スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「これからはどちらかと言えば、政治と無縁のまま過ごせる方が特権階級」 

[2008/09/14] | ネット巡遊記 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

これまで政治というのは特権階級の仕事と思われていたけど、これからはどちらかと言えば、政治と無縁のまま過ごせる方が特権階級で、庶民は、たとえば自分の仕事と家族と趣味を守りたい、というささやかな望みを持つだけでも政治に関わらざるを得ない。

 上記のようにessa先生が書いておられて、何か“ビビビッ”と電気が来たんですけど(笑)、なんだったっけなーと、考えこむことしばし。

 essa先生が直接言及しておられる「MIAU」というのはぜんぜん知らなかったです。ググってみてなるほどそういうことかと。

ネットワークの自由には価値がある。
ネットワークの自由は古い制度に縛られている。
ネットワークの自由を主張し擁護する組織的主体がない。
だから作ることにした。
それがMIAUだ。

 私はWEB音痴ですけど、ネットワーク技術の発展が、世の中そのものの急激な変化を促しているというのは分かります。その発展を制限する方向に働く既存の社会制度に対し、「ネットワークの自由」を働きかけていく、という趣旨の運動に対して、それが「社会派」的な色を帯びることの是非についての対話というふうに理解させていただきました。(違っていたら、ご教示くださいませ。)

 それで、「社会派」的な色を帯び過ぎると支援が得にくくなる、現実的な調整が必要かも、という懸念に対し、

それは一般的な観点ではあるとは思うけど、一方で、ネットに関する技術やビジネスは本質的に政治的なものであるとも私には思える

というのが、essa先生の見解のようでした。

 以上は長い前置きで(笑)、「これからはどちらかと言えば、政治と無縁のまま過ごせる方が特権階級で、庶民は、たとえば自分の仕事と家族と趣味を守りたい、というささやかな望みを持つだけでも政治に関わらざるを得ない」という言葉を読んで私が“ビビビッ”と来たのは、よくよく考えてみたら、たまたま先日目にして、ちょうど『ニーチェ入門』とか読み直していたので強く印象に残っていたCrowClawさんのブクマコメントにあった言葉でした。

ニーチェの予言通り末世=現代とは奴隷が権力を握る時代のこと。寄生獣ではないが余暇=暇とは本来人間の良心の源泉であり、心に暇のない人間は必然的に悪魔化する

ニーチェ入門 (ちくま新書)

 『ゼロ年代の想像力』を読んでいたら、どうもニーチェ先生との違いが分からなくなってきたので読み直している『ニーチェ入門』(まあ、“入門”なところで私の地頭の良くないところは察していただくとして、)なのですが、読み合わせると個人的に大変面白いんですね。(素直じゃないとも言う。)

 それがこういうところでも一考の価値があるなぁと、思ったのでありました。

 “ネットの自由”を掲げる運動が、“ネットの奴隷”になってしまう可能性とでもいうんでしょうか。ネットの「先進ユーザ」という考え方は、よい意味のエリート論でもあるような気がします。

ネットに関わる人は、技術者もビジネスマンもユーザも「自分たちは核のように危ない領域に関わっている」という自覚が必要だと思う。

と、essa先生がおっしゃっているのは、エリートの義務について述べているのではないかと。
 また、あるいは、“「誰かが『社会派』をやってるけど、自分は『普通のネットユーザ』」みたいな錯覚”には注意すべきだという言い方のほうは、ポストモダンの今の世の中の中では、誰もがゲームのプレイヤーであり、そこから逃げることはできない(特定のエリート任せはあり得ない)という、『ゼロ年代の・・・』的な話にも繋がるのかもしれないな、などとも思ったり。

 少し背伸びして、私の理解力を超えたところの話を今日は書いてしまったのですけど、たまにはこういうのもいいでしょう?(笑)
 っていうか、基本的にはルサンチマンの塊のような私なんですけどねー(笑)。いろいろ私の認識違いとか、読み違いとか、ありましたらご教示いただけましたら幸いです。

スポンサーサイト

まずは「消費は麻薬」と思えるかどうかですかね・・・ 

[2008/06/24] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(7) | TOP ▲

 珍しく世の中のお話に少し目を向けてみます。

地球温暖化対策として、コンビニの深夜営業に対する規制を検討する動きが全国の自治体に出てきている。

 コメント欄やはてブのコメントまで含めて、いろんな見方が出ていて面白かったです。地球温暖化への対策、いわゆる“ECO”の視点を敢えて見ずに、コンビニの深夜労働の問題と絡めて(混同して?)語っているところが切り口として興味深かったです。環境問題というタテマエ論を真に受けたものかどうか、そこが難しいところですからね。

こんな規制が可能なら、正月はもっといろんな店休め、とかいう意見もありそう。そりゃそうと、パチンコ店は電気を盛大に使っていそうよ?あれこそ営業時間をもっと規制できないのかなー?w

・・・と、私もとりあえず、はてブコメントをしましたが。
 なんだか引っかかって、その後も、つらつらと考えてみたりしてみました。で、私もちょっと話を飛躍させてみます。

 (これを言うと多くの方々から叩かれそうなのは承知で敢えて言ってみますが、)私は愛煙家でありまして、近年の愛煙家バッシングを、なんだか“煙たいもの”(笑)に感じています。
 そこで思うのですが、嫌煙論者の皆さんは、タバコは麻薬だ、タバコをやめられない人間などは、ニコチンという薬物に依存しているだけではないかとおっしゃる。・・・・・・はい。まったくおっしゃるとおりだと存じます。
 すでに案外、多くの愛煙家がそれは自覚しておりますので、そこを指摘されても、今さら「はっ!そうだったのか、ガーン!・・・」となって、悔い改めようなどとはあまり思わないのですよ。

 それで、言い逃れではないのですが、ECOの話と言うのも、こういうのと似ているなぁと、ふと思ったのです。
 「消費は美徳である」などというのは、ECOの考え方からすれば麻薬というべきでしょう。ですが、一度手にした消費の快楽を、やめられる人がどのぐらいいるのでしょう?
 この場合に、エネルギーの浪費が社会的に仕組まれた麻薬だという自覚を持っている人は、少なくともタバコが麻薬だと認識している人よりも、比率としては少ないに違いありません。なぜなら現代社会の中で、何らかの形でエネルギー浪費に加担している人は、圧倒的多数ですからね。

 開き直りではないのですが、エネルギー浪費をしている人も、社会の中で少数派に追い込むことができたなら、ECOもうまくいくのかもしれません。しかし、どうやったらそんなことが実現できるんでしょうか。私もコンビニが深夜あいているのにはお世話になってますし、タバコも(人に何かと非難されたぐらいでは)やめる気にはなりません。どうにも難しい問題ですね。

続きを読む

『若者を喰い物にし続ける社会』感想メモ 

[2007/08/30] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 「この国はどうなっていくんでしょうかね」という記事を書いたときに、読まなきゃといっていた本をやっと読み終えました。
 大雑把な感想としては、現状への問題提起としてはまずまずですが、出されている対案が荒っぽくて、悪く言うと週刊誌のネタ記事を読んでいるみたいでした。780円に値するかどうかは、正直、微妙ですね。(笑)

若者を喰い物にし続ける社会 (新書y (175))若者を喰い物にし続ける社会 (新書y (175))
(2007/06)
立木 信

商品詳細を見る

 この本の著者は私と同世代で、知りませんでしたが、現代の全日本人の平均年齢がこのくらいなんだそうです。そんな視点に関心があったのですが、書き出しから若者の怒りを煽りたてる論調は著者なりのテクニックかと思いきや、怒りに任せて書くスタンスが最後まで続くのには、少しゲンナリしました。
 ただ現代社会の諸問題を考えるための時事ネタ本としては面白いので、「おかしいなぁ」と思うところは自分なりの対案を思い浮かべながら読む分には、悪くないかもしれません。
 私は社会問題にはあまり明るくないので、「おかしいなぁ」ぐらいのことしか分かりません。個人ブログでさえも、あんまりいい加減なことを書いちゃいかんだろうと思いますから、個々には揚げ足取りはしないでおこうかと思いますが、この本は書籍のわりには、乱暴で危なっかしい対案が多い気がしました。

 それもこれも“若者を煽る”ことを主旨とした内容ゆえだと思うのですが、であれば、こういう内容はむしろネット上で書かれたほうが、活字離れの著しい若者にも読んでもらえるし、対案についても問題点が指摘されて議論が生まれ、より良い形での若者世代の意見集約ができる気がするんですよね。

 ややさみだれ式ですが、個々の問題提起はいいと思うんですよ。少子高齢化とか、日本の政府債務の大きさとか、その存在自体は分かりきっている問題が多いんですが、現在年金を貰っている世代、団塊世代、現役世代、将来を担う世代というような、世代意識から斬っているところは確かに面白いです。

 高齢者はゆとりの老後を謳歌している癖に、次世代に借金ばかり残してけしからん、年金なんてカットしてその分を若者に回せ!というのが主要な論調ですが、これを読むうちに、検討に検討を重ねて最後にはそういう必要が生じるのかもしれない、と私も思いましたが、一足飛びにそこへ持っていっちゃうのは無理がありますよね。年金は、税金の使途などとは性質が違うはずだと私は思っているんですが、違うんでしょうか。そしてこれをやったときに年金制度は保てるのかどうか、自分たちの老後には、年金などなくてもいいのかどうか、も考えなくてはならないような気がします。

 それでも、年金制度を破壊しないまでも、高齢者には何らかの“痛み”をお願いして、将来を担う子どもたちを産み育てるべき若者世代を守っていかないと、この国の将来は危ういという危機意識には同意できる気がします。
 それには“小さな政府”にしなければならないというのも分かりますが、福祉を削る前に削るところはありますよね。いちおう公共事業の問題とかも挙げておられるんですが、そのへんの順序がいい加減なのでは説得力がありません。それに、国防費のような問題も、意図して避けているような気もしました。視点が都会の若者目線に偏っていて、地方の切捨てを当然視しているのも読んでいてがっかりしたところです。

 ですが、“何だってこんなおかしなことになっちゃっているんだ”ということで、若者の政治意識の低さを言っている点だけは、評価できるような気がします。だからこそ、最初は粗雑な議論でも仕方がないから、若者世代のいろいろな意見を集約していって、「これが将来を担う世代のための対案だ」というのを胸を張って提示できるようになればいいんですけどね。そういうためのメディアとして、書籍ではなくインターネットのような場を持っていることこそが、我々以降の世代の数少ないアドバンテージだと思うんですけどね…。

全然流行とは縁のないオッサンの戯言。 

[2007/06/10] | 随想系 | トラックバック(1) | コメント(2) | TOP ▲

シロクマの屑籠(汎適所属) - 「決断主義」は流行の最先端ではなく、ただ当たり前のことでしかない。

 ほとんどなるほどなぁと思いながら読ませていただきました。世はまさに「容赦なきパワーゲーム」。この間も書きましたけど、どこへ逃げたって、現実はどこまでも追っかけてきて、見のがしちゃくれないんですよねぇ。

流動性・多様性をきわめた現実をサバイブするには、分からないものは分からないと留保しつつも、その場その場では最善の選択肢を掬い取っていくほか個人の生きる術は無い。

 私はもうオッサンなんですけど、「分からないものは分からないと留保しつつ」というのが大事な気がしました。次々と決断を迫られることばっかりで、すぐ答の出ないものはなかったことになっちゃいがちなんですけど、そこをどう上手に自分のうちに「留保」できるかというのも大切かなって。
 そこだけに気を取られてしまうと「セカイ系的処世だのエヴァ的引きこもりだのといった現実逃避の遷延」になっちゃうんで、加減は難しいんですけどね。

 私はオッサンなんで(←しつこい)、若者のことはよく分からないんです。落伍やむなしという気分の人がいるのは分かるんだけど、他方、決断主義と言いながら、「留保」なしで舵を切りまくってるように見える人も少なくないような。私が気になる「決断主義必須の状況下においてセカイ系コンテンツがどんな役割を担うのか」という話題は、後日まわしだそうなんで、残念だなぁ。

 世の中この先ますます世知辛くなるのは間違いないから、決断主義的なパワーゲーマーが圧倒していくだろうという判断も正しいと思います。その場その場で最善の選択を下していくスキルを磨くことを推奨するのにためらう余地なんてないのでしょう。人はスタンドアロンには耐えられないというのもその通りだと思います。(でも人が社会と接点を持つ場面は、常に勝つか負けるかの二択ゲームでしかないのかなぁ。)

疲れた時にセカイ系コンテンツを楽しむぐらいならともかく、セカイ系的まどろみを現実への対処より優先させ過ぎて、時間的・加齢的コストを浪費することを私は勧めることが出来ない。

 これも耳が痛いんだけど、まったく言っておられるとおりだと思いました。オタクって、耳が痛い話にはあまり耳を貸さない気がするんで、そこがこういうお話の難しいところなんですけどね。

 あ、でも、私はこれでもとっくの昔に世の中デビューしてしまって、否応なく社会の現実に追っかけまわされちゃってるからこんな風に思うんで、まだ学生さんで、これから世の中に出なきゃいけない人にとっては、まずは「決断主義」的な処世を私も推奨しますよ。(ついこっちも「処世」って言っちゃいましたけどね。)
 たぶん私なんかは、高度成長期も遠く彼方に過ぎたというに、時代遅れなモーレツ社員を身を粉にして(笑)やってきてしまったんで、それはそれで虚無感を感じたりなんかもしちゃったんですよ。それは結局、会社に依存してしまって、利己的に決断すべき場面でも何も決断できなかったツケかもしれませんけどね。

 こんなこと言うとアレなんですけど、ヒリヒリする現実に突っつきまわされてカラカラのサンドバック状態になったあとで、アニメとか改めて見てみるのもいいもんですよ。いやぁ、沁みる沁みる。(笑)
 何でか知らないけど、ひたすら多幸感のありそうなモルヒネよりも、ちょっと沁みそうな辛め苦めのアニメのほうが、好みになっちゃってますけどね。
 とにかく少なくともアニメで現実の重荷はちっとも軽くならないというのには賛成です。ただ私にとってのアニメやブログは、人生を娯楽で希釈するようなものではなくて、現実の処世だけではスカスカな存在でしかない、くだらない自分を、少しでも濃くしたくて補給してるもののような気がするなぁ。

 もちろんオッサンとはいえ、まだ世の中からセミリタイアする世代ってわけでもないので(笑)、まだまだサバイブするためのスキルは磨かなきゃならないんですけどね。(っていうか、処世術のノウハウには得手不得手がはっきりあり過ぎて、かなり問題あるのも自覚しております。)

他人からみて粗末だろうが何だろうが、自分の期待値を最適化するべく努めますよ。どんなに頑張ったって真冬の路地に放り出されるリスクはゼロにはならないのが人生行路だとしても、最善は尽くしますし、またそうするしかありません。

 こういうの読ませてもらうと、“そうだ、頑張らなきゃ”と思います!今日はアニメの代わりにシロクマさんの文章で、少しだけ自分を濃くできたと思いました。

「社会の貧しさ」というのは 

[2006/02/07] | 御大 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

「萌え」や「やおい」をガンダムに求める人たちの存在という現象は、マニュアル化されたひとつのパターンでしか、ものを見ようとしない、という言い方だと違いますかね?
そういう人が間違っているとは現状で断言しかねますが、いろいろな角度から考えてみる面白さを知らないとは思います。0か1かのデジタル現象なのか、勝ち組負け組という価値観しかない競争社会の産物なのか、背景はいろいろ言うことができるのでは。

「芸能」が、お上のお抱えになると形式主義化した「伝統芸能」になってしまうことを考えると、それも一定の価値観のものさしを当てはめようとする行為なのですよね。

情緒、ニュアンス、真の「娯楽」といったこと。多様な味覚(面白さ)が入り混じっているものが、私は本当に「美味い」と思うのですが、激辛・激渋・激甘・・・。流行とは極端ですね。一言で言えば『貧しい』のか?
 ↓
多様な味覚の並存を一概に貧しいとは言えませんね。激辛を愛すものは、激辛の中の微妙な旨みを味わい分けていれば、それはそれで豊かさなのかもしれない。

・旨みも分からずに、
 「辛ければ売れるんだから、辛いほどいいんだろう?」
 という人が増えるのが、作り手側の問題。
・少なくとも、「売れているんだから美味いはずだ」
 と受け止めてしまうのなら、それは受け手側の問題。
 (「行列の出来る店は美味い」の論理)

そんな作り手や受け手が多いことをこそ、「社会の貧しさ」として考えなければならないのではないでしょうか。
その貧しさを絶望的なものだと思うのなら・・・世の中はどうでも、自分だけは自分が美味いと思うものを追求すればよろしい?(社会がどうあれ、関係はない。)→作り手が明確にそうした立場であるならば、受け手も「自分の味覚の趣味に合うかどうか」以上のことを、そこに追求してみても不毛です。

ただ、「絶望的ではない」と信じ、広く社会全体に向けて「表現」している作り手が少数でもまだいるとするならば、彼の言うことには、同じく「絶望しちゃいない!」と言える人たちは耳を傾ける価値はあるのではないでしょうか。


上記長文の引用は、某所での対話の中で、私が長々と書いてしまったものです。あえて編集せずに、引用で引っ張ってきてみました。
末尾で「彼」と私が呼んでいるのは、言うまでもなく富野御大のことを頭に浮かべながら記していたわけですが。

特定の趣味嗜好が一世を風靡することそのものが貧しいのではなく、その趣味の味わいも分からずに追従する作り手・受け手がもし多いのであるならば、それこそが『貧しさ』だと言いたかったつもりです。
留意願いたいのは、この一見当たり前な批判は、例えば「激甘」に対してだけ向けられるものではなく、「激辛」や「激渋」にも等しく当てはめられるべきものだということです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。