スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈴木プロデューサーのプライベート・フィルムとしての『ゲド戦記』 

[2008/09/16] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(9) | TOP ▲

まぁ、何と言うか、評価しないわけにはいかないだろ、というのが率直な感想。

結果として、『ゲド戦記』は、宮崎吾朗初監督作品ではなく、「宮崎駿作品のフェイク」になってしまった。ジブリというブランドを信用する人たちに対する、壮大な詐術になってしまったと言わざるを得ない。

 コメントだけでなく、何かアンサーになる記事を書こうかと思いながら、果たせずにいたところでした。

 “「宮崎アニメ」というのを現象として考えると、”という私のコメントを補足しておきますと、“作品”として考える場合にも、鈴木Pのストーリーへの示唆というのは皆無ではないけれど、その重要性は比較的小さい。
 それに対し、世の中に影響を与える“現象”として考えた場合には、人気を博しているのは宮崎駿という所沢のおじさん(?)が作ったアニメだけではなく、鈴木敏夫という敏腕プロデューサーが設定したテーマもまた無視できない重要なものだ、ということを言いたかったのでした。

 私も無論、鈴木敏夫さんの業績は高く評価しています。富野監督も宮崎アニメにおける鈴木Pの存在を、うらやましそうにしばしば言っておられるような気がしますよね(笑)。
 鈴木Pのプロモーションは、しばしば宮崎駿のアニメーションそのものの宣伝ではなく、(そこから連想されたイメージに基づくとはいえ、)さらにどんどんと翼を広げて“テーマ”を語り過ぎているようなところを感じます。にも拘らず、それが毎回あまりにも図に当たるので、これはあるいは「不誠実」なのではないかと。
 そう疑わずにいられないことが、私には多かったのです。(ままあることではありますが、とりわけ宮崎アニメについて語ろうとすると、宮崎駿のアニメーションの感想を話しているのか、鈴木Pによって“発見”されたテーマを論じているのか、時々分からなくなってしまうのです。)
 ・・・ただ、これが大方から疑われることなく許されてしまうのは、もしかしたらほかの誰よりも鈴木敏夫という人が、宮崎アニメの“熱烈なファン”であるからなのかもしれないなぁーなどと、zsphereさんの記事を読みながら、別のことを考えたりしておりました。

ゲド戦記

 『ゲド戦記』という作品については、吾朗監督だけではなく鈴木Pの内面を内容に反映している面もあるような気がします。つまりzsphereさんが「ジブリというブランドを信用する人たちに対する、壮大な詐術になってしまったと言わざるを得ない」とした製作経緯が、作品の内容とシンクロするかのように、まるで“魔がさした”ようだなぁ、と。
 これは何の根拠もない、ただの個人的妄想ですけど、私には、「本当に宮崎駿のアニメーションだから世の中にこれほど認められるのか? お前の時代を捉えたテーマ設定やプロモーション手法が優れているから売れているんじゃないのか? 疑うのなら、一度試してみたらどうだい?」と鈴木Pの耳元で何かがささやいているという絵が浮かんできて仕方ないんですよ。
 そして、ある意味では無残なことに、『ゲド戦記』という作品は、内容面での批判も多く集めましたけど、興行的にはまず申し分のない好成績をおさめてしまったんですよね。

 あのストーリーは作品を見てもよく分からない難解なものなのですが、鈴木プロデューサーの指示に基づく部分が大きいようです。ここには、さまざまなものが入り乱れて投影されすぎているのではないかと私は思ったのですけど、吾朗監督の解説によれば、「影」は本来は主人公の「心の光」だった部分が切り離されたもので、心の闇に捉えられた主人公と再び一体化するために追いかけていたのだとか。
 『ハウルの動く城』で、鈴木さんは宮崎駿監督との間に埋めがたい溝を感じたのでしょうか? それが投影されているのが、あるいは『ゲド戦記』でのアレンの影?

関連

スポンサーサイト

芸事の周辺事情まで楽しむのが芸能(笑) 

[2005/12/20] | ネット巡遊記 | トラックバック(1) | コメント(7) | TOP ▲

今日は目に付いたところをいくつか。

宮崎駿の息子がゲド戦記を手がけるのに際して鈴木敏夫が何の目的のためにどう動いたのかってのは大いに興味がある

この間も書いたやつだけど、このコメントが気に入ったので紹介。

はじめて最初のガンダム見ました

これも面白かった。(笑)

子どもの感想みたいでごめんなさい。

千葉大で旧作ディズニーの原画約250点発見

セル画や原画の保存が難しい。まあそうかもしれないけど。それ以前にセルや原画は「資料」であって作品そのものではない、という気がするんだけど。マニア垂涎のアイテムではあるかもしれないけど、フィルムあっての資料に過ぎないと思うのでありました。例え如何ほどの評価額が付くにしたところで。(へそ曲がりかな?)

トミノのススメ

となりのトトロ絶賛ですか。珍しく電波の混信が感じられない、とてもまともな受け答えをしてますね。

つかね、最近思うんだけど富野をただ無条件にマンセーするのは信者じゃないよ。富野信者ってのは富野をネタとして楽しみつつ、そのダメな部分をダメと認識した上で、全てを愛することができる人間のこと。そこのところをアンチもニワカも履き違えていて困るんだよな・・・。



うわ!! (笑)

バイストン・ウェルは富野由悠季にとっての「終らない学園祭」か

異世界ファンタジーものを多少苦手とする囚人さんは、この問いかけに半分うなづきつつ、

富野作品に望むのは1つ。
見た者の心にずっと残る、傷をつけてほしい。



この部分には、うなづけないものを感じるのでありました。
どうなのでしょうかね???

まさか世襲制!? 何て東アジア的?! 

[2005/12/14] | 雑記 | トラックバック(1) | コメント(5) | TOP ▲

臨時ニュースです(笑)。今日の物言いは、囚人さんとしては下種なことを言ってしまうかもしれません。

私はジブリのことはあまりよく知りません。

このニュースも普通に新聞を読んでいて、眼にしただけです。事情がよく分からないことを書くのは、あまり適切ではないと思うのですが、「ええー!?」となんだか不快に思った、ということぐらいは正直に言ってもいいでしょう。

ゲド戦記 監督日誌 前口上 父は反対だった

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。