スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵と声のバランス・・・ 

[2006/05/16] | アニメ全般な話題 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 ブログの管理人として、言い訳なのかお詫びなのかを書いておこうと思いますが、『もののけ姫』の話から、声優さんの話題が広がってきているんですけど、残念ながらこれについて何か「こういうことじゃないかな?」と言えるだけのアイデアは、今のところ私には何もないんです。
 個人的な感想として、『王立宇宙軍』のボソボソしゃべりには好感を持てませんでした(『もののけ姫』も同様)。絵の部分での表現とのバランス(あるいは組み合わせ)というのは興味深い問題なんですが、正直、私のような低レベルでは考える材料が乏しくて、とてもとても難しい。(降参!)

 とりあえず・・・かなりバルタザールさんにまとめてもらっているので、管理人の出る幕無し。(汗)
 スカルさんはアニメ的なデフォルメ表現と声の演技のバランスということを言われる。アニメ作品の成り立ちという中では、それは私もナルホドと思います。
 ・・・私は一般論として、「実写フィルムに比べてアニメ絵の情報量は少ない」と考えたので、これを補う意味で、声優はオーバーアクションを要求されるんだろう、ということを書いたつもりでしたが、アニメ的なデフォルメ表現にも同じようなことが言えませんか?(前回の自分の書いた記事がかなり崩れた文章なので、意味が通じてなかったらすみません。)
 観客が満腹を感じるトータル情報量にはある程度の基準ラインがあるとして、例えば
『王立宇宙軍』デフォルメ少、声ボソボソ系、絵は緻密
『もののけ姫』デフォルメ多、声ボソボソ系、絵は並
富野アニメ  デフォルメ少、声オーバーアクション、絵は低調
・・・という解釈(情報量の総和は似たり寄ったり)をすると、スカルさんとは真逆なことを言ってることになります?
 個人的に、画面もぶにゅぶにゅ全開で、声までハイテンションというものを想像してみたら、それは見ていて耐えられないんじゃないかなぁって。

 富野監督のキャスティングの話は、富野さんが「声優」という、かつて日陰の職業だった人たちに光を当てる時代を生きてきたこと、監督自身も日陰ものの「漫画アニメ屋」から注目されるクリエイターへとなってきたこと、などの経緯も複雑に絡んでいるんじゃないかと思ってますが、実際よく分かりません。とにかくすでに名声を確立した人よりは、新しい表現の可能性を常に探していると解釈すれば、とても前向きだということになるのでしょう。

 全般的な流れの話として、絵のほうでの表現のインフレ的なエスカレート(特にグロい表現が目に付きます)と反比例して、声の方での表現はボソッボソッとつぶやくようなのがカッコいいとされる傾向があるように私は思うのですが、富野さんはしばしばその逆を行くような。(大衆はむしろグロが好きとすれば、流れは大衆に迎合する方向なのか?それとも技術の限りを見せ付けてみたいクリエイターの本能なのか?)
 そういういろいろなことについて、今の私には「こういうことなんじゃないだろうか」という、うまい解釈が出てこないので、なんだかとても残念なのです。

ブログランキング
スポンサーサイト

表現のインフレ、慣れ??? 

[2006/05/14] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

「一番怖いのは妖怪でも幽霊でもなくて、普通の人間だ」


 説得力あるなぁ。(笑)
 そうですね。イデオンは人間の「業」を思い切り描いた作品でしたものね。

出発が演出とアニメーターの差ってあると思う。


 かなりそれは思いますよね。ナウシカで巨神兵を描いた庵野さんでもそうだし。気持ち悪いビジュアル、もう少し言うと心象的なものを描くビジュアル。そうしたものを表現する上で、アニメというものの可能性を一番知っているのがアニメーターだということなのか。

大なり小なり、全てのアニメ作品に当てはまる事なのではないか、と僕は思います。


 まさに言われるとおりなので。整理の難しいところです。
 アニメというのはどうしたって、絵から伝えられるディティールを含めた情報量というものは実写より少なくなる。だから声優さんたちがオーバーアクションなのも、絵だけでは表現しきれない情感を伝えるには、そうせざるを得ないんじゃないかと思うのです。
 ただ、表現というのは情報量だけの問題ではないので、逆に限定された情報量の中でこそ伝わりやすいものがあったり。

 作画をする人の立場からすると、持てる技術の限界に挑戦してみたくなる、というのは分かる。でもアニメの絵が実写の絵が持つ情報量に迫ったとしても、ただそれだけなら私はあまり意味を感じないのですよね。ほんの個人的な好みかもしれませんけど、アニメならではの動き方を見せてもらわないと。(「絵空事」の面白さですよね。)

 もののけ姫の「ぶにゅぶにゅ」気持ち悪い表現は、表現としてすげぇと思うんです。あんなグロい絵ヅラなのに、大衆の支持を受けているんだから。(大衆というのは深層心理の底では、案外グロいものが嫌いではなかったりするのかもしれないとも思う。)

 王立宇宙軍もそうでしたが、もののけ姫も声優ではなく俳優さんが声をあてていて、それは商業的な部分を除いて考えれば、絵の情報量に自信があるから声優さん的なオーバーアクションを必要としないという意思(あるいは判断)を表している面があると思います。しかし「ぶにゅぶにゅ」に命を懸けたのと同じぐらいに、人間の表情やしぐさでそういうことまでが本当に表現できているのだろうか、という「?」は残っています。
 作り手の側の「表現のインフレ」という問題、受け手の側の「表現への慣れ」という問題は表裏ですね。その中で「絵空事」を描いている意味みたいなことが互いにあいまいになってきてしまうと、形式主義の罠の中に入っていってしまうような気がしています。
 すみません。技術的なものが発展することはもちろん凄い事なんです。ただ、人々の生に密着していた「芸能」が、権威化する中で様式化を推し進め、「伝統芸能」という得体の知れないもの、特殊な人たちだけが楽しめる不思議なものになっていってしまうようなこと。
 問題意識はあるんですが、どうも上手くまとまりません。

『オネアミスの翼』感想追記・延長戦 

[2006/01/29] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

『オネアミスの翼』の感想の話の続きを少し。

坂本龍一について述べた件。音楽は、いい感じだったとは思ってますよ。ただ教授が全部やったわけではないと、どこかで読んだ覚えがあって、それで「ブランド志向」な面もあったのかなぁ、という感想を申し上げました。音楽にはひどく疎くて申し訳ございません。

森本レオの件。この人も、個性のある声の持ち主ではあると思いますが、イメージが固定化しちゃう気がして・・・。今から考えれば「ラストシーンのあそこにピタッとくる声」というところから逆算しての選ばれ方だったのかな、と思いますが・・・。主役の声というのは、作品全体の印象を大きく左右してしまう要素であり、私はやはり「いい選択」ではなかったと思います。その名前で客を呼ぶ気でなかったのなら、なおさらそう思ってみたり。

時代背景の件。この話は簡単ではないですね。当時の邦画自体が閉じていたのではないかというご意見のほかに、「アニメ村」の村内でも、同時代のものとしては、。『プロジェクトA子』『くりぃむレモン』『北斗の拳』『キャプテン翼』・・・といった名前を挙げて、当時としてこれらへのカウンターとして、『オネアミスの翼』が果たした役割を評価すべきではないかというメールもいただきました。
そう言われれば、確かにそれらの作品に飽き足りないから、「自分たちの手で本格的なものを」という思いは理解できます。
これこそ、まさに「アニメ史」ですね!
ただ難しいと感じられるのは、「評価」というものは時代時代で刻々と変わってしまうという、歴史の残酷な一面です。この時代の中ではすばらしかったことが、現在の時代背景の中でも次代の指標となる価値を示せるかどうかは一概には言えないでしょう。
そして善意で熱心に取り組んだことが、まったく不本意ながら後世のゆがみの原因となることも、しばしば起きてしまう悲劇です。

次代を見据える・・・この観点から見たときに、改めて知名度の高い音楽家や俳優を作品中に使うということも考えるべきだというご指摘もいただきました。それも富野さんがプロデューサーとしての西崎義展を評価した例を挙げて。・・・慧眼だと思います!! 
クリエイターたちがプロデュースということに対してウブ過ぎるということですね。知名度の高さを利用し、使いこなしてこそプロデュースであるわけですが・・・。

若い作家たちも自分で演出するばかりではなく、アニメ村の枠を越えるべく自らがプロデューサーに回ることを選ぶ人が出始めました。
「オネアミス」の監督・山賀氏もエヴァではプロデューサーを務めていました。「キングゲイナー」「プラネテス」のプロデューサー・河口氏もターンAのころは演出でした。富野さんが西崎氏をなぜ評価したのか・・・その意図を理解する若手は出始めています。 


というメールをご紹介しておきます。
富野さんも努力は分かるけど、空回りも少なくないような気もしますよね。
・・・アニメ村の中では、この点でかなりうまくやってきた先駆者だったはずのジブリは、最近ではクリエイターとプロデューサーが、違う方向を向き始めてしまったのでしょうかね?どうなってしまうのか、詳しくはないんですが気にかかっています。

『オネアミスの翼』 追記 

[2006/01/28] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

昨日はようやくてこずっていた『オネアミスの翼』をアップできたので、一安心だったのですが、速攻でコメント多数、ありがとうございました。(ちょっとビックリ)(@_@;)
コメントを拝見していても、やっぱり好き嫌いがはっきり別れる感じですね。……作画と設定の緻密さだけではない、と私も思いますよ。ただ、内に向かって閉じている感じがどうしようもなく残念だったのです。
森本レオ!ありゃあかんですね。そこは激しく同感(笑)。
なんだろう?坂本龍一とか、変なところでは知名度に頼ろうとする?そういう風に少なくとも見えてしまうだけでも如何なものかと。
実は今回、珍しくWikipediaへのリンクを貼らなかった気がするのですが、そこには

ライブドア取締役社長堀江貴文は本作のファンで、雑誌インタビューで「パート2を作る!」と表明したこともあった。


(もう「前」って入っている、早!!)と書いてあって、やや批判的に書くときに、時事ネタが絡むのは調子に乗って叩いてるみたいでイヤだな、とあえて回避をしたのです。このぐらい緻密な完成度がある作品について、気軽に「パート2」とか言ってしまう時点で、堀江モンとはやっぱり能天気なやっちゃなぁと思わないでもないですが、ただ、「ゲームに勝つ」ことだけが価値観であるかに思えた彼にも、「風雅を愛でる心」はあったのか、と。私はそういう感想を持ちました。
yasuakiさんのところでコメントしたのですが、好きな人間の類型ではないにせよ、まだ30代の彼には、今後あまり惨めな人生を送ってもらいたくない、という気持ちを持っています。「世の中調子に乗って叩きすぎ」ってものなのではないかと…。)
ところでWikipediaに記載されている、宮崎駿の『オネアミス』評価というもの、是非一読してみたいような気がします。どなたか詳しい方おられましたら、ぜひぜひ情報プリーズ!!

王立宇宙軍 オネアミスの翼 (1987年) 

[2006/01/27] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(6) | TOP ▲

気まぐれで「王立宇宙軍 オネアミスの翼」を借りてみました。感想にてこずっていたと言うのは、この作品のことです。

架空の星にある、オネアミス共和国の宇宙軍。うだつの上がらない若者たちが、初の有人ロケット打ち上げを目指すために奮闘するアニメ映画。異世界の描写、緻密なアニメート、坂本龍一の音楽などで話題になった。
ガイナックスは、この映画のために作られた制作会社。


はてなダイアリーの記述はあっさりしたものですが、作画スタッフは分かる限り名前を挙げているようです。

GAINAXの公式ページはこちら

ガイナックスの記念すべき初制作作品。バンダイの映像事業進出の第一歩として企画された映画であり、制作費8億、音楽には坂本龍一を起用とするという異例の大作でした。この映画を制作するため84年に設立されたのが、ガイナックスなのです。
監督の山賀博之をはじめ、メインスタッフのほとんどが当時20代、商業アニメ作品の制作経験もほぼ皆無。しかしこの作品の作画レベルは、当時の水準を遥かに凌駕するものとなりました。
それ以上に驚異的であったのは、アニメ映画の常識を覆す徹底したリアルな描写です。作画の緻密さもさることながら、オネアミス王国という異世界の精密な設定、そして決してヒロイックではない、等身大の主人公たち。その圧倒的なリアリティによって、アニメ映画という枠を超えて高い評価を受けました。



外堀ばかり埋めて申し訳ない。・・・お好きな方には申し訳ないのですが、私はこの作品、正直あまり楽しめなかったのです。楽しめなかった作品のことも書くべきなのかどうか、少し悩みましたが、あくまで個人的メモとして、思ったことは書き留めておきましょう。あまり作品のディティールに触れる話ではないので、重ねて申し訳ない。

嫌な人はここから先は読まないでください…。

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。