スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『トリトン』は懐かしいのだけど・・・ 

[2007/02/28] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 今日も今日とて「読まなきゃ!」という記事がネットに多すぎて、なんだか、ただ読んでばっかりいます。今日「おおお!?」と思ったのは、この記事でした。

真佐美 ジュン 海のトリトン
(via 8光年の彼方さん)

 『海のトリトン』制作の舞台裏の物語ですが、読んでいるとなかなかツライものが。西崎義展にまんまとヤラレる手塚治虫先生・・・。
 富野ファンとしては、手塚先生は富野さんに絶大な信頼を持っていてくれたのか、とか、富野さんは昔から「哲学的な話しぶり」だったのか、とか。つい、そんなところに目が行ってしまうのだけれど。
 ただ、「8光年の彼方」さんも富野発言を引いておられるとおり、まんまとヤラレて地団駄踏むのも、逆に、長いものには巻かれて何の疑問も持たないのも、どっちも誉められたことではないんで、アニメ界もタフな大人の業界にならなきゃならないという警句は、今でもまだ通用しそうに思えるところが怖いです。(この発言の元ネタは『だから僕は…』だったら、1981年ごろ?)

だから僕は…―ガンダムへの道

だから僕は…―ガンダムへの道
富野 由悠季 (2002/11)
角川書店

この商品の詳細を見る

 あと、コメント欄のリンク先からたどって行ったら、こんなページがあったのを知って、これはまた読み甲斐がありそう(あり過ぎ)だと嬉し涙。

アニゲノム~日本動画興亡史~

 すごくマニアックな戦前のアニメ史が書かれているようなんですが、「現代のアニメーションが抱える、資金提供者と創作者の企画意図の落差などの問題は、はるか大正時代よりすでに明らかになっていた」と言われると、これは一見の価値がありそうだな、と。時間ができたら、少しずつ読んでみるつもりです。

海のトリトン DVD-BOX

海のトリトン DVD-BOX
富野喜幸、羽根章悦 他 (2001/09/21)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る

 『海のトリトン』は今から考えても不思議な雰囲気を持ったアニメでした。あのウェットな空気感は、『ライディーン』を経て『ブレンパワード』まで繋がってる何かがあるような気がします。(“海”の描写が多いってだけじゃなくて。)どのへんまでが手塚さんのもので、どんなところが富野流なのか。・・・これもいつか見直してみないとなぁ。(いつのことやら。)


| ランキングオンライン |

スポンサーサイト

別に宮台ファンってわけじゃないですよ。(笑) 

[2006/07/24] | 「おたく」な話 | トラックバック(1) | コメント(1) | TOP ▲

 相変わらずネタ元の情報鮮度にはお構いなしで、気になったことを勝手に書いておりますが、宮台さんのオタク論を読んでいたら、避難所の両隣から(笑)、情報提供があったので、もう少し見聞きしてみようかと。

「頑駄無の 妄想憑かれし 愚か者
 頑張っても駄目 生きてても無駄」

 うぅむ、こっちの隣は相変わらず強烈ですねぇ…G_RobotismのKita082さんがご紹介してくれたのは、まず
限界の近代・限界の思考 〜境界の正当性を巡って〜
(…ぎゃぁ、難しい!)
 それから、
文化鼎談 美術館千夜一夜物語 テーマ:魔性
(…まだ読めそうだけど、なんて字数?)

 ヘタレな私としては冷や汗が出た(笑)ので、違う方のお隣、takkunさんがお勧めしてくれた下記の無料配信のほうを見てみました。(これだとて、私の貧弱なPC環境では至難の技でしたが!)

ビデオニュース・ドットコム インターネット放送局
第236回[2005年9月30日] マル激『5金』スペシャル 猿でもわかるオタク入門」
直リンク 前半48分 後半64分 ←50K版のほうです。(300K版もありました。)

 基本構図としては、司会者がオタクにすごい過剰防衛(?)を示していて、「オタクの達人」二人(宮台、斉藤)がそれを解きほぐしていくという構成。インテリだが非オタクという司会者向けの解説は、難解すぎずありがたい。(長すぎるのが玉に傷ですが・・・。)
 なるほどと思ったところ、その他をいくつか。
【前半から】
・B級アイドルにあこがれた経験があれば、そこからオタクまではあと一歩。
・70年代のヤマト、漫研、高橋留美子(うる星やつら)。80年代のキャプテン翼(ヤオイ系)・・・あたりの流れ。(大半はそらで年代が言えるところがやっぱり宮台さん、賢いね。)
・アイドルのB級批評ブーム。B級の方が記憶に残っている。なぜかは分からない。→「ほら、それが萌えですよ」(これは分かりやすかった!)
・パーソナルな体験。(僕にとっての「隣の女の子」)→共有困難なものを愛でる。
・宮台さんの最初の萌え体験は、小学3、4年生で『サイボーグ009』の003、フランソワーズ。(正直な告白が面白い。でも私は斉藤さんのほうに近いかな。)
・コミケ、ワンフェスの様子が挿入される。(すごいですねー。・・・私、行ったことないんですよね。こういうところへ参加できる行動力があるって立派だと思うんですよ、ぶっちゃけ。)
・今のフィギュアは元ねたに似てるかどうかよりも、独自に発展してる。源流は70年代のタミヤのミリタリーミニチュア改造ブーム。(そのブーム何気に知ってるけど、そうだったの!?)
・オタクとマニアの微妙な違い。物質性の有無?所有感?「二次創作は作品を自分のものにする儀式」。

(前半ラストの「休憩時間」トークがまた面白い)

【後半から】
・「オタク=趣味の世界に没頭して人づきあいを好まない性格の人物(国語辞典定義)」を見て、これは「古い!」(これじゃ89年の「宮崎勤事件」当時のまま)
・昔はひらがな。オタキングの「オタク学入門」以降、カタカナに。
・対人距離がよく分からなくて誰に対しても「おたく」。家からあまり出ないというダブルミーニングも。よくできた言葉だけど「蔑称」
・「もてないのでしかたなく」というのは、少なくとも90年代半ば以降は違う。「生身が実りがあるというのは単なる思い込み」で、「現実の女はどうですか、つまらないやつばっかりじゃないですか」という考え方が登場して、劣等感は消失した。(宮台氏はここを何度も繰り返し強調してました。)

・70年代の入口で「トリトン」「ヤマト」「ガンダム」などを経てるかどうかは重要?(パーソナルな監督、イビツなアニメ、リアリティのある群像劇)
・「萌え」の起源というか、セイラさんのシャワーシーンの劇場フラッシュ光伝説から『くりぃむレモン』が生まれ、劇画系エロ漫画(日活ロマンポルノ的)からの分離独立を果たし・・・(このへん、固有名詞出すぎ 笑)

・『電車男』はただのネット美談で、時ならぬオタクブームは「間違った市民権」でしかない。あれはオタクから見れば「薄い物語」だが、オタクバッシングへのカウンター(オタクもいいかも?)としてはまあ機能した。
・しかし、普通にオタクを描いたら、(本来)エロは避けて通れない

・日本のマンガ、アニメ受容の独自性(虚構で欲情する) 枕絵の素地 粋の文化 日本的サブカルチャー 
・海外への広がりを見ていると「現実はつまらない」という認識は共通しているのでは

・三島由紀夫は存在自体がサブカルに親和性があった(斉藤)
・地方公務員とオタクは親和性が高い(笑)

・情報をハンドリングできなきゃ(東大理IIIの有り余る情報処理能力)
・オタクは「現実と虚構を混同している」と批判して満足するような粗雑な感性ではなく、現実と虚構の間でこそ?
・IT革命が「情報を享受する」というのは、「オタクがいい」と同義

・オタクは幸せか?
・自分が駄目だと思っていることがオタクの条件 「確固たる自信のなさ」(斉藤)
・「現実はつまらん」と見切っちゃった(宮台の反論)

・例えば「環境問題」「格闘技」「サッカー」 これは環境オタクとか言ってるんじゃなくて「情報の過剰利用」という観点
・虚構へのセクシャリティと現実のそれは違うということをそろそろ言っておかねば。宮崎事件以後、むしろ教師とか警察官とかの事件の方が多い。(斉藤)
・「現実はつまらん」ってことですよ。(宮台)

 斉藤さんも指摘していたが、『巨人の星』の消える魔球の話題では、司会者もしっかりオタクしていたけど、結局「萌え」が分からないのは体質的なもので仕方ないというところで安心していた(笑)。やっぱり結局はエロの話でなければ通じないんだろうか?
 アニメ絵で「抜けるか?」が斉藤さんのオタク定義だけど、それはいかにも狭義ですよね。より広く、「虚構に遊ぶ」データベース的消費全般をオタク的傾向として考えていくことは必要そうです。
 その中で、虚構性が大事(「キャラクター」と「キャラ」は違う)という話は面白くて、「サンダーバードの実写版はサンダーバードじゃないから見ない」という宮台さんのこだわりは「いい!」と思った。(笑)

 一般人の使う広義のオタクの曖昧さとして、一見似た対象に見える「車オタク」と「鉄道オタク」よりも、むしろ「鉄道オタク」と「アニメオタク」のほうが親和性が高いという話がありました。でも、同じ車でも「スーパーカー」は実際「所有」できないから、話はまた別だとか。
 この辺は、オタクの間でさえ意見が微妙に分かれるところなのでしょうが、前半ラストでの、オタクとマニアの微妙な違いにも関わる話で。司会者はオタクとマニアの違いが分かったみたいに言ってるけど、「物質性の有無」や「所有感」なんてのは、案外微妙な話ですよね!
 「提供された虚構」じゃなくて、「頭の中に蓄積された虚構」で楽しむのでなければ、という宮台さんのこだわりは、今でも生きている概念なんでしょうか・・・(笑)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。