スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駄文日記(原作つきアニメとオリジナルとか批評とか、あれやこれ w) 

[2009/04/20] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(8) | TOP ▲

 感想にもならないような感想でも、何がしか書いておくと、それはそれで反応が返ってくるもので、もしそこに耳の痛くなることが書いてあっても、考えるきっかけをいただけるというのはありがたいことです。

 というわけで、前回に続いて駄文日記ですけど、昨期で終わった作品の話の次だから、今期見始めた作品の話をしようかなと思ってました。そんなこんなが入り混じりつつ。

 製作サイドの意識と噛み合わない「ガンダム語り」は、あまり世の中を豊かにはしないのではないか、という指摘。確かにそうです。ただ、そのようにばかり考えてしまうと、私なんかは失語症になってしまうので、世の中のためにではなく、自分のために何かを書いているとか、開き直りみたいですがそんな感じです。
 東浩紀さんが「ぼくは批評をメタ作品というよりも、ベタにひとつの作品として読んでしまうところがある。したがって、その社会的な影響力や「正確さ」なんてものは、究極的にはどうでもいい。」(批評について - 東浩紀の渦状言論 はてな避難版)とか言っていて、それにはビックリしましたけど、私の駄文は批評なんかじゃないし。まあ、批評とは何なのか、正直よく分かりませんけど。

 実を言えばまともな録画機器というものをもっていない私は、ネット配信されるもの以外は現在進行形のアニメを見る手段がほぼありません。そんな中で見始めたのは、とりあえず上記の三作品のみ。

 私の見ている範囲なんてあまりに視野が狭いので、傾向なんて話をしても無意味なんですが、たまたま重なったにしても『マジンガー』と『BASARA』のぶっ飛びぶりは、それはそれは凄くて強烈な印象です。(笑)

超合金魂 GX-45 マジンガーZ

自分が小学生の頃に永井豪作品に感じていたパワーと、『衝撃! Z編』1話に感じたものは、近い気がする。原作の物語をなぞってパワーのないものを作るよりも、よほど正しい原作に対するリスペクトだと思う。

 パワーっていうか勢いっていうか。アニメ様の感想は同じ年代的に分かるんだけど、永井豪の原作ってコミック?分かんないぐらいアニメの印象が強いです。
 で、難しいのはそこから『ガンダム』を経てきたのがわれらの世代なもんだから、このはっちゃけっぷりには正直、少し戸惑っちゃう部分もあるんですよ。こういうのでバッチリ育ってきたくせに、「これからのアニメはこういうのじゃないよね」ってタテマエを言ってきた世代だから。
 しかし、それにしたって、このノリは凄いな!圧倒的な濃厚さぢゃないですか!これはまいった。脱帽です。「衝撃!」ってのは看板だけじゃないですね。

戦国BASARA 其の壱 [DVD]

 『BASARA』のほうも、もの凄いノリ。(笑)
 戦国時代の歴史とか、わりと好きなんだけど、このむちゃくちゃぶりは完全にそんなものを超越しちゃってますね。ゲーム原作らしいので、ストーリーには何も期待しないほうがいいのかもしれないと思いつつ、『PERSONA - trinity soul -』と同じく、むとうやすゆきさんがシリーズ構成だということなので、案外、案外かもしれないなんて少し思ってみたり。ぜんぜん作品のタッチが違いますけどね。(笑)

 『あしたのジョー 2』絡みでも、そんな話をしましたけど、原作のあるアニメとオリジナルっていうのは、もうずっと昔からいろいろ思い惑うばかりのテーマで。

アニメブームの中で育った私はオリジナル原理主義者でしたけども。物語を生み出す力が全般に下がっているように思えてならない昨今は、何がその原因なのかと思い惑う日々です。

 こんなブクマコメントを書きました。
 何かを下敷きにしようがしまいが、アニメで表現される物語というものは、他の媒体で示されたものとは似て非なるもの。そういう覚悟が持てないところが、クリエーターである作品の創り手に比べ、ただの受け手に過ぎない私なんかの残念なところでもありますね。

続きを読む
スポンサーサイト

[これはひどい]今月二回目の更新(近況報告やら) 

[2009/04/18] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 はたと気が付いて、ビックリしました。いえ、4月ももう、17日なんですね。今月なんと二回目の更新ぢゃないですか。この勢いで行ったら、今月の更新は二回?三回?(笑)

 仕事の忙しいのは、半分ぐらいは一息ついてきました。もうひとふんばりっす!ここを何とか乗り切らねば・・・。
 で、やっと自分のブログが今月まだ一回しか更新されていないことに気づく程度には、余裕ができてきたというわけです。いやはや。

 かれこれ、どれだけTSUTAYAにも行っていないんでしょう?そろそろ『Zガンダム』も再開したいですね。インプットがないと、アウトプットしたいという意欲もわかないとか、そんな感じです。
 ネットで配信されているアニメは、それでもけっこう見ていましたけどね。

  • 鉄のラインバレル
  • 機動戦士ガンダムOO
  • キャシャーンSins
  • 鉄腕バーディDECODE:02

 昨季、見ていて最終回を迎えた作品は、こんな感じ。
 ラインバレルについては、前にも「言葉にならない」という最終回近辺の感想を書きました。私としてはそれで精一杯だったんですが、ネットを眺めていたら、“あれは堂々の王道でそれなりに感動した”というような感想を散見して。えぇーっ!?そうなんだぁーっ!?って感じです。世代の差なんですかねぇ。

 Sinsについては、前半で凄く期待が盛り上がっていただけに、後半(特に最終回)は正直、残念でした。元祖『新造人間キャシャーン』は打ち切りだったけど、それでも何とか話を締めようと、もう少し前のめりに終わってました。いい味出していても、ただの「味」で終わってしまっては、記憶に残る作品にはならないのではないかと。

 バーディ第二期は、第一期もそうだったけど、普通に面白くてウェルメイドな作品でした。ただ個人的にはそれだけで、それ以上突き抜けるようなボルテージが上がらなかったというのが、これも正直な印象です。作画で騒がれたりもしたけど、私はバランスがいい作品だと思いました。挑戦的な部分があるのなら、もっと思い切って全体的にバランスを崩した表現というのもあってよかったんじゃないかな、と。

続きを読む

とっても駄目な私の今日の駄文日記 

[2009/03/03] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 お約束の駄文日記を書いておきましょうか。w

 今日は『Zガンダム』39話「湖畔」と40話「グリプス始動」をDVDで見ました。感想メモが今、第30話ですから、10話分も引き離されてしまった・・・。良くない兆候です。『イデオン』みたいにイデの発動まで見ちゃうと、そこまでの感想が因果地平の彼方へ飛んでいってしまって、もう感想が書けなくなっちゃったりした前科がありますからね。しかし後半になってくるにつれて、感想が言葉になりにくくなってきます。

 今日は仕事で凡ミスが発覚して、目に見えて会社に損害を出してしまいました。凹む・・・。

 集中力を欠いていることは分かっちゃいるんですが、今のわが社の体制で、大きなプロジェクト二つ含めて、私一人で5つも6つもの業務のマネージメントを同時にやれって、「そっちのほうが無理言ってるだろ」って、ミスをしておいて開き直った文句を言いたい気分がどうにも押さえられなくて・・・。
 駄目だ駄目!明日はちゃんと上司や同僚に頭を下げなくては。

「大人をやりゃあいいんでしょ!」

 カミーユに共感してる場合じゃないんですってば。www

 え?本当かな?私、ダブルオーの感想って、セカンドシーズンになってから一回も書いてないの?それはひどいや。www
 あ、違う違う。第11話までは一回書いてますね。それだけかよ!
 水島監督、一生懸命やってるんだと思います。『ガンダム』は伊達じゃないんだって。
 決められた尺の中で、『ガンダム』と呼ばれるだけの物語をやらなくちゃならないっていうところで、たぶんできるだけのことは一生懸命にやってるんだと。

 『映像の原則』を読んでいて慄然とするのは、こんなにもアンビバレントなたくさんのことを抱え込みながら、富野監督はアニメを作っているんだなーということで、同じ尺の中で表現することのできる物語の密度(物語だけじゃないですね。商業的な要請その他もろもろ含めトータルな情報量)が、やっぱりほかの監督には真似が出来ないスキルがあるんじゃないかってことです。

 何て言うか・・・。『鉄のラインバレル』なんかはどうして見続けているんだろうかと自分で問い直したくなるぐらいに、見ていてほとんど“不愉快”に近い感想を持ったりすることがしばしばあります。(ぉぃ

 それに比べると、(比較の対象をどこに置くかという話でもありますが、)『ダブルオー』はちゃんとやろうとしているというのが個人的な印象。・・・で、頑張ってるねって言ってあげたい気持ちはあるんだけど、『ガンダム』って看板背負ってやっちゃっているから、惜しいかな力が及んでいないよ~って、ついついそういう気分になっちゃうのが、富野作品の“密度”に慣らされてしまった厭な観客のサガっていうところです。

 何でそんなことを言うかというと、足りない能力で精一杯やってるっていうほうが、本当はリアルな自分には近いというところがあるわけで。でも、観客としてはやっぱり、力が及んでない表現をみせられると、頑張ってるんだろうなーとどんなに思ったにしても、「うーん、残念」と感じる気持ちを覆い隠すことができないってことなんですよね。残酷だな、観客ってやつは。

 そういうわけで、(どういうわけだ)明日のために、今日はもう寝ます。www

 あ、「明日のために」で思い出しましたけど、GyaOで『あしたのジョー2』を放映中です。あれはすげぇです。書きたいことがあるんだけど、なかなか書けない・・・。(涙
 書けないでいるうちにGyaOの放映が終わっちゃうかもしれませんけど、あれは見る価値があるアニメだと思います。オススメ!だけしておいて、今日はこんな駄文日記でごめんなさい。 ^^;

機動戦士ガンダムOO (第二シーズン) 第11話「ダブルオーの声」まで 

[2008/12/21] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(5) | TOP ▲

 第二シーズンになって以来、感想あまり書いてないなと思ってはいたけど、振り返ってみれば、なんと第5話以来。(驚)

300ピース ダブルオーガンダム 33-034

 『ガンダム』って言ってるだけで、無条件に食いつく気にもならないというか。でも批判するというわけでもなくて、あえて言うと、食いつきどころがどうにもわからないという感じで、ただただ見守ってきました。・・・なかなかダイナミックに物語が駆動し始めない印象だったんで。
 それがここに来て、“ダブルオーライザー”の“ツインドライヴ”によって、“脳量子波”によるコミュニケーションが起る・・・といった展開が目新しかったので、ようやくエンジンがかかってきたのかなーと。

 主人公たちの「敗残のテロリストたちの逃避行」状態は、あまり変わっていないんですけど、敵であるアロウズさんたちのほうが、宣戦布告も何もなしで、衛星兵器による無差別大量殺戮をやってくれるという、あまりにも分かりやすい「巨悪」ぶりを示してくれてしまったもので。これじゃあ、視聴者的には主人公側に肩入れして、「アロウズを倒せ!その後ろで糸を引くイノベーターを倒せ!」っていう見方をするしかないですね。そういえば竹田青滋プロデュースの作品でしたっけ、と今さら思い出してみたり。
 アロウズはともかくとして、イノベーターを率いるリボンズ・アルマークは、やがて外宇宙へ進出する時代に備えて人類を統合せねばならない、というような(イオリア・シュヘンベルグの計画に基づく)大義名分を奉じているらしいですが。

 キャラクターのドラマは、それなりに動いているのですよね。“超兵”ソーマ・ピーリスちゃんが、本来の自我を取り戻してアレルヤのもとへ来たり、ティエリアの出自が明らかになったり。しかし、どうもそれらがダイナミックな物語の駆動とは思えないのは、主人公たる刹那と離れたところで起きているからなのか何なのか。
 とりわけ(キャラクターの存在意義がよく分からなかった)第一シーズンの埋め合わせのように、いろいろ活躍(?)しているサジ君とルイスちゃんのドラマが、かなり濃い感じに盛り上がってきていて、相対的に刹那(&マリナ・イスマイール)の影の薄いこと薄いこと。(第一シーズンの“サジ・パート”と同じぐらいに、今の“マリナ・パート”は存在意義が不明な感じです。)

 そういえばコーラサワーには、もう少し期待していたのですけど、何だかあまり盛り上がりもなく再登場。“Mr.ブシドー”ことグラハムに、ネタキャラNo.1の地位を完全に奪われちゃってますね。(コーラサワー氏は、この感じだと、やがてカティ・マネキンさんが良心に目覚めるステップか何かで哀れな最期を迎えるような予感が。)
 グラハムは第一シーズンの最終回で、“ガンダムLOVE”なカミングアウトで噴き上がっちゃったので、今さら普通の人には戻れない感じでしょうか。ワンマン・アーミーを自称するこいつにしても、アリー・アル・サーシェスにしても、刹那のライバル的な存在が、本筋の展開からは遠ざかっちゃってるのが、刹那の存在感のなさに繋がっちゃてるのでしょうか。
 刹那は第一シーズンから第二シーズンに入ったところでは、ずいぶん成長したな(多少まともに会話が出来るようになっただけ?)という印象もあったのですが、その後は乗機のパワーアップ(エクシア→ダブルオー→ダブルオーライザー)ばかりが印象的で、相変わらずサーシェスにはまったく歯も立たないし、いいところが全然ないですよね。

 あとは・・・ワン・リューミンとニーナ・トリニティは今のところ、ただ不気味なだけだし。二代目ロックオンは、女の子のハートを狙い撃つほうでの活躍ばかりが印象的だし。(笑)

続きを読む

機動戦士ガンダムOO (第二シーズン) 第5話「故国燃ゆ」まで 

[2008/11/12] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 知らん顔のしすぎもアレなので・・・。第5話まで見た印象を少し。

機動戦士ガンダムOO 2009年カレンダー

 これって敗残のテロリストたちの逃避行・・・になってますよね?(笑)

 ネットの接続が悪いので、その間に富野小説『閃光のハサウェイ』の読書が快調に進んだのですが、テロリストの末路は厳しいよ・・・。あれは、少なくともTVアニメの原作にはできないものだろうと思いましたが、ということは、こうした物語の場合には、どうあっても結末を厳しいものにせざるを得ないという意味だと私は思うのです。

 そこを少しでもTVアニメ的に見やすいものにするつもりなのか、“アロウズ”も、のっけからバグもどきの殺戮メカまで持ち出してきて、分かりやす過ぎるぐらいに悪の組織っぽく振舞ってくれていますけど、・・・私としては、それ以上にリボンズがあまりにも気持ち悪いなー。(ワン・リューミンとかも!)

 サジ君がちゃんと話に絡んできてるのはいいですね。してみると、第一部はずっと仕込みだったのかよー、という不満はまあ、ありますけど。(富野小説で言えば、『クロスボーン・バンガード』の上巻みたいな感じ?)

 大して見てきているわけでもないのでアレですが、『鋼の錬金術師』での水島精二さんは、途中の盛り上げは素晴らしかったけど、最後をあまりきれいに締めてはくれませんでした。黒田洋介さんは、『無限のリヴァイアス』で人間のドラマだけを締めて、SF的な物語のオチは“付けたし”程度の扱いでした。
 だからって訳じゃないですけど、この『ダブルオー』という作品では、“武力による戦争の根絶”みたいに大きく振りかぶったテーマをきっちり締めてくれる・・・とは思わないで見ていたほうが、たぶん楽しく見ることが出来るんじゃないかと私は思い始めています。
 で、その代わりというか、この作品はどの程度、男女の恋愛みたいなものについて本気でやる気があるのか。・・・というあたりが私には興味深く思えています。水島監督は、ハガレンでそこからは逃げちゃいましたけど、黒田さんはそのあたりねちっこそうだから。(笑)
 第一部と第二部で、一番温度差を感じるのは、実はそのへんの描写だったりします。まあ恋愛に限らず、生きること全般に不器用そうなやつらばかり出てきているので、絡めば絡むほど悲恋の物語になっていきそうですけど、そこを思い切りやりきっちゃうと面白くなってきそうな気がします。

 刹那とマリナ・イスマイール、ロックオンとフェルト・グレイス、アレルヤとソーマ・ピーリス・・・と見てくると、ティエリアは?って感じですが。その人並みに冗談も言えるようになったティエリア君が、皆を気遣う一番いい人のキャラを持っていって、第二期好感度No.1に化けているところなんかは、なかなかいい味出してると思います。まあ彼はそっくりさんの謎とか美味しいところがまだありそうだしね!

 しかしこのまま行っちゃうと、本当に敗残のテロリストの惨めなストーリーなんですけど、いかにも怪しいのは気味の悪いリボンズも、例の“ヴェーダ”の一番深層まで把握してなくて、そのままシステムを利用しているっぽい(?)ので、そのへんで何か一発逆転パンチがありそうですよね。やっぱガンダム世界の舞台回しの黒幕は、あくまでハゲ親父ですか!(笑)

 あとは、ルイスとネーナの因縁みたいな地雷もありますし、ミスター・ブシドーなどというネタキャラもパワー全開の機会を待ち構えておりますけど。それより何より。
 やっぱりこの期に及んでまだ姿を現さないコーラサワー氏が登場するときには、“オレンジ君”の前例に倣い、サイボーグに強化されて・・・という大方の予想を、水島&黒田ペアがどう迎え撃ってくれるのかが興味しんしんですね!(まあネタ方面よりもシリアス方面に本当は期待しているのですけど。)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。