スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「これからはどちらかと言えば、政治と無縁のまま過ごせる方が特権階級」 

[2008/09/14] | ネット巡遊記 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

これまで政治というのは特権階級の仕事と思われていたけど、これからはどちらかと言えば、政治と無縁のまま過ごせる方が特権階級で、庶民は、たとえば自分の仕事と家族と趣味を守りたい、というささやかな望みを持つだけでも政治に関わらざるを得ない。

 上記のようにessa先生が書いておられて、何か“ビビビッ”と電気が来たんですけど(笑)、なんだったっけなーと、考えこむことしばし。

 essa先生が直接言及しておられる「MIAU」というのはぜんぜん知らなかったです。ググってみてなるほどそういうことかと。

ネットワークの自由には価値がある。
ネットワークの自由は古い制度に縛られている。
ネットワークの自由を主張し擁護する組織的主体がない。
だから作ることにした。
それがMIAUだ。

 私はWEB音痴ですけど、ネットワーク技術の発展が、世の中そのものの急激な変化を促しているというのは分かります。その発展を制限する方向に働く既存の社会制度に対し、「ネットワークの自由」を働きかけていく、という趣旨の運動に対して、それが「社会派」的な色を帯びることの是非についての対話というふうに理解させていただきました。(違っていたら、ご教示くださいませ。)

 それで、「社会派」的な色を帯び過ぎると支援が得にくくなる、現実的な調整が必要かも、という懸念に対し、

それは一般的な観点ではあるとは思うけど、一方で、ネットに関する技術やビジネスは本質的に政治的なものであるとも私には思える

というのが、essa先生の見解のようでした。

 以上は長い前置きで(笑)、「これからはどちらかと言えば、政治と無縁のまま過ごせる方が特権階級で、庶民は、たとえば自分の仕事と家族と趣味を守りたい、というささやかな望みを持つだけでも政治に関わらざるを得ない」という言葉を読んで私が“ビビビッ”と来たのは、よくよく考えてみたら、たまたま先日目にして、ちょうど『ニーチェ入門』とか読み直していたので強く印象に残っていたCrowClawさんのブクマコメントにあった言葉でした。

ニーチェの予言通り末世=現代とは奴隷が権力を握る時代のこと。寄生獣ではないが余暇=暇とは本来人間の良心の源泉であり、心に暇のない人間は必然的に悪魔化する

ニーチェ入門 (ちくま新書)

 『ゼロ年代の想像力』を読んでいたら、どうもニーチェ先生との違いが分からなくなってきたので読み直している『ニーチェ入門』(まあ、“入門”なところで私の地頭の良くないところは察していただくとして、)なのですが、読み合わせると個人的に大変面白いんですね。(素直じゃないとも言う。)

 それがこういうところでも一考の価値があるなぁと、思ったのでありました。

 “ネットの自由”を掲げる運動が、“ネットの奴隷”になってしまう可能性とでもいうんでしょうか。ネットの「先進ユーザ」という考え方は、よい意味のエリート論でもあるような気がします。

ネットに関わる人は、技術者もビジネスマンもユーザも「自分たちは核のように危ない領域に関わっている」という自覚が必要だと思う。

と、essa先生がおっしゃっているのは、エリートの義務について述べているのではないかと。
 また、あるいは、“「誰かが『社会派』をやってるけど、自分は『普通のネットユーザ』」みたいな錯覚”には注意すべきだという言い方のほうは、ポストモダンの今の世の中の中では、誰もがゲームのプレイヤーであり、そこから逃げることはできない(特定のエリート任せはあり得ない)という、『ゼロ年代の・・・』的な話にも繋がるのかもしれないな、などとも思ったり。

 少し背伸びして、私の理解力を超えたところの話を今日は書いてしまったのですけど、たまにはこういうのもいいでしょう?(笑)
 っていうか、基本的にはルサンチマンの塊のような私なんですけどねー(笑)。いろいろ私の認識違いとか、読み違いとか、ありましたらご教示いただけましたら幸いです。

スポンサーサイト

「νガンダムは伊達じゃないっ!」(・・・と言うしかない男の愚直さ) 

[2008/01/13] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(11) | TOP ▲

革命はいつもインテリが・・・。『逆襲のシャア』にみる“技術屋”vs“政治屋”

 どうしてこう、『逆襲のシャア』の話は盛り上がるんだろう。スルメイカのように噛めば噛むほど味わいのある作品だから?単に管理人の私が好きだから?いただいたコメントから思い浮かんだ言葉が、コメント欄には書ききれなくなって、またも記事にしてしまうという無限スパイラル・・・。(笑)

エリート

 ガンダムの宇宙世紀の世界で「エリート」というと、多くの場合は、シャアが“粛清”の対象に挙げている、いわゆる“地球の重力に魂を引かれた人たち”・・・地上に住むことができる「特権階級」の人たちを指すように取られがちかも。なので、「インテリ」という言い方には語弊があったにせよ、アムロも「エリート」という言葉は使いにくかったんではないでしょうか・・・。
 しかし前にも書きましたが、「エリート」という言葉の原義は「神に選ばれしもの」で、すなわち使命のために“死ぬ準備”のできているもののことだといいます。この正しい意味での「エリート」という言い方ならば、まさにシャアの自覚にあてはまるでしょう。どこまで演技か、どこまで本気か、・・・ほとんど、その選民意識に酔っているかのようにさえ思えます。

「そして私は、父ジオンのもとに召されるであろう・・・」

 人々を導くべき存在(エリート)としてシャアの念頭にあったのは「ニュータイプ」であり、彼はアムロもその有力な資格者だと考えていたんでしょう。
 なのにアムロは、“技術屋・政治屋”みたいな官僚主義的な発想で、実際に政治の中枢に携わることができるのは、あなたたち「インテリ」だけでしょう(・・・私は違いますよ)と。
 つまりはそんな、認識のすれ違いですかね。一見するとシャアの理想のほうが高尚に思えるけれど、実際、“ニュータイプ”代表のこの二人の間でさえ、認識の違いを埋められていないという事実を見れば、ニュータイプを過大には評価しないアムロの姿勢は間違ってないと思います。

所詮テロ

 起きた出来事を客観視すれば、まさしくそうなのですが・・・。
 ただ、彼の話をよく聞いてみれば、ある意味ではシャアの自覚以上に、アムロのほうがシャアを高く買っていたりはしませんか?(笑)
 テロリスト呼ばわりはせず、最終目的は「世直し」、その手段としての「革命」と、勝手に高めに見積もって理解してあげています。(アムロの技術屋的発想だと、“シャアほどの人”になれば当然、目的・手段は明快なはずだ、という先入観があるのか。)
 それなのに「私は世直しなど考えていない!」って。(そりゃないゼ、シャア・・・。これは、ある意味では「ララァは私の母に・・・云々」のセリフ以上に、期待を裏切る表明かも。)
 自覚と羞恥があろうがなかろうが、事を起こしたその先の展望も実際にイメージできていないのでは、これでは“所詮テロ”もいいところです、たしかに。
 もしかするとアムロは、あまり言葉を知らなくて、シャアを「インテリ」呼ばわり(・・・ただし、それでも「テロリスト」呼ばわりよりは、かなりまし)したのかもしれなかったけど、シャア自身は「インテリの感傷」以下かもしれないことを口にしちゃってます。
 アムロはまさしくシャアを「見損なった」んで、私なども、テロリストの尖兵に過ぎない『0083』のアナベル・ガトーよりはシャアのほうがまし、と思いたい気持ちはあるんですけど、やってしまったことは五十歩百歩だという事実も直視すべきなのでしょうね。うん。

≫あの時点で、シャアに翻意を促したところで

 ・・・何を止めることができたのか。それはそうなんですが、アムロとしては何かを言わずにはいられない。
 それは何故なんだろうかと思っていたんですが、前にお話のあったように、これはアムロも私たちと同様、あるいはそれ以上に、「本質的にはシャアが好きだから」と考えるのが妥当なのかもしれませんね。
 説得というよりも、繰言(自分への言い訳?)に近いんですかね。・・・あるいはこれも、(彼には珍しい?)「感傷」と言うべきでしょうか。

あなたが、女性ならば、ひたすら男とはこんなものだと分かって欲しいと思います。
あなたが、男性ならば、男はこれでいいんだから、頑張ろうよという思いをこめて、男の愚直さを描いてみたつもりです。
このように書くと性別を意識しすぎだと、非難される方がいらっしゃるのも承知していますが、これが正直な感想なのです。この感じ方がいけないのなら、性差を越えたものを見せて、勉強させて下さい。

逆襲のシャア 富野監督メッセージ(映画パンフより)

 いくら二人への鎮魂歌のようなものだからって、「これでいいんだから」って言っちゃっていいのかよとは思います。思いますが(笑)、ここまでやってきて、あとは「愚直さ」としか言いようがなかったという誠実さも、分かるような気がしちゃうんですよねー。そこに無理やり妥当そうな解釈もいれず、その代わり、いくらエンターテイメントではあっても、適当な美化も一切しない。そこがこの作品の、ちょっと比類ないところなんじゃないでしょうかねー。

 男と男が拳で語り合っちゃう、みたいな部分(「ナナイ、男同士の間に入るな!」、「情けないモビルスーツと戦って勝つ意味があるのか?」)とか。
 あるいは、それがナンセンスなことは彼自身が誰よりもよく承知しているはずなのに、アムロが、いかにも彼らしい“技術の力への信頼”に殉じようとしたのなども、いわば愚直な“男の意地”ってやつなんじゃないでしょうか。(「ふざけるな!たかが石っころひとつ、ガンダムで押し出してやる!」、「νガンダムは伊達じゃないっ!!」)

アムロ 「俺はマシーンじゃない。クェスの父親代わりなどできない・・・だからか。貴様はクェスをマシーンとして扱って」
シャア 「そうか、クェスは父親を求めていたのか。それで、それを私は迷惑に感じて、クェスをマシーンにしたんだな」
アムロ 「貴様ほどの男が、なんて器量の小さい」

 結局は“技術”とか“理念”とか、そういうものにばかり囚われてしまう。ここで人を「マシーン」として扱ってしまうことにこだわったのも、「男の愚直さ」の如実な問題点なのかもしれないですね。シャアは、そうしたものを超えられる人間のはずだと、アムロは期待して(あるいは買いかぶって)いたのかもしれません。

 「女性ならば、ひたすら男とはこんなものだと分かって欲しい」・・・なるほど。「彼は純粋よ」とシャアのことを評し、永遠にアムロとシャアの間にいて二人を見守っていたいと言う、そんなララァの母性を、シャアはたぶん、「母になってくれるかもしれなかった女性」と言ったんですね。富野監督独特の“母性”へのこだわりも興味深いところです。

重戦機エルガイム METAL6 

[2007/11/20] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 後半に入り、アイキャッチにも「MARK-2」という字がくっきり見え、後期主題歌のサビでも「Say Mark 2~♪」って高らかに謳い上げていて。“後半戦の仕切りなおし”って意識がやけに強かったのかなぁと思いながら見ています。かなり入り組んだ群像劇になっていますが、前半のどたばたコメディな感じが薄れてきて、しっかり見ていれば話の筋が通ってきたような気がします。

  1. キャッチ・ウォー
  2. フラッシング・ネイ
  3. マイ・アース
  4. レッシィ・マインド
  5. ペリル・ミッション
  6. オールド・ソルジャー

ダバもついに、反乱軍の一つを率いる立場になった。その瞬間からダバは、その反乱軍の人々の生命を支配するようになる。“運命”という言葉が、ダバをよぎる。

 キャオのナレーションが的確なものになるということが、話の筋が通ってきたことの現れのように思われます。王道をもって覇道を退けようとする“聖戦士”の物語だったダンバインの後番組として、いよいよエリート論、君主論に踏み込んでいくような部分が興味をそそります。

「ギャブレー、君は本当に人を好いたことがあるのか?」
「人を・・・好く?」
「お前には、そういう一徹さがないのだよ!」
 前回、レッシィとの絡みでギャブレット・ギャブレーという人物が少し見えてきた気がした、という感想を書いたんですが、今回はギャブレーとの絡みでネイ・モーハンという女性のことが少し分かってきたような気がしました。
 ギワザを身を挺して護ろうとしたネイ。その愛するギワザもポセイダルに“生殺し”のように追い込まれて権謀をめぐらせている側面もあり。彼女はポセイダルへの直訴を企てるんですが、近衛師団の指令になってたクワサン・オリビーに遮られ・・・どうなっちゃうんだろう?(笑)

 一方のダバは、トライデトアル星からミズン星へ。

「俺はもう、これ以上無駄な戦いはしたくないんだ。利用できるものは、とことん利用してでも!打倒ポセイダルの旗を掲げたいんです。」
「星々の間の戦いは、人が高まったときにいつかは終わるというのに、ポセイダルのように、無理やり統合すれば、人心の反発を招いて、憎しみの戦いが繰り返されるだけだ。・・・そう分かっていながら俺は・・・今日まで本気になれなかった。なぜだか分かりますか?・・・ポセイダルのおかげで、ペンタゴナの人々は、本気で生きることを忘れた人になったからです。これでは闘えなかった。」
「目の前のことには必死でも、その先のことは考えていない人の集団になっていたんです。」
「考えているわ!ダバと結婚して男の子二人と女の子一人生んで、年取って死んでいくのが何でいけないの!?」
「そういう、アムのような女性のために、男たちは明日を作ることを忘れて、闘っているだけなんだよ。」
「そりゃないぞ、ダバ君。私だって・・・・・・分かった、だからか。ポセイダルが女の形をしたのは。」
「ああ。女性のメンタリティまで持ってると示すことによって、世界を支配してるんだ。」
「女のほうが男より偉いってのか!」
「女性は本能的に時代を継ぐものになれるんだ。ポセイダルは、それを示そうとクローンを作った。」
「クローン!?」
「考えられるわ。あの人なら。」
「それがポセイダルの仮象か。」
「そうです。それに対抗するには、母なるものの上に足を踏まえなければ。」
「闘っても勝ち目はないということなんですね。」

 あまりにトミノ度が高すぎて、くらくらするような会話!(笑)・・・とりあえずメモ。

 ともかく、「こうしてダバは、母なる大地に誓いを立てて、カモン・マイロードを名乗ることになったわけだ。」(byキャオ)
 しかし滅ぼしたはずの“ヤーマン軍”を名乗る敵を捨ててはおけんということで、ギワザもミズン星の戦いに本腰を入れてきて。・・・ここはホエールに乗って現れてダバの窮地を救ったレッシィとの微妙な芝居。これがいいですよね。その一方で、アマンダラだけではなくサート・スターのフル・フラットも話の筋に絡んできて。詰問するつもりでサート・スターを訪れたギワザに、人としての格の違いを見せ付けます。
 ・・・って、このへんの重層的な描写はうまいとおもったんですけど、レッシィがギャブレーに捕まっちゃうあたりは少しぐだぐだ。少し技巧的に凝り過ぎなんだよなぁ(笑)

 続けて、増派された十三人衆、冷血女のリィリィに、今度はアムが捕らえられる、というのは、一軍の将が一兵卒のために危険を冒していいのかという繰り返し。もう一人の十三人衆ワザンの潜入工作も、お爺さんもう少しドラマに咬むのかと思ったら肩透かしで。

「俺たちは正規軍とは違う」
「どこが違うのだ。君がポセイダルに成り代わらないと、誰が保障する?」
「俺たちが独裁者になるわけがない。自由な国を作ることが・・・」
「大衆一般が正義である時代は、戦争が続くよ。それが世の中だ。」
「理想を掲げて、なぜ悪い?」
「理想が人間を、正義に導くことを、我々大人は、もっと思い知る必要があるんだ。」
「理想ならポセイダル様も掲げていらっしゃる。それが分からず、反乱などと・・・。」

 このへんの会話は面白いんですけどね。って言うか、この会話をさせるための筋立てっぽいです、このあたり。リィリィを助けるために死んじゃうんですけど、ワザン爺さん、いいキャラクターだったのに、早々と退場するなぁ。リィリィの過去と、何か因縁があったのかなぁ。

 余談ですが、戦いが本格化するにつれて、ポセイダル軍にはA級ヘビーメタルに乗ったザコがわらわら出てきたり。主要キャラがどのメカに乗ってるのか固定しないし。反乱軍は最初からコピーエルガイムだらけで視認しにくいし。詰まらんことですが、戦場のリアリティのつもりなのかもしれないけど、ただ表現を分かりにくくしてしまっている気がします。
 もう一つ。英語にもなっていないカタカナのサブタイトルで、この作品は統一されているんですけど、今ひとつサブタイトルを見ても内容が思い出せないんですよね。最近のアニメも凝ったサブタイトルの付け方は多いですが、このエルガイムの場合は何か中途半端にカッコを付けている気がしてしまい。『ダンバイン』でもときどきカタカナのサブタイトルはありましたけど、もう少し意味が分かりやすかった気が。
 「1984年」という年のアニメの話を書いたところでしたけど、このエルガイムではそういうあまり意味のないカッコ付けが、やがてコアな固定ファン向けに作品が閉じていってしまう傾向を示していたようにも感じられてなりません。

“民衆”の対義語―『逆襲のシャア』の場合。 

[2007/05/14] | 随想系 | トラックバック(1) | コメント(2) | TOP ▲

アニメは麻薬か?―『機動戦士ガンダム』の場合。

 この続きです。zsphereさんの書かれた「カオスの縁 ――無節操日記 -  ガンダムと家とか、あと色々」については、“ロマン的な美化に酔うな、けれどシニカルな批判だけで勝ち誇るな”ということですかね、という趣旨で一度書いたんですけど、“「民衆」とはどういうものか”というh-nishinomaruさんの投げかけが面白かったので、もう少し考えてみたくなりました。

 zsphereさんからは、現実逃避の《阿片》としても機能しかねない危うさを承知で、矛盾を抱えながら創作するアニメ監督たちの姿についての回答があったのですが、そこにh-nishinomaruさんは「《富野監督が為政者に向けた批判》の内容に疑義を呈したのです」とコメントしておられて、話はすれ違いでしょうか。ただ私には、この微妙に咬みあわない話が面白いです(笑)。

現実逃避の最たるものは、「考えた気になって終わってしまう」こと

・・・なんてのは、私の耳のほうが痛い話だものなぁ。で、話の続きが咬み合うのか咬みあわないのか、さてさて。

■“民衆”の対義語

 「民衆→大衆」というwikipediaの転送に従うと、対義語にはまず“知識人”があげられるんですね。「ニュータイプとか人類の革新とか、そんな問題は地球の端っこで大根洗っているおばちゃんにとっては、どうでもいい話」ってのは、まさにそこのところの話だと思います。
 富野監督のインテリ観っていうのは、『聖戦士ダンバイン』での上級フェラリオの描かれ方なんかは、まさに高等遊民って感じで、かなり批判的に見ているんじゃないかな、と私は思っています。(余談ですが、それにしても「プロレタリア」もそうですけど、今や「インテリ」は死語となり、「ハイソ」と混同され、果ては「セレブ」に置き換えられているなどと聞くと、あにはからんや、何をかいわんや、ですね。)

エリートはもともとラテン語で「神に選ばれしもの」のこと。神に選ばれるというのはキリストに代表されるように人のために死ぬ用意ができているということであり、結局、自分の利害得失と関係なく自分以外の人や物事のために命を捨てられる人、を意味する。従ってラテン語でのエリートとは人について使う言葉であって、地位とか階級に使う言葉ではない

エリート - Wikipedia

 しかし、これなんかを読んで『ダンバイン』のショウたちのことなどを考えると、彼らは“インテリ”ではなくて、語源的な意味での“エリート”なのかな、と思います。『逆襲のシャア』の例で言うと、同じニュータイプでも、シャアはインテリ的だったかもしれないけれど、アムロは上述のような意味でエリート的だったとは言えないでしょうか。あの作品の弱いところは、シャアがああした馬鹿げた行動をとった原因はいろいろ語られているけれど、アムロは受動的に見えてしまって、それに立ち向かわねばならなかった積極的な理由が充分に語りきれなかったということかな、と。『星の鼓動は愛』は、(ミライさん絡みの描写など)そのあたりの反省を踏まえて描かれていたような気がしますね。

「しかしこのあたたかさを持った人間が地球さえ破壊するんだ。それをわかるんだよ、アムロ」
「わかってるよ。だから、世界に人の心の光を見せなけりゃならないんだろ」

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
北爪宏幸 (2001/03/25)
バンダイビジュアル
この商品の詳細を見る

 一部の“神に選ばれたエリート”が「世界に人の光を見せる」などというと、抵抗があると思うんですけど。それでもこれは、自分個人の生活を豊かにしたいというだけじゃなくて、社会全体を少しでもより良いものにしたいという志、公共性についての意識の問題ではないんだろうか、と思います。こうした部分を積極的に読むことが果たして、“「生と死の極限状況をロマン的に構築してそこに安住」するだけの現実逃避”への有効な処方箋になり得ているのかどうかは意見が分かれるところかもしれませんが。(こんなことを「アニメ屋」にやらせるな!ということも富野監督は仰っておられますよね。)

 こういうことを考え始めると止まらないですね。たぶん、もう少し続きます。(笑)

続きを読む

世代というのも人間の業ですか 

[2006/12/14] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 さきごろ富野監督の思索の展開に思うことを書いたところですが、この話がそのまま先日来コメントいただいている内容にも繋がっているような気がするので、少し話を続けてみようと思います。
 個人とは不特定多数の個人ではなく英雄のような存在を指し、「ロマン主義とは英雄主義といいかえてもよいのではないですか」というnishinomaruさんのコメントのおかげで、以前に気になって取り上げたとくもとさんのコメント――「ロマン主義(個人の決断が歴史をも動かす)はニュータイプに替わりえる強力な私と我々を結ぶ思考です」という意見についての論点が、私にも少し分かった気がしました。
 英雄主義というのは、エリート論ではないかと思います。…と言ってしまうと、(私もどっぷりとその中に浸かって育った)戦後民主主義的には語弊があるようですが、きちんと検討すべき課題だと思います。と言うよりも、むしろエリート論というのはガンダムの世界では、ほぼそのままニュータイプ論だと思われますが、そこはどうでしょうか。「シャアは英雄になり損ねたキャラ」とは、そのまま“ニュータイプのなり損ない”と重ならないでしょうか。
 つまりニュータイプ(=英雄=エリート)になったからといって、「生命を持たない意識体としての存在」にでもならなけりゃ、生身のままでは世界なんか救えやしないと富野監督がやってきたこと(→関連記事)が、能力を身に着けて人々を導こうとする英雄になろうとする向上心を「さんざん愚弄してきた」のではないかという批判なのでしょうか。
 これは教養とかビルドゥングスロマンについての話でもあるのかもしれないですね。以前に「向上心」考(生きて戸惑い動揺する教養) という記事を書いてみたことがあります。「社会全体が頭打ちな現況の中で、人を差し置いても自分(だけ)は向上したい、という願いはしばしば壁に突き当たります」と私は記しましたが、ここに書いたことを裏返すと、戸惑い動揺したところで終わったのでは、微温的な現状肯定という批判をかわすことが出来ない、いかに未来が見えなくとも「絶望もしちゃいない!!」(アムロ)と言わなきゃならないということでしょうか。
 こうしたアムロの物語は立派な英雄譚ではなかったかと思いながら、では例えば「エヴァが反戦映画である、ということを見落とす観客の責任の方が圧倒的に重いと思います」と断言されたnishinomaruさんのように、確信を持って言い切れるかというと自信を持ちきれないわけです。

いまや特撮やアニメは世代にかかわらずDVD化されネット配信されるボーダレスな時代である。したがって世代論だけでは論じられないと思うのだ。
いつのころから新発売: ボクのオタク論


 私は時代の中での変遷を見たいと思ったわけですが、上の記事を読んで私が思ったのは、そうしたものに捉われておろおろするよりも、そんなものはいっそ無視して、間断なく現在の視座から斬りなおし、その都度評価は改めていかねばならないというnishinomaruさんの徹底した意思でした。
 それは正しい(そうあるべき)考え方だと思います。現在のオタクの状況から逆算すると、オタクの定義の変化についての分析も説得力があります。
 それでもなお、たとえば物語を「他人の不幸は蜜の味」という暗い楽しみとして捉えるような、今日的な感覚というものには、私はどうしても馴染めそうもない気がするんです。
 困ったなぁ。世代というのも人間の業とかエゴとか、そういう乗り越えがたいものの一つだと自覚すべきなんでしょうかね。


| ランキングオンライン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。