スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富野監督と「純愛」の話 その3 

[2006/10/24] | 御大 | トラックバック(0) | コメント(12) | TOP ▲

 富野監督と「純愛」という話題で長々書いてきましたが、今回で終わりです。(→その1 その2
 今まで見てきたとおり『新訳Z』の制作にあたり、富野監督が意識して、「こういう時代だからこそ純愛を掲げた」というのは確かなことのようです(ルロイさんのご指摘どおり)。しかし、もうひとつ分かることは、どうもこの方は、世間一般で思うところの“純愛”観の持ち主ではないんじゃないかということも見ておかなきゃならない気がしますね。
 以上を整理したところでもう一度、この記事を見ていきます。

WPB2006年2月14日号 富野由悠季×矢口真里「監督さんと“恋バナ”をするのだッ♪」:シャア専用ブログ

矢 しかも3月に公開されるパート3のサブタイトルは『星の鼓動は愛』。愛ですよ、LOVEですよ!
富 フフフフ(微笑)。
矢 それって、今の若い人に対して、恋愛ってものすごく重要なんだよっていうメッセージなのかなぁ、なんて思ったりしたんです。やっぱり、最近の若者たちの恋愛観にひと言いいたい!みたいなことってあるんですか?
富 特にはありません。さらに言ってしまえば恋愛はもちろん、学歴や年齢のことも気にならなくなっている。……ただし、今の30代が恋愛にアップアップしていて、一生シングルかもしれないという話を聞くにつけて、もう少し当たり前に考えたらいいんじゃないですか、という事は言い方はしたい。


 「恋愛ってものすごく重要なんだよっていうメッセージなのかなぁ」というのが普通の受け止め方なんでしょうが、明確にそれを否定はしていないけど、以下の言葉ではそれとは全然別の話をしているんですよね。だいたい「最近の若者たちの恋愛観にひと言いいたい」のかと聞かれて、特にないと言いながらも実は、恋愛にアップアップしてないで、もう少し当たり前に考えろと「ひと言」以上に語りまくってるし。(笑)

矢 私もお見合いは悪くはないと思います。出会った瞬間に、お互いが「これは……運命の出会いだ!」なんて感じたら、すごくステキだと思う。だけど、今は恋愛結婚の方がスタンダードじゃないですか?
富 そう。現代の結婚は恋愛あってのものだと考えられている。まさに恋愛至上主義なんです。
矢 あー。私も恋愛至上主義かもしれないですね。女のコって、やっぱり16、17歳になると、自然に「好きな人と一緒になれたらなぁ」なんて思うじゃないですか。しかも周りの友達が結婚して幸せになっていく姿を見てたりすると、フツーに意識しますよ。恋愛結婚っていいなぁ~って。
富 確かに、「恋愛感情のない結婚なんて気持ち悪いじゃん」っていう言い方もあるでしょうね。だけど、それはよほどいい巡り合わせがあったからフォーリン・ラブになれるんであって、なかなかそうはいかないでしょう? 100組のカップルがいて、80~90組ぐらいまでは、「まあ、こんなもんだ」と思って結婚したという人のほうが多いんじゃないのかな?
矢 うわっ、監督、痛いところ突いてきますねぇ~(笑)。
富 結婚、つまり、性別が違う人と一緒に暮らすというのはもともとが折り合いが悪いものなのよ。それをなんとか定置をして、子供を生んで、家庭を維持して、なおかつ死ぬまで一緒だったりする。そういう他者と折り合いをつけて暮らしていくのが、結婚であり、人間であり、世の中なんです。


 これね、今の世の中の主流は“恋愛至上主義”だから、反発を持つ人が多くいるのは当然だと思うんですよ。
 それを踏まえて、『星の鼓動は愛』のラストについての「遠くの1万円(レコアとかエマとかフォウ)より、手持ちの5百円な感じ(カミーユの妥協の産物感)が…するのですが…皆さんあんなラストでOKOKなんですかね?」という、ねもさんのコメントも、そういう立場から見た本質的な反発だと思います。
 しかし、ここで反発を感じてしまうことで、自分の中の“恋愛至上主義”があぶりだされるという、実はそういう構造になっているんですよね。知らず知らずの間に“主義者”になっている部分があるのではないか?――そのとおりに考える必要はないけれど、わずかでも各自の“純愛”観を振り返ってみるきっかけを提供できたならば、それはそれで「表現として成功している」といえるんじゃあないかと私は思うのですよ。
 もうひとつ、反発を買うことをあえて言うと、ヘンケンとエマの関係とその結末を、“純愛”のひとつの帰結として考えたときに、「戦場で、戦場ではしゃいでるから…お調子者……。くっ!!」という直後のカミーユの台詞は、私にはやはりこの二人のありようにも重ねて投げかけられた言葉だったと、やはりその考えからはどうしても抜けられません。(→男の死に様とヘンケン艦長の死
 前にも書きましたけど、「恋愛は神聖にして侵すべからず」というところの弊害で、アップアップしているのはどうなんだろうかと。このとき私は“恋愛資本主義”への反発のようなことも併せて書いてしまったんですが、今考えてみると、その反発も少し“恋愛至上主義”(さらに言えば“純愛原理主義”)の思想に毒されている面があったかもしれないと反省されます。
 そういうものに多少流されてしまう部分も含めて、「恋愛というのはもう少し下衆なものだと考えてもいいんじゃないか、それを下衆に扱ったと非難するのではなく、誰もが普通に持っている願望として、コミュニティはもっと素朴に祝福してもいいのではないか」というほうが、より大切なことだったかもしれないな、と。
 『星の鼓動は愛』は生ぬるい現状肯定だったという評がありましたが、“現実直視”と“現状肯定”の境界線をどこに引くのかという問題なのだと思います。
 手の届かないところにある1万円を夢想し続けているより、今、目の前にある500円を大事にするところからはじめてみればどうだろう?…と書いてしまうと、常識的で当たり前のつまらない表明のように見えますが、それが反発を買うものであればあるほど、実は、生ぬるい肯定ではなく、思いがけない問題提起になっているのではないかと。




| ランキングオンライン |
スポンサーサイト

富野監督と「純愛」の話 その2 

[2006/10/24] | 御大 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 そういうわけで、前回の続きです。
 まずは整理ということで、富野監督の発言を中心に、「純愛」絡みの話題をネット上で読めるものから探してみました。

新しい企画について:
富野「僕が今考えてる新企画のテーマは純愛なの。
『ベルサイユのばら』と『キャンディ・キャンディ』を昨年(01年)初めて全部読んだけど、本当にすごいと思った。
(略)
僕が真面目に女の子向けを考えてるのは、CG技術の進歩でようやくアニメで着物に柄が入れられるようになったから」
【御大は】富野教信者の会【神!】


 ↑これは2002年ごろの話のようです。どこでの対談の話なのか、イマイチここからは読めませんでしたが。(2ちゃんねるニガテ…。)

富野 最近、僕が最後に作りたい作品のテーマがみつかったんですよ。結局馬鹿みたいなこと。…要するに純愛ものなんです。
中島 あはは。
富野 熊川哲也さんのバレエを観て、結局これだよなあって思ったんですよ。「ロミオとジュリエット」だったんですが、バレエのスタイルで見せているけれど、要するにベッドシーンがあっても、観客はそれを楽しみに観ているんです。この間、ガンダムのムック本があって読んでみたら、結局みんなの頚に残ってる記憶は、ガンダムの中の純愛の部分だったんだってことがわかったんですよ。
中島 ああ、ミハル(ガンタムのメイン舞台ホワイトベースという戦艦に、女スパイとして侵入した少女ミハルのエピソード。ミハルとひととき心を寄せるいつもはひねくれ者のカイというキャラクターがこの話で人気に)ですね。
富野 だったら、今、この手で純愛を作劇してなぜいけない?と、ね?”純愛”という言葉に突き当たったのは、この数週間なんですか、もう一回そこへ行きたいですね。4組か5組の純愛のカップルを描きたいんです。それを一見純愛と見せずに、どうやって書くか、これぞ戯作者の仕事だと。
ひびのたわごと コーヒーブレイク


 ↑上記の2ちゃんねると同じソースかは不明ですが、「2002年に行われた劇団新感線夏公演のパンフレットに掲載された、富野と中島かずき氏の対談」だそうです。この時点では、子犬さんも書いておられるとおり、『新訳Z』のことなのか、『リーンの翼』のことなのかも不明でした。…純愛を語りながら「ベッドシーンがあっても、観客はそれを楽しみに観ている」というところが、なんかミソのような気がするんですね。

今回は「純愛と達成感」でっていうことになった時に、「人間って、常に目の前にない物を求めるんですよね」と言う。今は純愛が欠けているから純愛が受ける。何をやっても達成感がない時代だからそれが求められる。ヨーロッパの貴族社会も不倫だらけだったからオペラは純愛ものばかりだったんだという音楽家としての知識を持ってこられると、なるほどと思うしかないという。この人凄いなぁって素直に思いました。
がんだまぁBlog 星を継ぐ者完全ドキュメント ゼータバイブル


 ↑これは音楽担当の三枝さんの言葉なんですが、ここでもルロイさんは「富野監督のエッセイの類を読む限り、監督がピュアな純愛を経験しているようにはとても思えないのがなんとも(爆) 作り手が経験していないことを物語にするのはかなり難しいと思うんですよね~。」と辛口評でしたね(笑)。

恋愛模様そのものもいわゆる大甘なものはなく、だまされ振り回されといった男女のリアルな心の駆け引きに焦点を合わせており、それこそが真の純愛であると富野由悠季監督は説いているかのようだ。
Amazon.co.jp: 機動戦士ZガンダムII -恋人たち-: DVD


 ↑amazonの『恋人たち』DVDに、増當竜也さんが寄せた解説なんですけどね。富野監督の“純愛”は、どうも一筋縄じゃないようだぞ、というところを言い当てているところはグッジョブだなぁと。


・『電車男』や『セカチュー』は病人の集まりにしか思えない。あれに比べればZの方がよっぽど純愛。
 『電車男』はあそこまでお膳立てされてる時点で清水の舞台から飛んでないし、アレが受けるのは自分より弱い人間を見て安心したいという心理。
 『セカチュー』は不治の病という非日常的な設定まで追い込まないと純愛を語れていないわけで、そんなのは長持ちするものではない。
 どちらもあまりにも脆弱過ぎる。
・3部はカミーユが世間を取り込み日常に還るというのがテーマ。この世間というのはΖの物語。
機動戦士ZガンダムヒストリカVol.08 富野インタビュー:シャア専用ブログ


 ↑難しいんですが、「お膳立て」された「非日常的な設定」を背景にしないと語れないような“純愛”は、病的なのだと。で、Zの物語は(世間でそう受け止められるかは疑問ですが、少なくとも監督自身の中では、)これらに比べれば世間そのものを描いているという手ごたえを感じているようですね。

Ζの中に純愛がないかというと、今回の劇場版ではっきりしてきたんですけど、「むしろ純愛があぶりだされているかもしれない」。
 第三部まで知っている立場の者としては、かなりそこまで自覚的に操作している部分もありますね
キネマ旬報2005年11月下旬号 ガンダム世代が日本を動かす:シャア専用ブログ


 ↑同時期のものですが、どうも、純愛を「あぶりだす」というところがミソなんじゃないのかな。

 長くなってしまったので、次回へ続きます。(次で終わります。



| ランキングオンライン |

富野監督と「純愛」の話 その1 

[2006/10/23] | 御大 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 なかなか余裕がなくて書けなかったんですけど、気になっていた話題なので、未整理かもしれないけどメモしておきます。

がんだまぁBlog シロッコとギレンを比較する

 この中で、(記事の主題ではないのですけど、)ルロイさんがZガンダムについて、「家族主義から恋愛至上主義へという個人のライフスタイルの変化」という着眼を見せてくれたのですが、私は以前、富野監督は恋愛至上主義には否定的なのではないかという記事(→「 ニュータイプ論と見せかけて、実は・・・「恋愛至上主義 イクナイ!w」)を書いたことがあったので、

ただ世間の流れは「家族主義から恋愛至上主義」なのは事実として、むしろ富野さんは純愛の絶対視のようなことには疑問を持ってる節もあります。(“家族”ってのは“社会”の最小単位だものなぁ…。)


…とコメントいたしました。これにルロイさんは、

富野監督はこういう時代だからこそ純愛を掲げたというようなことを言っていたと思うので、決して疑問視しているわけではないかと思います。
ただ、新訳Zがどれだけ純愛を表現できていたかを考えると、頭だけの理屈でそう思っているだけなのかなという気はしますね。


…と答えてくださり、ますます本質的な問題になってきたなぁと思っていたのですが、こうなると少し、監督の発言などを整理してみなければ、と。実はこの話は、そのルロイさんのコメントの上にあるねもさんの、

カミーユxファ(新約のラスト)って伏線が薄いので、あんまりすんなりこないんですけど…
ファ->カミーユの好意は分かりやいけど、新約のラストのカミーユ->ファは唐突で遠くの1万円(レコアとかエマとかフォウ)より、手持ちの5百円な感じ(カミーユの妥協の産物感)が…するのですが…皆さんあんなラストでOKOKなんですかね?


…という疑問への回答になるんじゃないかとも思うんです。ルロイさんは、このねもさんの意見に

全く持って同意です。それが「星の鼓動は愛」を評価しない最大の理由です。


…というスタンスなので、異論の投げかけになるのかもしれないんですが、まあ違う捉え方もあるということで、どこがどう食い違うのかということを探ってみたいと思うのです。

続く


| ランキングオンライン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。