スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ガサラキ』 最終巻 ~ うわぁぁぁ、これは ・・・ 

[2007/01/22] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 通常の三倍速!(笑)
 どう見ても、大人の事情(放映打ち切り?)の存在がありありと見えてしまって、ここまでの出来がすばらしかっただけに、正直、失望はぬぐえません。
 感情任せに「アニメの打ち切りのされ方」論でも書きたい衝動に駆られますが、ここはぐっとこらえて、最終二話の感想をメモしておきます。

ガサラキ Vol.9 ガサラキ Vol.9
矢立肇、 他 (1999/09/25)
バンダイビジュアル
この商品の詳細を見る

第24話 句読点
激しくも 哀れ空しい 句読点 撃ちてし止まむ それぞれの秋

 冒頭のアメリカ軍出撃シーンは緊迫感のあふれるものですが、話を圧縮したせいなのか、よく分からないディティールがあります。“EMガン”(電磁レールガン)を装備しているのはどうも一機(コードネーム:クルセイダー1)だけで、通常の火器が動作しない極超低温のコンピュータ室の破壊はこの機体で、と言ってるようですね。(そういう見せ場が本来は、きっと想定されていたんでしょうか。)
 細かいツッコミを入れると、米軍のTA部隊が空挺侵攻してくるまでに、なんら自衛隊の抵抗がないなぁと。空中で輸送機ごと撃破すれば楽勝(笑)なんですけど、それを無力化する描写がちらっとでも「きっとあったんだろう」と脳内補完しながら見るしかないですね。敵のTAも、たまたまちょうど当方と同数の4機であったりとか。両軍ともここが天王山の最終決戦にしては、戦力の出し惜しみがあるような気もします。「これが今出せるありったけ」という描写も「きっとあったんだろう」、ウン。
 「これがTA戦だ!」と予告されていた戦いぶりは、緊迫感があってまずまず。ミリタリーマニアにはたまらないのかもしれない兵器用語が唐突に続々出てきます。(“ヘッシュ”って何?みたいな。)それはまあ見ていれば大体、想定外に強力な敵装備なのねという程度に分かるのでOKなんですが、兵器の性能に依存する描写が多いのは、やや難。はじまったばっかりで「残弾15%」とか、特自TAチームは少し敵を侮っていたのかな?(既にビル内に突入してしまった敵を追撃する形になってしまっている点も、阻止する戦闘としては手ぬるい感じ。ドラマ的にはそれはそれでいいんで、なぜそうなってしまったかの描写が・・・「きっとあったんだろう」。)
 「トランスポーターを突っ込ませろ!!フォーカス4の盾にする!」カッコいいぜ、我らが速川隊長!そうなんです。兵器の性能差をひっくり返す、こういう描写が“燃える”んですヨ!(笑)
 双方二機ずつがほぼ相討ちという状況で、敵はジャマーを使って特自側のトランスポーターからの電子的バックアップを遮断。(いい描写なんだけど、やるんならもっと早くやればいいのにね。)ここでの描写、難しいですね。安宅大尉機は狙いをはずしたと見せて、ガスタービンのコントロール機を破壊して相打ちに持ち込んだのかな。ユウシロウ機は・・・まああれなんですが(笑)、ロボットアニメ好き的にはどこかで1カットぐらい、TA同士のぶん殴り合いを入れて欲しかったなぁと。ほぼ射撃戦オンリーですからねぇ。
 ということで、本作品最大の決戦は、見応えはまずまずとはいえ、それにしてはあっけなく終了。(ちょっとみんな、いっぺんに安心しすぎな感じはありました。)ミハル側のエピソードも、本当はもっと何か「あったんだろうなぁ」。メスとの別離に“思いがけず涙?”の描写は良かったですね。
 米軍は通常兵器による第二次攻撃を準備するんですけど、自衛隊だって全力で迎え撃つ準備をすべきだろうに。(きっと本当は、そういう描写も「あったんだろう」。)アメリカの大統領が思いがけず立派な人で、第二次攻撃も経済戦争も回避されるという流れ(言われているほど反米な作品ではない気が)。
 「まさか、まさか西田さん!」・・・そこは走るところだろ、広川参謀!(笑)
 「西田さん、あなたは命を賭して、一幕の狂言を終わらせようとした。だが、残念だが、この狂言、まだまだ終わらせるわけにはいかない!」という一清。そういえば、この経済戦争プログラムを豪和はバックアップとかしてなかったっけ?と思い出されるのですが、・・・。(ごほごほ・・・。)

第25話 餓沙羅
餓沙羅なる 遥けき便り 打ち捨てむ そは呪われし 回文にして

千、いや、万年の漂流から、今、還る。自分の時、自分の生を生きるために。無窮の力も、永遠の生も、幻想に過ぎない。人は人として生まれ、人として死ぬのだ。(予告編)


 テーマは前回最後の予告編で分かりやすくまとめてくれましたね。オープニングも曲を入れずに話を少しでも進行。・・・ 「神譲り、かつて国と神を奪われた民が、今度は自ら国を奪わんとする。」「そして、世界を。」「業、…ですね。人間、そう、あなたこそ人間の業そのもの。」・・・というわけで、例の経済戦争プログラムのほうはどこへやら(笑)。一清は“ガサラキ”降臨の実験に全精力を傾けます。
 西田さんの遺言は「特自の解体」。「西田さんが究極において目指したもの、この地上から国権の発動たる軍事力を抹消する、それをこの日本が先んじてやる。」・・・うーん、唐突感は否めないなぁ。こういう理想を掲げる人は、そうたやすく死んでもらったら困るんだが。本当は、ストーリーの進行と絡んでもっと語られる描写が「あったんだろう」と思うしかない。
 物語として描写しきれなかった部分を全て、西田と一清のキャラクターに依拠して話を進行せざるを得なかったというのは、やはり痛いですね。
 「・・・まさか!」「ちょっとぉ、どこ行くのよ」・・・肝心のクライマックスに、特自の仲間たちがカヤの外っていうのも寂しいなぁ。
 美鈴の“カイ”としての覚醒に、ユウシロウの傍らにあるミハルの存在が影響するのはいいですね。「“カイ”の怒り、千年の時。この地に消えていった数知れぬ人の怒り。そしてそれは、無間の恐怖への扉。」「怒りが、哀しみが、“ガサラキ”を呼ぶ。」うーん、“ガサラキ”ってなぜかそういうものなのね。
 300万年待っていたと“ガサラキ”は言っております。このへんの内面描写的な絵ってのは、こういうふうにしか表現できないんでしょうかね。エヴァンゲリオンでもそうでしたけど、正直、あまり“映像”としての力がない気がします。実写を交えても何をやってもかまわないけれど、こういうことをしばしばやりたいんであれば、日本の商業ベースのアニメも、もっとアートアニメーション的な表現の手法というのを徹底して研究しなければダメですね。・・・っていうか、“ガサラキ”の語り自体が説明的過ぎると思う。たとえば『2001年宇宙の旅』みたいに、こういうクライマックスは、個人的にはもっと謎に満ち満ちていて、ちっともかまわないと思うんですよ。
 ドラマ的には、あちら側へ行ってしまった美鈴の心をこちら側に呼び返すというのがこの場面のテーマなんですけど、ここまでにそれほど美鈴の内面の孤独、寂しさ、そういうものが表現として十分に置かれていたとは言い難いから、この観点からもカタルシスが弱いんですよねぇ。(残念!)
 一清は、最後にあっちに連れて行ってもらえて良かった。やっぱり高橋監督は優しいなぁ。(笑)

 「風が・・・。」
 「生きてる・・・。」


 いろいろ未練も残るエンディング。居眠りしてる脇坂検事には、笑っておくしかないですね。
 この最終二話は、言ってみれば『THE IDEON』接触篇にも匹敵するような(笑)圧縮感が、いかにも辛かったです。結果として残されたもの、目の前に残されている作品が全てだと思いながら、想像で三倍ぐらいに膨らませながら見るしかないという苦しさ。どこかの時点でストーリー構成を再編成して、説明はどうでもいいんで、もう少しドラマとして、表現として、まとめられなかったものかとは思いますが。実に、実に惜しい感じの結末でした。


| ランキングオンライン |
スポンサーサイト

待望の「ガサラキ」最終巻をやっと見たのですが、 

[2007/01/21] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 え、ええっと・・・


 「?」


 見たことのあるかたは、たぶんこの気持ち、分かってくださいますね。

 ちょっと顔でも洗ってから、もういっぺん見て、感想を書きます。

 <(_ _)>


| ランキングオンライン |

『ガサラキ』 Vol.8 ~ いよいよ核心に迫る! 

[2006/12/25] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 いざや、いざゆかん!
 ・・・って、一昨夜も書き始めたんですけどね。(笑 →その辺の事情
 そればっかりではなく、Vol.7以来、すごくいいところで、しばらく間が開いてしまって。むさぼるように見入ってしまいましたよ。

ガサラキ Vol.8 ガサラキ Vol.8
矢立肇、 他 (1999/08/25)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る

第21話 疾走 
追って追う 全ての法を 踏み越えて 疾走る心の 赴くままに

 『ボトムズ』の話の流れで言うと、この物語もまた、政治、経済、軍事のウンチクが例えどれだけ詰め込まれていても、基本はユウシロウとミハルのラブストーリーなんだということで、OKなんじゃないかと思って見ています。ただ、『ガサラキ』の場合には、特務自衛隊TA中隊の仲間たちとの心の交流っていう嬉しさがまた、大きいという気もします。
 私の中では初出のときの刑事コロンボというイメージの抜けない脇坂検事。「重苦しい、巨大な力に対する怒り」を抱えた彼と接触する豪和清春。(うーん、また複雑な・・・。)
 「何を為したかは結果でしかない。大切なのは何を為そうとしたか。何かを為そうとしたときに、人はその中に自らの生きる道を見出す。」速川隊長またカッコイイこと言う!と思った次の瞬間、「西田さんですね」って受け売りだったのかぃ。その点、鏑木や安宅は自分の感覚で判断し、法を超えても守りたいものへ突き進んでいくんですね。
 戦闘機vsTAの戦いってのは面白かったけど、ちょっと描写が複雑でしたね。(頭上に向かってのインパクトは目くらまし?)メンタルバーストを起こしたユウシロウが、あえて目視で戦闘機を捉えて撃破する。その瞬間に、ユウシロウのいる横田基地ではなく、都内のどこかに特異点の反応が生じ、それをシンボルCEOのファントムも感知して「しきみ・・・?」と口にする。(もしかして彼も“カイ”なんでしょうか?)

第22話 権化 
向き合いて 想い投げ合い それと見る 捕らわれし心 権化とぞなる

 「最後は人間か、いい言葉だ。」やっぱり速川隊長、カッコイイですね。(広川参謀まで“三角頭”と言われても怒らないとなると、ちょっとカッコイイ人ばっかり出て来すぎる気もしなくもないですが・・・。)
 ミハルが、その閉ざした心の中で対話する相手は“恐怖=ガサラキ”?(どうして美鈴の顔なんだろうと思ったら、彼女も“カイ”なのね。うわわぁ~、どうなるんだ、こりゃ。)
 「僕は無関心な神になるぐらいなら、哀しみを知る小さな人間になる。」一清に対してこれほど強く言い切れるようになるなんて、ユウシロウ、凄い!
 「私ははるかな彼方から、歴史というひとさしの舞を見守る後見」と言いましたか、ファントムは?彼はシロッコのようなことを言いますね。(西田が日本国民は3年、貧しさに耐えれるとしたのに対し、アメリカ国民は1年も持たないとファントムは言います。別にいいんだけど、日本人って・・・そうかなぁ?)“発展の幻想”の否定。「今、我々が為さねばならぬのは、人が歴史を刻み始めてから初めて、自らの意思で目の前の坂を、胸を張って堂々と下ること。」この手の長口上は、どうかなぁと今まで思ってきたんですが、まさに舞台上で交わされる今回のものは、本質に触れていて、悪くない気がしました。
 「四本の柱に囲まれた空間、そこは現を離れた夢幻の支配する舞台。しかし、そこで舞われる曲は、あくまでも幻想に過ぎない。」「たとえそこが、現から隔てられた夢幻の世界であったとしても、演じられる物語を通して、観るものに我が思いを伝えることはできます。」これなんかは高橋監督の“芸能”論であり、“アニメ論”にも通じるのかなぁ。

第23話 無間
我が叫び 無間の闇に 立ち竦む 凍てる心に 響きあれかし

 「無間」は「間断なく」の意ではなくて、「無間地獄」のほうでしょうかね。
 前々回での特異点が市谷駐屯地とはね。“ガサラキ”の降臨を企む、・・・そうか!第15話「閾」、第16話「宿業」で皇の傍らにいた怪しい尼僧、あれがファントムの役回りなのですね。
 本当はミハルを探しに行きたいんだろうと問われて「今は、自分は、・・・自分は、・・・僕は、・・・みんなと一緒にいたいんです。」と言うユウシロウ。(うーん・・・。)
 「心を閉ざしても、哀しみは消えない!」
 「変わらない時などない。変えられない運命などない。同じ言葉を聴いた・・・ずっと昔。いえ、それは今も同じ?」
 心を取り戻したミハルは、何をするためにシンボルに戻っていったのでしょうね。何だろう、あの蛹のようなものは?
 「あそこで自らを制する。さすがに千年の心を持つ人間。」とファントムは感嘆します。前回、“次の時代”を信じる西田の態度に「世代を積み重ね、時の中を生きていく・・・」と彼は言っていました。繰り返す時の環を破ろうとあがく人間を見守る後見――それは“無関心な神”の視座?あの尼僧と彼が重なり合うとして、繰り返し彼が“哀しみを知る小さな人間”を弄ぶのは、何を意図したものなのか?
 “ガサラキ”とは何か?いよいよ物語は核心に迫ってきましたね!

続きを読む

『ガサラキ』 Vol.7~ 一気に佳境へ!  

[2006/12/05] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 来ました、来てます!一気に、ラストアクションへと物語が動き始めました!

ガサラキ Vol.7 ガサラキ Vol.7
高橋良輔、 他 (1999/07/25)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る

第18話 裏窓 滾りたつ 世に背を向けて 裏窓の ガラスの曇り 頼みて潜む
第19話 慟哭 義にて逝く 人の最期を 目に刻む 暗き海原 慟哭を吸い
第20話 動乱 動乱の 時代のうねりの 直中で たった一人の 面影を追う

 「しかし、そんな連中がどうしてユウシロウを?」そうなんですよね。ほぼ完全な未来予想に基づいて動いている中で、一清や広川参謀の想像を絶しているのが、ここ(アジアン静脈瘤)でのワンさんたちの動き。
 京でクガイの“御陵守り”をしていたのは豪和儀一郎。今は先代となった乃三郎の兄だったのですね。そういえば、乃三郎はこのところ出てきませんが、どこにいるんでしょう。
 「理想を具現化する手段、…しかし広川さん、それを使ってしまった瞬間に、理想は砂の幻想となってしまうのではないですか。」そう自問しながらも、クーデター決行へと向かって行く一清。――これに対するのがワンさんのあり方でしょうか。「いいものだなぁ、何の邪心もなく、人のために命をかけられる一瞬というのは。」
 (またユウシロウの顔が崩れてる…彼の顔の作画は難しいんですかね。)
 ああ出てきた、刑事コロンボ…じゃなかった、脇坂検事。そうか、彼はちょい役ではなかったんですね。(久しぶりに出てきましたけど、普通に見ていて、あのときの彼だと覚えていられたかなぁ。)
 速川隊長と西田さんの問答は、食事もとらずにまる二日間も続いた?(そりゃ、ちょっと無茶じゃ…。)
 「野望を達成するための道具でしかないことに気付いたから」という、ユウシロウの言葉に対置されるのが、速川隊長の回想でしょうか。まず誇りを持て、誇りは目的の中から生まれてくる、目的、つまり私たちは何を求め、何を成就すべきなのか。――「この特自に身を置いたものは、まず例外なく、自分は何をすべきなのか、日々問い続けることになる。しかし結局答を見出せず、辞めていくものや、あるいは現実の生活に妥協し、答を求めるのをあきらめるものもいる。だが、多くは悩み続け、答を見出せぬまま、退官の日を迎えることになる。何を隠そう、この私も、未だに問い続けている人間の一人だ。しかし最近はそれでもいいと感じるようになってきた。なぜなら、問い続けることで、自分が求めているものは何なのか、それに少しでも近づけるような気がするからだ。ただし、その理想が何かまでは聞かないでくれよ。」
 ワンさんもかっこいいけど、速川隊長も、かっこよすぎます(笑)。このセリフは“特自”ということに限らず、普遍的な“人のあり方”についての問題提起だというような気がしました。しかし、逡巡の果てとはいえ、隊長が西田さんに協力を申し出るとは、意外でありました!
 「探してみるつもりです、みんなを。」「みんな?」「ええ、特自の仲間です。」“仲間”という言葉の響きが嬉しいんだけど、その頃、仲間たちは…という胸が苦しくなる流れですね。そしてシンボルに襲われてミハルは奪回され、ワンさんは命を落とす。
 「自ら悩むことを否定してはならない」と揺れ動くTA中隊の面々の内面を、とても丁寧に描く。動乱の渦中に呑み込まれる前の揺れる気持ちを、的確になぞるだけでなく、ついに動乱に直面した人間の率直な動揺も、丁寧すぎるぐらいに丁寧に描写しています。私は、『ガサラキ』という作品のこういうところが好きですね。長い長いセリフで語られるイデオロギーは、時々聞いていてつらくなりますが、短い描写をつなぎ合わせながら醸し出される情の流れは、すばらしく秀逸だと感じます。
 国会前の暴動鎮圧に向かうTA中隊4機のうち、2機の配備が遅れることになるのは、ほんのちょっとしたトラブル。――その些細なトラブルが、この先の展開にどのような重要な影響を及ぼすのか。徒手空拳のユウシロウが、豪和清春や、安宅大尉に頼んだこととはいったい何なのか。
 首相の狙撃や、爆弾テロは、本当に暴徒の中から起きたことなのか、それとも広川参謀の陰謀なのかという疑問もなんだかありますね。
 すごいです、ドキドキしてます。こんなところで以下、次回なんて、うーん、それはあまりに残酷!!
 
 


| ランキングオンライン |

『ガサラキ』 Vol.6~ 何!? この濃密な情報量は… 

[2006/11/26] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 いきなりオープニングが変わっていたのでびっくりしました!(エンディングもね。)

ガサラキ Vol.6 ガサラキ Vol.6
檜山修之、 他 (1999/06/25)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る


第15話 閾(しきみ) 嵬と嵬 に入りて 今ぞ見る 我が源の 蒼き哀しみ
第16話 宿業 我を灼く 宿業の火や 古都の空 修羅と染め抜き 夜叉と照り映え
第17話 混沌 混沌の アジア極まる 十字路で 過去と今とを 負いて佇む

 そして、いきなり時代は千年遡ってさらにびっくり!(ユウシロウとミハルは、千年前でもユウシロウとミハルという名ですか…。)
 渡辺綱が長々と語る。
 …神譲り。…皇(すめら)が倭より王位を簒奪。
 …神事を忘れたカイを戦に用いるに何をためらうことあろう。
 …ガサラキの神事の中で生み出されたクガイ、それがガサラキの意思なのか、それともわれらにあてがわれた業なのか、誰一人知るものとていない。
 …互いにわれらを争わせ、いずれはその流れを絶やさんとして。それこそがクガイの神事。
 …戦の神、結局は人が生み出した伝承に過ぎない。しかし、今はそれも終わった。誰でもない、お前が終わらせたのだ。お前は神事を破った。ガサラキの寄人である物寄せが、自ら神事を捨てたのだ。もはや、クガイが神の意をあらわすことはない。否、クガイはその本来の姿に戻ったのだ。…武具だ、武具としてのクガイだ。…

 ちょっとねぇ、濃い!濃いよぉ!「すめら」で皇はともかく、「いもじ」って耳で聞いて鋳物師と理解するのは大変だよ。おお、すずらんだ…。(ちょっとだけなごむ。)「われは閾(しきみ)に心を埋めた。」――ゴホゴホ。いくらなんでも濃密に語りすぎる気が。しかも二話続けて問答無用に千年前の物語を続けるか…。
 「あの鬼神、是非にも神拠りの地に誘わねば…」この天皇の傍らにいる尼僧、何者?
 「古の縁起はこうも伝えている。そのとき、ガサラキに打ち勝つカイあらわる。彼、遠雷を打ち破り、クガイを生み出す。強いカイこそ生き残る。それこそが本来の姿。ユウシロウがそうでないと、どうして言えよう。」綱も何を企む?そういう話といえばそれまでだけど、謎の存在である“ガサラキ”が出てくると、誰も彼も、全部「?」になってしまう。
 「変わらぬときなどない、変えられぬ運命などない、誰かがそう叫び続けている、この心の中で、繰り返し。」ユウシロウもまた、このとき既にただの人ではない?
 「物寄せの怒りに誘われ、鬼神はかの地へふり来る。現れよ、真の恐怖」
 「ガサラキの遠雷」
 「それは、かつて白村江の戦いで、ひとときに400の軍船を葬り去ったという、神の焔(ほむら)。焔に導かれ、今、真の恐怖が降誕す。」
 白村江の戦いは、663年。(ん?この歴史観は九州王朝説?)“鬼”と闘ってその腕を切ったという伝承の有名な渡辺綱(953~1025年)は源頼光に仕えて四天王の一人と言われていたことになっていますね。『ガサラキ』の中では、渡辺綱は滝口武者、源頼光は北面武士、となっているのかな。
 あの怪しい尼僧とユウシロウは、白村江の戦いで既に出会っていた模様…。

時の重みに耐えかねて、ミハルの心は閉ざされた。俺たちは街へと逃げ込んだ。その街は、昨日と明日の境目を持たず、諦めと希望が混在し、善と悪との色分けもなかった。(次回予告)


 あのオープニング、エンディングは15話、16話だけ特別だったんですね。(少し安心。)
 ユウシロウとミハルはどこに来たのかと驚きました。そうか、ここが以前に出てきた“アジアン静脈瘤”なのか。
 アメリカの穀物輸出の一時停止を西田が予測。(この“フェイク”の演習は何?)ユウシロウの出生が、こんなところで明かされるか…。
 穀物取引の停止に伴う暴動と経済の混乱を見越して、事前に自衛隊を動かす広川参謀。ベギルスタンのTAを米軍が本格採用?(さっきのフェイクの演習がそれか。)そうなれば実験中隊の力が必要?(クーデター後には米軍の介入を想定してるのか、この人たちは?)
 あーあ、ユウシロウ、見つかっちゃった。豪和側とシンボル側の両方で探している描写。なるほどなるほど。
 予想される社会の混乱。スケープゴートは静脈瘤。混乱に乗じた勢力拡大を図る大陸マフィア……いやぁ、とにかくすごい情報量です。
 前にラジヨさんのご示唆くださった、話数短縮のようなことがあるのか、それともエヴァ的な衒学趣味の影響もあるのか。濃い話は決して嫌いではない私ですが、この三話(特に平安篇の二話)の濃いのは、“情”ではなくて、“情報”。何がどうなるのか分からないので、この先を見ていくために“とりあえずメモメモ”というような状態。(構成的には、ここでこれだけ謎解きを入れておいて、あとは一気にラストアクション?)
 そういう意味では、追っ手に迫られ逃げ惑うユウシロウが手にしているのが、ミハルと育てているすずらんに水をやるための如雨露。こういうちょっとした描写が、いいなぁと思った私なのでした。



| ランキングオンライン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。