スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杉井ギサブロー『あらしのよるに』 ― 「友愛」は最も厳しい選択(だから尊い) 

[2009/10/16] | 感想系 | トラックバック(1) | コメント(1) | TOP ▲

 毎度今さらながら、杉井ギサブロー監督の『あらしのよるに』(2005年)を観ました。正直、「少し癒されたい」ぐらいの気持ちで借りてきたんですが、思いがけず、これは泣いてしまいました・・・。
 シンプルな「寓話」の力ということについても考えさせられたのですが、しかし、こうも「やられた!」というところが何回も来てしまっては、ただ素直に「まいった!」と言うしかありません。(今回の記事は、twitterでkaito2198さんとお話した内容をサルベージしてきてリライトしてみています。)

あらしのよるに スタンダード・エディション [DVD]

ある嵐の夜、1匹のヤギ(メイ)が、山小屋に避難してきた。同様に1匹のオオカミ(ガブ)も同じ山小屋に避難してきた。真っ暗な闇の中、かぜ気味で鼻の利かない2匹は、互いの正体を知らない(勘違いした)まま夜通し語り合い、意気投合する。そして「あらしのよるに」を合い言葉に、翌日再び会う約束をする。
翌日、2匹は互いの意外な正体を知ることになるが、喰う者(オオカミ)と喰われる者(ヤギ)の関係を超えて、2匹は「ひみつのともだち」となる。しかしそれは、互いの種族にとって、決して許すことのできない禁断の友情であった。

 kaito2198さんは、富野監督が「杉井さんのアニメに対する感性の繊細さはひょっとしたら宮崎監督以上かもしれない」とおっしゃっていたと紹介してくださいました。
 宮崎監督のアニメの気持ちよさをスポーツカーの疾走感に喩えるとしたら、杉井ギサブロー監督のそれは高級車の心地よさではないでしょうか。「もの凄いアニメだぞー」という加速感も振り回され感もないのですが、気がつけば、とても滑らかに物語の空間へと誘われている。恥ずかしながら、ぱっと見では、どこが凄いのか分からないのが凄いですねー。(kaitoさんは杉井監督の「画面で感情を揺らす」力が凄いとおっしゃっていました。そう、まさにアニメならではの演出の力なんですよね。)

 とても素晴らしい作品だという点では、kaitoさんと感じ方は一致したんですが、なぜか見解が分かれてしまったのは、「メイは素直に女の子だったらよかったのに」というご意見。
 『あらしのよるに』の原作の絵本では、ヤギのメイ君の性別は曖昧らしいのですが、杉井ギサブロー監督はアニメ化にあたって「男の子」と解釈しています。そのことで、寓話としての普遍性を深いものにしていると私は思ったのですよ。

続きを読む
スポンサーサイト

手塚治虫、虫プロ関係のいろいろ貴重な話を拝読しました 

[2007/12/19] | ネット巡遊記 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 今日は、昔、手塚治虫さんの身辺でお仕事をされていた真佐美ジュンさんのブログホームページを延々と拝読しておりました。真佐美さんは、世間的には旧ドラえもん(日本テレビ版)の制作に関わった方として知られている方のようです。

 お年を召した方の手作りホームページということで、見やすい作りではない気はしますが、手塚治虫アニメ関係の年表はすごいと思いました。「海のトリトン」のページには、パイロットフィルムのことなども載っています。

 前にもリンクしたかもしれませんが、虫プロの子会社、虫プロ商事に在籍していた西崎義展との関係の話は、書きにくそうな話ですが、貴重なものです。(この「海のトリトン」の記事の特にコメント欄のやり取りはすごいです。)

 虫プロ最後のテレビシリーズ「ワンサくん」には、なるほど後の「宇宙戦艦ヤマト」のスタッフが顔をそろえていたんですね。

 ワンサくんの版権も奪ったNさんは、山本暎一さんに、総監督をお願いした。

 これが後の「宇宙戦艦ヤマト」の複線となり、山本暎一さんが、すでに「ヤマト」の企画をしていたのは、目撃している。
 だから、ヤマトを企画したのは、山本暎一さんで、Nさんは「ヤマト」でも美味しい取りをしたわけだ。

・・・というあたりでは、さすがに名前が伏せられていますが。
 「瑞鷹」というのは『アルプスの少女ハイジ』で有名な会社なんですが、『ヤマト』の裏番組だった、この作品の会社に西崎氏が関わっていたとは驚きでした。

 まあ、そんなスキャンダラスな話ばかりではなく。『ジャングル大帝』の製作現場で噴出する、

虫プロへ入ってくるのは、みんな好きだからですけど、その好きをいいことに、全人格的な、没入と犠牲を強いることで成り立っている。アニメ界の古い体質で作家プロダクションなのです。そんなものは資本の論理の競争の中では弱いです、「鉄腕アトム」を始めた時はしょうがなかったけれど、その後もきつい仕事の連続でみんな疲れ果てている

・・・のようなところににじみ出てしまう手塚の作家肌の問題とか。現在にも通じるような、そういう話も興味深く。ただ部分で引用すると“アニメーター残酷物語”になりそうなところもあれば、それでも意外に皆で楽しくやっていたふうのところもあり。本当に、一概には言えないなぁと。(富野さんとの関係では、『ふしぎなメルモ』第14話のエピソードなどもありました。富野さんは虫プロの主戦力を結集した『ジャングル大帝』のときに別働隊のアトム班で頭角を現した人らしいですから。でも『ジャングル大帝』のほうが手塚チェック抜きで進む体制だったとすると、それ以後は、むしろアトム班のほうが手塚と濃い接触があったかもしれないとも想像されます。)

 それから強く興味を引かれたのは、杉井ギサブロー作画監督による『哀しみのベラドンナ』などの一連の“アニメラマ”と言われる作品群。某所で一部だけ映像を見ましたが、これはすごい。とても前衛的で、(一般的な用語ではないのかもしれませんが)いわゆる“アートアニメーション”ふうとしか言いようがないような。

囚人022のはてなブックマーク / blog.goo.ne.jp:mcsammy

 そのほか、関心を引かれた主なページは上記などになります。(残念ですが、3月以降、更新はされておられないようです。)
 白状すれば私の中では「虫プロ」→「テレビアニメの元祖」という固定イメージができかけていたのですが、今となればそれは大きな誤解だったと思います。手塚治虫という人の強烈な作家性、強烈なアート志向に、じかに接した人たちというのは、(大変な思いをした人も少なくないにせよ)やはりこの巨匠から大きな影響を受けたのだろうな、と強く感じました。

『銀河鉄道の夜』を見ました 

[2007/12/16] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 虫プロ系、アニメの中の“表現主義”という話の流れの中から、Nishinomaruさんが杉井ギザブロー監督の『銀河鉄道の夜』というタイトルを挙げてくださったので、これは啓示だなぁと思って、さっそく借りてきて観てみました。

銀河鉄道の夜銀河鉄道の夜
(2002/03/22)
田中真弓、坂本千夏 他
商品詳細を見る

 この作品は、昔テレビで流れていたのを観たことがあったのですが、テレビではダメな作品というのはあるんですねぇ。今回DVDで観てみて、まったく認識を新たにしました。シーンの切り替わるところの“間”がものすごく大事な作品でした。
 なるほど。そういう意識で見たことはなかったのですが、キャラクターは虫プロ系の雰囲気でしたね。私はこの虫プロ系のキャラクターというヤツはニガテなんですが、この作品はすごい。タマシイを持ってかれちゃった感じです。(笑)
 細野晴臣の音楽も、実に素晴らしい。

銀河鉄道の夜銀河鉄道の夜
(1996/02/21)
細野晴臣
商品詳細を見る

 もちろん、宮沢賢治の原作が手放しで素晴らしい。

銀河鉄道の夜 (岩波少年文庫)銀河鉄道の夜 (岩波少年文庫)
(2000/12)
宮沢 賢治

商品詳細を見る

 そう。あまり“アニメ”的な視線で観たことがなかったのですが、本当に劇場映画クオリティーなのは言うまでもないことですが、なるほど例えばファンタジーのシーンでも、東映動画系だったらもっとびゅんびゅんと動かして映像の快楽にのめり込みそうなところを、この作品では、むしろ絵はあまり動かさずに静かな音響を効かせながらじっくりと見せており、その表現手法は実に素晴らしいものでした。

 いろいろ皆さんのお話を聞かせていただいて、これまで知らなかった視点を持って作品を見ると、どんどん新しい感動があって嬉しいものですね。
 今日はここまでにしておきます。なんだかいい夢が見られそうです。ではおやすみなさい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。