スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『機動戦士Zガンダム』 第38話 「レコアの気配」 

[2009/05/07] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 先日買ってきた『機動戦士Zガンダム』の小説版を早く読みたいんだけど、いちおう以前に自分で「テレビ版の再見を終わってから」とハードルを設けてしまったので、まだ読めないのでありました。

機動戦士Z(ゼータ)ガンダム〈第5部〉戻るべき処 (角川文庫)

 しかし、目の前に人参をぶら下げる必要が?

 なくもないですね。でもつまらないものを我慢して見ているわけではありません。面白いんです。面白いんですけど、しんどいんです。そんな感じ。

 ついに38話。二回目の地球降下からカミーユとシャアが宇宙に戻り、いよいよ終盤の物語に向かっていこうというところ。この回では地上篇の前半から宇宙篇の後半までを、ひとつのエピソードの中で切れ目なく繋いでいっています。『ZZ』の製作決定で後半全体が引き延ばされていますから、このままラストアクションに入っていかないところはシリーズとしてはテンポが悪いんですけど、一話一話が間延びした感じになることはないのは、さすがです。

 のっけからカミーユへの怨念に凝り固まっているジェリドが出てきますけど、個人レベルの小さな勝負にこだわってるだけの、こんなつまらん男では、もうカミーユのライバルというポジションは保てない。冷徹ですね。

 二話前の『永遠のフォウ』ラストで、もうクワトロ大尉とは呼ばない、と突っ張っていたカミーユなんですが、やっぱり「シャア」とは言いにくいし、この回で案外あっさりと妥協。何か微妙な距離感で、それでもシャアについて行くって感じかな?
 この緊迫した場面で(宇宙で会うはずの)カツへの伝言はないかとハヤトに尋ねるカミーユは、いろいろ気配りの出来る優しい少年。ハヤトの「生きていてくれれば」というセリフは、後のことを考えると切ないです。カミーユは気配りのできる子だから、こういうのも記憶のどこかに残っていて、一人一人の死を重く受け止めずにいられなかったのかもしれないなー。

クワトロ 「一昔前の人々は、この何倍ものGに耐えながら宇宙に出た」
カミーユ 「知っています」
クワトロ 「彼らは宇宙にこそ希望の大地があると信じた。自分達を宇宙に追いやった地球のエリート達を憎むことより、その方がよほど建設的だと考えたからだ。地球の重力を振り切った時、人は新たなセンスを身に付けた。それが、ニュータイプの開花へと繋がった。そういう意味では、確かに宇宙に希望はあったのだ」
カミーユ 「よくわかる話です。僕もその希望を見つけます。それが今、僕がやらなくちゃいけない事なんです。(・・・そうしなければ、フォウはオレの中に生き残ってはくれない。)」

人間の条件 (ちくま学芸文庫)

 ハンナ・アレントの『人間の条件』という本を読んだとき、その「プロローグ」で、あ、これが“ニュータイプ”のイメージの源だな、と直感しました。
 「公共性」について述べられているこの本は1958年(!)に刊行されていますが、その書き出しは、前年のスプートニク(最初の人工衛星)打ち上げのことから始まっているんです。

「地球に縛りつけられている人間がようやく地球から脱出する第一歩」というこの発言が陳腐だからといって、本当はそれがどんなに異常なものなのかを見逃してはならない。というのは、なるほどキリスト教徒はこの地上を涙の谷間といい、哲学者は人間の肉体を精神や魂の囚人として眺めてきたけれども、人類の歴史の中でいまだかつて、人々が本気になって、地球は人間の肉体にとって牢獄であると考え、文字通り地球から月に行きたいとこれほど熱中したことはなかったからである。

 「地球は人間の条件の本体そのもの」ですが、その条件から脱出したいという望みを人間は持つ。こうした「与えられたままの人間存在にたいする反抗」についての判断を、職業的科学者や職業的政治屋だけに委ねることはできない。この「プロローグ」でアレントは、生命のあり方や労働のあり方などの「現代的な不安」を例示していますが、彼女はそれに対して「解答を与えようとするものではない」とし、「人間の条件を再検討すること」をこの本で試みています。
 「空想科学小説」について、「それは大衆の感情と大衆の欲望を伝える媒体として注目に値するものであるが、残念なことにこれまでそのような注意を払った者はだれもいない」とも述べています。とても難しい本ですが、非常に興味深い内容です。

 「そういう意味では、確かに宇宙に希望はあった」とシャアは言い、それにカミーユは「よく分かる」と。地球の重力(つまり人間の条件)を振り切る希望に僕は生きるんだ、と熱っぽく同意しちゃってます。

「本当に排除しなければならないのは、地球の重力に魂を引かれた人間たちだろ!」

「排除しなければならないのは、地球の重さと大きさを想像できないあなたたちです!」

 ちょっと先走って最終話の話題になっちゃいますが、『機動戦士Zガンダム』のテレビ版と劇場版で、最も顕著な相違点を示している上記のカミーユのセリフの変更は、この38話でのシャアとの距離感の取り方で既に決まっちゃってるところもあるような気がします。
 ガンダムみたいな“巨大ロボットアニメ”なんて、大衆の感情と欲望にまみれた「きわめて尊敬すべからざるもの」だったんでしょうが、富野由悠季はそういうところでこそ「人間の条件」を再検討していたような気がします。

 しかし、フォウの死をまだ引きずっているところへダカール演説の高揚感も重なって、しかもシャアの操縦しているシャトルに自分の命を預けているという絶妙のタイミングでこういうふうに“オルグ”されちゃったら、カミーユがシャアから自立した独自の視座を持つことは難しいでしょうね。つくづくテレビ版のストーリーテリングは残酷です。

続きを読む
スポンサーサイト

私個人にとっての「普遍的」価値 

[2007/09/08] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 のっけの表題から、言葉の意味に厳密な方が読んだらひっくり返りそうな、矛盾そのものの言葉を使っちゃいましたよ。w

→ 「普遍的影響力」と「普遍的価値」

 この記事に、またたくさん勉強になるコメントを寄せていただいて、本当にありがとうございます。・・・なるほど、身に付かない難しげな言葉をうっかり出してしまうと、予期せず“哲学・思想的な話”になっていってしまいますね。身近な疑問が哲学的なものに繋がっていくというのは、自分の勉強の機会としては嬉しいんですが、ただ、このブログの常連の皆さんでないと、ここの管理人たる私が、こうも“学のない”人間だとはご存じないので、ぱっと来てはじめて読まれた人にはいろんな誤解を与える可能性はありますね。気をつけます、ハイ。

 私の哲学・思想の知識などというのは、高校生のとき(何十年前だよ、ヲイ!)の「倫理社会」の教科書からそれほど進んではいません。ローティとか、アレントとか、このブログを書いている中で、皆さんにご教示いただいて、懸命に読んでおりますが、全然読み進められないし。ほんとに基礎学力がないというのは情けないことです。

 私が「普遍的影響力」とか粗雑な言葉で言ってしまったものは、世の多くの人に知れ渡って人気を博し、ブームを起こす力のような、そんな程度のイメージだったと思います。(前の記事での辞書の定義で言えば、「広く行き渡ること」という、漠然とした定義のほうですね。)
 「普遍性」と言ったときに、哲学・思想用語として捉える人よりも、そういう“人気の出る要素”のように聞いてしまう人も案外いると思うのです(英語で言えば、ユニヴァーサルではなくポピュラーに近い?)。私の場合は、そのへんの区別が全然できずに混同しながら使っていた状態でした。
 哲学・思想の用語で言えば、これは誤用なのですね。・・・“価値”というのは、むしろ相対的なものだと。そこを絶対的なものの如く思いなそうとすると、それは“イデア”について話していることになる、と。あるいは“アプリオリ”とか。どうやら、そういう話なのですね。私には難しいですけど、とても面白いです。

 それこそ遠い昔に「倫理社会」のお勉強をしていたときに、“イデア論”で語られる真・善・美という概念は、けっこう気に入っていました。でも、私が個人的に、≪これには“普遍的な価値”があるんじゃないか≫などと思うものを、いくらなんでも“イデア”とまで語れるかと言われれば、そりゃかなり無理ですよねぇ。(笑)

 世界の真理についてのような話になると、「普遍」というのはいかにも難しいのですが、私程度の人間にも知覚し得る範囲のことに限定して言うと、 「時代の中で人間は変わっていくものだけど、いつの世にも変わることなく人間が抱えているもの(良い意味でも悪い意味でも)ってことになるんでしょうかねぇ」と書いた、その程度のことは許されないものだろうか、と思っています。

→ ukparaの思索メモ (つねに未完成) - うのもえ 第4話 「三つの決断主義」

 けれど、このあたりを読ませていただいて、私の思い込みは「普遍的価値」などと言うよりも、むしろ「無根拠な選択」なのかなぁと感じました。

決断主義2=「諸個人が、自らの無根拠な行為を、その政治性を自覚化する(社会参加する=自分自身だけでなく全人類をもアンガジェ〔拘束〕する)ことで、正当化すること」 in サルトル『実存主義はヒューマニズムである』(1946年)

 個人的にいいと思う作品を、ただ自分で楽しんでみているだけではなくて、こうしてブログに感想を書いたりするっていうのも、ずいぶん迂遠ですが、世の中に関わろうとしているってことになるんでしょうね。

決断主義2(サルトル実存主義)は、ポストモダン時代では不可避な生き方だから、当然の(歴史相対的な)前提。よって、肯定される。逆にこういった自覚がない人は、自分の発言の政治性を自覚できないので、危険。

 なるほどなぁ。うっかり「普遍性」などという言葉を持ち出すと、私は“普遍主義者”になっちゃうんだなぁ。
 ネット上でのいろんな話を読んでも、抽象的で実感がわきにくいこともしばしばあるんですが、こんなふうに例えば“ブログを書く”みたいな身近な現実に接続してくると、現実味を帯びてきて、私のような無学な人でもある程度、具体的にイメージを持って考えることができます。
 今回もまた、皆さんのおかげでいろいろ勉強させていただけました。今後ともどうかよろしくお願いいたします。

囚人さんのジレンマ w 

[2007/06/28] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 最近たまに耳に入ってくる“サバイブする”という言葉の用いられ方(受け取られ方?)への、漠然とした違和感のことを書いたのは、本当は、そのちょっと前の記事にいただいたコメントで「囚人のジレンマ」というキーワードを与えられたので、そのことを考えていたら、話がそういう方向へ行ってしまったのでした。

 “サバイブ”に「非常に殺伐としたニュアンス」を付与するのは和製英語でしょ、という指摘もいただいて。言葉って本当に難しい。なるほど、もう少し情緒を排したドライな言葉なのかもしれないですね、本来は。

囚人のジレンマ - Wikipedia

 「個々の最適な選択が全体として最適な選択とはならない状況の例」だそうです。「1対1」が基本パターンですが、プレーヤー複数の場合(社会的ジレンマ)や、選択機会が何度となく繰り返される場合(繰り返しゲーム)など、バリエーションもいろいろ。
 これを特殊状況と捉えるのは、“個々が最適な選択を積み上げていけば、多くの場合、全体も最適化される”という考え方ですよね。私なんかはへそ曲がりなのか、そうすんなり行くほうがレアケースのような気がしますけど。(笑)

 これら、複数の主体の存在する状況下での意思決定についての研究アプローチの方法たる“ゲーム理論”の考察ということだそうで。なんかゲーム的な事物の単純化って好きじゃないんですけど、そうした研究の目的が、「ゲームの望ましい帰結はどのようなものかを探る」というところは、私も気に入っています。
 「ゲームの望ましい帰結」についてのビジョンの有無によっては、“サバイブ”という語に接した場合の「非常に殺伐としたニュアンス」の様態も変わってしまうでしょう。

 しかし言葉って難しい。素人が聞きかじりで使うには荷が重い言葉なんですけど、でも、それこそ“的確に状況を判断すること”を専門家任せにしていられる時代じゃないぞ、という意味で“サバイブ”感覚が必要という時代認識には、私も大賛成。

 こうやっておぼつかないブログを書きなぐってみたり、『人間の条件』(ハンナ・アレント)がなかなか読み進められないのにじっと耐えてみたり。(笑)
 賢からぬ私なりに自分の頭で考えるということが、苦しいんですけど楽しいんですね。私には、こういうことのほうに生きてる実感があります。

 例えば《全体》と《個》というのは、人間の生きることというのを、半永久的なサイクルとしての自然の円環運動の一部と捉えるのか、生れ落ちた瞬間から死にゆく刹那までの(前後からは隔絶された)直線運動と捉えるのか、の問題でもあるのかもしれません。

 しかし、こんなこと考えていて、私は“サバイブ”できるんですかね?うん、確かに怪しいです。(笑)

続きを読む

「貴様なぜ自分の任務を果たそうとしないんだ?」 

[2007/06/17] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

「ぶったね!……二度もぶった!親父にもぶたれたことないのにっ!!!」

 「PSB1981の日記 - ブライトの苦悩(ガンダムシリーズ/富野由悠季)」の話がずっと気になってたので、少し遅くなりましたけど、考えてみます。何かと“大人”の役割を担わされるブライトさんだけど、ファーストのこの頃ってまだまだ未熟な若造の一人なんですよね、本当は。
 焦ったブライトが思いつきで出したパトロールが結局は裏目になってしまって、「パトロールしてわざわざこっちから仕掛けることなんてない」とアムロが言ったとおりの結果になっちまってるっていう、そういう精神的な負い目もこの場面でのブライトにはあるし。

「アムロ、貴様なぜ自分の任務を果たそうとしないんだ?」
「ブライトさんはなんで戦ってるんです?」
「…今はそんな哲学など語っている暇はない。立てよ、おい」

 改めて物語を振り返ってみるとブライトは、第9話「翔べ!ガンダム」でのこのエピソードの前には、とにかくガンダムを出せと言うリード中尉に「アムロには休息が必要です」と抗弁したりもしています(第6話「ガルマ出撃す」)。
 このへんの時期のホワイトベースの“大人”代表ってのは、そんなわけで本来はリード中尉なんだけど、「生き抜くだけなら簡単だよ、ブライト君」「ホワイトベースを捨てりゃあいいんだ」とかコイツ言っているし。正規の軍人はほとんどいないし、ジオンの重囲下で連邦軍との連絡さえままならないこの局面では、白旗を掲げるという選択肢だってないじゃあなかったはず。…そういう意味では、アムロじゃなくても「ブライトさんはなんで戦ってるんです?」と、その哲学を聞いてみたくなるような気持ちは分からないでもない。

 思い切り辛目に言っちゃうと、この場面で殴ってわめいて気分を晴らしているのは、むしろブライトのほうなんじゃないのか、って思うのは、自分も少し歳を食ってきて、仕事の中で自分が最前線で戦うだけじゃなく、後輩をうまく働かせるように気を遣わなきゃいけないブライト的なポジションに近づいてきたせいもあるかな?(苦笑)
 ブライトがアムロを二度殴ったことよりも、「それだけの才能があれば貴様はシャアを越えられる奴だと思っていた。残念だよ」というオダテのほうが結局は効果的だったっていうのも、実際なかなか教訓的ではあります。
 やる気さえ出せばすごい才能を発揮するニュータイプのパイロットよりも、頑張ってるんだけど、ときどき判断ミスもしてしまうオールドタイプな中間管理職にシンパシーを感じてしまうのは、自分でも少し哀しいです、ハイ。

 …というのは、今や古典的になったアニメの話なんだけど、どの年代の視聴者や読者を想定するかということはありますね。そしていろんな視点からの評価に耐えるのが、『機動戦士ガンダム』の名作と言われるところなのでしょう。

続きを読む

26万ヒット御礼と偏頭痛と達人の仕事 

[2007/06/14] | ブログ日記 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 ご無沙汰いたしまして。(←大げさ

 実はまた出張だったんですが、いつもの携帯読書日記が書けなかったのは、ちょっと体調が悪くて。(相変わらずの偏頭痛です。)
 ふと気付けば、この間にカウンターが26万を超えてしまっておりました。大変ありがとうございます。このところ目に見えてアクセス数は伸び悩んでおりますが、このへんで安定したいと思っているとそんなもんなんでしょうね。

 目論見では、この出張の車中でハンナ・アレント『人間の条件』を読破する勢いで、文庫本とはいえ分厚い本をかばんに入れていったんですけどねぇ。さすがにここは仕事優先だろうと、体力の温存に努めました。(寝すぎは寝すぎでまた、偏頭痛の原因になるんですけどね。)

 でも出張というのは、訪問先の方と夜、お酒を飲むことも仕事のうちなんです。アルコールは駄目だ!頭痛薬とアルコールは相性最悪なんで、薬のほうを我慢してるんですけど、呑むと偏頭痛は酷くなるんです。それでも一生懸命愛想笑いをしてるのがサラリーマンの仕事ってわけです。(とほほ。)
 そしたらですね。隣に座っていた相手先の女性が、お店の人に「お水ください」って言ったなぁと思っていたら、静かにつーっと私の前に置くんですよ。「あっ」と思いました。おかげさまで、他の方には気付かれずに何とか体面を崩さずに場を保つことができました。

 私の仕事なんてのは、ちっとも生産的ではない業種なんですけど、デスクワーク中心とはいえ近ごろは誰でもできるような仕事ばっかりで。そういう意味で“私でなければできない仕事”なんてのはそれ程ないよなぁと考えていたら、そういうのはアレントさん的には「仕事」ではなく「労働」なのかなぁと。あまりやり甲斐を感じるわけでもないですし、自分ならではのスキルを伸ばすことも難しいし。

 で、まあ取引先のその方も、業種としては似たようなものなんですが、私の窮地をひそかにフォローしてくれた振る舞いに「これはプロの仕事だな!」と、本当に感心してしまって。何でもないことのようで、場数を踏んでないとできないし、それに彼女ならではの優しさもあればこそ、というわけで。

 ようやく仕事を終えて、今日無事に自宅に帰ってきました。ほっと一息。今回は本当にきつかった。
 帰りの車中では少しは本を読む元気も出てきたんですけど、こんなふうにちびちびと流し読みしていてもなかなか頭に入るものではないですね。ただ消費されていくだけのものを産み出すために(奴隷のように)誰にでもできる労働をさせられて、やっと稼いだものはまた消費させられるために一時的に与えられているだけのようなもので。「公共性」ということを考えたときに、ただ生計のためだけに為される「労働」は、古代には軽蔑されたのに、それを近代は賛美していることの矛盾だとか。(ことはもっと複雑ですが。)

 ただ、人と人の間で、人々の日々の糧にもならないような業務に従事していながらでも、やっぱり“その道の達人”の振る舞いというのは、目立たぬところで人を感動させる力があるんだなぁと。
 まだちょっと頭痛いんで、書いてることがうじゃうじゃですみません。また医者に行かないと駄目ですかねぇ。頭痛を訴えても、頭痛薬を処方してくれるだけで、原因を調べたりとかないんですけど、そんなものですか?あ、でも転ばぬ先の葛根湯は、感動的に症状が改善しました。もらったときは「漢方かよ」って思ったんですけどね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。