スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんで見下したがるのよ 

[2006/04/10] | 「おたく」な話 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

「よかった」の反対は「わるかった」
「つまらなかった」の反対は「おもしろかった」


 ああ、そうか、自分は「わるかった」という記事を書かないから、批判って言ったって個人の感想の範囲でしかないんですね。うん、また教わりました、のりのりさん。
 「何かにつけて勝ちにこだわる人が世の中には本当に多い」は、まあ経済の話もあるんですけど、話の大元が多数派・少数派の話だったので。(・・・と言いかけて、どこが出だしだったか分からなくなり、確認する。おお、なんと「ZGIIIの感想って、どうも自分の意見は多数派だと思い込んでいる人は多いのですけれど、それとても100人が一致する意見ではない」にまで遡るのであった。およよ。)
 で、まぁ管理人の性格で、話題の紆余曲折は延々と多いわけですが、「他人を見下す若者たち」というのは、かなり問題の根本かもしれないですね。ご教授ありがとうございます。さっそく今度、本屋で探してみるとします。
 41さんのような方の周りには、他人を見下そうとする若者はあまりいないのですかね。オタク的論議って、わざわざ話をややこしくするものなぁ。「ゼータかシードか」みたいな話がそのまま「サブカルかオタクか」みたいな話とイコールみたいに持ち出されるのは、話の整理整頓が難しい。

「個性の時代」の隔絶って事なのかな。


 うーん、なるほど、バルタザールさん。友人と言いながら、その価値観から何かを学び取ろうとしないんですかね、今の若者は。私たちの世代では、そういうのはたぶん親友とは言いませんでしたけど、その辺が違うのでしょうかね。
 中立であろうとしてなのかどうか知りませんけど、友人関係だけじゃなく、作品に対しても「雲の上から俯瞰」して「生の感覚が共感出来なく」なってる人たちが多いような気がします。それが時代の気分なのでしょうかねー。
 サブカルとオタクをもし区別するのなら、サブカルのほうが「見下す」傾向が強いのかもしれませんが、しかしオタクも「のめり込んで」いるかのように振舞いながら、実際には案外、俯瞰しているように思えますものねー。
 美術大学では「サブカルチャー」はOKで「おたく」はNGだったのですか、ラジヨさん。それも面白い話ですね。大学ってぐらいでアカデミックぶるのが、つまりサブカルだということなのか。(海外から見れば、いずれ同じ根から生えたものでしょうに?)
 「似たもの同士ほど細かい差異に気がつき、争いの回避はたぶん不可能」と言われますが、昔のオタクは似たもの同士の細かい差異を互いに楽しみこそすれ、争わなかったという話ですから、今では不可能になっちゃったのは何故なのでしょう。

 趣味嗜好は基本的に百人百様で、競争や勝ち負けには本来、馴染まないものだったはずなのに・・・。そこで無理やり勝ち負けを決めたがるから、乱暴に多数派・少数派で話をくくろうとしたがるのか?

 (全然答えが出ていないぢゃないか・・・。)

 (というか、やっと考えるべきポイントが見えたのか?) 

 (苦笑)
スポンサーサイト

争いごとは嫌いなのですが 

[2006/04/09] | 「おたく」な話 | トラックバック(0) | コメント(5) | TOP ▲

なんかサブカルとおたくは仲が悪いという話をよく聞きます。本気で違いが分かりません。ある要素を取り上げて「これはサブカル」「これはおたく」と判断することはまあできますけど、そこにどんな分類基準があるのか身体的に理解することができません。
(魔王14歳の幸福な電波 え? 「サブカル」って「おたく」をカタカナで書いたものじゃないんですか?


 サブカルとおたくは仲が悪いのかどうかもよく知りませんが。(笑)
 それはけっこう違うだろうと思いながら、こう聞かれると、どう違うんだか上手に言えない自分がいるな、と気付きます。
 「まあロックだってメタルとパンクがいがみ合ってるし」で納得しちゃうのか? 私はますます分からなくなりそう。
 でも「どうしていがみ合う必要があるのか」と言われると、ちょっと気になりますね。「ファーストガンダムと平成ガンダムとか」ですか。

 もちろんその大多数は両方に関心があるか不干渉を保っていると思いますけど、なぜか喧嘩を始めてしまう人たちがやっぱり一定数いるわけで、しかもそういう争いって傍から見てると「どっちも似たようなもんじゃん」で終わってしまうものなのです。


 「当人達にとってはぜんぜん違うことでしょうし、そのこだわりは大事にして欲しいと思いますよ。それが不和のタネにさえならなければ。」って言うけれど、そりゃ争いはイヤなんだが、むしろ傍から「どっちも似たようなもんじゃん」みたいに言われたりするから、しなくてもいい不毛な争いが発生するなんてことはよくある話のような。
 …って、なんか本当にサブカルとおたくの話だったのか、これって? あ、そうか、区別が分からないって話だったんだから、とりあえずそれでもいいのか。

 おたくは特定の行動をする人種を指す言葉、サブカルは特定の嗜好を指す言葉だと認識してましたが、正直よく分かりません。まあ、仮想敵を作りたがる人ってのはどこにでもいますよね。ネットだと相手が見えないから、なおさら。
SSMGの人の日記


 この解釈で少し納得。行動と嗜好の“対象”(例えばアニメ)が完全に同一ではないというところがミソですかね。ただ傍から見れば同一以外の何ものにも見えない(アニメはアニメ、どれでも一緒)というのが現実。で、どう相手を排除しようとしてみても、それは不可能なのだから、仮想敵を作りたがるってのは、やっぱり愚行なんでしょうね。
 はてなブックマークを見ると、結構いろんな人が関心を持って、いろんなコメントを述べていて、「最先端の人は作ったり調べたりに忙しくて喧嘩してられんでしょ。勝手に敵意を持たれる事はあっても。もっと前向こうぜー。」みたいな前向きの意見もあれば、「『文化』なんてそんなもんでしょ?」ってな冷めた見方もあり、 「いがみ合ってた方が文化が活性化するから、不毛でもどんどんいがみ合え」なんて意見もまんざら間違いではないようにも思う。
 
 何かを支持して「よかった」という記事を書くのは、「つまらなかった」と批判する記事を書くのより、少なくとも自分の言葉で書こうと思ったら大変なことだという気がしています。
 でもこういう記事こういう記事を読ませてもらったりすると、批判ってのもちゃんと考えなきゃ駄目なんだろうなぁって。

 「勝ち組負け組」の話は、もともとは多数派少数派の話からはじめたのに、いつの間にか経済的勝者の話にしてしまったのは私でした。すみません。

「経済的勝利を、自分にとっての「勝利」だとしてしまった方が、他のやり方よりも「楽」だ」という文脈

なのはzsphereさんのご指摘のとおりで、なぜそれが楽かというと、それが「勝ち組」についての認識の多数派だからなのでしょうね。(経済的勝者はむしろ実数では少数派のはずなのに、どうしてそうなるんでしょうかね~。)
 いや、「経済的な勝ち負けもバカにならない」ってのは私も非常に身につまされる話ですが、何かにつけて勝ちにこだわる人が世の中には本当に多い。
 私は、よく周りの人から“敗北主義者”って言われるんですよねー…。

orz

漫画・アニメ全般 - 漫画・アニメにほんブログ村 漫画アニメブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。