スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GyaOで放映されていた『あしたのジョー 2』が、ついに「完」! 

[2009/05/01] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 4月の更新の少なさはまったくひどいもんでした。まあ忙しかったり、体調を崩してしまったり、いろいろあるんですが、感想を書きたくなるようなアニメをあまり見ることが出来なかったというのも無きにしも非ず。
 そういう中で、出崎統監督の代表作『あしたのジョー 2』は、毎週GyaOで見るのを楽しみにしてきた貴重な存在だったんですが、「かっけぇー!(驚)」以外の言葉がなかなか出てこないという意味で感想が書きにくい作品でもありました。

あしたのジョー2 サントラ

 ものの見方として、大きく「減点法」と「加点法」という二通りのやり方があるとすると、『あしたのジョー 2』というこの作品は、部分部分で細かく考えていくと、私の好みとは異なる部分が決して少なくありません。でも全体の印象で見てしまったときに、もう有無を言わせず「これはイイ!」という結論以外は出せないというか。もうちょっと「この点が素晴らしかった」というのを上手に書ければいいんですけどねー。

 とにかく久しぶりに涙が出そうになったし、ラストでは鳥肌が立ちました。やっぱり白木葉子のドラマがいいですね。前にも書きましたが、私は原作コミックがけっこう好きで、(といっても、もう何年も読んでいませんが・・・)あっちはもっと淡々としていたのが味があった(気がする)んですけど、このアニメ版はサイドキャラクターのストーリーが手厚く、濃い情趣で描かれていて、違う味わい深さがありました。

 矢吹丈という主人公。少年院からはじまった物語だけど、作中で彼がお酒を飲んでるシーンがあって、あれ、彼って何歳なんだろう、と思ったりしました。もちろん別に、倫理的にどうのこうのと言うんではなくて、林屋の紀ちゃんにせよ、白木葉子にせよ、魅力的な女性だと思うんだけど、彼は女性には興味なさそうに見えるのが不思議で。そういう意味ではとても抽象的なキャラクターなんですよね。

 この作中では比較的に私たち観客の目線に近い現実的な立ち位置にいる紀ちゃんは、ボクシングにのめり込んで「真っ白な灰」になるまで燃え尽きたいと言ったジョーに「ついていけない」と思い、優しい働き者の西と結婚する。ジャンルで言えばこの作品、ボクシングというスポーツもののアニメなんだけど、そのへんを漠然とほのめかすんじゃなくて、劇中でしっかり結婚式まで描いてるのが、考えてみると凄いんじゃないでしょうか。

 これに対してもう一人のヒロイン白木葉子は、お金で解決できることなら、どんなわがままな望みでもかなえることができる究極の財閥令嬢。もちろん美人なんですけど、ツンツンとした印象で描かれていて、普通じゃ観客が感情移入できる存在じゃないんですよね。
 その彼女が、ホセ・メンドーサとの最後の死闘を目の前にして、たまらずに逃げ出すのがいいんですよ。そこで試合前に誇りをかなぐり捨ててジョーと交わした会話がよみがえってきて、再び武道館に戻ってきて。そしてジョーに「頑張って、矢吹君!あと少しじゃない!」と。決してお涙頂戴な場面じゃないんだけど、その瞬間に張り詰めきった表情の葉子の目からボロボロと涙があふれ出ているのが、これがもうたまりません。
 「真っ白な灰」に燃え尽きるまでを見届けようと逡巡の末に決意した葉子だからこそ、ラストでジョーは「あんたにもらって欲しいんだ」とグローブを渡すんでしょう。

 原作のコミックは、力石との「クロスカウンター」の応酬とか、意外にテクニカルな面白みが物語の根幹なんですよね。このへんは『巨人の星』の「大リーグボール」の謎解きの話なんかとも似てます。コミックとアニメのメディアとしての性格の違いとか、いろいろ考えていくと面白いかもしれませんけど、とにかく抑制気味な表現だった原作に比べてアニメはリミッターを振り切る「これでもか」の勢いで情感を盛り込んでいて、本当に凄いです。

 有名すぎるぐらい有名なラストシーンですけど、最後の最後に画面いっぱいに力強く「完」という文字が示されたのを見て、もう一度鳥肌が立ちました。
 そうなんですよ、こういうのが見たかったんですよ!
 なんか、ブスブスと燃えカスみたいなものが残りまくって、続編だ劇場版だとか、そういうまだるっこしいのじゃなくて、文字通りやれることはすべてやり尽くしての完全燃焼!

 いつまでも記憶に残る作品っていうのは、やっぱりこういうものなんじゃないのかと改めて強く思った久しぶりの体験でした。

スポンサーサイト

出崎統 『あしたのジョー 2』とアニメブームの頃 

[2009/04/10] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 GyaOでやってますが、皆さん見てますかー?いやいや何だって、こう、カッコいいんでしょうねぇ?

 『あしたのジョー 2』は1980年放映。当時のことを思い出してみると、個人的には、だんだん忙しくなってきて、TVアニメからは少しずつ離れつつあった時期で、コンスタントにテレビシリーズのオンエアを全部見てはいなかったはずですが、それにしてはやけに印象に残っている作品です。

あしたのジョー2 COMPLETE DVD-BOX

 自分と同年代のアニメ様が熱く語り倒していらっしゃるので、なるほどなーと思うことは多々あるんですが、でも私はああいう立派なマニアの方とは違い、ただよく見ているだけのぬるーいアニメファンだったので、アニメ誌なんかもあまり読んでいなかったし、恥ずかしい話、実はあの頃、『出崎統』という名前をまだ認識していませんでした。(苦笑)

 『機動戦士ガンダム』の翌年でしょ?アニメブームさなかのあの頃、アニメ様みたいなすっごいマニアが出現してたのはそうなんでしょうけど、私ぐらいのぬるいのも、実はいっぱいいたんだろうと思うんですよ。
 そういう、ぬるい人視点の話で言うと、『宇宙戦艦ヤマト』とか『銀河鉄道999』とか、とにかく松本零士のアニメがぶわっと来てて。原作の漫画家とアニメの作り手の区別がまだよく分かってなかったところへ『ガンダム』が来て。だから、アニメの作り手の名前というのは、「富野由悠季」(その頃はまだ富野喜幸か・・・)というのではじめて認識したっていう、正直そんな感じでした。
 ただ、それでもやっぱりブームの渦中ですから、ぬるいファンはぬるいファンなりに「とにかくアニメとマンガは違うんだよ」とか、覚えたての言葉で「アニメ」のことを熱く語り合っていたりもして。今から思えば恥ずかしい限りですが、あの頃はそんなのでも楽しかったし、それはそれで真剣でした。

 そういうところへ来たのが『あしたのジョー 2』だったんですけど。考えてみると、あの頃は頭でっかちで、見たものの凄さを素直に認められずに、「何かが違う」とか言いながら、それでも気になってしまっていた。そういうような思い出があります。
 アニメ様もいつか書いてましたけど、当時のアニメブームって、かなりの程度「SFアニメ」ブームだったんですよね。だから、何でボクシングのアニメなんだよ、とか。まずは、そういうとっつきの悪さがありました。
 それと、『あしたのジョー』の原作コミックは以前からけっこう好きで、全部しっかり読み込んでいたんです。それで、当時の頭でっかちな自称アニメファンとしては、「これからはアニメの時代だ」ということを口角泡を飛ばして語ってるわけですから、「とにかくアニメとマンガは違うんだよ」と思い込もうとしているところです。だから、にわか覚えの理屈を持ち出して、「何でオリジナルストーリーじゃなくて原作マンガありなんだよ」とか。
 まあ、頭でっかちだと、そういうのだけで目がくらんで、目の前のアニメの面白さを素直に認められなかったりするという。「認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを」ですわ、まったく。

 だいぶ後になってから、出崎統という名前を覚えたとき、だけどビックリしましたね。あの頃、「アニメとは・・・、アニメの新しい表現とは・・・」みたいなことで何も分からないなりに問題意識を持って、ちょっと注目していた作品が、ぞろぞろとみんな出崎アニメだったんですから。

 特に、大好きだった『ガンバの冒険』(1975年)が出崎アニメだと知った衝撃は大きかったです。
 それと、私には二つ上の姉がおりまして、少女漫画もけっこう読んでいたので、『エースをねらえ!』も『ベルサイユのバラ』も原作コミックのファンでした。今から思えば、そういう超人気コミックをアニメ化するのに、あそこまでアニメ独自の表現を意欲的に盛り込むっていうのは、何とも凄いことをやってたもんだなぁと感心するばかりですが、当時の感想としては、どっちに向いて何を「違う」って言ってたんだか(笑)、・・・とにかく複雑な思いでした。

続きを読む

近ごろ見散らかしたアニメあれこれ 

[2007/10/31] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 今日は最近見散らかした作品の感想を、ざっくりとメモだけしておきます。ケチくさくネットの無料配信ばっかり。まあ昔はテレビアニメをこんな感じで(適当に流れてくるものを、あまり考えもなしに)見ていたんだよなぁと思います。中にいいものもあれば、イマイチのものもあり。基本的には個人的な好き嫌いだったりしますけどねー。(しかし、私も結局アニメ好きだなぁと自分であきれます。)

機甲創世記モスピーダ

 この間も少しだけ書きましたけど。っていうか「続きは見ないかも」って書いてましたけど、4-6話を何となく見てしまいました。(汗)
 検索してもデータが見当たらないんで、これ何年の作品なんだか分かんないまま。正直、「うわぁ~(アイタタタ)」と思う点も多々、(かなり多々、)あったりします。面白いところもあるんだけど、すごーく荒い。どうも中途半端で打ち切られた作品っぽい(それも分からなくもない)ので、身を入れて見る気はあまりないんですが。GyaOさんも、何を思って今、こういう作品を放映してるんだろ?
 昔の“名作”になりそこなった“ロボットもの”の水準というものを見ているようでもあり、B級アニメに対する自分の閾値(どこまでOK?)みたいなものを確認しているようでもあり。(笑)
 違うかな?なーんにも考えないで見ていられるのが、案外心地よいのかも・・・。(本当にもう、続きは見ないかも。)

鋼鉄神ジーグ

 10/26-27日に期間限定で6-9話を無料配信してたんですけど。永井豪ものは、なぜか苦手。配信を思い出した時間が遅くて、懸命に見ていたものの・・・結局、途中で寝オチしてしまいました。(!)
 昔の『鋼鉄ジーグ』と繋がってくる、話の構造は面白そうだなぁと思いながら見ていたんですが、なんだか表現のタッチが肌に合わないんですよねぇ。(と、言い訳。)
 今度は11/30-12/1に10-13話を無料配信するらしいです。今度こそ、ちゃんと見られたらいいなぁ。(実は“ミッチ”だけは好きだったり・・・。って、この続編でそれを言うのもおかしな話ですが。w)

スペースコブラ

 こっちはBIGLOBEの期間限定無料配信(1-3話、11/25まで)。≪へぇ~、なつかし~≫と思って見てみたら、めっちゃ出崎アニメでした!(笑)
 雰囲気は宇宙版の『ルパン三世』っぽく、ちょっとエロスもあって。野沢那智さんが“コブラ”役なんですけど、山田康雄さんの声に聞こえてならないと言うか、ライバルの“クリスタルボーイ”役が小林清志さんだったりしますけどね。大野雄二さん作曲のオープニングが耳に残って。(この曲カッコいい!)

あしたのジョー 2

 同じくBIGLOBEの期間限定無料配信(1-3話、11/25まで)ですけど、これ、スペースコブラと続けて見たら、頭の中はもう、“出崎統”祭りの状態(笑)。っていうか、やっぱこっちが真打ですね。スゲーっすよ。ぞくぞくしちゃいます。『コブラ』のほうはエンタメしてるんですけど、『あしたのジョー』は久しぶりに見たら≪何これっ!≫てぐらい渋い!!あー、これだよ、これが出崎アニメって叫びたくなる感じ。正直、続きが見たくなりました。(レンタルで探してみよーかなー。)
 変ですね。演出過剰な気がして、昔はそんなに出崎アニメって好きじゃなかったのに。ちょっと嗜好が変わってきてるのかもしれません。

劇場版 AIR 

[2007/09/26] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(4) | TOP ▲

 GyaOでやってたので、私には珍しい傾向の作品ですが、何となく見てみました。(いろいろありまして、今週はレンタルで見る作品が、いつもより一本少ないのです。)
 ぶっちゃけ出崎統監督、というのに釣られたとしか言いようがありませんが(笑)。

劇場版 AIR (通常版)劇場版 AIR (通常版)
(2005/08/05)
川上とも子、久川綾 他

商品詳細を見る

 のっけから透過光びかびかで、≪おおー、なんて分かりやすく出崎演出!≫って大喜び。相変わらずというか、私、内容とかよく知らないままで見ちゃって、見終わってから、Wikipediaとか眺めたりして、≪ええー、18禁ゲームが原作だったのー?≫と驚いてみたり。ゲーム方面とか、まったく守備範囲外なんですよねぇ。(世代でもあるし、ずっと貧乏だったせいもあるし・・・。)

 ってな具合で、原作のゲームとか、他のメディアでの展開はどうなのか、全然知らないんですけど、単体のアニメ映画としてだけ見て、まずまず面白かったですよ。ちょっとほろっとさせられるシーンもあったし。(特に、過去の翼人伝承に関する部分のクライマックスとか、ああいうのに私、弱いですねぇ。)
 個別のシーンの人間味の濃い芝居も私の好みでした。ただ、ゲーム原作だからかもしれませんけど、それらのシーンの繋がりが、何だかバタバタとしている気がしました。ずーっと一本のテンポが通っていないというか、そんな感じですね。画面の濃いーっ味付けで、それを補ってるっちゃあ、補ってるんですけど。

 出崎演出は終盤にババーンと力の入ったクライマックスが来て、最後にちらっと寂しくも渋く余韻を残しながら終わるのがいい・・・というような私の先入観があるんですが、この作品のラストは少ししんみりとばかりしすぎていて(原作があるんだから仕方ないんでしょうけど)、過剰気味な演出に拮抗するだけのシナリオ力がなかった気がしたのは、少し残念でした。
 「それでも空が飛んでみたい」みたいなところに焦点を絞って、もっともっと“不条理劇”として徹底してしまえばさらに面白かったんじゃないかと思ったりもするのですが、あんまりアートっぽくしたりすると原作ファンから怒られたりとか、難しかったりもするんでしょうね。

 しかし、この世界観で18禁ゲーム?ここまでぜーんぜんエロくなくって、逆にいいの?って感じがするぐらいでしたよ?(笑)
 私がゲームに無知なせいもあるでしょうが、どうやったらゲーム化できるんだろうかと全然想像が付かないところは、恋愛ものの映画として、よくできていたってことの裏返しなのかもしれないです。出崎監督って“個性の強い人”と認識されてはいるけれど、その作品って“職人仕事”みたいな印象が何故かあって、本当はもっとわがままに作ったらいいんじゃないかと、そんな生意気な感想を持ちました。(笑)

出崎統は演出についてかくの如く語った(後編) 

[2006/10/07] | アニメ全般な話題 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 Gyaoで放映されている「オリジナルの肝」。出崎統監督がアニメの演出を語る対談(聞き手は高橋良輔監督)の後編です。相変わらず言葉は私の聴いたものなので、一言一句正確ではないのをご容赦ください。(→前半の感想

 「シナリオって映像を作るための契約書じゃないじゃん」というコンテ派の出崎監督に対し、「コンテでほんとは決まっちゃうじゃない?」という高橋監督はシナリオ派…なのか?
 「とりあえずシナリオどおりやれば繋がる。でも、それが面白いかどうかは別の話」「それで産業が成り立っている」「今のテレビのドラマって(シナリオから)ほとんど変えない」「ライターの力量が大きい」「ライターが絵のことまで分かって書いてるとは思えない」「じゃあそれがマイナスかって言うと、絵のことなんて分からないライターが書いてるほうがいい場合がある」…それぞれ矛盾したことを言っているように聞こえますけど、高橋監督はアニメの現状を冷静に見ておられますね。
 「それって可哀そうだと思わない?」「詩でもいいよ、俳句でもいいよ、“思い”さえ伝えてくれればあとはこっちでやるよ」とライターには言ってるんだといい、映像にしようがないよってものでいいんだって言う出崎監督。
 高橋監督いわく、絵描きが触発されるシナリオは、今の(大量生産?)体制では難しいらしい。なので高橋監督的には「最近は企画の段階で新しいこと考えてる」んだとか。へぇ~♪
 
 ここでガンバの映像が!でも短い!何故ぇー???

 アニメを見る(見せる)っていうのは「すごく個人的な会話」だと言う出崎監督。そこに可能性があるんだ、と。
 「スタジアムでみんなに見せてるんじゃなく、一人一人に見せている。」
 なるほどなぁ~。この感覚は私、すごく好きです。(もしかしたら今の時代には合ってないのかもしれないような気もしますが。)

 高橋監督から見た出崎アニメは、イメージ的には(映像の)演出が鋭いだけに見えるけど、実際には「“情”が先に立ってるほうが面白いよね」とのことで、「虫プロ出身者で演出のテクニックに影響を与えた、もしくはライターに影響を与えたのって出崎統と富野由悠季が一番大きい」とも。情念をどう映像に固定していくかだね、と本人も同意。
 テレビアニメーションならではの演出の技法は「おさむちゃんが発明したものが多い。」あるいは「富野言葉が蔓延して、みんな真似している。」…「尊敬するのと真似するのは違うだろう」「人の記号を真似するなよ」「なにか自分でひねり出せよ」…ずいぶん熱く語っているなぁ、りょうちゃん。(笑)

 そういう“独自のもの”が生まれてくる秘密。
 「情念をどう出そうか、としてるときに、当たり前の画面だと伝わらない」「そこに今までの流れとは全然違う画面を(音も同時にあるんだけど)」「理屈で考えてるわけじゃないけど、そのときにけっこういろんな手法が出てくるよね」「そうじゃないと見てる人と自分の“間”ができない」
 「絵コンテ描いてるときって、そこが現場だから」「そこへ立たないと絶対出てこない」「そこへ立って出てくるものじゃないと見てる人に伝わらない」という出崎節。いいなぁ、この人の語り!
 
 作画監督との付き合い方について。「少なくとも僕の絵コンテを読める人」は最低限として、それでも監督とはまた別の、その人の個性や感じ方がある。「自分が描けないもの描いてほしい。」
 現場が弱い中っていうだけじゃなくて、感じ方の違いというのはあって、でもそれで演出がガタガタになるぐらいだったら、「それはそれまでのもの」。そういう中から「いいもの(接点)を活かしていこう」「それがひとつの作品の中でいきいきしてればいい」という言葉もいいなぁ。
 「喧嘩したり罵りあったりしても、こいつ以外にはそういう関係になれるのはいないな」と思える出会い、ですか。いい話だ。(高橋監督、うらやましそうです。 笑)

 「おさむちゃんのオリジナリティ」という質問に対し。
 「作品選ぶなよ」「出会ったときにどれだけ出来るかが本来の仕事」「雨に打たれてるダンボールの中に子犬がいる、みたいな状況でしょ?」「作品と出会ったということに宿命的なものを感じて、どれだけのことが出来るか」「自分の知らない面が自分の中から出てくるかもしれない」

 「演出はそうなんだ…。」高橋監督の確認にうなづく出崎監督。この道曲がって何が出てくるかなんてやってみなきゃ分からない。

 対談を振り返ってみて、「才能だけで突っ走ってきた」と思っていたけど「思ってた以上に“純情”が入ってたね」と高橋監督。

 「まぁ生きてる感じすりゃ何やってもいいよな!」
 かっこいいなぁ、出崎監督!
 今回は私には、けっこうしびれる対談でした。放映は10月13日(金)の正午までです。お早めに!



| ランキングオンライン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。