スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原恵一 『河童のクゥと夏休み』 笑いました。泣きました! 

[2008/08/13] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(5) | TOP ▲

 ずいぶん前から見たかったんですけど、このたびようやく見ることが出来ました。昨夏劇場公開されたこの作品。実によく出来た『映画』でした。笑いました。そしてマジで泣いちゃいましたよ。参っちゃいましたねー。(笑)
 私は未だに『ポニョ』見るもんかと意地はってますが(笑)、人間社会に異生物がやってくるというストーリーとすれば、この『クゥ』は最上と思える出来でしたよ。そういう観点の記事はあまり見かけない気がしますが、見比べてみたら面白いんでしょうかね。

河童のクゥと夏休み 【通常版】

 美術は素晴らしかった(特に水の表現は秀逸!)と思うけど、やっぱり感動したのは“ドラマ”だったと思います。“萌え”もなきゃ“燃え”もない、こういうアニメ。そういう強い刺激に慣らされていると、ぱっと見には取っ付きが悪く思えるかもしれないですけど。これは何回も見直したい作品ですねぇ、しみじみと・・・。

 Wikipediaには「環境問題、イジメ、マスコミの報道過熱など日本の社会問題を風刺している」と書かれていて、そんな見方も出来るのかもしれないですけど、それはリアリティのある背景で、主眼はあくまで登場人物(“河童”を含む)たちの間のきめ細やかな“情”の流れ、人間味豊かなドラマにあるんだろうと私は思いました。(そんなところは、例えば高畑勲監督の作風なんかに近い部分もあるのかも。)
 主人公の康一にせよ、上原家の人々にせよ、理想化された少年だったり家族だったりするわけではなかったです。康一はイジメを見てみぬふりしていたし、マスコミに騒がれれば浮かれもする。母も妹も異生物に初めて接したときの気持ち悪さの表現はひどいものだったし、父は会社で上司に迫られれば、スポンサー関係のテレビにクゥを出演させることに同意してしまう。・・・そういう、どこにでもいそうな、ごくごく当たり前の人間たちがクゥと出会い、過ごしたひと夏の出来事。これはでも、見てない人にはオススメしたいから、気になる人は、以下読まないでくださいませ。

 以下、少しネタバレになるかもしれませんが、なんとなく話の順を追って感想をメモしてみます。

続きを読む
スポンサーサイト

『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』 アニメってすごーい(笑) 

[2008/02/02] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 先日見た『モーレツ!オトナ帝国の逆襲』があまりに面白かったので、原恵一監督の劇場版クレヨンしんちゃんで、それと並んで評価が高いらしい『アッパレ!戦国大合戦』を借りてきてみました。

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦

 これはとても丁寧に作られた、実にいい映画でした!戦国時代に野原一家がタイムスリップするという、物語の枠組み自体は大仕掛けなものです。ですが作風としては、時代ギャップのかもすエキゾチックさとか、サムライたちの燃える国盗りロマンとか、そういうものはむしろ退けて、淡々と人物たちの交情を描き出していたんではないかと思います。
 ドラマのテンポとしたら、(これは本当は私は得意ではない)しんちゃんお約束のちょびっとお下品なギャグが、ところどころでいいスパイスになっていると感じました。卓越したテクニックのキレを感じさせるものでもなく、ぐいぐいストーリーに引き込むジェットコースタームービーでもない。むしろそうしたものへのアンチテーゼとでも言うべきなんでしょうか。うん。時代劇だからこうなるのか、こういう描き方をしたいから時代劇なのか。ともすれば、たどたどしいのかと思うぐらいのじっくりペースで、性格づけもおっとりしている登場人物たちの情緒をなぞってくるんですけど、ちっとも退屈ではないし、むしろ面白い!これは不思議な演出マジック!

 タイトルに偽りはなく、そのペースを崩さぬままで、“戦国大合戦”に入っていくんですけど、これが時代考証などにも実に丁寧に取り組んでいて、何気なくも実在感のある戦闘シーンを表現しているんですねー。さすがに流血などの描写は避けられていますけど、かえってドラマチックでも何でもなく不意に訪れるだろう“死”と、常に隣り合わせにある状況のようなものを的確に捉えている気がしました。(そうした空気は、考えてみると日常のシーンから何気なく挿入されていたので、違和感なく感じられました。)
 そうした中に、タイムスリップして現れた野原一家の存在は、いわば存在するはずのない“オーパーツ”のようなものだと言えます。ロボットアニメで言ったらロボットみたいなもんですね。大きな嘘はしらっとついておいて、細かな部分では実在感にこだわって・・・。(笑)
 ぎりぎりのところまで、その「スーパー」な力には頼らないドラマ作りをしてきて、ここぞという肝心要のところでこれを必要最小限に用いるセンスが実に素晴らしい!が、それだけに留まらず、(ネタバレは避けますが、)「え!?」っというどんでん返しもあって、タイムスリップものという“SF”的な物語の環もきれいに閉じて終わる、という。終わってみれば、ここまでの伏線の張り方もとても上手かった!

 『クレヨンしんちゃん』でこれをやるかなーって気もしますけど、でもクレヨンしんちゃんだからこそ出来る物語になっていますし、この「リアル/スーパー」の境界を自在に越境できる表現力を思ったとき、「アニメって実にすごーいものだ!」と改めて思いました。
 いやー、原恵一監督すごいわ。最新作の『河童のクゥと夏休み』をぜひ見てみたくなりました。

河童のクゥと夏休み

『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』 感動した!(笑) 

[2008/01/23] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(4) | TOP ▲

 面白かった!最後はなんか力技っぽかったけど、感動しました。いや、これは傑作でした。本気でお見それいたしました。(笑)
 前に一回、テレビで見たような気がしていたんだけど、ちゃんと最初から最後まで通しで集中して観ないと駄目ですね。そのぐらい、ちゃんと「映画」になってたってことかも。(参照→ クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲 - Wikipedia

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲 [DVD]

 原恵一監督のコンセプトは「大人も子供も笑って泣ける映画」なんだそうだけど、『クレヨンしんちゃん』の原作マンガは大人向けだったと思います。(でもテレビシリーズの視聴率はいいそうなので、子どもの支持も強いんでしょうね・・・?)
 この作品は、観ている人の世代によってもいろんな感想がありそうな作品でした。まるで覚えちゃいませんが、私も大阪万博には行きました。しんちゃんのパパ、野原ひろし同様に、「アメリカ館の“月の石”が見たい」と駄々をこねて困らせたものだと母からは聞いてますが、覚えてない・・・。
 なので、『ALWAYS 三丁目の夕日』みたいな、古きよき、なつかしの昭和、っていうような感じは、分かりそうで分かんない。この『モーレツ!オトナ帝国の逆襲』でも「におい」っていう表現をしてましたけど、私などはそのにおいだけ、うっすらと残っていたのを知ってるぐらいの世代なんだと思います。(私より5つばかり年上の原監督は、しっかり覚えている世代なんだろうなぁ。)

 ただ、これは私にもすごくよく分かるのは、(前に書きましたけど、)少年の日に思い描いていた“夢の21世紀”は、こんなはずじゃあなかったっていう、その強烈な裏切られ感ですね。しんちゃんの敵組織“イエスタディ・ワンスモア”のほうへ共感しちゃうというのは、それでなくても昔のアニメに肩入れしちゃってる私などには、実にヤバい傾向なのですが。(笑)
 けれど、この『モーレツ!オトナ帝国の逆襲』というタイトルからしてふざけた映画が、絶対に『三丁目の夕日』などより見応えがあると私が断言しちゃえるのは、そんな“過去への懐想”だけでは駄目だよ、というところを、すごくキッチリと描こうとしているところじゃないかと思います。
 だから、私の思うこの映画の“泣き”どころは、クライマックスで東京タワーをボロボロになりながら駆け上がるしんちゃん・・・ではありません。懐かしい少年時代に戻りきった夢の時間から、しんちゃんの活躍で覚醒(笑)させられ、今日まで過ごしてきた日々を走馬灯のようによみがえらせて、さめざめと涙を流す野原ひろしの姿。懐かしいにおいに満ち満ちた町を脱出する三輪トラックの運転席で、「ちくしょう、何だってこんなにこの町は懐かしいんだ」と涙を見せながら、それでも今の暮らしを取り戻すためのアクセルを懸命に踏み続けるしんちゃんのパパこそが、この作品の本当の主人公なのだよな、と思わず(本当に思わず!)じーんとしてしまいましたよ。(ラストがしんちゃんの活躍なのは、作劇上のお約束であり、かつウェルメイドな表現だったけれども、それはテクニックに“泣かされている”んで、ひろしのシーンは、もっと深いところで“泣ける”んだと思っちゃいました。)

 以前にテレビで途中だけをチラチラと見て、今ひとつ真価が分からなかったのは、部分だけを取り出してみると、“これは『クレヨンしんちゃん』っていう子ども向けのギャグアニメだよな”という先入観があったんだと思います。でも、それっていうのは、たとえば『ゼーガペイン』を見ていようが『ブレンパワード』を見ていようが、「またガンダムばっかり見てる!」みたいに言われてがくっと落ち込むようなもの。
 ロボットアニメではロボットが出てくるのがお約束なように、『クレヨンしんちゃん』ではお下品なギャグがあって、この世界観(笑)のバランスができているんだな、と今さら納得され。(ただし、イエスタディ・ワンスモアの二人はちょっと真面目すぎ。)
 その上で、何をやっているかが問題なんであって、まともにやったらストレート過ぎて鼻白んでしまいそうなベタなメッセージ性が、このフォーマットだからこそやれているというのは、これは賞賛に値するんじゃないかと!

 実はこの作品、ずっと前から見たくて、レンタル屋さんに行くたびにチェックしていたのですが、3枚あるDVDが常に貸し出し中という、人気作品なのでした。で、今回は、しかたないのでVHSを借りてきたんですけど。ちょっと前までは、家ではビデオしか見れなくて、レンタル屋にDVDしかなかった時には嘆いていたこの私が、今回ビデオで見るとなると不便で不便で・・・。そんなものなんですね、時代が変わってしまうと、戻りたくても戻れない。

 原恵一監督の作品をもっと見てみたいと思いました。『クレヨンしんちゃん』では、次作の『嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』も評価が高いようですね。そして最新作の『河童のクゥと夏休み』ですか。うん、楽しみです。(笑)

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 [DVD] 河童のクゥと夏休み 【通常版】 [DVD]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。