スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「サマーウォーズ」のモヤモヤを「ヱヴァ破」で?<再構築(リヴィルド)の価値は> 

[2009/08/22] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(6) | TOP ▲

 このブログでは細田守『サマーウォーズ』は、あんな明るい娯楽映画なのに、どこかモヤモヤするのは何なんでしょうね、という話をしてたところです。(上手くまとめられませんでしたが。)
 今日はTOKIGAWAさんが、気になる記事を書いていて、また少し違う視野から話が出来る気がしたので、ここでコメントしてみます。

サマーウォーズ オリジナル・サウンドトラック ヱヴァンゲリヲン新劇場版 2009年カレンダー

「痛み」なんだ!! 「代償」なんだよ!!! サマーウォーズに足りなかったのはこれなんだ。だから、胸が躍らなかったんだよ!!

 私は『ヱヴァンゲリヲン:破』を観ても、また違う感じでモヤモヤしてたので、これには何だか同意できないなーと思って、その理由を考えてみました。
 それで、むしろ私が『ヱヴァ破』でモヤッとした理由が分かった気がしたんで、下記のようにブクマコメントしました。

ヱヴァ破はエヴァ以降に生じた「痛み」のバーゲンセール状況(ヲタクホイホイ)にカウンターを撃たねばならぬはず。アニメで「安全に痛い」という問題をメタ的に意識させられるのはサマーウォーズのほうかも。

 新劇場版『ヱヴァ破』が、エヴァンゲリオン以降の状況に対してカウンターを撃ってないかというとそうではなくて、いろいろ仕掛けていると思います。ただ、あちこちで絶賛されている感想なんかを読んでいると、そのカウンターは「機能している」のか?という疑問があるんです。
 もちろんシリーズはまだ続くので、持ち上げるだけ持ち上げておいて落とすという伝家の宝刀メソッドが抜かれたときに、このへんで仕掛けられていた埋設地雷がどんなふうに炸裂するんだろうかという期待も含めて、判断は保留中です。
 何ていうか、クリエイターといえども芸能者であって、エンドマークを打つその瞬間まで、観客をスクリーンに引きつけておかなくちゃならないというのは正しいと思うんですよ。とてもじっくりした構えで納得の行く作りをやってるみたいですから、続きがすぐには出てこないということもあり、この間にあれやこれやと期待が盛り上がるだけ盛り上がるという社会現象も、芸のうちです。

目的のために自分の身を削って、邁進する。その必死さを見て、人々の心がようやく震えるんだ。

なのに、ないんだよ。サマーウォーズにはそれが。キングカズマがボロボロに傷ついても駄目なんだよ。健二や夏希や佳主馬が傷つかなくてはだめなんだ。重くないんだよ、軽いんだ、サマーウォーズは。ずしんとくる重さが全然足りないんだ!!

 『サマーウォーズ』は細田監督の旧作である『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』を下敷きにしているんで、機会があればぜひ観てみてください。まるきりその問題に向き合っている作品でした。(ネタバレになりますが、デジモンを操る少年たちはクライマックスでゲーム的な仮想空間の中へ入っていきます。)
 私は何で細田監督がこの作品を再構築しようと思ったのか不思議だったんですが、TOKIGAWAさんの指摘で逆に分かってきた気がします。まるきりそのまんまじゃん、と言われていた『サマーウォーズ』ですが、『ぼくらのウォーゲーム!』の肝であるその部分は再現されていません。対照する意図を明快にするなら、むしろ積極的に反転させられている、と言ったほうがいいかもしれません。

続きを読む
スポンサーサイト

「サマーウォーズ問題」ってどんな問題なんだろう? 

[2009/08/21] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 細田守監督の最新作『サマーウォーズ』。私は公開初日に観に行ってきましたが、その後もネットをさまよっているといろんな感想を目にします。私の感想メモも読み返してみるとそうなんですけど、面白かったと言いながら、ちょっとどこか歯切れが悪い感じがあるかも。それは単にネタバレを回避したせいだけじゃなくて、少しは意識して応援演説をやりたかったし、それ以上に、私の貧しいボキャブラリーでは上手く説明できそうもない微妙な感覚があったからなんですけどね。
 TOMMYさんの鑑賞メモのブクマコメに、とぼふさんが「サマーウォーズ問題」ってタグをつけておられて、言われてみて少し意識してみたら、おっしゃるとおり微妙に煮え切らない感想を書き留めている人が他にも少なくないという気がしました。それで、決して上手く説明できる自信はないんですが、私にも身に覚えのないことではないので、私なりの「サマーウォーズ問題」というものについて、少し考えてみようと思います。

サマーウォーズ オリジナル・サウンドトラック

 実はあの後で、細田監督の旧作『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』も観ました。デジモンというものをほとんど知らなかったんですが、普通に観て楽しむことができました。
 ただ、言われているように『サマーウォーズ』は、これのセルフリメイクだというのはよく分かりましたけど、正直に言えば『ぼくらのウォーゲーム!』はただテンポ良く面白かっただけで、そんなに細田守らしさがプンプンする感じでもなかったし、「よりによって何でこれなの?」という感じがしました。
 生意気に「細田守らしさ」とか語れるほど、本当はよく知らないんですけどね。ただ単に「テクニシャン」というんじゃないところで、私はこの監督の作品にはぞくぞくと怖いところ(変な「闇」)があるほうが好きなんです。

 見てきた中でのベストムービーを基準に「~らしさ」というのを語ってしまうのは許して欲しいんですが、私が細田監督について思う場合、それは『時をかける少女』ではなくて、『ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』のほうです。あれは怖い作品でしたねー(笑)。

「そうなんだよね。要するに、そうなんですよ。『オマツリ男爵』という映画は、なんの映画かというと、僕のジブリ体験がね、基になってるの!(苦笑)」

 後で知りましたが『オマツリ男爵』は、細田監督がこんなふうにぶっちゃけちゃってる作品なのでした。あのアートアニメーション的な毒気の強さは、『ハウルの動く城』を降ろされたドロドロに根ざしていたんですね。比喩的に言えば(ちょっと違うけど)「黒富野」的な、という言い方に私の場合はなっちゃいますけど。
 『時をかける少女』も後から考えてみると、非常に作り物っぽいおばかな物語なのに、あの踏切事故のイメージとか、得体の知れない死のイメージのようなものが下敷きにあって、何なんだろうなーという印象がありました。

続きを読む

さっそく見てきました! 細田守監督最新作 「サマー・ウォーズ」!! 

[2009/08/01] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(4) | TOP ▲

 今日から一般公開の細田守監督最新作「サマーウォーズ」を、さっそく見てきましたよ。面白かったし、じわっと感動もありました。まあ上映が始まったばっかりだし、なるべくネタバレなしで簡単な感想を書きとめておきます。

サマーウォーズ オリジナル・サウンドトラック

 我が住まいなす辺境の地は、実は細田監督の出身地なのですね。前作「時をかける少女」で注目されるようになったおかげで、こんな田舎でもタイムラグなしで公開してもらえるようになりました。(この作品は、8月1日に見ると、違う日に見るよりもちょっと感動できます。今日観に行ってよかった!w)
 で、初日だし混むかなーと思いながら、初回上映の20分前ぐらいに映画館に行ったら・・・え、ウソ!もう満席!?
 そういうわけで、二回目の上映で見ることが出来ましたが、やっぱりほぼ満席でしたね。“映画の日”と重なっちゃったのもあるでしょうが、細田監督、ふるさとの映画館は満員でしたよ!!(笑)

 TOMMYさんが「地上波でゴールデンタイムにリピート放送できる映画」を期待するっていう記事を書いておられましたけど、冒頭にばーんと日テレのロゴが出てきて、うん、業界的にも細田監督には「宮崎駿の後継者」のポジションが期待されているんだなーと、大いに納得。
 でも出だしでネット上の仮想世界「OZ」の説明をけっこう長々とはじめたときには、正直ちょっと引いちゃいました。ビジュアル的には魅力的なんですけどね。実は、この雰囲気にかなり近いかな。

 そういう仮想世界の中でも、実はふるさとの県がクローズアップされているところがあって、県民的にはひそかにニンマリ(笑)。この作品の舞台は長野県上田市なんだけど、旧家に集う大家族なんていうのは、細田監督がしっかりと自分自身の体験的なものから取ってきている題材なんだと思いました。
 これはちょっと象徴的な話で、この物語では世界中を巻き込んだ「合戦」が描かれるんですけど、その戦場は上記の仮想世界の中なわけです。絵空事でしかないアニメーションの空間で仮想人格であるアバターが飛び交う物語へ生活観のある手触りを盛り込むことに、細田監督はかなりこだわったんだろうと思います。(ただ、都会で生まれて都会で育った人には、あの田舎の旧家の大家族という世界が、どういう風に感じられるんだろうかというのは、若干の危惧がありますが。)

 このネット上の仮想世界みたいなものと、昔ながらの親戚パワーみたいなものと、両方を肯定的に捉えられる人は少ないんじゃないかと思います。物語への、そこの入り口だけは難しいものはあるんですが、アクションを中心とした尻上がりの力技で多くの人に楽しめるエンターテイメントに仕立て上げているのは、さすがだなぁと。

続きを読む

ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島 

[2007/11/09] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 先日、『時かけ』を見た勢いで、もうひとつ細田守監督の作品を、ということで、『オマツリ男爵と秘密の島』を借りてきました。
 コミック原作のある作品って、(まあ意識しないで見てるのもあるんですけど、)どっちかと言うと避けてしまうことが私は多いです。もちろん商業ベースのアニメで“オリジナル”って言ったって、例えばあの『イデオン』で、巨大合体ロボットやソロシップのデザインは既に決まっているところから富野監督は物語を始めるしかなかったみたいに、制約のない作品なんて本当はないんでしょうけどね。

ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島 [DVD]

 『ワンピース』はテレビでもときどき見たことはありました。何て言うか、エンタメなんだろうけど、笑えるって言うより、不思議に“気持ち悪い”ところがある作品だなぁと。(笑)
 そして、この細田監督の手になる劇場版。・・・こりゃすごい。すっげぇ気持ち悪いぃ!(誉め言葉)

 映画の大画面をすごく意識した絵づくりだけじゃなくて、テレビ版のイメージからそれほど大きく外れない冒頭の展開から、最後はとても“アートアニメーション”的なところに持っていく力技はたいしたものですね。はじめは食いつきが悪かったんですが、後半どんどん話に引き込まれていきました。CGの背景と、コミックのキャラクターの組み合わせは正直どうかなと思ったんですが、リズム良く、ぐんぐん動かすアニメ的な心地よさはすばらしいですね。

 ただ、こいつらルフィの仲間たち、年中、内輪喧嘩が絶えないのも、いつも通りのことなんですけど、そこをあえてクローズアップして見せられるのは、やっぱ“気持ち悪い”(笑)。・・・これって細田監督が、与えられた素材を分析して、うまく料理しているってことなんでしょうねー。

 しかし、もー。特に男爵の正体が分かってからというもの。ここまで思い切り“気持ち悪い”ことをやったら、さぞ爽快でしょう。(特にあの肩の上の花が、口をもぐもぐしてるのが最悪。)
 「チョビヒゲ!」はまあ、軽い口直しぐらいにはなるけど。ちょっと、あの雨あられ降り注ぐ矢なんて、夢に見ちゃいそうですよ(笑)。・・・あそこで「そう、その調子!」って、ルフィを励ますだなどと。それはあり得んって。

 あー、怖い作品でした。「ぶはへぇぇ・・・、あぁ、死ぬかと思ったぁ!」です。ほんと。
 この素材から、これほどまでに強烈なものを引き出してくるとは。細田監督、まさに恐るべし。

やっと見ました・・・『時をかける少女』  

[2007/11/06] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(7) | TOP ▲

 映画館で見たら、もっと面白かったかなぁー?
 尻上がりに面白くて、そこは良かったんですけど、これは“リアル若い人”向けの作品だなぁとも思って、“気持ちだけ若くありたい人”(笑)の私には、ちょっと苦しいところもありました。

時をかける少女 通常版 [DVD]

 丁寧によく出来たアニメだと思います。絵はきれいだし。脚本もよく練られているし。序盤のほうの「・・・今のは例外。」とか、あとの展開の伏線なのは分かっていても、なかなか楽しかったし。SF的な部分では開き直ってるんでしょう。それはそれで「いっそ清々しい」(笑)。
 ただ劇中でもつっこまれてましたけど、タイムリープできるようになってからのマコトのやることが、「あーはっはっはっは!」って、お馬鹿すぎて、ちょっと引いちゃいます。あと、回避されるとはいえ、“踏切事故”って、最悪の想定にしたってイメージが悲惨すぎて、これは私にはちょっと笑えなかったです。これ、去年の大人気作品だったんだけど、そのへんにはみんな、あんまり抵抗はなかったんですかねぇ。(想像力の問題?)

 前の実写版への『時をかける少女』のちょっとしたオマージュも入っているのか、博物館で修復に携わっているらしい“魔女おばさん”は、すごく品よく描かれていて、そこはまあ、私の世代からすれば、にんまりと。今どき、少しおバカな子のほうが可愛いのかもしれないけど、私はやっぱりこっちのほうが惚れちゃうなぁ。(笑)

 だけど山場の盛り上がる展開には、かなりぐぐっと引き込まれました。そして、博物館の“あの絵”に結びついていくところとかには、思わず≪おぉーっ・・・!≫と感動しました。
 「ちょっと過去に戻れると思って、やりたい放題」だったのが、逆に取り返しのつかない時間の大切さっていうのを考えさせるシナリオっていうのは、練りこまれていて≪うまい!≫とつくづく感心!

 で、あえて不満だった点を言うと、・・・「キャッチボールだけじゃ野球とは言えねぇよな」っていうのは、男と女の話なのかと思ったんだけど。そういう踏ん切りの悪い、いじいじとしたのが、微妙な心理のアヤだというのは了解します。ただ、今どきの子どもは「あっカップルだ。熱いね、ヒューヒュー」とか言うんだろうか。そのへんの現実感の問題なのかもしれないです。
 これ、私のように“青春”が遠い彼方に行ってしまった年代(笑)の人間が見ると、“キャッチボールをしたら、野球をやりたくなる”っていうのを不自然に抑えられると、逆にその抑えられていることのほうを思ってしまったりするんですよ。そんな意味で、“リアル若い人”向けだなぁと。
 それから、“イジメ”話と絡めて出てきたりするのは、踏切事故と同じで、どうしたって口当たりがよくない気はしちゃいました。

 「前見て走れ」、未来へ向かって「すぐ行く、走っていく」は、まあいいんだけど。タイムパラドックスだらけの話で、細かいことを言っても仕方ないとはいえ、「Time waits for no one」っていうのと、「未来で待ってる」っていうのは、作品テーマの本質的なところで、どっかしら矛盾ではないんでしょうかね。
 今、目の前の現実を生きるというのと、たしかにクロスした気がするのに、最後でちょっと逸れた感じと言うか。甘酸っぱい佳作であり、素晴らしい良作なんですけど、そこだけは微妙な印象が残りました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。