白かったけど、ちょっと描写が複雑でしたね。(頭上に向かってのインパクトは目くらまし?)メンタルバーストを起こしたユウシロウが、あえて目視で戦闘機を捉えて撃破する。その瞬間に、ユウシロウのいる横田基地ではなく、都内のどこかに特異点の反応が生じ、それをシンボルCEOのファントムも感知して「しきみ・・・?」と口にする。(もしかして彼も“カイ”なんでしょうか?)

第22話 権化 
向き合いて 想い投げ合い それと見る 捕らわれし心 権化とぞなる

 「最後は人間か、いい言葉だ。」やっぱり速川隊長、カッコイイですね。(広川参謀まで“三角頭”と言われても怒らないとなると、ちょっとカッコイイ人ばっかり出て来すぎる気もしなくもないですが・・・。)
 ミハルが、その閉ざした心の中で対話する相手は“恐怖=ガサラキ”?(どうして美鈴の顔なんだろうと思ったら、彼女も“カイ”なのね。うわわぁ~、どうなるんだ、こりゃ。)
 「僕は無関心な神になるぐらいなら、哀しみを知る小さな人間になる。」一清に対してこれほど強く言い切れるようになるなんて、ユウシロウ、凄い!
 「私ははるかな彼方から、歴史というひとさしの舞を見守る後見」と言いましたか、ファントムは?彼はシロッコのようなことを言いますね。(西田が日本国民は3年、貧しさに耐えれるとしたのに対し、アメリカ国民は1年も持たないとファントムは言います。別にいいんだけど、日本人って・・・そうかなぁ?)“発展の幻想”の否定。「今、我々が為さねばならぬのは、人が歴史を刻み始めてから初めて、自らの意思で目の前の坂を、胸を張って堂々と下ること。」この手の長口上は、どうかなぁと今まで思ってきたんですが、まさに舞台上で交わされる今回のものは、本質に触れていて、悪くない気がしました。
 「四本の柱に囲まれた空間、そこは現を離れた夢幻の支配する舞台。しかし、そこで舞われる曲は、あくまでも幻想に過ぎない。」「たとえそこが、現から隔てられた夢幻の世界であったとしても、演じられる物語を通して、観るものに我が思いを伝えることはできます。」これなんかは高橋監督の“芸能”論であり、“アニメ論”にも通じるのかなぁ。

第23話 無間
我が叫び 無間の闇に 立ち竦む 凍てる心に 響きあれかし

 「無間」は「間断なく」の意ではなくて、「無間地獄」のほうでしょうかね。
 前々回での特異点が市谷駐屯地とはね。“ガサラキ”の降臨を企む、・・・そうか!第15話「閾」、第16話「宿業」で皇の傍らにいた怪しい尼僧、あれがファントムの役回りなのですね。
 本当はミハルを探しに行きたいんだろうと問われて「今は、自分は、・・・自分は、・・・僕は、・・・みんなと一緒にいたいんです。」と言うユウシロウ。(うーん・・・。)
 「心を閉ざしても、哀しみは消えない!」
 「変わらない時などない。変えられない運命などない。同じ言葉を聴いた・・・ずっと昔。いえ、それは今も同じ?」
 心を取り戻したミハルは、何をするためにシンボルに戻っていったのでしょうね。何だろう、あの蛹のようなものは?
 「あそこで自らを制する。さすがに千年の心を持つ人間。」とファントムは感嘆します。前回、“次の時代”を信じる西田の態度に「世代を積み重ね、時の中を生きていく・・・」と彼は言っていました。繰り返す時の環を破ろうとあがく人間を見守る後見――それは“無関心な神”の視座?あの尼僧と彼が重なり合うとして、繰り返し彼が“哀しみを知る小さな人間”を弄ぶのは、何を意図したものなのか?
 “ガサラキ”とは何か?いよいよ物語は核心に迫ってきましたね!

続きを読む

富野監督と∀ガンダムとタイタニック 

[2006/12/17] | 御大 | トラックバック(1) | コメント(4) | TOP ▲

いつのころから新発売: ∀ガンダム アメリカ映画と思いたい

アニメを見て僕らは育ったように富野由悠季と同世代はアメリカ映画を見て育った。彼らはアメリカにつよい思慕を抱いてた。しかしその後冷戦という過程を通じてアメリカは憧れの対象ではなくなってしまった。


 しばらくnishinomaruさんにインスパイアされることが続くかもしれないですね。ごめんなさい。

さて『ターンエーガンダム』である。ファーストがソ連とその衛星国間の葛藤を描いた作品とするならば、本作はイギリスとアメリカの葛藤を描いた作品といえる。


 こちらの話は、なかなか難しい気がしたのですが、最初のほうの指摘はなるほどなぁと。それで「富野監督と∀ガンダムとタイタニック」という三題噺からの連想を少し。

富野由悠季さん――「ガンダムの富野」は虚像(←リンク先の真ん中あたりです。)

アニメは、売れ筋を追った結果、ぎすぎすして神経質になった。「タイタニック」をご覧なさい。チープなラブロマンスです。でもそこにあるおおらかな部分を人々は支持した。
演出家として、ガンダムを再生できるというカンはある。過去の作品の延長線上にはない世界をつくる。「ブレンパワード」をつくりながら、僕は「ガンダムの富野」と言われる虚像にね、ついに、ついていこうと思ったんです…ホントかな(笑い)。


富野語録 in ∀ガンダム

最近の日本でインド映画のコメディーが受けているのも(「タイタニック」と)同じようにみんなが楽しめるオープン・エンターテインメントだからこそです。そういう映画状況を考えたときに、僕は確実に"「タイタニック」以後"という言い方ができると思いました。映画は、ついにSFXやCGの技術を使いこなしながら、そういう刺激だけに頼らない原理原則のお楽しみという部分を手に入れてきた、と。では、アニメはどうなんだと考えたときに、アニメの場合は実写と違ってすべてを嘘八百のところから積み上げていく世界ですから、その根元を支える設定がなければいけない。ガンダムの場合、それは人型のロボット=モビルスーツなんだから、それを組み込んだ活動大写真をつくればいいんじゃないかと思ったんです。


G-TV 富野由悠季インタビュー

どういうことかというと、つまり言ってみれば、「SFX特技監督のキャメロンが」っていう言い方がありますけれども、まあ「トゥルーライズ」みたいに多少その匂いや気配は出てきているんですけども、スペクタクルの素材を撮りながら、タイタニックで言っちゃえば安手のラブロマンスのストーリーをやっちゃったわけです。
これ、「安手のラブロマンス」と言うんだけれども、この「安手」ってのは実は映画にとっては決して安手のことじゃなくて、かなり僕は上等なことだと思っています。
つまりオンビジネスの観点から見たときに。つまりSFXを使いながら、スペクタクルものの素材を使いながら、実はスペクタクルなんかくそくらえで、ラブロマンスにしてあげた。
あれが要するに映画の場合のエンターテインメントの僕は「キワ」だっていう気がしてきたんです。で、それをキャメロンっていう人がやったっていうあたりがちょっと、本当に見てて、「えっ、何故これが出来たんだ!?」って、凄く不思議だったんですよ。


 タイタニックについての話というのは、つまりエンターテイメント論なんだと思うんですけど、それの原風景がゲージュツ的なフランス映画とかじゃなく、娯楽に富んだアメリカ映画なんじゃないのかというのはたぶん言われるとおりかと。
 それが『∀ガンダム』以後、なんだかぴたっとはまらない印象があるのは、前に子犬さんが言っていたようなデジタル化のような問題も関係あるような気もする。思慕を抱いているものが、必ずしも体質に合うとは限らないとか、そんなような話にもなるのかな。
 私にはちょっと消化しきれない話だけど、一応関連で触れておくと、次のような視点もあります。

metamorphosis 娯楽ではないようなアニメについて

娯楽としてのアニメとは、このような認識の枠組としての物語に関わっている。つまり、そのような枠組にぴったりと収まるような作品が出てきたとき、それは快楽を与えるものになると言える。そうした点で、むしろ、僕が注目したいのは、そのような枠からこぼれ落ちるもののほうである。それは、言うなれば、われわれが目にしたくはないものであり、耳にしたくはないものだと言える。しかし、そうしたものを含んでいるものも、またアニメだと言える。


吉之助流・武士道論・その3:芸能の一回性を考える

芸能の「一回性」というのはもともと祭事的なものです。基本的に「決定的なことがなされて・それで終り」、あとには静寂だけが残って・何も残らない、そういうものが「祭り」の本質です。三島はこれを「花火」と言っております。「決定的なこと」とは言え、芸能のやることは所詮はウソには違いありません。一回性を喪失した芸能は「興行(エンタテイメント)」の要素を持ち始めるのです。つねに「これを繰り返す・再現性をもつ」ということです。
このように祭事と興行との間には質的な・しかも決定的な相違があります。じつは祭事でも興行でもウソを演じていることではまったく同じですから、本当は芸としての高い・低いということはないはずなのです。しかし、どこかに「興行」というものを貶(おとし)める部分があるのかも知れません。それは興行というものが「ウソを確信犯的に繰り返す」ということにあるのかも知れません。(このほかに世俗的な金銭の要素が絡むということが考えられますが、本稿ではこれについては論じません。)


 今回は引用ばっかりですみません。そこまで難しく話を膨らませなくてもいいんじゃないかという気もしているんです。

いつのころから新発売: 『伝説巨神イデオン』スリルとサスペンス

それにしても富野氏の世代に共通するアメリカ映画好きと一億玉砕への偏執という特徴はなぜこれほどまでにその前後の世代から誤解されがちなのでしょうか。不思議なくらいです。


 この指摘を読んで“サコミズ王物語”と呼ばれた『リーンの翼』のことを思い出してしまいました。私はあれは好きだった!それを、理屈じゃあなくて、私はいったいどう言えばいいんだろうなぁ!?(笑)


| ランキングオンライン |

『星の鼓動は愛』は“純愛”否定? 2 

[2006/10/30] | 新訳Ζ | トラックバック(0) | コメント(4) | TOP ▲

 富野監督と「純愛」の話 三部作の延長戦の、そのまた続きです。(笑)

富野監督は「30代が恋愛にアップアップしていて、一生シングルかもしれない…」といわれていますが、実際にアップアップしているのは、恋愛(純愛)もせずにお見合い結婚をしてこの頃になって「経済orコミュニティ至上主義」は失敗だったとして、(個別には決定的な理由は色々有るでしょうけれども)離婚している熟年世代の方ではないでしょうか?


 私はなるべく“いぢわるくまじかいし”たくないですけど(笑)、ねもさんのコメントの流れ、はじめは“恋愛至上主義”じゃないと言っておられたように思ってたんですが、だんだん“主義者”寄りになって行っちゃってません?別にディベートをしているわけじゃないですし、基本は、(私には似合わないながらも)“恋バナ”ですから、どうか気楽にお付き合いくださいませ。(笑)

 まず富野監督が“恋愛問題”を専門的に研究してる人ではないだろうというのは、それはそうでしょう。“そういう人”なりの考え方だ、と思って耳を傾けてみてはいかがでしょうか?ちなみに私自身も、恋愛に関しては「まるで駄目男」クンです。(笑)
 ですが、そんな私でも、恥ずかしい話をすれば、土砂降りの雨の中を傘もささずに彼女の姿を求めて泣きながら走った…ぐらいの個人史はあります。(こんな話は長くなるので書きませんけどねー。 自爆)だから、富野さんが自伝などで書いてることで、彼の恋愛体験のすべてが分かるわけでもないだろう、と私は想像するのですよ。
 生きてきた年代、それぞれの体験、…恋愛観などというのは結局は百人百様のものとまで言い出すと身も蓋もないですが、だけど“恋バナ”などというやつは、自分の立場で感じてきたことを、思ったままに語るしかないものではないでしょうか。また、人の話も(専門家、非専門家を問わず、)そうしたものだと思って聞かないと、絶対普遍の真理なんて、そうそうはないんじゃないでしょうか?(といって、百戦錬磨のツワモノ以外の言葉は無意味だというようなものでもないでしょうし。)

 ご指摘のとおり、今「アップアップ」してるのは、格別30代だけじゃないだろうと私も思います。熟年離婚も「アップアップ」だろうっていうのには強く同感。ただ、その原因がお見合い結婚なのかどうかは、私には疑問です。(恋愛結婚であれば大丈夫だと?少なくとも富野監督はそうではないと考えておられるようです。)――それこそ私も専門家じゃないから分かりませんが、いい年をして分別なく別れて、それで幸せになれればいいですけど、ねぇ?
 韓流ドラマブームな中高年の「純愛への憧れ」が、あまりいいものには思えないというのも、だから大賛成。そういう熟年世代に向けてもメッセージを、というのも分かりますよ。ただ、その人たちは残念ながら、富野監督のアニメなんか見ないだろうからなぁ…。(苦笑)
 それから、ここはちょっと大事なところですが、「熟年離婚」は「一生シングル」よりも、「ワーストケース」なのかどうかは議論が分かれそうですよ?……一応、人生でやるべきことはやり終えて、残酷なことを言えば老い先も短い人たちが、感情と現実の折り合いを付けられないのも無残といえば無残ですが、“人生これから”の人たちの問題は、考えようによってはいっそう深刻ですよね。

 そして、“~主義”ということなんですが、富野監督の発言には、「イズムを出発点とした表現というのは所詮論文でしかない」、「所詮、イデオロギーというのは100年持ち得ないかもしれないと考えます。」というものがあります。(→【東大】富野由悠季講演会【五月祭】[2003年5月])
 「~優先主義」か「~至上主義」か、どころの話ではなくて、富野さんという人は、あらゆる“~主義”を根底からぶっ飛ばす、スゲー思想(というかヤバイ思想?)の持ち主だということなのですよ。(でも“原理原則”みたいなことは言うので、そこが果てしなく難しい・・・。)

といったときに、人間が一番支持するのは、体感的に言う快感でしかない。そうするとオーガズムも重要な要素なんだけど、オーガズムに近いようなものを体感、想像できるかもしれない、そういうような欲望を喚起してカタルシスさせる芸能というシステムは、人が永遠に手に入れ、持続させなければいけないことなんじゃないかなと思えてきたんで、イズムというものを捨てた、という言い方があります。


 知性で塗り固めるイズム(=“~主義”)は結局その場限りのものなので、これに代わるべきものとして、(のりのりさんが指摘されたように、)人間の生理に根ざしたシステムとして、「芸能」を構想する。――ちょっと難しいですよね。(笑) 私なんて本質的には“頭ガチガチ”な人ですから、こういうのも感覚的じゃなくて、つい頭だけで考えちゃう。(なので、この話はここではここまで…。)

 話を戻せば、富野監督の立場は、つまり「非恋愛至上主義」という“主義”でもないんじゃないかということです。同様に“個人主義”でもなければ、“コミュニティ至上主義”でもないんだと私は思います。

囚人022さんは、「コミュニティは(そのコミュニティの構成員同士の)恋愛をもっと素朴に祝福してもいいのではないか」といわれていますが、コミュニティに幻想を抱きすぎの様におもいます。


…とねもさんは言われるのですが、仮に“キミとボクだけのセカイ”を夢想してさえも、それは実際には、既に最小限のコミュニティだったりするんじゃないかと私は思うんです。富野さんの言葉で言うところの、「結婚、つまり、性別が違う人と一緒に暮らすというのはもともとが折り合いが悪いものなのよ。それをなんとか定置をして、子供を生んで、家庭を維持して、なおかつ死ぬまで一緒だったりする。そういう他者と折り合いをつけて暮らしていくのが、結婚であり、人間であり、世の中なんです」ってことですね。
 つまりシビアな見方では“キミ”はもう他者のはじまりなんで、“キミとボク”の恋愛だけは特別だというのは、逆にそれこそ「幻想を抱いてるんじゃないですか?」ってことです。
 だからそれを承知で「折り合いを付ける」決意をした二人っていうのは、その馴れ初めが“ドラマチック”だろうと、そうでなかろうと、等しく祝福に値するんだと、もしやそういうことが富野さんは言いたいのではないかなぁって。

(恐るべきことにまだ続く)


続きを読む

「幕末機関説 いろはにほへと」 第1話 

[2006/10/08] | 感想系 | トラックバック(1) | コメント(0) | TOP ▲

 Gyaoで放映されはじめた高橋良輔監督の最新作。第1話「凶星奔る」は10月20日金曜日の正午までの放映です。なんと時代劇アニメでありますよ。(→公式サイト
 正直、少し戸惑いながら観ていたような感じはあります。時代劇ってけっこう様式化されてしまったジャンルのような気がしますものね。そこにアニメで取り組むというのは面白さをどこに求めるのかな、と。
 幕末の歴史上の人物が、何人も出てきていました。西郷隆盛、勝海舟、坂本竜馬、山岡鉄舟、河合継之助…この辺の固定イメージが付いてる人たちの表現のしかたっていうのも難しいところですよね。(東京の人には分からないでしょうが、田舎では、その土地が“官軍”側だったか、“幕軍”側だったかでのメンタリティの違いというのが、見えないところで今でも尾を引いていることっていうのは、けっこうあったりします。)
 サンライズとは思えない(失礼!)、きれいな画面でした。あれは何ていうんだろ、旅一座の口上のスタイルをそのまま使って登場人物の紹介をしたのも新鮮でした。『ガサラキ』での能舞台の描写とか、高橋監督はこういう芸能の様式美をアニメに取り入れることを積極的に工夫していますね。ガサラキの感想でも、それはアニメ向きなんだろうかと疑問を示してしまいましたが、試みの趣旨は分かるし、工夫次第で面白くなる可能性はあるんじゃないかと思います。
 どのへんでアニメらしさを持ってくるのかと思っていましたが、話のキーになるのが「覇者の首」という伝奇的な要素になるらしいということで、ひとまず安心。“オークション”っていうのがちょっとやり過ぎ感がありましたけど、そのあたりのさじ加減が難しいところですね。伝奇的な要素で行くんであれば、もっと作品全体がそれっぽく凝ったつくりでもよさそうな気がしますが、そういう路線を狙うわけでもないみたいです。
 いろんな意味でちょっとドキドキしながら観ていたら、あっという間に30分(っていうか25分か)が経ってしまいました。ものすごく引き付けられる第1話だったかというと、正直なところそこは微妙なんですが、とりあえず出来はかなりいい作品なんじゃないでしょうか。2週に1回の更新ということで、次回は一座の敵討ちの構図が明らかになるようですが、期待大であります。



| ランキングオンライン | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。