スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

60万ヒットありがとうございます & キングゲイナーの話を少しだけ 

[2009/03/08] | ブログ日記 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 えーと。(汗

 このブログに設置してありますカウンターのアクセス数が、60万ヒットを超えました。このところの低調ぶりにもかかわらず、それでも日々カウンターは回っていっているのだなーと。ちょっとプレッシャーを感じたりもします。w

 つい先日、“2月の月間エントリー数が「9」というのは、このブログを書き始めて以来最小、初めての一桁”でした、ゴメンなさいという記事(3/1)で、そのへんのたまってるものを吐き出したばっかりなので、今日はあんまりそういう話で書けることもなかったり。

 ちょっとぼやぼやしていましたら、いつからかなぁ?はてなにユーザーの「プロフィール」みたいなページができてました。

自分ではブックマーカーのつもりではないのですよ。w

 放置状態のはてダの自己紹介のままではいかにもまずかったので、あわてて書き直しましたが、さて何を書こうかと考えて、・・・自嘲の言葉ぐらいしか出てきませんでした。orz

 しかし、こうやってみると、はてなのサービスいろいろ手を出してますねー。ちょっとやり過ぎかも。ブックマーカーじゃないやい、と強がってみましたが、囚人022のはてブのブクマ数は既に9,000以上。やがて10,000の大台に乗っちゃうじゃないですか、この勢いでは。w
 以前にはときどきメンテナンス(整理)していたんですけど、最近は増えすぎて手に負えなくなってるし。RSSリーダーのほうはLivedoorリーダーに乗り換えちゃったので、はてなのほうは放置になってますけど、そっちもちょっと購読数が増えすぎ。インプットが多いわりにアウトプットが増えるわけではないっていうのは、考える時間が足りていないんでしょうねぇ・・・。

 この間、子犬さんが自分ははてなが好きじゃないと言っておられましたが、耳が痛かったです。
 はてなって、はてブもそうだし、はてスタもそうだけど、アクセス数やコメントだけじゃなくて読者のリアクションが可視化されやすくて、それはもう素朴に「嬉しい」と感じてしまうんですよね。
 特にたくさんブクマされると、アクセス数も目に見えて増えるし、そうするとはてな界隈で注目されている話題に食いつく記事を書きたくなるんだと思います。普通にブログやってても、時事ネタのほうが受けがいいなんてのは、みんな何となく意識するでもなく意識しちゃうことだと思うんですけど、はてなの場合はそこがすごく顕著で。ちょっとたちが悪いのは、それが誰でも見れるネット空間の中の出来事なんだけど、はてなユーザーの間だけで閉じたコミュニケーション(くねくね)になっていっちゃうところがあるもんだから、外部から見ていると「なんのこっちゃ」になっていても全然気が付かない。

 ただ、こういうのは例えば、富野監督の熱烈なファンの間でばかりコミュニケーションしていると、はたから見れば同様に「なんのこっちゃ」だったりもするから、気をつけなければならないんですけど、考え込みすぎちゃうと何も言葉が出てこなくなっちゃうし。難しいですよね。

 はてブの話に戻すと、それを個人的な“ネタ帖”的なものと考えている限りでは、ブログ本体のほうではなくて、ブックマークのほうが人気があり、ブロガーというよりブックマーカーとして認知されているというのは、不本意なことだと思います。で、正直、ちょっとは不本意なんですが(笑)、でもまあ、何も人気ないよりこれはこれでいいかなーと。
 はてなブックマークは、かなり機能化された個人ニュースサイトのようなものだという考え方に馴染んできたというか、ネタの備忘録というだけじゃなく、自分が「これは」と思った記事を皆さんに紹介したいという気持ちも近ごろはあるような気がしています。

 今、イチオシの記事はこれですね。『キングゲイナー』という作品に感じた違和感について、考え直す重要な新知見が多数あると思いました。“富野信者”の外からの真面目な視点って(それが貴重なものになってしまっているのが残念ですが、)たいへんありがたいです。
 ただ、ブログ的には即時タイムリーに反応すべきなのかもしれないけど、もう一度見直してじっくり考えてみたいという、最近はそういう感じです。

 この記事の中で、グダちんさんが『∀ガンダム』について、富野監督がシナリオを絵コンテ段階で軌道修正しているということを書いておられますけど、『キングゲイナー』は『∀ガンダム』以上に、ストーリーラインで追っていくのと、アニメとして表現されたものの印象が乖離していたのではないかという、今思い出して考えてみると、そういう仮説のようなものが今の私にはあるんですが、それはもう一回見直してみないとハッキリしたことは言えません。
 それと、「事態は今なお進行中」と言っておられるとおりだと思うんで、実社会の話と重ねて考察するのは、非常に興味深いんですが、どうもなかなか難しい。歴史化された過去ではなくて、まさに現在進行形の問題だからなんでしょうかね。

 話があっち行ったりこっち行ったりしますが、はてなの「くねくね」したところについて、厭だなと思うことを書いたわけなんですけど、でも私はやっぱりはてなが提供してくれるコミュニケーションもありがたいなと思うほうです。
 先日の「更新が少なくてスミマセン」という記事に、全く思ってもみなかったことでしたが、いくつか“はてなスター”をもらったのは、ちょっと驚いて涙が出そうになっちゃいました。
 それにつけてもpsb1981さんの言われた「身の丈に合わない物語」というのは至言だなぁと。作品の解釈の話だけでなく、自分の身にひきつけて考えることができる問題提起というものは、読み応えがあるものです。『Z』のテレビ版を見てるから今の私はこんななのかもしれませんけど(笑)、あまり思いつめずにやっていきたいと思いますので、皆様よろしくお付き合いくださいませ。

スポンサーサイト

富野由悠季というあり方から、谷口悟朗は多くを学んでいる気がします 

[2008/09/28] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(14) | TOP ▲

 『コードギアス』がいよいよFinマークを打とうというタイミングで、日経ビジネスオンラインで6回にも及んだ谷口悟朗監督のインタビューも完結したようです。毎回なかなか面白い内容でしたが、最後の回に近づくにつれ、現実的な落としどころとの間で揺れる部分なども出ていたように思われました。
 ごく個人的な感想ですが、アニメーター出身ではない谷口監督は、その点では同様の富野由悠季監督の歩んできた足跡から、是非の両面を深く学んでいると感じました。本人の意識の持ち方は分かりませんけど、立ち位置を考えれば、結果的に当然そうなるだろう、それは考えざるを得ないだろうとも言えます。まあ、思いつきレベルですが少しメモ。

しょせん谷口悟朗という名前は記号でしかなくて、ただの使い捨ての何かだろう

 人気作を作れば、ファンが支持してくれるのでは、という問いかけに対し、「それは『コードギアス』という作品に対してであって、私に対してではない」と答える谷口監督の発言。『コードギアス』を『ガンダム』に置き換えれば、「富野由悠季という名前は記号でしかなくて、ただの使い捨ての何かだろう」という言葉がそのまま導き出せると思いました。これは、富野アニメのファンという立場を外して客観視すれば、たぶん状況はそうなのだろうと私も考えます。この話は、下記の記事などにも関連します。

 それはともかく。結局『コードギアス』の完結までに、私は『無限のリヴァイアス』を最後まで見ることが出来なかったんですけど、この作品は富野アニメの系譜で言うと、『無敵超人 ザンボット3』に照応するんだろうと考え始めたら、ものすごくすっきりしました。

無限のリヴァイアス サウンドリニューアルBOX [DVD]
 富野谷口
挫折の経験ライディーンガサラキ
ここに我ありザンボット3リヴァイアス
エンタメの実験ダイターン3ガン×ソード
勝負作ガンダムコードギアス

 すごく雑駁に図で示すとこんな感じでしょうか?(以下、長くなるので追記で。)

続きを読む

書きたい話の備忘録 

[2007/09/14] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 今夜は、GyaO昭和TVの『科学忍者隊ガッチャマン』が見終わらないので、ネットを徘徊していて最近ブックマークしたところをいくつかランダムにご紹介だけします。

 まずはガッチャマンにも関係あるタツノコプロの草創期~黄金期を語る貴重なインタビュー三題。

→ 【インタビュー】『マッハGoGoGo』放送開始40周年記念企画 - 演出家の笹川ひろし氏が明かす制作秘話 (1) 第1期タツノコ黄金期の重鎮 | ホビー | マイコミジャーナル

→ 【インタビュー】『マッハGoGoGo』放送開始40周年記念企画 - 主人公・三船剛を演じた声優の森功至氏 (1) 『鉄腕アトム』に影響を受けた幼少時代 | ホビー | マイコミジャーナル

→ 【インタビュー】『マッハGoGoGo』放送開始40周年記念企画 - 吉田三兄弟の末弟で演出家の九里一平氏が登場 (1) アメリカンコミックに憧れ | ホビー | マイコミジャーナル

 高橋良輔監督の“アンチ天才”のボトムズ流仕事術の続き。

→ 「一番になれないと、不安かい?」 (“アンチ天才”のボトムズ流仕事術):NBonline(日経ビジネス オンライン)

 私も卒業したつもりだったガンコレに、∀ガンダムが登場らしいと聞いて、胸がどよめいている話(笑)。

→ ひびのたわごと また悪い病が

 ちなみにブツはコレ。

ガンダムコレクション コンプレックス (BOX)ガンダムコレクション コンプレックス (BOX)
(2007/08/31)

商品詳細を見る

 何とコメントしていいやら。(笑)

→ Something Orange - 永野護暴言録。

僕は富野さんをボロクソに言うけど、でも富野さんをバカにするヤツがいたら、僕はマジギレしますよ。

富野監督がつくったものが「ガンダム」であって、それ以外の人間がつくったものは、どんなによくできていてもパチモン

 tobofuさんの[キングゲイナーあらすじ?]が完結。お疲れ様でした。楽しませていただきました。

→ トボフアンカル・ミニ・メディア(T:M:M) - 4年ちょっと目のキングゲイナー

 『エヴァンゲリオン』について、≪その感想、ちょっと分かるなぁ≫と思ってしまった記事。

→ WEBアニメスタイル_COLUMN:シナリオえーだば創作術 第115回『機動戦艦ナデシコ』のなんでもかんでもぶち込め感

 なんでもかんでもというとこがみそで、そのキーワードやイメージのどれかは見ている人の心に引っ掛かる。
 そして、そんな部分を含んだ作品全体に共感する。
 内向的なものならなんでもかんでもぶちこんで、だから何が言いたいのかと聞かれても、答えはおそらくない。答えなんかいらないのである。
 作品の何でもかんでもぶち込みましたムードに酔えればいいのである。
 酔える事に価値がある酒のようなものである。
 そのキーワードやイメージやキャラクターは、おじさんの僕にとっては、現実の中ですでに通過した、懐かしくもあり恥ずかしくもあるどこか既視感のあるものなのだが、若い人には新鮮に思えるのかもしれない。

 どれもこれも、それをネタに記事が書けそうなものばっかりなんですけど、(って言うか、書きたいものばっかりだし、時間ができたらいつか言及するかもしれませんけど、)最近、肉体労働続きで体が持たないので、今夜はご紹介だけして、退散します・・・。

キングゲイナーのオープニング 

[2007/08/25] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 昨夜は「あー、疲れた」ってソファで横になったら、そのまま朝までそこで寝ちまいましたよ。 orz

 というわけで、こういうときは、元気の出るやつってことで、『キングゲイナー』のオープニングの話でも。
 GyaOでオープニングだけを流しているので、ついつい見たら、やっぱり「ええなぁ~♪」と。

キンゲOPのモンキーダンス

 キンゲのオープニングと言えば、“モンキーダンス”というイメージがあるんですが、

キンゲOP

私には“作画”とか、よく分からないんですけど、ダンスのところで「ぐーっ・・・」とためておいて、「ぱぁーっ!」と翔ぶ、この緩急がやっぱりいいんでしょうねー。

キンゲOP 上へ上へ!

 「上へ!上へ!」っていう、この感覚。決して飛び回りっぱなしじゃなくて、タメがあって、・・・「跳ぶ!」んですよねー。

キンゲOP ゲイナーとサラ
キンゲOP ゲイナーとサラ
キンゲOP ゲイナーとサラ

 先日、子犬さんのところに、このオープニングをオンエアさせるまでの裏話(笑)が載っていましたが、その中で富野監督も、

僕にとってはモンキーダンスのほうが大事じゃなくって、実はその後の「愛と勇気の」のところでゲイナーとサラが踊っている所の方が褒めて欲しいんです。あれを思いついたときには本当に嬉しかったですね。

・・・って言ってましたね。私はここの、ゲイナー君が“幸せニッカニカ”の笑顔じゃなくて、一生懸命、真剣そのものの表情をしているところが変に好きですねー。♪

キンゲ、翔ぶ!

 ここ、右上(ゲイナー君側)が地球で、左下(キンゲ側)が宇宙で、でも“翔んでる”んですよねー。無重力感覚っていうか。

 やっぱ、好きですわー、このオープニング!

 『キングゲイナー』という作品そのものは、最後のところの微妙な感覚が何とも言えなくて、途中グダグダでも最後は「何かスゲー」と言わせてしまう富野アニメのセオリー(笑)からは例外的な作品のような気がしています。このOPのような勢いで、最後まで突っ切ってほしかったなぁという思いが残っていますが、見たのはもう、だいぶ以前ですから、また見直したら違う印象があるでしょうかね。

続きを読む

私信: キングゲイナーは・・・ 

[2006/08/24] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 ∀ガンダムの記事に注目している千年の風に吹かれてのcloseworldさんから嬉しい「私信」をいただきました。

ブログ記事「1周年だったのに忘れてました・・・」(2006年8月16日付)によると、ブログ「囚人022の避難所」さんが1周年を迎えられたそうです。
****** 私信 ここから ******
 力の入った文章を楽しく拝見しています。私は囚人022さんが書いていらっしゃいます文章に納得&感心する日々を送らせてもらっています。1周年、誠におめでとうございます。> 囚人022さん
****** 私信 ここまで ******
千年の風に吹かれて : 私信

 closeworldさんのところはコメント欄のないブログなので、あまりコメントとかよそでもされない主義なんだろうか。
 はい、まいど肩に力が入りすぎて、エンターテイメントにはなっていないんですけど(笑)、読んでいただけて光栄です。ありがとうございます。

アニメ「リーンの翼」は第1話~第2話、アニメ「オーバーマン キングゲイナー」は第1話をそれぞれ視聴した。
 申し訳ないのだが両作品ともに面白くない。アニメ「オーバーマン キングゲイナー」は今後続きを視聴することはないだろう。
千年の風に吹かれて : リーンの翼、オーバーマン キングゲイナー

 上記はそのあとcloseworldさんが書かれたもので、第1巻でキングゲイナーを見限ってしまわれたと仰られると、なんだか切なくて。自分の感想を振り返ってみても、正直言って第1巻(第1話~第2話)は、私も「?」でした。
 もう少し言うと、最初と最後がちょっと残念な作品なんですけど、中盤の面白さはすばらしいと私は思いました。世界観の中でキャラクターが生き生きと動き回る物語という意味では、富野アニメにしては“終わらない学園祭前夜”系の魅力であるのかもしれないと、今考えればそんな見方もできるのかもしれません。
 感想をまとめた記事を書こうと思いながら、そのままになってしまっている作品でもあります。

 主義は人によっていろいろで、感想も人に強要するものではないと思っていますが、もし気が向いたら、第2巻ぐらいは見る価値がある作品だと思いましたので、つい余計なことを申し上げました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。