スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』 (感想を追記しました) 

[2008/09/07] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 円谷プロダクションは、2006年に公開され大ヒットとなった『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』の全編をインターネットで無料配信をする。これは9月13日から新作劇場映画『大決戦! 超ウルトラ8兄弟』が全国ロードショーされるのを記念したものである。
 配信は24時間限定、9月6日の朝8時から翌朝8時までとなる。円谷プロダクションがYouTube日本語版の中に設けている公式チャンネル「ウルトラチャンネル@YouTube」を利用する。

 9月6日って・・・今夜じゃん!

 というわけで、明日の朝8時までなんですけど、放映してます。
 YouTubeで流すというのが、「へぇー」って感じですね。「フルバージョンで配信」となってますけど、実際は約30分×3本というような感じでした。

 見れるのは明朝までらしいですけど、一応載せておきます。

 とりあえず見て、感想はあとから追記で。

続きを読む
スポンサーサイト

『ULTRASEVEN X 』 Episode 1~Episode 3  

[2008/01/08] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(5) | TOP ▲

 新春GyaOざんまいシリーズ!(相変わらず勝手にマイブーム。 笑)

ウルトラセブン誕生40周年記念の新作「ULTRASEVEN X」を無料放送<パソコンテレビ GyaO [ギャオ]>

 今なら3話まで見れますよ、というわけで。これ、“平成ウルトラセブン”のシリーズとは違って、従来のウルトラセブンとは別世界のストーリーなんですね。まあスピンオフ作品は、オリジナルとは別ものだと思ってみるほうがいいから、変にかぶっている部分の設定を作りこまれて、微妙にばつの悪い思いをするよりも、このぐらい別作品のほうがいいのかも。

ULTRASEVEN X Vol.1 スタンダード・エディション

 とはいえ、ウルトラ警備隊の出てこないウルトラセブンはやっぱり少し寂しい。(笑)
 って言うか、登場人物少ないなー、この作品。GyaOのアニメのトップページでは、

あの「ウルトラセブン」が更なる進化を遂げ復活!第1~3話
タグ: ヒーロー、ヒロイン イケメン SF

・・・ってなっていて、「イケメン」って、オイ・・・なるほど、“ジン”はいい男だ。たしかに。(笑)

 暗めの画面で、わざとカメラを傾けた、引き気味の固定構図を多用。オリジナルのウルトラセブンでも、たしかにそんな表現が印象に残ってます。オマージュって思わなければ、和製ホラーっぽい感じもしますが。

 第1話「DREAM」を見た感じでは、“あちゃぁー、これでウルトラセブンが出てこなければいい感じなのに”と、ついつい思っちゃいました。記憶喪失の主人公。謎の美女。(どうも彼女が本作のヒロインらしんですけど、オリジナルだと、この手の容貌の美女が出てくると、たいていはセブンを騙す異星人だったりするんで・・・。)
 でも第2話「CODE NAME “R”」は面白かった。こういう現代社会へのアイロニーがあるのはセブンらしくていいです。(セブンの出番はほんの一瞬でしたけどね。)

この世界はなぁ、健康的で幸福であるための処方箋にあふれている。模範的な幸福に近づくために、モニターを通して絶え間なく処方箋が送られてくる。
・・・示されるとおりの幸福を実感できないものは、まるで不治の病であるかのように。

 とはいえ第3話「HOPELESS」は、ちょっと戯画化しすぎた感じ。加減って、実に難しいものですね。(このへんの話で、侵略兵器を発注していたのは・・・みたいな部分が、後で全体の本筋と絡んできたりすると面白いんですけど。)

 せっかく凝った画面作りをしているのに、あの空中にやたらと浮かんだテレビ画像のイメージは、何かあんまり感心しませんでした。たぶんときどき挿入される監視カメラの絵なんかと表裏をなしていて、高度に情報管理された社会という伏線なのかなぁと思いますけど。エイリアンの侵略が日常化していて、そのへんで巨大な宇宙人が暴れているというのに、人々がパニックにもならずに平然としている社会というのも、普通に不気味。・・・なんだけど、これはマニアックにはそうも見るけど、普通には単に迫力不足ですよねぇ。でなければ、説明不足(伏せすぎの伏線とか?)なのか。

 何しろ第2話が気に入ったので、この先も続きを見ていってみようと思います。GyaO漬けの日々にも困ったもんだなぁ。(笑)

続きを読む

『光速エスパー』は面白い、かも。 

[2008/01/07] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 新春早々、恥ずかしいぐらいGyaOばかり見ています。前にも書いたように昭和TVでは、『新造人間キャシャーン』のほかに、『月光仮面』、『快傑ハリマオ』、『光速エスパー』あたりがこの1月からはじまって。

 月光仮面はもちろん古臭いんですけど、なんか主人公の探偵さんが爽やかで、案外面白そうな気がします。ベタベタのギャグキャラクターが混じっているのが多少苦しいですが。(笑)

 ハリマオは、・・・うーん、そうですか。こういう感じのストーリーだったんですね。馬上のハリマオさんはたしかにやけにカッコいいんだけどなぁ。(苦)

光速エスパー Vol.1光速エスパー Vol.1
(2001/11/22)
特撮(映像)

商品詳細を見る

 で、光速エスパー(→ Wikipedia)です。そりゃまあ、今の目で見れば「ありゃりゃりゃりゃ」ですが、話の入り組み具合が変なふうに面白いです。主人公の少年の両親を、偶然の事故で殺めてしまった宇宙人が、両親のふりをしながら少年を見守っている、と。少年が“光速エスパー”であることは、両親にもナイショ(本人はそのつもり)で、両親がその超能力で少年の手助けをしていることは、少年にはナイショ、という構造が面白いです。
 第2話で、もう地球的危機は来るし、“エスパー”の正体が敵宇宙人にバレているしで、シリーズ構成はどうなってるんだという感じもありましたが。
 そうそう、“声の出演”に小林清志さんのお名前がありまして、ん、どこどこと耳を澄ましていましたら、どうも敵の宇宙人さんの声の一人が次元大介に似てる。(ありゃ、うふふ。)

 なつかし系って言ったって、『光速エスパー』でも“たぶん見ていたはず”という程度の淡い記憶しかありませんが、『ハリマオ』なんかは歴史的に後ろ向きなんですけど、『光速エスパー』は未来に夢と希望があった時代の作品かなぁという感じで、多少苦笑いをしながら見ていけそうです。

仮面ラ~イダV3(笑)対デストロン怪人 

[2007/08/09] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 GyaOで放映してたんで、つい見ちゃったという感じです。(8/20正午まで)

 1973年の作品ってことで、東映まんが祭りの中の1本。だから32分ですから、映画って言うような長さでもないんですけどね。
 仮面ライダーの人気って、このV3ぐらいが頂点だったような気がします。もちろん私も見ていたんですけど、どっちかというと特撮で言うならウルトラシリーズのほうが好きで、さらには特撮よりもアニメ(このころだとアニメという言葉もほとんどなくて、「テレビまんが」だったと思いますけど)派でしたね。
 仮面ライダーは“暗い”感じが何だか嫌で、…って言うか、子どもだったのでマジ怖かったという説もありますが(笑)、その点、『V3』は多少明るいテイストになっていた気もします。ただブームの頂点っていうことで、何だか子供心にも「調子に乗ってる」軽薄な印象がありまして、V3大好きって人も同世代には多いと思うんで申し訳ないんですが、マセガキだった私は、途中でちょっと付いていけない感じがしてしまったという淡い想い出があります。

 特に「?」だったのは“少年ライダー隊”という、いかにもという感じの設定でしたが、この映画にもしっかり地方支部のライダー隊員が出てきて、「おぃおぃ」という感じでした。それでも映画版ってことで、たぶんスペシャル的に四国地方ロケ。当時の新鋭船だったんでしょうか、東京四国航路のフェリー「さんふらわあ」だったり、あとは温泉、豪華ホテルだったり。つまり宣伝を兼ねたタイアップで、たぶんついでにスタッフの慰労会かなんかも兼ねていたのかもしれません(笑)。

 えーっと。でも何だか楽しく見てしまったのは、「あー、何つうか、“昭和”だなぁ…。」という、変な懐かしさを持って微笑ましく見てしまったというような感じで。『ウルトラセブン』とかを見ていても多少はそういうことがありますが、それはそれとして作品が物語として立っているとあまり気にならないんですけど、『V3』のこの映画はそういう意味で、ライダーブームの頂点で、すごく「調子に乗って」作られたもののような気がして、けっこう時代のギャップみたいなのを強く感じてしまうんですよね。(あまり“時代と寝る”のも、だから考え物だよなぁと思うんです。)

 スペシャルですんで、1号ライダー、2号ライダーがゲスト出演しています。でも、本郷猛と一文字隼人は声だけでした。寂しいなぁ。この人たちは、オーストラリアのデストロンと戦っている、という設定だったんでしたね。(この映画の時点では、まだライダーマンは出てなかったようです。)
 あと、敵の幹部はドクトルゲー。あの、「仮面ライダブイスリー」って独特の発音は、ドイツなまりだったんですかね。そのわりに「V3」は「ブイスリー」って素直に英語読みするよなぁ。(笑) いや、懐かしい。
 爆発シーンはすごく派手で、スペシャルな感じ。(なんか観光地みたいなところでドカーンドカーンって、「いいのかよ?」みたいなシーンもありました。)
 それとか立花藤兵衛、アクションしてるよー、とか。いろいろ「お~…」ってところはあったんですけどね。まー、あのー。懐かしいもの見たさって人以外には、特にオススメする点が見当たりませんでした…。いや、個人的には楽しかったんですけど。(笑)

仮面ライダーV3 BOX 仮面ライダーV3 BOX
宮内洋、小林昭二 他 (2002/12/06)
東映ビデオ

この商品の詳細を見る

懐かしさに我を忘れる 

[2007/06/18] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 ちょっと目がおかしいので、明日は目医者に行ってきます。どうも偏頭痛の原因は眼にあるようです。

 それで、今日は少しネットも控えめにしようと思いまして、昔の特撮とかそんな音楽など聴きながら、のんびりしようと思っていたのです。…いたはずでした。

 最初は…何だったろう?シルバー仮面とミラーマンかな?放映時期が重なっているのがいくつかあって、リアルタイムのときに自分はどっちをみたんだったろうか、とか。考え出して、整理してみたくなったら止まんなくなって、ありゃ気が付けばこんな時間ですよ。(困ったもんだ。)

 結局1970年代から80年代まで、エクセルででっかい表を一つ作っちゃいました。これはとってもブログには載せようもないような、個人的にも程があるってなものになっちまいました。
 見てると月曜から日曜まで、アニメと特撮で19時台ってのはけっこう埋まっちゃうんですね。そういう時代だったんだなぁ。
 おかしいなぁと思うのは、月曜の19時30分からの枠って何にも入ってこないんです。(19時台はゼロテスターとか、マッハバロンとか、ガンバの冒険とか、ルパン第二シリーズとか。)クイズ番組かなんかでしたかねぇ?

 イデオンってやっぱりひどい時間帯に放り込まれていたんだってこととか、土曜は17時30分から「ザンボット、ダイターン、ガンダム」、18時から「ボルテス、ダイモス、バトルフィーバー」ってな流れだったんだとか。眺めてるととりとめのない話はいくらでもできそうなんですが、いつかまた今度にしておきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。