スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN21 『ラグナレクの接続』 

[2008/09/02] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 大河内さん、『ゼロ年代の想像力』読んだでしょ~?(笑)
 私がぐずぐずと読んでいる最中だからかもしれないけど、今回の展開はなんか、すっごくそんな感じがしちゃいました。シャルル皇帝ってば、めっちゃ“セカイ系”だし!マリアンヌさんなんて、皇帝と並んで“キミとボク”のセカイを分かりやすく見せるために出てきたようなもんでした。(出番だけは“閃光”のマリアンヌ!)

ゼロ年代の想像力

「俺はお前の考えを認めない!
 人はなぜ嘘をつくのか。
 それは何かと争うためだけじゃない、何かを求めるからだ。
 ありのままでいい世界とは、変化がない。生きるとは言わない。
 思い出の世界に等しい。完結した閉じた世界。
 俺は嫌だな。」

 まああいまいな定義の言葉なんですけど、これってどう考えてもセカイ系批判だなと聞こえてきたときに、谷口監督が『ガン×ソード』でやったカギ爪の男の“しあわせのとき”ってのは、「セカイ系」だったんだーということが、このエピソードのおかげでやっと分かりました。あれ、相手のヴァンが思いっきり“馬鹿”だったから、すっごく分かりにくかったんだけど、何だーそういうことだったんですかー。

 今回のエピソードは、そういうふうにサブカル論壇的には、非常に興味深いサンプルとなる話題を提供したと思うけど、少し論が勝って、表現としてはこなれ切ってない印象もありました。『ガン×ソード』はエンターテイメントし過ぎて、言いたかったことが伝わらなかったとでも思ったのかなー?

「時の歩みを止めないでくれ!」
「それでも俺は、明日が欲しい!」

 (私はナナリーは生きているんじゃないかと思ってますが、)ナナリーもいない、シャーリーもいない、そんな世界で、「それでも俺は」と言わせるだけのバックボーンを、この物語世界の中でルルーシュは築くことに成功していましたっけ?
 たぶん、ナナリーのためだけではなく「俺は、俺が守りたいと思う、すべてのもののために戦ってきた」ということが、「俺は今こそ自分を知った」という悟りなんでしょう。要は、ナナリーと自分だけ(キミとボク)の閉じたセカイから、ようやく社会に目を向けたってことだと思います。(ちょっと説得力は欠いていたけど、補完すると、たぶんそんなようなことですよね?)

 「自分に優しい世界」(セカイ)を否定したルルーシュが「他人に優しくなれる世界」ということを口にしたのは興味深かったです。「世の中には自分ひとりで出来ないこともある」というのも、ナナリーをダシにして言っているのは気になるんですが、ともかく彼は、ギアスって言うよりも、そういう考え方を武器にして、今度は「シュナイゼルの世界」と対決しなきゃいけないんですね。それがたぶん、“決断主義の克服”という課題の検討になるんでしょう。

 ここまでの伏線を、21話というところで一気に回収してしまって、なんと攻守すっかり所を替えてラストアクションを再起動するなどという荒技があり得るなどとは、本当に思ってもみませんでした。今のところ、スザクが何を思って“ナイトオブゼロ”としてルルーシュを補佐しているのかというのが気になるところです。「たとえ愚かだと言われても、立ち止まることなんか出来ない」という彼の言いようは、見事に決断主義っぽいのですが、さて?(笑)

続きを読む
スポンサーサイト

『ガン×ソード』見終わりました。 

[2007/07/08] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 GyaOでずっと見てきた『ガン×ソード』も、いよいよ完結。

  1. 誰がために
  2. みんなのうた
  3. 夢の終わり
  4. バカがヨロイでやってくる
  5. タキシードは明日に舞う

 終盤の展開は、とにかく凄かったですね。ヴァンがまったく出てこない回があったり。(笑)
 でも彼がいなくても、娯楽としては充分に面白かったしなぁ。

 っていうか、ヴァンとカギ爪の男の寓意を少しまじめに考えると、けっこう難しい作品でした。谷口監督の、ものの考え方なんでしょうかね。
 カギ爪の男の気持ち悪さの意味が分からないって、終盤の入り口辺りで感想を書いたんですけど、“カルトに行っちゃう”っていうのは、こういうことなんだなぁ。そこはまあ、とりあえずは納得しました。

ガン×ソード VOL.11 フィギュア付 限定盤 ガン×ソード VOL.12 フィギュア付 限定盤 ガン×ソード VOL.13(フィギュア付初回限定版)

 ジョシュアとレイの兄弟のありようを見て、ずっと傍観者だったウェンディが、ミハエル兄さんに立ちふさがる決意をしたのは、ラストにふさわしい感じがしました。

 海の男カイジが出てきたへんでは、“とことん娯楽に徹するなぁ”と感心しましたけど、それに留まらず、エピローグはサービス満点でしたね。(最後の最後のウェンディとヴァンの再会は、ちょっとどうかなぁと思いましたけど。)

 非常に巧みに娯楽作として仕上げられていた、この『ガン×ソード』という作品は、でも“消費”だけして終わるには、何か残るものがある作品だったような気がします。・・・その、“痛快”なはずの作品で、何だか気持ち悪いなぁと感じたカギ爪の男のこととか、もう少し時間をかけてじっくり考えてみたいような気もするんですが。
 どうも入念に完成度の高い“娯楽”として仕上げられすぎていて、「ベタ」に読み込むのが気恥ずかしいような抵抗感があったりするんですよね。たかがアニメだものなぁ。どうもそのへん、なかなか一筋縄ではない作品でした。

『ガン×ソード』第21話「空に願いを 地には平和を」 

[2007/06/07] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 『ガン×ソード』第21話「空に願いを 地には平和を」(GyaO)の感想を、いちおうメモしておきましょうか。

「痛快娯楽復讐劇」というのが『ガン×ソード』のキャッチコピーらしいですけど、「復讐劇」を痛快な娯楽として見ると言うのは、キャラクターに感情移入してしまっては成り立たない構図のような気がするんですね。

・・・と前に書きましたが、どうも終盤に来て、“痛快”どころか、どこか“不快”な感じがあって。それは何だろうかな~と思っていたら、ヴァンが教えてくれました。やっぱりあの“鉤爪”は気持ち悪過ぎますって。そりゃ悪役だから気持ち悪く描くんでいいのかもしれないんだけど、気持ち悪さの意味が見えないんですよねぇ、ラストでどうなるのかにもよりますけど。
 もちろんファサリナも本当に嫌~な感じ。キャラクターの味付けが濃いのは、この作品の作風なんだと理解はしているんですけど、ネタとして楽しむっていうのはどうも苦手なんだなぁ。
 『コードギアス』はまだ大丈夫だったんですけどね、ガンソードは“キャラが立って”いるわりに、ストーリーのほうが立ち上がって見えてこない気がしちゃうんですかね。

 そのストーリーの先行きは気になる仕掛けが多いので、もちろん終盤の続きは見ていきたいと思っていますが、とにかく今回は“気持ち悪い”と感じた回でした。

「ファフナー」/「地球へ」/「ガン×ソード」/それと雑記 

[2007/05/18] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 えっと。見るのに忙しくて感想書く暇が。(笑)

 ってわけで、ほとんど「見た」ってメモだけですいません。

『蒼穹のファフナー』

 GyaOで視聴中です。23話まで来てしまいました。え、感想書くのは17話以来?ほんとかなぁ。(笑)
 ここに来て犠牲者続出で。なんていうか・・・普通に見て目をウルウルさせている私もいるんだけど、どっかで、“こういうキャラクターの死なせ方をする制作サイドの人たちって・・・うーん。”という見方をしている自分もいて。ストーリーとしてはよく出来ていると思いつつ。そのストーリーのために殺されているのか、という気持ちもしてしまったり。いや、そういう理不尽な死を描いてるんだよ、と納得しようとしたり。富野アニメも人がたくさん死ぬんだけど、“どうしてこのキャラが死ななきゃならなかったんだろう”みたいなことを考える余地は意外にもっとちゃんとある。そういう意味で、少し「?」だけど、全体としては泣ける作品です。
 たしかにエヴァに似てるな、と思う部分は多々あるけれど、これはこれで見応えあると思いますよ。ついにラストまであとわずかだなぁ。不安と期待が相半ば。

『地球へ・・・』

 バンダイチャンネルで見てるので、まだ第5話。1話2話は感想書いたけど、3話は軽く、4話は感想サボっちゃいました。でも、この第5話「死の跳躍」は、情感の流れがわりと難しい、入り組んだところをうまくやってたような気がして、好印象でした。(面出明美さんの脚本回だと好きなのかな。)
 アタラクシアをジョミーたちがついに離れてしまうという回。シロエのエピソードをこういう風に絡めて来るんだ、へぇ~というのもあった。このへんからの濃い情の絡みがどう描かれるかというのは興味深いところ。かなり抵抗があったキャラクターやCGにも目が慣れてきたのか、あまり違和感がなくなってきました。

『ガン×ソード』

 何かうまく感想が言葉にならない作品ですね。GyaOでかなり面白く見ているんですけど。第16話「輝くは電流火花」 がおよよってぐらいシリアス系の話だったと思ったら、ミズーギィ王国の第17話は目が点になりそうなギャグタッチで。それでもストーリィは着実に転がしていっているからうまいもんだなぁと。第18話「祈るはサウダーデ」は敵側の物語がシビア。ヴァンたちのほうは・・・なんか賑やかになったのはいいけど、個々に影が薄いなぁ。“歴代ゲストキャラ勢ぞろい”みたいな展開は、そのまま一気にラストアクションに入って行って欲しかったような気がしました。

 私の場合、これにレンタルの『ザンボット3』まで入れて、そんなもんで時間的には視聴がいっぱいいっぱいです。世の中のアニメ感想サイトの皆さんの視聴っぷりを拝読していると、つくづく感心。たまたまですけどファフナーとザンボットがいっしょに終盤を迎えてきちゃったので、これはけっこうつらいっすよ。(泣き笑い)
 でも、今度の週末はのんびりアニメが見ていられなさそうなので。うーん、どうしよう・・・。ほんとにできるもんなら、“現実逃避”がしたいですわ。(苦笑い)

“あなたはそこにいますか・・・” 

[2007/05/04] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 ネットを徘徊していると、毎週放映されている膨大な量のアニメをしっかりチェックしている人が大勢いらっしゃるので驚きます。私なんて、とてもじゃないけどそんなに見られません。(状況が許したとしても、体力が持ちそうもありません。)
 今日はだいぶ頑張って、『ガン×ソード』と『蒼穹のファフナー』が、ようやく今見ることのできる最新回まで追いつけましたよ。GyaOさん、一挙放送ありがとうってところです。でももう、モニターを見る目が霞んでおります・・・と言いつつ、だらだらと。(笑)

 「お疲れなんじゃないですか?」とまさきさんに優しいお言葉をかけていただきましたが、たしかにお疲れ気味ですねぇ。「最近の作品に新しさを感じられない」ですか?私もオッサンですけど、良くも悪くも“とても良くできている”んで、つい“ぼーっ”と見てしまいますね。(・・・ん?何か変?)
 話の筋とかは、昔のアニメよりずっと手が込んでいるんですけど、ナレーションとか独白とかが、とても批評的な気がします。“ああ、そうか、この場面はそういう風に見るのね、なるほど”と、設定的なことよりも、むしろキャラクターの心情的な部分などで。ファフナーはそれが極端ですけど、ガンソードの場合は各回最初のナレーションなんかがそれかなと思います。
 それは親切なんで悪いことじゃないんですけど、こんなに親切にされると自分の頭で考えなくなっちゃうよな、ぐらいのことは思ったりします。ファフナーはいい作品だと思いますよ、ただ物語のペースを三倍ぐらいにしてもらったら私的にはちょうどいいかも。(←重症トミノ病患者のたわごと?)
 それとリメイクものって言っても、『地球へ・・・』ぐらいしかフォローしてないんですけど、これも本当にペースが・・・(以下略
 本当に個人的な印象で言うと、だからペースが遅いんじゃなかったら、濃密さが足りないって感じているのかもしれないですね。(濃くなったら、ますますたくさん見ることができなくなりますが。)

 しろうさぎさんもご心配くださってありがとう!(お久しぶりです!)偏頭痛体質って、やっぱり共通してるところがあるんですね。しろうさぎさんは、運動頑張ってて偉いなぁといつも読み逃げさせてもらってます。なるべく規則正しい生活をしなければ、ですね。

 自分も本当にオッサンになってしまったなぁと哀しいんですけど、ファフナーのOP主題歌『Shangri-La』とか聴いていると複雑ですね。

愚かでいいのだろう
見渡す夢の痕
さよなら 蒼き日々よ

 けっこうこの曲が気に入っているので、見続けているってところもあるような気がします。(“ようつべ”とかでも見れますけどね。)この曲は濃いですよ。(笑)

Shangri-La Shangri-La
angela (2004/08/04)
キングレコード
この商品の詳細を見る

 あと、ファフナーに出てくる謎の敵・フェストゥムは、「あなたはそこにいますか・・・」って女性の声で問いかけてくるんですけど、(この先、話の先行きでどんな意味づけがされるのかは分かりませんが、)あれも思わず考えさせられて、けっこう好きですね。それに付随して、“自己否定”って、ティーンエイジャーの特権ってのも、(実は未だにその辺を吹っ切れてない私のようなオッサンには、)わりと興味をそそられる設定ですね。

 ガンソードのほうのヴァンは、その点、端っから“個”が立ってます。そこが一つ取っ付きにくいところだったんですが、だんだん旅の道連れが増えてきて、彼も何だか少しずつ変わってきてるみたいで、そこが面白いかな。ではまた。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。