スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情動とロジック 作家性と公共性 

[2009/07/19] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 長文のコメントをいくつもいただきましたので、本文でコメレスさせていただきます。TOMMYさんが「私の履歴書」富野アニメ体験プロフィール【前編】【後編】というような興味深い記事を書いておられたんで、私もそんなのを一回まとめてみたいんですが、こんな感じでしょっちゅう部分部分の富野アニメ体験を振り返っちゃってるんで、まとめるというと難しいんですよねー。w

ニコ子さん

>だからダンバインやイデオン、皆殺しではないけどゼータなど、「ああ分かる」って感じでした。 嫌悪感どころか共感、ですね。ところが、エヴァにはどうにも共感どころか観ることさえ拒否してしまう自分がいます。

>何でそうなのか、単に捕食シーンや人殺しシーンがイヤなのか分からないんですが、受け入れることは出来なかったんです。
それは多分昔の私と意識が変わったのでしょうね。

 このブログではよく、私よりずっと若い皆さんとお話させていただいたりするんですが、ティーンエージャーのときに観た作品には格別なものがあるというのは、否定できないですね。私の場合はイデオン発動篇に「共感」といいますか、魂を奪われた体験だけは、その後(アニメに関心を失っていた期間を含めて)繰り返し頭の中で反芻されてきた、無比のものです。

 思い出してみれば、その後太宰治とか、遠藤周作とか、青年期らしい青臭さでかぶれた作家というのはいろいろいたんですが、そういう感じ方の根っこになる部分はイデオンで育まれていた(笑)という事実は自分で否定しようもなく、厳然としてあります。

機動戦士ガンダムの時代 1981・2・22 アニメ新世紀宣言

 ただあれが当時の「アニメ新世紀宣言」とか「イデオン祭り」みたいなイベント的な時代の熱狂を伴っていたからそうなのかというと、多少はそうなのかもしれないんですけど、私はそういう第一世代オタク的なものは少し覚めた目で見ていたような記憶もあり、作品の、フィルムだけの力だけで圧倒的だったという思いがあります。

 自分の、そういう体験を踏まえて、エヴァンゲリオンに熱狂する世代の人たちの感性のあり方も理解するように努めてはいるんですが、越えがたい壁があるということも事実です。
 あるいは庵野監督は、当時むしろ距離を置こうとしていた第一世代オタク的なもの、そのものだったりしますから、そうなっているのかもしれませんね。

>他の作品ならOKでしょうが、トミノ作品はその背景を見、トミノの言葉を知らなければ理解するのは難しいと思うのです。

 んー・・・そこはどうでしょうか。昔はインターネットとかなかったし、上記のような次第で私はアニメ誌とかあまり読まない青少年でしたから、富野御大の言葉に接するようになったのは、正直な話、ここ最近のことなのです。
 自分だけの感動としては、作品さえあればよかったような感覚が私にはある(富野小説さえ遠ざけていましたから・・・)んですが、こうやってブログなんかを書くようになって、その感想を他の人と話し合うときに、どうしても微妙な差異があって、じゃあ富野監督本人は何て言ってたんだろうか・・・というような興味の持ち方のような気がしています。個人的には。

 私はアムロ・レイと同い年なので(苦笑)、今の私の歳ぐらいの時に監督は『ZZ』とか『オーラバトラー戦記』だったんだなー(参照:富野年譜)とたまに思ったりします。最近のお言葉は、聞いていてためになることもよくおっしゃっていますが、昔の発言なんかでは、けっこう読んでいても気恥ずかしかったり、アイタタタと感じるものもよくあって。
 ただ、そういうのを含めて(作品だけでなく)あの方の存在自体にちょっと感動するのは、いい大人になってしまって以降でも、真摯に生きていれば人間っていうのは成長できるんだなーと勇気付けられる好例というのが、実はあったりします。

続きを読む
スポンサーサイト

「ふしぎの海のナディア」 最終話まで見ました。 

[2007/08/26] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 GyaOでやってたので、ようやく最後まで見ました。前にも途中まで見て「どうもあまり私むけの作品ではないかもしれません」って感想を書きましたけど。
 ちょうど個人的にアニメの黒歴史時代の作品なので、名前だけは知っていたんですけど、見たことがなかったんです。それで、けっこう楽しみにしていたんですけど…ねぇ。(苦笑)

 こういう娯楽作も、世の中にはあってもいいんでしょ、たぶん。ただ、「あー、やっぱり私向けではなかった」という、つまりはまあ、…そういう感じでした。(ファンの方にはゴメンナサイ。) orz

 NHKで放送されて、けっこう人気もあったんですよね、この作品。『エヴァンゲリオン』までは、これが庵野監督の代表作だったんですよねぇ。うーん…。
 “これをリアルタイムで見ていて、その後にエヴァが来ていたら”って想像すると、だいぶ印象が変わっていたかもしれないですねぇ。っていうか、庵野監督という人についての考え方が、現に少し変わったかなぁ。
 だから、世の中のアニメヲタクな皆さんっていうのは、とても寛容なんだなぁと思ったり。

 32、33と来て、特に我慢ならなかったのは、34話「いとしのナディア」。まるでミュージカルでした。いや、分かりやすく、使いまわしの絵を多用して、間つなぎしたんでしょうけど。ちょっと分かりやすすぎかと。
 パロディだかオマージュだかの要素も本当に分かりやすくて。“N-ノーチラス号”のメカとか、主砲まわりのディティールなんかは好きなんですけど、全体的なデザインは微妙。“レッドノア”とデザインに差がありすぎて、その辺もどうなのかなぁと。

ふしぎの海のナディア VOL.9ふしぎの海のナディア VOL.9
(2001/12/29)
鷹森淑乃、日高のり子 他

商品詳細を見る
ふしぎの海のナディア VOL.10ふしぎの海のナディア VOL.10
(2001/12/29)
鷹森淑乃、日高のり子 他

商品詳細を見る

 ストーリー面でも、「設定>ドラマ(芝居)」という気がして、まあそこが一番、私むけでなかったような気がしました。最後まで期待していたんですけど、後日談みたいな締めくくりで、何だか残念でした。

庵野バッシングのつもりでは・・・ 

[2006/09/25] | アニメ全般な話題 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 「このブログのスタンスは、テキストだけを読んで庵野バッシングをしてるんじゃないの?」というメールをいただきまして、ちょっと考え込みました。ひとつそういう声が届くってことは、その何十倍か、そんな風に思いながらここを読んでる人もいるんだろうな、と。
 『「本当の事」―エヴァとイデオンと』などと題して書いたことも、私としては“エヴァ現象”をリアルタイムで体験できなかった自分の立場なりに、アニメ史の中でエヴァンゲリオンという作品が占める位置というのはどういうものなのかと考えてみたつもりでした。

 「新劇場版」の制作発表ということがあったから、エヴァの話題が活発になってるんですけど、大月さんとか周辺の人たちの発言ばっかり聞こえてきて、庵野さん本人の思いみたいなのが聞こえてこないというところで、話が少し空回りをしてるのかもしれないですね。
 私は、リメイクをするというからには、庵野さん自身もこれまでのエヴァンゲリオンには(今日的な視点で見て)何か“補完”すべき部分があったと判断したんだろうと単純に思っていました。(富野さんがZガンダムでやったみたいにね。)なので、それはどういうところなんだろうかと。
 そういう意味では「新劇場版」にとても期待しているし、私はかなり楽しみにしているんですよ?

 前回書いたことは、庵野さんって正直なんだ!というのが自分なりに発見だったんです。そうか、そういう見方ってできるんだな、と。難しい言葉をいっぱい作品の中にちりばめているから、少しひねくれた人なのかといつしか思い込んでいたんですけど。
 どんな表現をしてさえも“話のネタ”にしてしまうのは、作品を“観ている人”のほうなので、「庵野=正直」という見方に立てば、むしろ私が遠まわしに批判してしまったのは、そっちの人たちだったと思うんですけど。(分かりにくくってごめんなさい。)

 あと、なんで「未だにイデオン」なの?という問いかけも当然あり得るわけなんですが、エヴァ直撃の人たちにしか分からないエヴァの良さがあるらしいことと同様に、イデオン直撃をくらった私にも、そういうものがあるということで、見方の違いは許容してもらいたいのです。

 それからエヴァというのが一種の極北だと思えたことで、はじめて私にも“エヴァ以降”という言い方の意味が呑み込めたところがあるということも言っておくべきでしょうか。
 高橋さんも押井さんも、アニメの将来に悲観的なことをおっしゃるけど、私だって次代への期待というのはあります。それが、やっと見るべきポイントが見えてきたというのか。なかなか数をこなすというのは難しいのですけど、これからいろいろ見ていきたいと思ってますので、オススメの作品がありましたらぜひ教えてください。



| ランキングオンライン |

エヴァ再起動の話題 

[2006/09/17] | アニメ全般な話題 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 もうひとつ。某所でのラジヨさんとの話から、自分の書いたものをこっちにも転載しておきます。(手抜きですみません)

 テレビシリーズの(連続した)結末を、劇場版でそこだけ作ってなんとも思わないという人は、メディアの性質の違いを何も考慮しないという意味で、映像作家と呼ぶには値しないと思います。(なので、ガンダム劇場版は三部作だったし、どんなに苦しくてもイデオンには接触篇があった。)
 「アニメーション映画はテレビアニメより断然上等」と考えるのを当然とする東映系の流れを汲む宮崎さんに、常に見下されてきたのが虫プロ出身の富野監督なのでしょうね。それゆえにこそ、かえって「映画」というものへの意識は強かったのではないかと思います。
 師弟関係で言えば、庵野さんは宮崎さんの系譜を引いて然るべきかとも思いますが、プロ・アマのけじめがはっきりしないガイナックスの出自を考えると、メディアの性質の違いについての意識は弱かったのではないかとも考えられます。
 あれから十年で、庵野さんもプロの作家として意識が成長したときに、間違いなく自分の代表作として後世に残る作品であろう『エヴァンゲリオン』が、メディアの性質の違いさえ一顧だにしないものであることは、チャンスを与えられれば“補完”しておきたいものであったことは、充分に理解できるような気がしています。
 興業側の大月さんの目論見ばかりが先行してメディアに露出してくるので、庵野さん自身はどう考えているのだろうかと気になっていますが、期待半分、正直なところ不安も半分です。
 ラジヨさんの言われるように「普通に物語を楽しむ」ほうに行けばいいのですが、逆にいっそう「ネタとして要素を楽しむ」方向へ向かってしまう可能性もあると危惧しています。



| ランキングオンライン |

エヴァンゲリオン vs 宮崎駿/富野由悠季 

[2006/09/15] | アニメ全般な話題 | トラックバック(0) | コメント(5) | TOP ▲

 新劇場版の発表で再注目されているエヴァンゲリオンの話題で、ちょっと人気エントリーになってるようなのですが、「宮崎駿に聞くエヴァンゲリオンの魅力!」ということで、

宮崎駿監督「見たことがありません」
富野由悠季監督「コメントはひかえさせていただきたい」
押井守監督「2本ぐらいしか見てないので、コメントしようがありません。悪しからず」

 こういうのが注目されてるようなんですけど、これじゃなんだか、いつのソースなんだか。(笑)
 こういう話題であれば、やっぱりこの辺を見ておきたいですよね。
もののけ姫 [DVD]
もののけ姫 vs エヴァンゲリオン:Yasuakiの新批評空間

宮崎 僕は、これから庵野が何をするかって、簡単に言えないと思うんだけど、庵野の最大の取り柄は、正直に作ることだと思うんだよね。
庵野 はあ(笑)。
宮崎 「エヴァンゲリオン」みたいな正直な映画を作って、何もないことを証明してしまったというぐらいにね。
庵野 ええ、バカ正直ですね。
宮崎 それを僕は、脳化社会がどうのこうのとか、今の若者はとか、そういうふうに切り捨てたくないんだ。とにかく、「エヴァンゲリオン」で庵野が成功したことはよかったと思っている。仕事をするチャンスや発言力が増えるから。あとは「エヴァンゲリオン」の亡霊からなるべく早く抜け出して。「あの『エヴァンゲリオン』の庵野さん」って、これから10年、20年、言われ続けてたら、かなわないものね。
庵野 そうなんですよ。
宮崎 だから、今後一切、『エヴァンゲリオン』に手を出さない方がいいと思う。
庵野 その辺は大丈夫です。もう、ツキモノは落ちましたから。
それで、取あえずは少女漫画(彼氏彼女の事情)をやろうと思うんですけれど。(笑)
宮崎 おれと同じような道を歩んでいるな。
庵野 そうなんですよ。後で気がついて嫌だなあと思って。
宮崎 芸がないね(笑)
庵野 ね(笑)

 これは1997年のアニメージュ別冊「宮崎駿と庵野秀明」からの抜粋だそうです。
劇場版 NEON GENESIS EVANGELION - DEATH (TRUE) 2 : Air / まごころを君に [DVD]

宮崎監督「逃げやがって、あの野郎」  → ゲンドウ「シンジ、逃げてはいかん」
庵野監督「もう必要ないですね」   → シンジ「僕はいらない子なんだね」
となると、次の焦点は、逃げたシンジ(庵野監督)が、いつ戻るか?である。

 …Yasuakiさんは話のオチを、こう結んでいました。(さすがです。)
 しかしまさか、こうダイレクトにエヴァンゲリオンの再構築で来るとはね。

 富野監督に関しては次のこちらをどうぞ。(押井監督のは不明にして知りません。どなたかご存知でしたら、ぜひ。)

富野語録名作選(エヴァンゲリオンについて):Yasuakiの新批評空間 

富野 そうは言っても、たとえば作り手として庵野君が大嫌いかというとそうじゃなくて、作り手はそれでいいのです。ぼくが『エヴァ』のときに一番愕然としたのは、それに市民が乗ったのかもしれない部分で、これは社会が病気になってきているんじゃないかと思えました。

 こちらは「戦争と平和」(2002年5月発行)の対談より抜粋だそうです。もうちょっと過激な言い回しの批判は多くあるわけなのですが、要は庵野さん個人に対してとかエヴァという一個の作品に対してとか、そういう対象に対してものを言ってるわけではなく、エヴァ現象を起こしてしまった社会という存在への“カウンター”として発言しているという点は見ておくべきかと。(選んだ言葉にもよるわけですが、それに対して宮崎さんは、より庵野さん個人に対して言葉を発していますね。)

 エヴァ新劇場版絡みの話題については、他所でいろいろ話している内容もあり、いろいろ思うこともあるのというのに、今回は引用ばっかりでしたけど、とりあえずこの辺で。
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。