スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『日本動画興亡史 小説手塚学校 1 テレビアニメ誕生』 

[2009/07/29] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 とても面白かったです。『鉄腕アトム』テレビ放映はついにはじまったものの、誰もが危惧していたとおり、第4話で放映に穴をあけてしまうのか!というところまでで第1巻は終わり。このブログ的には残念ながら、まだまだ富野由悠季(っていうか、「富野喜幸」)は出てきません(笑)。
 詳しく研究しておられる方には、既知のことが多いのかもしれませんが、テレビアニメとは何か(少なくとも、どういうところからはじまったのか)ということに、関心を持つ向きには非常に参考になる、とてもよくまとまった本だと思いました。

4062155559

 巻末に13ページに及ぶ脚注。私は無精者だし、見てもわかんないから、いちいち確認しませんけど、文中での描写がどういう文献に基づいてるのか明記されてます。近い過去とはいえ、いろんな立場からいろんな証言が残ってるものだけに、どの記録をベースに書かれたものかは大事なところなんでしょう。研究者の人っていうのは大変だなーと頭が下がります。(私には絶対、真似できませんよ、こんなのは。w)
 でも、この本は研究論文タッチではなく小説仕立てなので、私のような素人には読みやすくてありがたかったです。

 皆川さんの思いは「あとがきにかえて」ということで巻末に書かれています。これ自体がよいまとめにもなってますね。“手塚治虫の物語”ではなく、彼がまいた種を育て、引き継いだ人々の群像劇。彼らの姿は「手塚流リミテッド・アニメーション」を推進した作家集団として一種の学派(School)のようでもあり、その若さゆえの無軌道ぶりは学校のサークルのようでもある。そんな意味で『手塚学校』と名づけたと。(『日本動画興亡史』という大仰な副題の意味もそこでは語られていますが、この部分は2巻以降への思いでしょうね・・・。)
 だいたい手塚先生からして、すでに売れっ子漫画家として地位を築いていたとはいえ、まだ30代。なんて若い!

 虫プロ以前のアニメ(というか「漫画映画」)の状況というのは全然知らなかったので、資本をバックにした大手・東映動画のほかに戦前から続く小さなプロダクションがいくつかあったことや、意外に大きなものだったコマーシャルフィルムの需要、そして当時のテレビに『ポパイ』など輸入物の「漫画映画」が多くあったことなど、大変興味深く読ませてもらいました。
 それら輸入物の質の低さから国産の“テレビまんが”が待ち望まれていたが、生産性と採算性の壁を前に、どの会社も製作に踏み切れずにいた状況。その中で、300人以上の社員を抱える東映動画さえも手を出さないビジネスに、社員数十人の虫プロが挑んだ無謀さ!(これはプロジェクトXですな w)

 とはいえ、彼らにもまったく考えがなかったわけではなく、強いキャラクター性と高いドラマ性で観衆を引きつければ、あまり画を動かさなくても堪えられるのではないか、という(“コロンブスの卵”的な)発想の転換があり。アニメーションでは命と考えられている“動き”を、物語の道具として限定するという「手塚流リミテッド・アニメーション」の発明がそこにはあったのでした。
 すなわち彼らは、単にテレビ放送されるアニメーションを作ったのではない。アニメーションの歴史の中に<アニメ>という新たな手法を創造したんだ、ということ。

 ストーリーとカットワークさえ優れていれば、例えば目をぱちぱちと動かすだけのカットに「驚き」という意味を与えることもできる。
 当時のテレビで人気のあった輸入もののアニメは単調なパターンの繰り返しが多く、物語的な内容が薄かったという背景も。(これ、今のアニメファンには通じる話なのか、ちょっと自信が無いけど、私はよく分かる気がします。私は年寄りなので、このへんの低俗な輸入アニメというものも何となく知ってますが、若い皆さんはご存じないかもしれないですね・・・。録画からコマ送りの静止画をべたべたネット上に貼られる時代には、通じにくい話ですか?)

続きを読む
スポンサーサイト

“神の手”考 ― 「皆殺しのトミノ」は手塚治虫の直系の子孫 

[2009/07/15] | 御大 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 諸事多忙で、なかなか更新できないでいます。過去記事へコメントいただいても、なかなかレスできなかったりして、いつも申し訳なく思っているんですが、『聖戦士ダンバイン』最終話の感想にいただいたコメントが、ちょうど今、考えていたことを記事にするきっかけになりました。

確かに地上に上がってからはグタグタ感があった。
しかし最終回が良かったので何も言う事はない
印象的な最終回でした。

ダイゴさんのコメント

理由はわかりませんが…最後の方で空母の艦長が「あれは…人のオーラが放つ光だ」というあたりから、優しい曲が流れる中、もうショウもマーベルもニーも… バーンも、いないんだと思うと胸が詰まってしまうんですよ。やはりどうしても忘れられない作品の一つです…私にとっても多分、バイストンウェルは…あの頃のバイストンウェルこそが、心のふるさとかも知れません。

通りすがりのコモンさんのコメント

 ウェルメイドに形式が整っているからといって「どうしても忘れられない作品」になるとは限らないんですよね。「最終回が良かったので何も言う事はない」というのも、そういうことでしょう。
 しかし、そう何度も皆でよってたかって「ぐだぐだ」って言わなくても、もう分かっていますから、まあいいじゃないですか。(笑)

日本動画興亡史 小説手塚学校 1 ~テレビアニメ誕生~

 で、ちょっと違う話題なんですけど、今、皆川有伽の『小説手塚学校』を読んでおります。その中に手塚治虫の『ある街角の物語』を見て、宮崎駿は手塚ファンをやめたというエピソードが載っていました。
 これがリミテッドアニメだからというんではなくて、「終末の美」を描いた悲劇的なラストに「神の手」を感じたのが許せなかったというんですよ。

 初期のストーリーボードでは、どうも物語の結末にもう少し救いがあったらしいんですね。それを「戦中派のセンチメンタリズム」と指摘した人があって、これを聞いた手塚先生は興奮し、『じゃ、全部殺しましょう。(登場人物を)全員殺しましょう』ということになったそうです。「そうすればリアリズムになりますから」と。
 お分かりかと思いますが、この部分を読んだ瞬間に、私なんかは、やっぱり富野由悠季は手塚治虫の直系の子孫なのかもしれないな!と思ってしまっているというわけです。(笑)

 この部分で皆川さんが“神の手”という言葉の位相をずらしながら使っているんで、流し読んでいたら一瞬「おや?」とひっかかったのでありました。

 「全員殺しましょう」という結末のほうが手塚にとってはリアリズムであって、それを救わなくちゃとするのは「戦中派のセンチメンタリズム」でなければ、ディズニーアニメのような「児童文学的」性格なんだけど、それこそ(手塚にとっての)“神の手”だと。

 ところが宮崎駿は悲劇的な結末をみたときに「背筋が寒くなって非常に嫌な感じ」を覚えたというんですね。 「意識的に終末の美を描いて、それで感動させようという手塚治虫の“神の手”を感じました」と。

 何が作家の「神の手」なのかという感じ方が、ここで逆の位相を示している。

続きを読む

芸術新潮11月号 「手塚治虫を知るためのQ&A 100」が面白い 

[2008/10/30] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(4) | TOP ▲

 今日は財布の中身が小銭合わせて二千円なかったんですが、千五百円出して、ついつい買ってきてしまいました。立ち読みですまそうと思ったのになー(笑)

芸術新潮 2008年 11月号 [雑誌]

 執筆してる人は森晴路さんという方。手塚プロダクションの資料室長さんだそうです。貴重な古い資料の図版が多く使われていて、これが面白くレイアウトされているので、ついつい買っちゃいました。(キューブリックから手塚に来た手紙の写真とかありましたよ。封筒でしたけど。)あまり手塚先生には詳しくないので、いろいろと勉強になりそうです。

 アニメの話では、虫プロの処女作『ある街角の物語』や、のちの『アニメラマ』など、「手塚はこどもや家族向けに限定されたアニメ映画を、おとなも楽しめるものにしたいと考えていたんです」というあたりが、分かっちゃいますが、なるほど今とは逆向きの問題意識なのかな、と思ったり。

 「実験アニメを多くつくり虫プロを作家集団にしたがった手塚と、アトムのヒットを機に企業体であることを望んだスタッフたちの間で齟齬が生じるようになり、」
 「虫プロ内で方向性が分裂したことで手塚が身をひくと、虫プロのアニメは魅力を失い、他のアニメ制作会社の台頭もあって、商品価値も下がりはじめます。」

 違うところでは、「実験アニメとテレビアニメとは、その出発点においてどちらも手塚の構想の中に組みこまれていたもので、いずれかひとつに絞るということではありませんでした」とも書かれています。

 富野御大にも関係してくる『鉄腕アトム』について、気になったのは最終回についての下記のお話。いつかアトムも実際に見てみたいものですね・・・。

アトムの死というマンガにはない悲劇的な結末にはわけがあります。多忙をきわめた手塚がなまじ制作に加わると進行が遅れてしまうため、必然的に現場から身をひかざるをえなくなったのです。やがて原作のエピソードを使い果たすと、スタッフはアトムとさまざまな怪物を戦わせる勧善懲悪のストーリーを多用する傾向に。正義のヒーローとして一人歩きしてしまったアトムをリセットすべく、手塚は脚本と演出を担当し、アトムを殺すことでテレビ版「鉄腕アトム」を終了させます。

 マンガ表現のほうで制作を効率よくするために考案したテクニックなどもいくつか紹介されていて、システム化のやり方などはアニメにも通じるものがあって興味深いものでした。また、実験精神の発揮されたいろいろな例の紹介とか。

 「雑誌掲載や単行本など、発表のたびに同じ作品に手を入れる」、「自分の作品を素材に、いろいろと“編集”することを楽しんでいた?」・・・富野御大を通して手塚先生を見ている私としては、このへんなんかも何となく興味を惹かれました。あと、アマチュアではなく、プロフェッショナルたるべしとか、マンガは読者に受け入れられなければ意味はないとか。

戦後まもない時期にマンガの頂点をきわめてしまった男が、その後40年間にわたってマンガ表現の最前線で活躍することがどれほど困難か。「古いマンガ家」という役回りをあえて引き受け、その都度登場するあたらしい才能と競い合いながら、代表作と呼ぶにふさわしい仕事をのこしてゆくことがどれほど大変か。

 以前にも「手塚治虫と富野由悠季という師弟のこと」という記事を書いてしまいましたけど、何でもかんでも富野監督に引きつけて読んでしまっている私って・・・(苦笑)。

 まあ手塚治虫を熱心に研究しておられる方が読めば、もっといろいろ感想もあるのでしょうが、手塚治虫という偉人がいたから、今の日本のアニメもあり、富野由悠季という作家もあるというふうに思っております私には、とても面白い特集でした。オススメです。

手塚治虫と富野由悠季という師弟のこと 

[2008/09/16] | 御大 | トラックバック(2) | コメント(4) | TOP ▲

手塚治虫の伝記を書くとき、何が問題かといって、手塚自身が大量の文章を残していることであります。これがもうなんというか、韜晦というかウソというかホラというかハッタリというか、これらが多くて全然あてにならない。

手塚治虫―アーチストになるな (ミネルヴァ日本評伝選)

 これを読んで、「私の言うことをいちいち額面どおりに取らないで欲しい!」という富野由悠季御大将の言葉を思い出しました。トミノ中毒患者でごめんなさい。(笑)

 『だから僕は…』でも、『ターンエーの癒し』でも、丸ごと真に受けたら、やっぱり上記のような言葉が飛んでくるんでしょうかね。

 あ、そうそう。
 富野情報の宝庫「ひびのたわごと」さんと、期待の新星「TOMINOSUKI」さんで、相次いで富野関連記事のまとめがアップされてました。

 けっこう見逃してる記事が多かった・・・。って言うか、こんなに多量の記事を確認していたら、夜も昼もなくなってしまう(うれしい悲鳴)。

 ただ、さまざまな時代の中で発せられてきた、その富野監督の大量の言葉を読ませていただいていると、「韜晦というかウソというかホラというかハッタリというか」が、御大の言葉にあまた含まれているのは自明というか、折込済みというか、とにかく「いちいち額面どおりに取らないで欲しい!」なぁと、これは自戒も込めて思うのでありました。

 kaitoさんが7項目挙げた相似点の中では「2」に近いですけど、「韜晦・ウソ・ホラ・ハッタリ」で「自身を大きく見せたり、逆に卑小に見せたり偽悪的に書いたり、そんなことばっかり」というあたりも、この師弟、実によく似てますねっ!(笑)

 「まとまった手塚の伝記としては、今後第一に参照される本になるのじゃないでしょうか」と漫棚通信さんに取り上げられているこの本、『アーチストになるな』という標題がとても気になります。

富野
 虫プロに入社した1週間以内の時に天井裏の試写室で『ある街角の物語』を見せられました。それの時の印象と、週刊ペースで俗気本まがいのアニメにもならないようなものを作っている漫画家の心とは何なんだろうか、とは本当にわかりませんでした。
 そして、基本的にアニメーションを作るということは制作資本というものが大変にかかる表現媒体なんです。ということは、まずビジネスとして成立していなければ次の作品が作れないという絶対的な身命を持っているということです。手塚先生が児童漫画の漫画家として、世に出てお金を稼ぐことをおぼえてしまった。先生はその瞬間に先生の中にある本当の意味でのアーティスティックな衝動を自覚されたのではないかと思っています。そうなりますと、コミック、アニメという表現媒体が持っている問題を個人が抱え込むことになります。その不幸が虫プロダクションというものを生みもしたし、それから、虫プロダクションが衰退していった原因でもある。それから現在まで解消されずにアニメを目指す、コミックを目指す若い人が自分のアーティスティックな心と、それから表現をとにかくきちんとしたものを作りたいと思いながら、制作資金の面で悩みながら公開する問題、状況を作り出しているということです。で、この問題は、これ以後も永遠に続く問題だと思っています。

 いい話で切るに切れなかったので長文引用すみません。「じつはその問題を一部の制作者とか一部のアーティストに任せるのではなくて、大衆のものにしてしまった、大衆にこの問題を突きつけたというのが手塚治虫ではないのかな」と富野監督は続けておられまして、恩師・手塚治虫から、その課題を継承している弟子なんですね。(言い方はツンデレっぽいですけど。)

 その矛盾を抱えているからこその「韜晦・ウソ・ホラ・ハッタリ」なんではないかと私は思うのでありました。

手塚治虫『メトロポリス』と二次創作の話 

[2008/02/08] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(4) | TOP ▲

 昨年末にアニメを見た『メトロポリス』の原作漫画をブックオフで見かけたので、さっそく買ってきて読みました。

メトロポリス (手塚治虫漫画全集 (44)) メトロポリス

 1949年(昭和24年)の作品ですか!『ロスト・ワールド』、『来るべき世界』とあわせて“初期SF三部作”と言われているそうですね。私はまんがの歴史にはアニメ以上に疎いのですが、これはたぶん、かなり実験的なスタイルの作品だったんだろうなと思いました。
 たとえば冒頭のほうでは見開き2ページで一コマという中におびただしい群像が小さく描かれて、それぞれてんでばらばらの会話がフキダシで書き込まれているような表現が散見されます。その中のある人物たちの会話が実は本筋で、そこから物語が展開していくんですが、これなんかは映画的な(映像的な時間経過を含めた)表現を、二次元のマンガの中でどう実現していくかというような模索のひとつなんでしょうね。・・・イラストに文章を添えた「絵物語」的なものから独立して、現在では当たり前のように存在している「マンガ」の表現スタイルが確立していく過程の試行錯誤が、こんなところに現れているのかな?
 「マンガの神様」と呼ばれているのは、こういうスタイル確立を果たした功績ゆえなのでしょうが、神格化されるよりは、そういう実験精神を見てもらったほうが本人も嬉しかったんではないかと思います。(アニメとの関わり方では功罪相半ばと言われていますが、実験精神のほうは共通したものですね。)

 『メトロポリス』の表現には(上記のようなよい意味でも、また普通に悪い意味でも)時代を感じましたが、ストーリーはさすがと言うべきか、読み応えのあるものでした。大友克洋の脚本によるアニメ映画と比べると、思いがけないぐらい短い作品で、「原作」というよりも「原案」に近いものでした。アニメ版も私は面白かったですが、このマンガの悲劇の魅力は、手独特の毒気にあるような気がして、そこをアニメ化に際してはやはり変えざるを得なかったのかと思うと、なかなか複雑な感懐がありました。

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。