スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある種のプロ論? 岡田斗司夫の『遺言』第五章 レポート感想 

[2008/05/05] | ネット巡遊記 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 引き続き、低空飛行継続中です。今月下旬まではこんな感じ。どうにもこうにも。

 期間限定とかいろいろあるんだけど、休めないし。もう基本あきらめる方向で。ちょこちょこっと空いた時間に気分転換であちこち覗いてみるのが精いっぱい。

 きょうはこちらで紹介されていたリンク先「冒険野郎マクガイヤーの人生思うが侭ブログ版」を拝見。

 「ふしぎの海のナディア」の話がメインで、ガイナックス好き、ナディア好きには美味しい話なんだろうと思いながら読んでましたが、私、あんまりナディアって得意じゃなかったんですよね。

日本アニメの黎明期ではなく、青春期に立ち会えたのは幸運だった。「俺達の熱い思いが伝われば、視聴率なんてどうでもいいぜ!」みたいな考えが受け入れられた。そして、アニメが生活の手段になる前に辞めることができた。

 明け透けに好きなことを言うなぁ。ついつい富野監督の顔を思い浮かべながら読んでしまいました。

そもそも、一年間のTVシリーズのような長いアニメを作る時は、最初の段階から一年分の脚本が完成しているわけではない。視聴者やスポンサーや様々な人間の反応をみて軌道調整していくわけで、シリーズの終わりのほうになると、色々な要素がどう転がっていくか分からない。

だから、シリーズ開始前の初期設定の段階で、布石となるキャラクターを置く。例えば富野さんは「ガンダム」において、カイ・シデンやハヤト・コバヤシが最後はあそこまで転がっていくとはシリーズ開始前に予想していなかった筈。あたかも将棋を指すかのように登場人物をうまく配置した結果、意外なところで活きてきた。

これが僕達の世代のクリエーターは苦手である。一見無駄と思えるキャラを容易に配置できない。将棋に対するチェス型で、終わりに近づく程どんどん動かせるコマが少なくなっていく。キャラが使い捨てられていく。

 でも、こういうことを率直に言えるのも、オタキングならでは。こういうキャラクター論はとてもよく分かります。

しかし、僕たち実際族の思いとは裏腹に、「ナディア」最終回はどんどんキャラクターショーになっていった。でもそれが面白い。庵野は予算的にも時間的にも不利な状況で、しかも「チェス型」のキャラ配置という理由から動かせるキャラが制限されていく中、よくこの最終回を作った。

 こう分析されると、『ナディア』という作品のこと、自分が感じた内容が少し分かった気がしました。

以前は「言いたいことを言わなければ損だ」と思っていた。

それが、BSマンガ夜話なんかでちょくちょくTVに出るようになって、「なるべく楽しそうな顔をして、楽しそうな話をしなくては」に変化してきた。

現在は「TVとは時間と季節を表すショーウィンドーである」と考えている。茶室の中にある花のようなもので、そうでなければあんなに黒くて大きな物体を部屋に置いておく必要はない。TVに出演するということは、その中のパーツの一つになりきるのが正しい。

大学で講義をするということも同様。アカデミズムとか良い授業をするとかが重要なのではなく、いかにも大学で講義していそうな人の顔をして、いかにも二十歳くらいの人の心に届きそうなことを言うのが重要。

これは、諦めているのではなく、「形から入る」という考え方に近い。そこで求められる風景の一部としての自分になりきる。その風景が空気を作り、時代を作る。

 今回、この記事を読ませてもらったことを書き留めておこうと思ったのはここの部分。

 まあ「アニメが生活の手段になる前に辞めることができた」と言える人だから、こういう考え方になるんだろうし、「そこで求められる風景の一部としての自分になりきる。その風景が空気を作り、時代を作る。」っていうのは、時代の空気の成り立ちについて的確な分析なんだろうなぁと感心もしました。

 だけど、やっぱり違和感があるのは、そういうアニメの「青春期」が過ぎちゃったことは百も承知で、製作の現場に向き合い続けている人もいるのになぁという感覚です。なんか、ちょっと悔しいんですね。(笑)

 求められる自分になりきって、対象世代の心にちゃんと届きそうなことを言いながら、なんとか「言いたいこと」を入れ込めるように、みんな苦労してるんじゃあないのかなぁと。
 ただ、それが必死さが出ては駄目なんで、「なるべく楽しそうな顔をして、楽しそうな話をしなくては」というところが、ある意味では現代のプロ論なんでしょうね。そこは納得。

スポンサーサイト

「ふしぎの海のナディア」 最終話まで見ました。 

[2007/08/26] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 GyaOでやってたので、ようやく最後まで見ました。前にも途中まで見て「どうもあまり私むけの作品ではないかもしれません」って感想を書きましたけど。
 ちょうど個人的にアニメの黒歴史時代の作品なので、名前だけは知っていたんですけど、見たことがなかったんです。それで、けっこう楽しみにしていたんですけど…ねぇ。(苦笑)

 こういう娯楽作も、世の中にはあってもいいんでしょ、たぶん。ただ、「あー、やっぱり私向けではなかった」という、つまりはまあ、…そういう感じでした。(ファンの方にはゴメンナサイ。) orz

 NHKで放送されて、けっこう人気もあったんですよね、この作品。『エヴァンゲリオン』までは、これが庵野監督の代表作だったんですよねぇ。うーん…。
 “これをリアルタイムで見ていて、その後にエヴァが来ていたら”って想像すると、だいぶ印象が変わっていたかもしれないですねぇ。っていうか、庵野監督という人についての考え方が、現に少し変わったかなぁ。
 だから、世の中のアニメヲタクな皆さんっていうのは、とても寛容なんだなぁと思ったり。

 32、33と来て、特に我慢ならなかったのは、34話「いとしのナディア」。まるでミュージカルでした。いや、分かりやすく、使いまわしの絵を多用して、間つなぎしたんでしょうけど。ちょっと分かりやすすぎかと。
 パロディだかオマージュだかの要素も本当に分かりやすくて。“N-ノーチラス号”のメカとか、主砲まわりのディティールなんかは好きなんですけど、全体的なデザインは微妙。“レッドノア”とデザインに差がありすぎて、その辺もどうなのかなぁと。

ふしぎの海のナディア VOL.9ふしぎの海のナディア VOL.9
(2001/12/29)
鷹森淑乃、日高のり子 他

商品詳細を見る
ふしぎの海のナディア VOL.10ふしぎの海のナディア VOL.10
(2001/12/29)
鷹森淑乃、日高のり子 他

商品詳細を見る

 ストーリー面でも、「設定>ドラマ(芝居)」という気がして、まあそこが一番、私むけでなかったような気がしました。最後まで期待していたんですけど、後日談みたいな締めくくりで、何だか残念でした。

ふしぎの海のナディア(30話まで) 

[2007/07/30] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 GyaOで放映中です。毎月10話ずつ追加で、10-20話がもうすぐ公開終了なので、あわてて見ました。で、20話(「ジャンの失敗」)があまりに次回への引きがいいところで終わるので…。ついつい今、見ることができる30話まで全部見てしまいましたよ~。

ふしぎの海のナディア VOL.1 ふしぎの海のナディア VOL.2 ふしぎの海のナディア VOL.3

 Wikipediaを見ると、1990年の作品ですか。庵野監督の作品だということで見ようかと思ったわけですけど、すごい娯楽作ですね。そこまでやるか~、という感じで、これ本当にNHKで放映されたんですか。(汗)

ふしぎの海のナディア VOL.4 ふしぎの海のナディア VOL.5 ふしぎの海のナディア VOL.6

 とにかく印象が安定しないというか。「分かりやすいパロディの集合体」とtakkunさんは言っていられましたけど、ネタ元が分からないと、パロディって機能しないんですよねぇ。そうかと思えば16話「消えた大陸の秘密」なんかはちょっと心理劇っぽかったり。(→各話ストーリー

ふしぎの海のナディア VOL.7 ふしぎの海のナディア VOL.8

 23話以降は「島篇」って言われてるんですね。確かに口パクとか全然あってなくて、さすがの私でも変だと思いました。っていうか、もっと驚くのはナディアの性格ですかね?(笑)

 笑えるし、面白いし、それはいいんですけど、キャラクターの性格付けが面白さ優先っていう感じで安定しない印象もあって、それなりにあるストーリーとのバランスが微妙というか何というか。何とも欲張りな作品だなぁというところでしょうか。GAINAXだものなぁ。“やり過ぎ”ぐらいがデフォルトの持ち味なんですよねぇ。
 ちょっとねー。うーん…。個々の要素は面白いんですけど、どうもあまり私むけの作品ではないかもしれません。(と言いつつ、見てるわけですが。)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。