スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「サマーウォーズ問題」ってどんな問題なんだろう? 

[2009/08/21] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 細田守監督の最新作『サマーウォーズ』。私は公開初日に観に行ってきましたが、その後もネットをさまよっているといろんな感想を目にします。私の感想メモも読み返してみるとそうなんですけど、面白かったと言いながら、ちょっとどこか歯切れが悪い感じがあるかも。それは単にネタバレを回避したせいだけじゃなくて、少しは意識して応援演説をやりたかったし、それ以上に、私の貧しいボキャブラリーでは上手く説明できそうもない微妙な感覚があったからなんですけどね。
 TOMMYさんの鑑賞メモのブクマコメに、とぼふさんが「サマーウォーズ問題」ってタグをつけておられて、言われてみて少し意識してみたら、おっしゃるとおり微妙に煮え切らない感想を書き留めている人が他にも少なくないという気がしました。それで、決して上手く説明できる自信はないんですが、私にも身に覚えのないことではないので、私なりの「サマーウォーズ問題」というものについて、少し考えてみようと思います。

サマーウォーズ オリジナル・サウンドトラック

 実はあの後で、細田監督の旧作『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』も観ました。デジモンというものをほとんど知らなかったんですが、普通に観て楽しむことができました。
 ただ、言われているように『サマーウォーズ』は、これのセルフリメイクだというのはよく分かりましたけど、正直に言えば『ぼくらのウォーゲーム!』はただテンポ良く面白かっただけで、そんなに細田守らしさがプンプンする感じでもなかったし、「よりによって何でこれなの?」という感じがしました。
 生意気に「細田守らしさ」とか語れるほど、本当はよく知らないんですけどね。ただ単に「テクニシャン」というんじゃないところで、私はこの監督の作品にはぞくぞくと怖いところ(変な「闇」)があるほうが好きなんです。

 見てきた中でのベストムービーを基準に「~らしさ」というのを語ってしまうのは許して欲しいんですが、私が細田監督について思う場合、それは『時をかける少女』ではなくて、『ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』のほうです。あれは怖い作品でしたねー(笑)。

「そうなんだよね。要するに、そうなんですよ。『オマツリ男爵』という映画は、なんの映画かというと、僕のジブリ体験がね、基になってるの!(苦笑)」

 後で知りましたが『オマツリ男爵』は、細田監督がこんなふうにぶっちゃけちゃってる作品なのでした。あのアートアニメーション的な毒気の強さは、『ハウルの動く城』を降ろされたドロドロに根ざしていたんですね。比喩的に言えば(ちょっと違うけど)「黒富野」的な、という言い方に私の場合はなっちゃいますけど。
 『時をかける少女』も後から考えてみると、非常に作り物っぽいおばかな物語なのに、あの踏切事故のイメージとか、得体の知れない死のイメージのようなものが下敷きにあって、何なんだろうなーという印象がありました。

続きを読む
スポンサーサイト

“神の手”考 ― 「皆殺しのトミノ」は手塚治虫の直系の子孫 

[2009/07/15] | 御大 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 諸事多忙で、なかなか更新できないでいます。過去記事へコメントいただいても、なかなかレスできなかったりして、いつも申し訳なく思っているんですが、『聖戦士ダンバイン』最終話の感想にいただいたコメントが、ちょうど今、考えていたことを記事にするきっかけになりました。

確かに地上に上がってからはグタグタ感があった。
しかし最終回が良かったので何も言う事はない
印象的な最終回でした。

ダイゴさんのコメント

理由はわかりませんが…最後の方で空母の艦長が「あれは…人のオーラが放つ光だ」というあたりから、優しい曲が流れる中、もうショウもマーベルもニーも… バーンも、いないんだと思うと胸が詰まってしまうんですよ。やはりどうしても忘れられない作品の一つです…私にとっても多分、バイストンウェルは…あの頃のバイストンウェルこそが、心のふるさとかも知れません。

通りすがりのコモンさんのコメント

 ウェルメイドに形式が整っているからといって「どうしても忘れられない作品」になるとは限らないんですよね。「最終回が良かったので何も言う事はない」というのも、そういうことでしょう。
 しかし、そう何度も皆でよってたかって「ぐだぐだ」って言わなくても、もう分かっていますから、まあいいじゃないですか。(笑)

日本動画興亡史 小説手塚学校 1 ~テレビアニメ誕生~

 で、ちょっと違う話題なんですけど、今、皆川有伽の『小説手塚学校』を読んでおります。その中に手塚治虫の『ある街角の物語』を見て、宮崎駿は手塚ファンをやめたというエピソードが載っていました。
 これがリミテッドアニメだからというんではなくて、「終末の美」を描いた悲劇的なラストに「神の手」を感じたのが許せなかったというんですよ。

 初期のストーリーボードでは、どうも物語の結末にもう少し救いがあったらしいんですね。それを「戦中派のセンチメンタリズム」と指摘した人があって、これを聞いた手塚先生は興奮し、『じゃ、全部殺しましょう。(登場人物を)全員殺しましょう』ということになったそうです。「そうすればリアリズムになりますから」と。
 お分かりかと思いますが、この部分を読んだ瞬間に、私なんかは、やっぱり富野由悠季は手塚治虫の直系の子孫なのかもしれないな!と思ってしまっているというわけです。(笑)

 この部分で皆川さんが“神の手”という言葉の位相をずらしながら使っているんで、流し読んでいたら一瞬「おや?」とひっかかったのでありました。

 「全員殺しましょう」という結末のほうが手塚にとってはリアリズムであって、それを救わなくちゃとするのは「戦中派のセンチメンタリズム」でなければ、ディズニーアニメのような「児童文学的」性格なんだけど、それこそ(手塚にとっての)“神の手”だと。

 ところが宮崎駿は悲劇的な結末をみたときに「背筋が寒くなって非常に嫌な感じ」を覚えたというんですね。 「意識的に終末の美を描いて、それで感動させようという手塚治虫の“神の手”を感じました」と。

 何が作家の「神の手」なのかという感じ方が、ここで逆の位相を示している。

続きを読む

『雪の女王』(三鷹の森ジブリ美術館ライブラリー) 

[2009/05/09] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 差し引きだいぶ損している気はしますけど、いちおうゴールデンウィークの代休を少しはもらえたので、ちょっとリフレッシュ。何となく気分を変えてみたいところでもあり、ちょっと古典的な名作アニメーションを借りてきました。この『雪の女王』は若い頃の宮崎駿監督が強い影響を受けた作品ってことで、何年か前にスタジオジブリのプロモーションで上映もされたんじゃなかったっけ?

雪の女王 ≪新訳版≫ [DVD]

 検索してみたら立派な公式サイトがまだありましたんで、内容紹介なんかはそっちを読んでもらえれば。
 アンデルセン童話が原作。今の日本のアニメに慣れちゃってると、導入部なんかは少したるい感じもあるんですが、1957年に製作されたと言われれば、当時ならば観客を物語の世界に導きいれるのに、こういうやたらに丁寧な語り口が必要だったのかなぁとも。

 それでついつい、宮崎駿監督のいろんな作品のことを思い浮かべながら見ちゃうのは仕方がないって感じですが、絵の感じなんかを見ていると以前に見た『太陽の王子 ホルスの大冒険』(1968年)なんかは、『雪の女王』の強い影響下で作られたんだろうなぁと大いに納得。作劇のテンポなんかでも(これまた時代性なのかもしれないけど)似たような緩やかさを感じました。

 少年カイと少女ゲルダは幼馴染で大の仲良し。童話ですからねー。これがもう、この子たちがむちゃくちゃイノセントなんです。(私なんかは少し首を傾げたくなっちゃうぐらい・・・。)
 それがふっとした一言で、雪の女王の思わぬ怒りを受けてしまう。それで心を氷にされてしまった少年カイ(関係ないんだろうけど富野アニメ好きなら、ここは『キングゲイナー』終盤の“コールドゲイナー”なんかを連想しちゃうところ)。ってわけで、その後、氷の女王に連れ去られてしまったカイを探して、冒険の旅に出る主人公は少女のゲルダのほうなんですよ。アンデルセンの原作からそうらしいんですけど、少女のほうが活躍する物語というのが、なかなか面白いですねー。

 ところが彼女の武器は・・・「一途な心」、もうひたすらに、それただひとつ。

 主人公が飛んだり跳ねたり走ったりっていうアニメ的なエンタメ要素がほとんどない点では宮崎アニメとは全く異質な作品でした。でも、「主人公が何かを一心に想う気持ちでどんな苦難にもめげずに前進し続ける」という性質は、たぶん『未来少年コナン』(1978年)以来の宮崎アニメにも一貫しているものです。そういうところで『雪の女王』から受けている影響というのが強いんでしょうね。

 それともうひとつ、そういう主人公の前に立ちふさがる悪い心の持ち主たち(ここで非常に印象に残るのは、「山賊の娘」)が、彼女のひたむきさに接するうちに「浄化」されて協力者になっていくというパターンも同様に宮崎アニメに継承されていくもののような気がしました。私にとってはこの山賊の娘が、この作品の中で一番いい芝居をした、印象深いキャラクターで好きですね。

 ラスボスは最強無敵の雪の女王になるんですが、か弱いゲルダがどう立ち向かうのか、あるいは目が覚めたカイが大活劇を見せてくれるのか・・・などと思いながら見ていれば、うーん、そうか、こりゃまた不思議な・・・。(考えさせられます。)

 宮崎駿がこの作品を見たのは1964年ごろでしょうか(宮崎駿 - Wikipedia)。テレビで手塚治虫の『鉄腕アトム』がはじまったのが1963年。「テレビまんが」的なものの対極にある本当の「アニメーション」という感じで、大きな影響を与えたのかも。
 映像特典でけっこう長い宮崎監督のインタビューが入っていて、一部は公式サイトにも再録されています。ロシア語原版の音声が素晴らしかったって言っているんですけど、うーん、そうか?って正直思いました。(笑)
 「若い頃に見たり聞いたりしたものは、すべてビビッドだった」的なものが少しあるような気もします。もちろん、時代を考えれば、素晴らしい名作であることは疑いようもないですが。

 個人的には、やはり映像特典の中に入っていた、(劇場では同時上映されたらしい)短編の『鉛の兵隊』のほうが、実はビビッと来ました。20分ぐらいあるのかな。これは切ない話です。クライマックスは悲劇と言うべきでしょう。まあ、趣味の問題ですかね・・・。
 せっかくレンタルしてきても、「映像特典」の中に入ってるだけですからうっかりしていたら気が付かないかもしれません。これも名作だと思いますよ。どうかお見逃しなく。

『宮崎アニメは、なぜ当たる』 読書感想文(?) 続き 

[2008/09/09] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(6) | TOP ▲

 書き出したときは面白いと思ったんですけど、こういうのって急に面倒くさくなったりしますね。最近、ブログに富野監督の関係の記事が少ないよ、と指摘されたりしてるんですが、個人的には富野小説を読んで、足りない“トミノ分”を補っているような感じです。(今まであまり読んでなかったのですが、皆さんのおかげで急にトミノ小説に親しむようになりました。)
 それなら小説の感想を書いても良さそうなもんですが、アニメの感想と違って「映像→文字」じゃなくて「文字→文字」なところが書きにくいんですね。
 そんな感じで、本の感想を書くのは苦手なんですが、何とかまとめてみたいと思います。

宮崎アニメは、なぜ当たる スピルバーグを超えた理由 (朝日新書 121)

 前回は、『ナウシカ』(1984年 配給収入7.42億円)→『ラピュタ』(1986 5.83億円)→『トトロ』+『火垂るの墓』(1988 5.88億円)までというところで、当時の興行成績としてはまずまずとはいえ、最近の宮崎アニメとは文字通り桁が違うだけでなく、やや右肩下がりというところまででした。

 次の、「誰も予想しなかった大ヒット」となった『魔女の宅急便』(1989)が境目なんですね。配給収入21.7億円。この年の日本映画No.1ヒット。
 これ一応原作コミックがあるんですね。知らなかったです。そのぐらい私には関心が薄かった作品。「宅急便だけにクロネコヤマトが製作出資?へぇー」ってなもんでした。やっぱりポイントは、徳間書店に加えて、この作品から日本テレビが製作に入ったってことなんでしょう。

 ただ、ここではそれ以上に「女性観客を惹きつけたこと」がヒット要因として挙げられています。ナルホド。そして大都市以上にローカルのほうが成績がよかったらしいです。
 ジブリでは高畑勲監督の『おもひでぽろぽろ』(1991)も18.7億円のヒットで、やはりこの年の日本映画No.1。(そうだったんだ・・・。)女性ターゲット恐るべしなんですね。

 続く『紅の豚』(1992)はJALの機内で上映する30分程度の作品を、宮崎監督は“息抜きのつもり”で作ろうとしたのが思いが広がってしまい、・・・ということだそうです。この本の筆者はこの作品が「一番好き」だとのこと。それで前作以上の配収27.13億円。
 宣伝代理店は「ファミリー層」向け、鈴木敏夫Pは「大人の観客」向けを主張して対立したそうですが、結局双方が見に来たという結果。・・・「“楽しい” “明るい” “親しみやすい”ジブリ作品のイメージ」が広まったということが言われていますけど、この作品でついにこの年の(洋画を含む)全映画の中でNo.1ヒットを記録してたんですね。

そこへ、宮崎駿というおじさんが、自らの趣味性を前面に押し出した作品を作り上げた。それまでの“エコロジーの巨匠”的な、ちょっととっつきにくいイメージから、“飛行機が大好きで、どこにでもいそうな、腹のつき出た所沢のおじさん”という、より親しみやすいイメージへ。

 私は高畑監督は好きなんですけど、『平成狸合戦ぽんぽこ』(1994)は、変わった作品だなぁという印象でした。それで配収26.5億円で、この年の日本映画No.1と聞くと、すみませんが意外な気がします。
 近藤喜文監督『耳をすませば』+宮崎監督の短編『On Your Marks』(1995)もまた配収18.5億円で、同年の日本映画No.1。もはやジブリ・ブランドの威力だと。(この辺の分析が、この本では食い足りないところなんですけど、何とも言いがたいところなんでしょうかねー?)

続きを読む

『宮崎アニメは、なぜ当たる』 読書感想文(?) 

[2008/09/03] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(6) | TOP ▲

 夏休み・・・は、全然なかったんですが(笑)、何となく近ごろ乱読した本の感想文でも書いておきたくなりました。難しい本は、ほとんど読んでいないんですけど、昔に比べると少しは本を読むのが好きになりました。PCのモニターばかり見ていると、凄く疲れるという、それだけのことかもしれませんけど。

宮崎アニメは、なぜ当たる スピルバーグを超えた理由 (朝日新書 121)宮崎アニメは、なぜ当たる スピルバーグを超えた理由 (朝日新書 121)
(2008/07/11)
斉藤 守彦

商品詳細を見る

 書店でタイトルを見て、ぱらぱら立ち読みして、衝動買いをした本です。著者は映画業界紙の記者だった方で、現在はフリーの映画アナリストだそうです。

 富野スキーの私なんですが、このブログで富野アニメの記事はあまり人気ありません(笑)。
 「富野信者が富野作品を褒めるのは当たり前」で、ニュートラルじゃないのがいかんらしいです。あと、宮崎監督のことも時々書くんですけど、これは「嫌儲」な感じが抑えきれていないようにみえるんだそうで・・・。ルサンチマンですかねぇー?(苦笑)

 まあ、そんな不純な動機(?)で読んだわけですけど、映画業界の変遷みたいなものも含めて書かれているこの本は、映画に詳しい人なら知ってるデータも多いのかもしれませんが、無知な私にはけっこう「へぇー」と思うことが多くありました。

 映画館の数(スクリーン数)の増減

  • 1960=7457(ピーク) → 1964(昭和39)=4927 → 2007(平成19)=3221
    • 映画館数激減の原因は、やはりテレビの登場だそうです

 興行収入の“洋高邦低”(日本映画 < 外国映画)

  • 1986年~2005年

 特にハリウッド映画に席巻されていた、この20年間の映画の状況について語る上で、その両者の代表選手としてジブリアニメとスピルバーグを対照しようというのが、この本の狙いだそうです。

  • 1984 『風の谷のナウシカ』 配給収入7.42億円 興行日数48日間→
  • 1986 『天空の城ラピュタ』 5.83億円 42日間→
  • 1988 『隣のトトロ』+『火垂るの墓』 5.88億円 32日間

 トトロが苦戦したのは知ってましたけど、ラピュタも、意外と苦戦したんですね。

シネコン全盛の昨今では、たとえ邦画系で決められた週数の興行を終了しても、余力アリと判断されれば、同じシネコンの別のスクリーンに場を映して上映を続けることができます。

 この頃はまだ、半年以上上映された『もののけ姫』のようなことができなかったという話です。なるほどなぁ。あと、それまではキャラクター商品には消極的だったが、トトロのぬいぐるみが転機となったという話も面白い。

 一方のスピルバーグ。

  • 1976 『ジョーズ』 50.5億円 →
  • 1978 『未知との遭遇』 32.9億円 →
  • 1980 『1941』 8.6億円 →
  • 1981 『レイダース・失われたアーク[聖櫃]』 13.8億円 →
  • 1983 『E.T.』 96.2億円

 『E.T.』の記録は、1997年に『もののけ姫』に破られるまで、わが国の歴代ヒットの記録だったそうです。『レイダース』って私はこっちのほうが好きだし「スピルバーグ」と言うとこのイメージなんですが、意外と苦戦してたんですね。
 名声を確立したスピルバーグは若い監督のプロデュースをはじめて、『グレムリン』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』など、SF冒険ファンタジー大作の「スピルバーグ印」としてブランドイメージ化していく、と。

 あれ、こんな書き方してたら、恐ろしく長くなる!?(笑)
 何しろ、ここまでだと、『ナウシカ』なんて凄い熱気だったという主観的な記憶があるんですけど、映画業界的には、まずまず健闘した、というレベルだったんですね。なんか意外だなー。
 とにかく今夜はここで一回切って、続きは今度また。ちょっと仕切りなおしますね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。