スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『星を継ぐ者』/『恋人たち』/『星の鼓動は愛』 

[2006/09/12] | 新訳Ζ | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 貧乏性の私がせっかくDVDを購入したので、いつか三部作を一気にみてやろうと思っていましたが、ようやく実現できました。95分+98分+99分のロングラン!劇場で見るのと同等に集中したかったので、絶対に邪魔が入らない一人の時間を確保。飲み物、食べ物まで完璧に準備した上で、トイレ休憩も各話の入れ替え時に限定して臨みました。(笑)

機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者- 機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-
安彦良和、大河原邦男 他 (2005/10/28)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る

機動戦士ZガンダムII -恋人たち- 機動戦士ZガンダムII -恋人たち-
安彦良和 (2006/02/24)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る

機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛- 機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛-
安彦良和、大河原邦男 他 (2006/08/25)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る

 一気に見て、間違いなく一番よかったと思えるのは、新訳の世界に没入できるので、テレビ版の記憶が邪魔にならない点です。通しで見てみて、情感は一本で通っていると実感できました。これはやっぱり断じてツギハギ映画なんかではありません。
 ただ、正直に言って、これだけの長時間、画面に集中し続けるというのは気力・体力ともにキツイ…。さすがに第二部終わりから第三部初めぐらいは、ちょっと集中力が切れそうになりました。
 けど、『星を継ぐ者』のイントロから『星の鼓動は愛』のエンディングまで、きれいに呼応して物語の輪が閉じていくのを見るのは、すごく心地いいカタルシスです。このストーリーは、シャアに始まってシャアに終わるという言い方も出来ますけど、その出会いから始まったもろもろの出来事を通じてカミーユという少年が、(決してシャアに教えられたものではない)自分自身のものの見方、考え方を獲得していった、そういう物語だったと改めて思えました。
 劇場では遠慮してなかなか出来ないことなんですが、“声を立てて笑う”という場面が、特に(ちょっと意外な感じでしたが)第二部『恋人たち』で何ヶ所もあって、それは人間味のある“小芝居”のいくつかなんですけど、なるほどエンターテイメントになっていると実感。(今回は一部から一気に見ているから、こっちもキャラクターに情が入っているので、それで成立する面もあるのかな、と思わなくもありませんでしたが。)
 とにかく没入して見てましたので、細かなディティールについて云々ということは、今回は何も言えないんですけど、各キャラクターの情、とりわけ主人公カミーユの情の流れというのが、想像以上に丁寧に、描かれていたのを発見したような気がします。ほか、「意外にそうか!」と思えたのは、特にサラであったり、細かいところでエマさんだったり、レコアさんだったりといったところでしょうか。

 三部作を通しで見たことで、『恋人たち』の印象が、単篇で見ていたときよりも格段に良くなりました。これは予想できたことでしたが、予想以上でした。それから、第一部から丁寧に見ていけば、(思った以上に)初めて見た人にも分かりやすい描き方がちゃんとされているという気がしました。

 これを劇場で見なかった人は、やっぱり損したんじゃないかと私は思います。せっかく見るんであれば、劇場というのは集中して見ることが出来るいい設備だということをしみじみと。(笑)
 今から見るという人は、やむなくDVDで見るしかないわけでしょうけど、これは集中して見ないと面白さの半分も分からないかもしれないですから、一回は無心に話に没入してご覧になられることを強くオススメしておきます。(最近は、これってけっこう難しいんですよね、ついつい話のネタ探しをしてしまいがち。けど、それだけじゃ損だということ。)で、鉄は熱いうちに打て、ということで、なるべく三部作を短期間で見るのが一番だと思います。(第三部だけ見ようなんて論外!)

 本当は、この作品は、『∀ガンダム』(日替わりで第一部/第二部を上映)みたいな短期間で完結までを見られる公開方式だったら、もっと評価が違ったような気がします。(興行的には、ある程度の期間、話題を引っぱりたかったりするでしょうし、評価と興行成績は必ずしも一致しなかったでしょうけどね。)

 うん、とにかく自分的には通しで見て、あらためて納得できたし、これまで以上に新訳三部作を評価できる気がしたので良かった。(何がどう、ということをちっとも言っていないので、皆さんには何のことやらだったら申し訳ないです。 笑)
スポンサーサイト

新訳Ζガンダム「恋人たち」2回目行ってきました! 

[2005/11/21] | 新訳Ζ | トラックバック(0) | コメント(9) | TOP ▲

もうネタバレとか気にしないでもいいですよね。見る人は見ただろうし、見てない人は、もう劇場で見る気はないのでしょう。
今日は午前中にDVDで第一部「星を継ぐ者」を鑑賞。午後から劇場へ足を運んで「恋人たち」2回目に行ってきました。自分的に最高のプランニング。(笑)
DVDで見直すと、旧画と新作画の落差もあまり気にならず。そんなものかなぁと思いながら劇場へ行きましたが。・・・やっぱり映画を劇場で観るというのは最高ですね!スクリーンに集中できることは比類ない贅沢だ。
2回目になると心のゆとりを持って見れるというのか・・・この話のどこが難解だというのかなぁ。(笑) いや、いろんなディティールで再発見もあったりして、本当に楽しく見てくることが出来ました。

実は昨夜は「哀 戦士」(ファーストガンダムの第二部)をレンタルビデオで見て、それはそれで楽しかったですが。話のスピーディな展開は似たようなもの・・・というようなことよりも、「哀 戦士」って、そう言えば、こんなに「ニュータイプ」の存在を強調してたんだっけなぁと。覚えているつもりで忘れているものですね。
先週はファーストガンダムの劇場版第一作を観たんですけど、ラストの盛り上がりがガルマの国葬で「ジーク・ジオン!」連呼だったっけ!?と、ちょっとびっくり。「恋人たち」のエンディングより、ずっと歯切れは悪かったなぁ。(主題歌もかなり重めでしたし・・・)

近い将来、人間が宇宙を生活の場としたとき、
人はその厳しい環境の中で変わってゆくだろう。
人の第三のルネッサンスである。
強靭な精神とより深いやさしみを持った人・・・・・・。
これは、その人の変革の道をたどる少年の物語である。


これは劇場版第一作の巻末に入っていた「劇場予告版」に出てくる字幕。
「やさしみ」とか日本語がおかしいところが何とも御大くさい。(笑)
「哀 戦士」を観ても、レビル将軍は「直観力」だけでなく「洞察力」をニュータイプの概念として挙げていました。勘がいいだけじゃないんですよ、ええ。ええ!
その眼で新訳Ζを見直すと、直観力の描写を削って洞察力の描写を増やしているように思えてなりませんでした。そして「強靭な精神」と、「より深いやさしみ」ですよ!意外と素直に原点回帰を目指しているのではないかな、と。

ちょっと脱線します。ファーストと比べて全然そうだとは思われないのに、新訳はストーリーが難解だという人が本当に多いので、「これは世間の人の洞察力が落ちているのかな」と考えてみたりしました。それで振り返って考えてみると、昔、私がファースト劇場版をはじめて映画館で見た頃、2回3回、当たり前のように見ていたのではなかったかと。(笑) 
・・・いえ、お若い方には分からないでしょうが、昔は「総入替制」と謳っていない限りは、朝に劇場に入ったら、2周でも3周でも見れたのですよ。朝、相当早起きして劇場に行っても、もうすでにすごい列になっていて、ずっと後ろで立ち見とか、通路で座って見たりとか。それで2回目になったらいい席を目指して猛進するんですが、案外席を立つ人は少なくてですね・・・'70~'80年代のアニメブームなんてのは、そんな感じだったのですよ、お若い衆!(って、ここの読者にはそんな人ほとんどおらんって。)

まぁ老人の昔語りをしてもアレなのですが、やっぱり2回ぐらいみたほうがいいですよ。それもやっぱり劇場で観るに限る!(笑) 
あと、昔は劇場で見逃したら、「次にテレビで放映されるのは何年後だろう」という必死さの中で見てましたから。今みたいに、1年も経たないうちにレンタルにかかったりする状況とは雲泥の差がありましたね。昼飯も抜きで3回ぐらい見て、さすがに気力体力の限界で映画館を出てきたときの充実感・・・。今の人には分からないかもしれないですね。(笑) 「THE IDEON(接触篇・発動篇)」なんて、映画館を出てきたときにはみんな瞳孔が開いちゃってましたよ。(笑)

・・・脱線話が長くなっちゃいましたが、やっぱり劇場で2回は観る。作品を観ようという志のある方には、これはゼヒお勧めしたいです。私は関連する雑誌とかそういうのは一切買わないケチですけど、これは惜しくない。雑誌を2、3冊買うお金があったら余裕で見れるのですよ!

第一作を見てない人でも話に入っていけるようなイントロがあったほうがいいかもしれない・・・というのは、二度見ても思いました。「哀 戦士」にでさえ、それはあったし。でも、私は何度もそう言ってますが、TV版を復習して見に行く必要なんかは絶対にない!むしろ絶対に逆効果!そんな余裕があれば、「星を継ぐ者」を見た勢いで「恋人たち」を見る努力をすべき。
「さすがはアムロだ、優しく抱いたな」とは、勘がいいだけでないニュータイプのありように対する言葉なのかな、と。
よくよく見たら、ブラッシュアップされた戦闘シーン、随所にありましたね。戦闘が印象に残らないぐらい、ストーリーで魅せているのだと。
フォウの死は、何度観てもジワッときますね。その後のカミーユとファのキスなんですけど、アポリーさんが香港でいろいろ楽しかったんだろって言った流れで、コンマ数秒、カミーユがちらっとファの顔色をうかがってたような気がしました。そう思ってみると、その後のカミーユのサービス過剰っぷりも何となく違った心理劇に思えて、実にベリー・グーです。(笑)
あと、ヘンケンさんは本当に最高の千両役者ですね。すっごいイイ!それからサラも、先入観を持たずに見れば、悪くない。
ジェリドってのは一生懸命やってるけど、洞察力が足りないオールドタイプっていうことなんだなぁ、うん。第二部を見てから第一部を見直すと、なおさらそう思える。
ラストねぇ。「大人っていうやつは!」ってあのカミーユの台詞でシメでいいんですよ、たぶん。ただ、ガクトの曲のイントロが被ってくるのがほんのちょっと早いんだと思いました。それであの台詞が印象に残らない。そんな気がしました。

他にもいろいろ「あれ!?」と思った場面あったんですけど、・・・あ~、老いたな、自分!思い出せなくなってる。・・・もう一度見に行くべきかな?(笑)

とにかくポイントは、状況の「洞察力」ですよ!直観力じゃないんだ。そして洞察することで、優しくなれる強靭さを手に出来れば・・・。
長くなっちゃったし、思い出したらまた書きます。本当は、ちょっと硬派なアニメ論で書こうかと思ったんですが、やっぱり気楽に行こうかと。ではまた!

まだだ! まだ終わらんよ! 

[2005/11/18] | 新訳Ζ | トラックバック(0) | コメント(10) | TOP ▲

子犬さんが悩んでおいでのようだ。

自分なりに、なぜ「星を継ぐ者」と「恋人たち」でオイラの中の反応が違うのか考えてみた。思いつくのが、「星を継ぐ者」ではあくまでもシャアとアムロが主役であり、ラストに用意されているのがかつてのライバルだった二人が7年ぶりに同志として再会するというカタルシスであり、あくまでもカミーユは狂言回しとしての役割しか与えられていないということ。
それに対して「恋人たち」においてはカミーユが自立し、相対的にシャアとアムロの二人の影は薄くなってしまっている。というか特にシャアはヘタレ化している。


そうですねー。でも「一年戦争の英雄たちが大活躍を続けたら、…なぁんだ、それだけでグリプス戦役もあっちゅうまに問題は解決だ!さすがだねぇー!やったねっ!!」・・・というような作品を、最近どこかで見たような気はしませんか?(え?デスティニーって何ですかぁ?私はそんなもの知りませーん。)

まあ、だから、そこへ救いを求めたくなるのは“気の迷い”というやつですよ、きっと。(笑)

でもオイラ、もともとZは嫌いじゃなかったのよ。学生の頃や社会に出たての頃は「大人はわかってくれない」的な鬱屈を、常にイライラしているカミーユに感情移入しながら見ていたし。ところが年取ってくるとあんなに好きだった鬱屈感が、今では青臭くて「バカジャネーノ?」と見えてきてしまうんだわ。


そういうわけで、こっちが本論だと思ったので、 <鬱屈感を忘れて観るのは難しいですよね。一晩「種」を見続ける苦行とかしてから、劇場にもう一度足を運ぶとか(笑)。>とかコメントしてみた。そしたら

だいぶ今風にあわせて薄っぺらくはなったものの、あの頃の強烈なまでの共感はもう抱けませんからね。やはり内にためたものがないとダメなのかな?
でもあの鬱屈はなんだったんでしょう。
今思うと、あの頃嫌っていた何事にも諦めしか抱けないつまらない大人に、まさに自分がなってしまったのかなぁ・・・。

という反応。

   
(@△@)/~☆ ピキーン! それですよ、子犬さん!(爆)

今、少しガンダムそもそも論のところから、なるべくシンプルに考え直してみようと思っているところです。・・・そこで今頭に浮かんでいるのは、例えば、人は「革新」しなきゃ駄目(ファースト)、人は「再生」しなきゃ駄目(イデオン)と単純に読むこと。その場合に、ゼータ(TV版)って「革新したって、駄目なもんは結局駄目」で終わっちまった、何の救いもない「駄目・駄目」作品だったということです。(作品的ダメダメじゃないですよ、メッセージの内容が「人間=駄目&馬鹿は死んでも直らない」ということ。)
私の場合、激しい共感は「人=駄目」という認識に向けられたものでした。たぶん当時の多くの若者たちもそうではなかったかと思っていましたが・・・。
その後少なくとも「逆シャア」に至るまで、人の革新や再生の可能性への希望を御大は捨ててなかったと思うのですけど、しかし多くの人たちは、それこそ「薄っぺらくて安直なニュータイプ論」だとして、一顧だにしなかったのではなかったかと!

「今風」というのはそういうもので、「駄目」なんてことは分かっているからなのか、改めて言われたくもない。けれども、それこそが「何事にも諦めしか抱けないつまらない大人」の姿だと思います。
それを不満に思いながらも、沈黙していれば、同罪です。しかししかし、どうしてどうして、・・・「新訳」を観れば、私には、御大は諦めているようには思えませんが?

禿め、最終章に
何を隠し球に持っているというのか!?(笑)

・・・あるいは否定されつくした感のあるニュータイプ論を、超人的な存在としてではなく、現在の私たちの延長線上に描きなおしてくれるのではないか。(それは既に「ニュータイプ論」と呼ぶべきものではないかもしれませんが。)

「人の革新」の可能性、未だあるものならば、わたしはそれを観たいです。私もたぶん、「諦めしか抱けないつまらない大人」になり下がりかけていましたが、新訳に寄せる期待には、そういうものが含まれているのだと思います。(裏切られたらツライな~。頼むぜ御大!)

新訳Ζ「恋人たち」 皆さんの感想をまとめ読み! 

[2005/11/10] | 新訳Ζ | トラックバック(0) | コメント(21) | TOP ▲

相当出遅れて、ようやく見てきた「恋人たち」。
ネット情報も極力目に入れないようにして見に行ってきましたけど、TV版の記憶に遮られて、ピュアに見れなかった気がするという感想は、前回ご報告したとおりです。

さて、ずっと見るのを我慢しておりました、私のレギュラー巡回先の皆さんの、「恋人たち」感想を、ざっと読ませていただくとしましょう。

以下ネタばれありになります。ご注意ください。

続きを読む

ΖガンダムII 恋人たち やっと観てきました。 

[2005/11/08] | 新訳Ζ | トラックバック(0) | コメント(7) | TOP ▲

いろいろございまして、一昨日22:00の回も結局見れず、昨日の朝、ようやく待望の「恋人たち」を観ることができました。
まだ疲れの抜けきらない頭で、ちょっとぼんやりと観てしまいましたが、フォウの最期には、不覚にも「グッ」とこみ上げてくるものがあって、ちょっと目を潤ませてしまったのは体調不良のせいばかりではなかったのではないかと思います。
白状いたしますが、私はTV版のΖガンダムを、本放送以来ほとんど見ておりません。どうしても見直す気にならないぐらい、厭な作品だったと言ってもいいでしょう。だから、旧作でのストーリー進行のディティールは覚えていませんし、新訳でどこが変わっているのかという比較は不確実だと思います。今回は特に、ネットでの評判なども極力目に入れないで、「まず作品を見よう」とかなり意識して心がけました。
そんな私がよそ様で何度もこれに救われましたので、一応「以下ネタばれ有」ということで、未見の方はご注意くださいますよう、お願いいたします。


続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。