スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yahoo!動画のGyaOつぶし?w 

[2006/11/03] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 物好きにも見ている(笑)なつかしのアニメ『マッハGoGoGo』なんですが、GyaOで毎週4話ずつ放映してるのを見てたんですけど、なんと今月からYahoo!動画でも全話無料で放映し始めて、「おや、こりゃどうしたものか?」と。
 Yahooのほうは、2007年10月31日まで無料公開なのだそうで。GyaOはコマーシャルの挟まり具合とかがイマイチ良くないし、マイペースで見れるから、ここはYahooに乗り換えますかね?…しかしGyaOがやってるのは承知でYahooもぶつけてきてるんでしょうし、これってもしかして、つぶしあいなんでしょうか、などと疑ってみたり。
 とりあえず第5話~第6話、「クラッシックカーの秘密(前・後)」をYahooで見てみました。特に問題なし。

 え、内容?
 うーん、…こりゃすごいマンガ!マンガ!(笑)
 形容のしようがわかりません。
 ものすごくドタドタなんですけど、思い切りエンターテイメントで気楽に笑って見ていられます。

 ほんとはGyaOみたいに週4話とか決まっていたほうがコンスタントに見るんでしょうけどね。テッカマンなんかでも来年の4月30日までとか気の長い話なんで、ついつい「手が空いたら見よう」という感じで、第10話までしかまだ見ていません。(あ、そうそう。Yahoo動画のほうの欠点は、あまり間が開くと、どこまで見たのか分からなくなるところが、ほんと困っちゃいます。どっかにメモしておかないと。)

 それにしてもタツノコプロの昔の作品っていうのは、ほんとにネットで無料配信されまくりで。そんなに放映権が安いんでしょうかね?


ランキングオンライン
スポンサーサイト

『マッハGoGoGo』―もう目眩がしそうですヨ!w 

[2006/10/31] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 いやぁ、GyaOのおかげで懐かしいものを見せてもらいました。これって1967年の作品だったんですね。(さすがに生まれてないよ~)…ってことは私が見てたのも再放送だったのか。
 もうね、何て言うか、……とりあえず最近の若い人は見ないほうがいいかも。(笑)
 タツノコプロの2作目の作品になるんだそうで(1作目は『宇宙エース』→タツノコプロ作品データベース)、絵も動きもストーリーも、何もかもぎくしゃく。一言で言えば、猛烈に「テレビまんが」
 …しかし、あえて言うと、そこがもう、たまらなく面白い!(笑)
 そうだよなぁ、自分なんて、こんなの見て育ったんだよなぁ、って言うか。とにかくノリだけは間違いなくすごくいい。特に音楽。あと出てくるキャラクターのノリもすごい。喋りとか、たぶん当時の最先端のボキャブラリーなんだろうな。(今見ると、そこはちょっとあれですが。)
 今どきマンガでも、ギャグマンガでもない限りは、こんなにデフォルメされた表現ってありえないんで、ある意味、新鮮な驚きとさえ言っちゃっていいかも。すごいですよー、猛スピードで併走しているマシンからマシンへ「ジャーンプ!!」とかね。ボカンボカンと次々に雑魚マシンは爆発するし。(でも悪役でさえも、ほとんど死なない…。)
 なんかもう、悪役とアクションとかしていて完全に遅れていても、奇跡のような追い上げ(笑)で、ちゃんとゴール直前で大逆転優勝!とかね。
 べたべたのギャグとかも入りまくりだけど、ストーリーには変に熱いものがあったり。
 まるで、ちょっと“トリップ”しちゃったっていうような、恍惚のアニメ視聴体験でした。いや、アニメなどと言うよりも、これは「テレビまんが」という全然別の何かだといったほうがいいかもしれない。(いまやこういう「まんが」も絶滅してしまったので、その言葉から正確なニュアンスが伝わるのかどうか自信はありませんが。)
 リアリティのある滑らかな動きの代わりに、とんでもない立体的(?)なカメラワークが駆使されているのは、「まんが」が動くんだ!!っていう喜びにあふれているってことなのかもしれません。(あるいはアートアニメーションを見ているような感覚に近い?)
 とにかく普通に言ったらメチャクチャとしか言いようがないんだけど、なんか大笑いしながら夢中で観てしまったのは、懐かしかっただけではないような気がします。アメリカでも大人気だったというのはバタくさい作りのせいだけではないと思います。やっぱり日本のアニメ史に残る名作のひとつなんだろうな。(でも、しつこいけど、ほんと今のアニメに向ける目で見たら、くらくらとめまいがしますから!)
 第1話~第4話は残念ながら、今日の正午で放映終了してしまいました。今日からは第5話~第8話を放映中です。うーん、見なきゃいけないものが多すぎて、ほんと大変!(笑)



| ランキングオンライン |

「マッハGoGoGo」何故か観なきゃならない気が(笑) 

[2006/10/24] | ネット巡遊記 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 またGyaOの話ですみません。それもまた古いアニメの話ですみません。(笑)
 今日から『マッハGoGoGo』を放映開始と聞いて、なぜか「それは見なければ!」と激しく反応してしまいました。

マッハGoGoGo


マッハGoGoGo - Wikipedia

 これ、1967年の作品ですから、リアルタイムで観ていたかどうかはさすがに「覚えてない」世界なんですが、何故かむちゃくちゃ懐かしくて。記憶の中にあるのは再放送のものかもしれないんですけど、それでもたぶん個人的アニメ史の最古エントリーのひとつじゃないかと思うんです。
 ガッチャマンやテッカマン、キャシャーンなど、私のアニメの原体験というのは、どうもタツノコ系が強いような気がして、案外そのあたりに湖川キャラへの嗜好の源流があったりするんじゃないかと近頃、自己分析してみたり。
 正直に白状するとストーリーはよく覚えていないですね、覆面レーサーがいて影に日向に主人公を助けてくれるというような部分を不思議に覚えていましたけど。
 その代わりに圧倒的に覚えているのが「マッハ号」のメカに夢中だったこと。

マッハ号
車体のマークはMを捩ったものである。三船剛の搭乗するマッハ号には幾つかの特別な機能があり、剛のピンチを救う。その殆どは、ステアリングパッドにあるボタンで操作される。
1.  オートジャッキ(Aボタン:走行中に使うとジャンプ機能になる)
2.  ベルトタイヤ(Bボタン:タイヤに特殊なベルトが装着され、山岳走行(急斜面など)ができるようになる)
3.  カッター(Cボタン:丸鋸が車前面に出てくる。木などを切り倒しながら走行できる “チョッパー”とも呼ばれた)
4.  ディフェンサー(Dボタン:座席上部に覆いが被さる)
5.  イブニングアイ(Eボタン:赤外線灯 剛がかぶっているゴーグルで可視化される)
6.  フロッガー(Fボタン:座席上部が覆われ、酸素ボンベより酸素が供給され水中走行を行なう)
7.  ギズモ号(Gボタン:偵察用の小型飛行メカ)
8.  ホーミング(Hボタン:ギズモ号を自宅に戻す)


 これ、読んでるだけでわくわくしてくるんですが、よく覚えている機能は1、2、3、6、7、こんな感じでしょうか。走行中のジャンプは「ピョンピョンピョピョン」みたいな(たぶんバネをイメージした?)効果音と一緒に鮮烈に印象に残っています。(あ、これもまた“身体的感覚”の記憶かもしれない!)
 実は、今から観るところなんですけど、実際に見る前に、頭の中に残っている主題歌があってるかどうか、歌詞を書いておいてみましょうか。

風も震えるヘアピンカーブ
怖いものかとGo!Go!Go!
ナンバーファーイブ マッハ号…

 あー、こっから先がほにゃららほにゃらだぁー。(笑)

 これから毎週火曜に4話ずつ更新するんですかね?第1話「飛ばせ!マッハ号(前編)」~第4話「謎の覆面レーサー(後編)」までは、10/31(火)正午までの放映だそうです。
 世の中のアニメ供給過剰とは全然無縁なところで、このところ観なきゃならないアニメがごく個人的に多くありすぎて、めっちゃ寝不足できついんですけど(笑)、この作品については是非是非いろいろ思い出してみたいんで、観てみたいと思います。
 それにしてもタツノコ系の古いアニメは、ネットの無料配信にたくさん出てきますねー。過去の遺産でも何でも、手軽に見れるというのは、ありがたいことです。

マッハGOGOGO Lap.1 マッハGOGOGO Lap.1
(2001/02/23)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る

 すげぇ、DVDも出ているんですね!


| ランキングオンライン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。