スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

比べてみたくなるもの? 宮崎監督&押井監督&富野監督 

[2008/08/07] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 私の半径1クリック圏内だけの話かもしれないけど、圧倒的に思えた『崖の上のポニョ』(宮崎駿監督)の話題を抑えて、想像以上にネットでは注目されているような気がする『スカイ・クロラ』(押井守監督)。同時期の公開ってどうなんだろうかと思っていただけに、世の中(ネットだけが世の中じゃないですけど)の反応含めて、興味深く観察させてもらってます。(それでも『ポニョ』見るもんかと私は意地をはっちゃってますけど!)

 面白い切り口の記事を書く方だな、と最近ブログを購読させてもらっていたHIGHLAND VIEWさんが、そういうタイミングを捉えて両監督の「リアリティコントロール」を比較した記事を書いておられたので、これは面白いと思って速攻ブクマしました。

宮崎駿

  • 絶体絶命のシーンをドキドキワクワクのダイナミックな動きで突破することこそアニメーションの楽しさ
  • 無茶を通せば道理が引っ込む。観客が「道理が引っ込んで当然」と思うほどの魅力的な動きを
  • 少女を守るために飛び降りる勇気があるか、少女の重さを歯を食いしばって耐えられるかどうか、そこが重要

押井守

  • 絶対絶命のシーンは道理(脚本・構成レベル)でつくられる。ならばその解決も道理で
  • 最悪のシナリオを登場人物たちが知恵を絞り、行動し、それを回避するような話が好き
  • 観客が危機回避を納得できるだけの理屈は必要
  • 問題はその作品のリアリティレベルがどの程度か、ということ(その意味で夢オチもあり)

 上記はちょっと要約しちゃいましたが、真面目な内容がありながら大変面白く読ませる記事になってました。対比を主眼としたためなのか、押井監督はもちろん、宮崎監督も宮崎監督独特の(って言うか余人には真似し難い)リアリティレベルのコントロールをしてますよというところが読み取りにくかったようで、コメント欄に少し熱いツッコミが入ってますケド。

※余談 富野由悠季の場合
絶体絶命 → 二代目主役ロボが助けに来る。

 それより白状すれば、私はここに噛み付こうかどうしようかと思ってブクマしたような気も68%ぐらいするんですが(笑)、「これじゃないですかね。やっぱり。スポンサーの枠組みの中で最大限の仕事をしてきた人としては。ピンチは新商品が登場するためにこそ存在する!」って、この人は実は“分かってる”人だなぁと思って。

 そしたら、はてブでホッテントリーに入ったということで、わざわざお礼を言われてしまいました。恐縮!
 それにしても現在で、398usersはすごいですね!

あとみんな宮崎駿と押井守好きすぎです。
どんだけ好きなんですか。

 いやいや、まったく。

続きを読む
スポンサーサイト

『スカイ・クロラ』をこれから観に行く人へ(特に濃いアニメファンの人!) 

[2008/08/02] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(16) | TOP ▲

 今日から公開の押井守監督最新作『スカイ・クロラ』。たった今、見て来ました。

 個人的な感想を書く前に、せっかく初日に見てきたということで、老婆心ながらこれから見る人のためのアドバイスを少し。

カウントダウン・オブ・「スカイ・クロラ」 count.2
  1. 大原則として、なるべく「事前知識ゼロ」に近い状態で行くことを絶対推奨します。(原作ファンの人にはごめんなさい。ただ、原作ファンの人は、それはそれで見るべきポイントはあるんだそうです。)
  2. もし、あなたがすでに、この作品の公式ホームページ(特にトレーラーはけしからん!)とか、かなりチェック済みで「予習はバッチリだぜ!」状態であるなら、それはとても不幸です(笑)。なるべくほとぼりを冷ましてから劇場へ赴くことを推奨しますが、やむを得ない場合は、起死回生の案として、せめて「全然アニメに免疫のない(当然予備知識もゼロの)友人」を誘ってみてはどうかと思います。
  3. 会場に入る前にパンフレットを買って、始まる前に軽く目を通すとか、まさに最悪です。ダメ、絶対!!せめて見終わった後にしましょう。
  4. 喫煙習慣のある人は、なるべく事前にタバコをすって、脳内ニコチン濃度を高めてから見たほうがいいと思います。また、見終わったとたんに強烈にタバコがすいたくなる可能性があるので、劇場を出た後5分以内にゆっくりタバコをすえる場所を確認しておくと吉かもしれません。

 理由はこの後に書きますが、見に行くべきかどうかの客観的な判断材料にはあまりならないと思いますので、これから見に行く予定のある人や、見ようかどうか迷っている人は読まないでください。
 勿体をつけているわけではないですが、この後に書くことは、もう見た人と、絶対見に行かないと思ってる人限定ということで、なにとぞよしなに。

注意(追記):
 コメント欄にも強烈なネタバレをいただいてしまいました。なのでこれから見に行く予定のある人は、コメント欄も「見ちゃダメ、絶対!!」です。本当に、この作品。『ポニョ』の裏番組で頑張ってるのはいいですけど、プロモーションでネタばらしし過ぎだろうと、腹が立つぐらいです。
 公式サイトの内容ですら、ネタばらしし過ぎだと言ってるぐらいですから、少なくとも、この作品を見るのを楽しみにしている人は、情報収集即時停止!これ、本気ですから!!この先見るべからず!

続きを読む

押井守 「イノセンス」 (2004年) 

[2008/07/31] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 宮崎監督の『ポニョ』はどうも見たくない。・・・と言う向きを上手く狙ってきてるのか?(笑)
 押井監督の『スカイ・クロラ』が妙に気になっていて、公開されたら見に行こうかな、と思ってたりします。

実は、前作『イノセンス』が終わったとき、 「これ以上やることない、これ以上のものが作れる気もしない」と思ったことがあるという
それが変わったのは、やはり2周目に入ったから。 「結局、監督って、これが最高というものを作って終わる仕事じゃないんですよね。これからも先も延々と作るんだっていうことですよ」
そして、自分にとって何が一番楽しいのかを、素直に試し始めた。 「今まで自分は頭で作ってきたけれど、これからは身体にしたがって作ろうと」

 これを読んで、そうか、前作って『イノセンス』だったのか、そういえば、まだ見ていなかったな、と。宮崎監督の前作『ハウル』も2004年ってことだけど季節は違ったわけで、今回『スカイ・クロラ』を『ポニョ』とほぼ同時期にやるのはどんな戦略なんでしょうね。

イノセンス スタンダード版

 とにかく見ておこうと思ったんですよ、ちょっと衝動的に。すっかり忘れていたんですね、『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』を見たときの自分の感想を。(笑)

 「・・・。」

 『スカイ・クロラ』を見に行く自信が少しなくなりました(笑)。

 えーと。DVDを再生しようとすると、デフォルトで、まず15分の前説みたいなのを見ろって勝手に始まるんですね。『GHOST IN THE SHELL』を見てない人向けの配慮なんだとは思いますけど、これはちょっとひどすぎる。映画なんでしょ?

――「イノセンス」は、当初、「攻殻機動隊2」というタイトルだったと聞いています。「攻殻機動隊」との関係をどう捉えたらいいのでしょう。

押井 別の作品ですね。物語は、「攻殻機動隊」の3年後という設定で、共通したキャラクターも登場しますが、「攻殻機動隊」を知らないと楽しめない作品ではありません。

 押井監督が何と言おうと『GHOST IN THE SHELL』を見てない人には、正直きびしいでしょう。これは。でも見てる人には前説は蛇足なだけです。速攻、中断して本編鑑賞を推奨ですね。

 「・・・。」

 見ました。見終わってから、前説とかも見直して、えーと。それから、そういえば『イノセンス』って題名だったな、と。・・・あれ?(笑)
 二周目開始です。それでね、邪道なことをしました。わざと小さい再生画面にして、字幕設定で「全編字幕」を選択。・・・あー、やっとストーリーが分かりましたよ。『イノセンス』って、あの少女のことですね。ようやく了解(笑)。

 画面の情報の密度は本当に高いんですけどね。セリフなんかでも、インテリ好みの引用が多数ちりばめられていて。そういうのが世界観を作っているってのも分かります。そういえば昔、高橋良輔監督との対談で、「ドラマの薄さ」を指摘されていたなあと、今さら思い出してみたり。
 ドラマから作品を見てしまう人には、過剰でしかない映像情報っていうのは、言っちゃ悪いけどノイズに感じられてしまう場合もあるんですね。本当にドラマからは、押井監督はあえて半身を引いて構えているというか。でも、その代わりにもの凄く自己が投影されている面もあるんですよ。端的にいえば「犬、大好き」とか。(笑)
 人間よりも、はるかに愛情を込めて犬が描かれていることは、ひしひしと伝わってきました。あと、鳥っぽいプロペラ機とか、銃器の描写とか、クラシックカーとか?濃いぃなぁ、趣味の投影が!

 押井監督の作品でも、『ビューティフル・ドリーマー』は本当に好きな作品だったんだけどなぁ。いや、この『イノセンス』も立派な映画なのかもしれないけど、私の好きなアニメではなかったなぁ。

続きを読む

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊 

[2007/08/21] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 ちょっと何か目先を変えてみたくて、借りてきてみたんですが。

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊
沖浦啓之、河森正治 他 (2004/02/25)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る

 うーん。

 相変わらず、ろくに事前勉強もせずに見てみたんですけど、順々に見ていくんなら、これから見ていくんでよかった・・・のかなぁ?

攻殻機動隊 - Wikipedia

GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊 - Wikipedia

 でもねぇ。こう、見て、「疲れたなぁ」と思ったのも、何だか私には珍しいです。むしろシリーズ最新のものから見ていって、関心があれば遡って行くほうが良かったですかね?
 本編を見終わったあとで、ついつい映像特典にあった「GHOST IN THE SHELL DIGITAL WORKS」というのを見ちゃったんですけど。なるほど、1995年って、まさしく一昔前ですね。「あ、千葉繁さんの声だ。押井さんとホント仲良しだなぁ」とか思いながら見ましたが、デジタルの技術の進歩って、逆にすごいなぁと感じちゃいました。

 1970年代のアニメとか、平気で(と言うか、むしろ嬉々として、)見ている私が、なんだか時代を感じてしまうと言うのは何なんでしょうか。私はやっぱりアニメファンではあっても、アニメマニアとかではないのかもしれないなぁとか。クオリティの高い作品だとは思いましたが、どうも最後までうまく作品に入っていけませんでした。

「機動警察パトレイバー 2 the Movie」雑感その2 

[2007/04/20] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

BLUE ON BLUE(XPD SIDE):
ロボットアニメの陰画としての「機動警察パトレイバー2 THE MOVIE」

 crow_henmiさん、トラックバックをありがとうございました。大変参考になりました。以下、失礼ながら(要約にならない)要約で、ちょっと自分用の整理メモにさせていただきます。

富野的(つまり大抵の)ロボットアニメの重要なポイント

  • 「言葉及び行動による直接的・間主体的コミュニケーション」が発生している、あるいはあたかも発生しているように見える、という点(→ コクピットのシャアとアムロが互いの意見をぶつけ合いながらモビルスーツでバトルしている、とか、そういう風景)
  • コミュニケーションの結果において断絶があろうとも、「そこに相手が存在している」ということは自明とされている点( → 過程においてもそれが成り立っている/あるいはそう見える)

一方で、押井守がパトレイバー2で執拗に描き出したもの

  • そうしたコミュニケーション(ひいては間主体性、さらには「他者」及び「他者」によって構成される世界の客観的実在性自体)の周到な迂回と否定
  • 一貫して相手の顔が見えず、常に画面の向こう側にしか存在しておらず、時にはそれが虚像ですらある。しかしそうした虚像と欠如が「状況」を次々と作り出す運動力となっていく。
  • 姿が見えない、コミュニケーションが成立しない、そもそも間主体性の鍵である「相手」が存在しないことすらあるまま、ただ目前の「状況」に対して自らの抱くイメージ――すなわち「虚構」に向かって銃を向ける/向けざるを得ない「戦争」。

 「間主体」というのはマルクスですか?ちょっとこの用語、難しい・・・。でも例示があるので、漠然とイメージは分かりました。

そうした、逆倒した構図――ロボットアニメの陰画として、パトレイバー2という作品は存在しています。この構図は最後、柘植としのぶが出会うことによってようやく解消されるのですが――その一点に向け、際立たせるために、ぎりぎりまで引き絞られているのです。

 「コミュニケーションの断絶/《他者》の直接的不在/それらによって描き出される《虚構》としての戦争」、おそらくは「それこそがわれわれのリアルである」。ふーむ…。われわれですか…。

  • 敵とはコミュニケーションの断絶の向こう側にある存在であり、コミュニケーションによってはそれを把握することも理解することもできない。
  • われわれはそうしたものを「状況」として捉えることしかできず、それを自らの中で「解釈」して対応することしかできない。

 押井守はそのことを通じて「われわれのリアル」とは何かを描き出したかったといえるのではないか、とのことです。・・・なるほど、少なくとも、よく安易に“リアル系ロボットもの”とか言われるガンダム的なものが、どう設定で言い訳を付けても「リアル」ではないところが、実によく分かりました。

「他者とのコミュニケーションの断絶」「解釈と推測によってしか描き出せない《他者》と《戦争》」の存在。これらは「コミュニケーションとは断絶であり、理解とはすなわち願望に過ぎず、世界とはすなわち虚構に過ぎない」という徹底的否定の中で、己は己の限られた主観のみを生きていかざるを得ない/いかねばならないということの暗喩です。

 なるほどなぁ。「押井守にとって、このような徹底した否定を描き出すために、ロボットアニメというジャンルの表現方法は本来まったく正反対であったからこそ、逆倒した形とすれば最も使い勝手のよいジャンルであった」とすると、“ロボットもの”という存在は、ここでは見事にダシにされたというわけですねぇ。
 「陰画」というのはネガ、つまり裏返しのこと。反転した像を見せるためには、本来の像も存在していなければならないという意味で、この作品はロボットアニメという存在に依拠しており、そのために“ロボットもの”の形式でなければならなかった、ということでしょうか。――『パトレイバー2」という作品をどう見るべきなのか、丁寧に教えていただいたおかげで、ようやく少し分かったような気がします。

 ここで何となく私が、作品を見ただけでそういう風に理解できなかった自分を省みて思うのは、いわゆる“リアル系ロボットもの”の実はリアルではないところとオーバーラップして、(とりわけ戦場という)現実世界が、実はあやふやなものの上に立っていることもまた描かれているという、その構造の複雑さが、単純な私の理解力を超えていたんですかねぇ。いや、ただ単に私がロボットもの好きという視点からしか、アニメを見ることができないだけなのか。とにかく大変勉強になりました。ありがとうございました。

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。