スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『交響詩篇 エウレカセブン』 47話~最終話 

[2008/06/28] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 見始めてからずいぶんかかってしまったんですが、ようやく最終回まで行き着くことが出来ました。

 この作品はティーンエイジャー向けの「ジュブナイル」とも言えないし、どういう対象を想定して作られたものだったのか、最後までそこの距離感がつかめなかったなぁと思います。思った以上にクライマックスは面白かったんですけど、やっぱり全体の印象として、“作り手が作りたいように作った”っていう印象はありかな、と。
 レントン君は14歳でしたっけ?アニメの設定年齢はしばしば方便だったりもするんですが、この作品ではわりと真に受けて、大人目線からリアル中二病のイタい感じを生々しく描いていたような気がします。

  1. アクペリエンス・4
  2. バレエ・メカニック
  3. シャウト・トゥ・ザ・トップ!
  4. 星に願いを

 ダイアンの口を借りて一気に謎解き全開の47話。案外親切なつくりです。ただし“クダンの限界”とか難しい部分はどうしようもなく難しいですけどね。『ゼーガペイン』のSFらしさには好感を持った私なんですけど、このエウレカセブンはとにかく微妙。感覚的に“スカブコーラル”の存在を受け入れられるかどうかも、こういう設定だと、さらに微妙。(キョウちゃんは実は賢かったけど、レントンは根っからただのアホで何も考えてないっぽい。)
 切迫したところに差し掛かっているのに、逢いたくてたまらなかった“お姉ちゃん”に出会ったら、とたんに鼻水たらしたガキに戻っちゃうレントン君。まったく頼りない!(笑)
 この部分だけを見ちゃうと、結局、目先のことしか何も考えられないのが“セカイ系”かと言われても反論できない。いっさい息子に口を開かない父、アドロック・サーストンというのも、実に気持ち悪い。ダイアンの目もとろんとしていて、やっぱりスカブコーラルは駄目な感じ。(関係ないけど『ガン×ソード』で鉤爪の男の理想が実現したらこんな感じか、とか連想しました。あれはアンチセカイ系だったんですかねー。)
 なので、ここでは「スカブコーラルの意見はいい!お姉ちゃんの意見が聞きたいんだ!」というレントン君の成長ぶりが少しはうれしい。

「私情の何がいけない!」
「行って来い、ドミニク!」

「もしこの戦いが終わっても、生きていていいって言われたら、小さな鏡をひとつ買い、微笑む練習をしてみよう・・・。」

 でもやっぱり“アネモネ&ドミニク”ラインのストーリーのほうが私は好きです。それをつくづくと感じた48話でした。(時間がないって言いながら外界に戻ってきたはずのレントン&エウレカは「ぼーっ」っとしてるし。テンポ悪!)
 アネモネとドミニクの物語は情が通っていて、だから変なペットのガリバー君までいい仕事をしてみせてくれます。(“タイプ・ジ・エンド”もね。)

 世界のゆっくりと終わってく感じの中で、ユルゲンスやホランドや月光号、とにかく大人たちがやけにかっこいい49話から最終話。悪くはないんだけど、“大人はこのようでありたい”って願望がもろにストレートかなぁ。
 デューイは・・・結局よく分からんなぁ(笑)。「こいつも“まがい物”って言うのか!」みたいな台詞はいい感じで、彼の気持ちはなんだか理解できたけど、どこまでが計画で、どこからが万一失敗したときに備えての保険だったんだか。そこがぱっと見て飲み込めないから、最後の一話が全体にゆるーく思えちゃいます。
 「ねだるな、勝ち取れ」ってフレーズが何回も出てくるんだけど、レントン君は結局ずーっと“エウレカ大好き!”っていう一つ覚えで、工夫したり苦悩したりが少なかった気がします。ねだらなくても与えられたものが多いと言うか。
 細かいことだけど、タルホさんに「いい男になったじゃない」って言われて「ハイ!」はいい返事なんだけど、ホランドには相変わらず「うん!」って答えてたり。“大人がこうであってほしいと願う子ども”像っぽいような気がしてしまいます。(やけに元気よく「アーイ、キャーン、フラーイ!!」とか。)
 モーリスとの和解もなぁ。どうなんだろう?少なくとも手紙(というか住民票)を託したのは、ちょっとやり過ぎ感なきにしも非ず。
 ニルヴァーシュとの会話はストレートで分かりやすいけど、分かりにくい部分との組み合わせ具合はどうなんだろうか。同じく月面のハートマークも。うーん・・・。そうですか、この話はそういう話だったんですねってことだけど。
 でもゴンジイはよかったですよ(笑)。ラストはホランドとタルホも見たかったなぁ。
 すごくいいなぁと思うところもあって、いい作品だったと思うんですけど、脇役がよかったのに比べて主人公の二人のドラマにひねりが少なかったのが残念でした。そんな感じです。

交響詩篇エウレカセブン 13

スポンサーサイト

『交響詩篇 エウレカセブン』 43話~46話 面白いんだけど、どうもなぁ。 

[2008/06/12] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 一気に山場だと思ったら、ちょっとはぐらかされたような展開。あと一巻で完結ですねー。

交響詩篇エウレカセブン 12

43 ザ・サンシャイン・アンダーグラウンド
44 イッツ・オール・イン・ザ・マインド

 子どもたちだけの世界・・・ねぇ。頼れる大人が誰もいない隔絶された世界で、彼らは信頼を築きなおせるのか、っていう試しなんでしょうか。レントンとエウレカだけだったら典型的な"セカイ系”って話なのかもしれないんだけど、カツ・レツ・キッカ(←違)がひっついてきているところが何とも。
 そして子どもだけの世界は、何ともエゴイスティックな感じ!(でも、わかるなあ。子どもって、むしろたしかにそうなんだろうと思う。見て楽しいもんではないですが。)

 私のお気に入りのドミニク君はワルサワやらに派遣されるんだけど、どう見ても情緒不安定気味な彼を、このタイミングでわざわざそういうところへ派遣するデューイってのも、よく分かりません。部下を見てないのか、わざとやってるのか。(それとも、ただのストーリー上の都合か。)
 アネモネはエウレカとまったく同様な人型のコーラリアンなのかと思っていたら、人工的に生み出されたのか、やっぱり特殊ケースなのか、そこも結局よく分からなかったです。(ドミニク君と同様に、衝撃ではありましたが。)

 ホランドと月光号はどうなったんだろうかと思ったら、デューイの計画を阻止するために決死の闘いを展開してました。そういえば、ノルブもあのまま消えてしまったんですね。壁の向こうへ消えてしまったレントンとエウレカからは、何の情報もないわけだし、ノルブも何も言い置いてくれなかった気もするんだけど、彼らは適宜、最善と思われることへ判断を切り替えて行動してるんだなぁと。
 ただ目に見えて生命を賭けた闘いの動機付けとしては、ここの描写だけでは少し不親切かも。

 デューイとホランドの過去は、アネモネに語るという形で明かされます。物語としては密度が高いところなのに、ドラマとしては何故か平坦なパートなのでした。アネモネが、ドミニク君からもらった花を何気に大事にしている描写がいいですね。

45 ドント・ユー・ウォント・ミー?
46 プラネット・ロック

 前話でユルゲンス艦長がドミニク君に『ray=out』を突き出したのには、なるほど、そう来るかとぶったまげました。人々の間でも、おお、効いてるじゃないか、カウンターカルチャー!(笑)
 ところでこのボード屋さんのおっさんは、最初のほうでレントンと話をしてた人じゃなかろうか。このへんはサービス精神がありますね。
 ゲッコーステイトと面会したユルゲンスとドミニクが、再び『ray=out』を突き出したのも面白かったです。出版した本人たちも思ってなかったような反響っていうのが、これはいい。
 その心変わりの理由がキレイゴトだけでは、にわかに信じがたいというホランドに対して、「アネモネを守りたいんです!」って大告白大会のドミニク君は可愛いんだけど、どうしたらアネモネを守ることにできるのか、難しいところだよねー。誰か一人ぐらいそこツッコんであげておいて、レントンと同様のお馬鹿さんだっていうところへ持ってってほしかったかも。
 ユルゲンスの決意にもう少し同調者が多くいるのかと思ったけど、1艦のみというところは意外にシビア。

 一方で子どもたちのほうでは、エウレカの身体に変化が生じていて。“違う存在”というのを受け入れられるかどうかということなのかもしれないんですけど、ヒロインのビジュアルを、またしても、こうもいじっちゃうというのが何ともねー。
 しかしレントンはアホですねー(笑)。この自傷行為は、ちょっと感動するには厳しいなー。ここは私はさすがに引いちゃいました。
 エウレカの羽化(?)は、もっとビジュアルに力を入れて、文句のつけようがなく美しく描いてくれてもよかったのに。レントンはアホだから、どんな姿でも「きれいだよエウレカ!」って言っちゃう気がするし(笑)。

 解き明かされていく謎は面白いと思います。(地球とこの星の関係は、よく分からないですけど。)ただ、謎解きパートと、いよいよ危機を迎える物語のパートが、互いに関連を持たずに個別に進行してる感じは、どうも見せ方が上手くないんじゃないだろうか。
 これは、作り手がやりたい物語を作ってるのでしょうね。なので描ききるところまで見てみたいと思います。それはそれとして、これでは視聴者置いてけぼりな感じは否めないかも、とも感じました。エンターテイメントとして、ドラマの見せ方というものはあるだろうと。うーん・・・。これは単純に力不足ですか?

『交響詩篇 エウレカセブン』 39話~42話 

[2008/06/10] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 前回、感想を書いてから三ヶ月のご無沙汰でした。我ながら、ひどいものですね(笑)。

交響詩篇エウレカセブン 11

39 ジョイン・ザ・フューチャー

 久しぶりに見るのに「ついに山場だよな!」とテンション上げ上げで臨んでみれば。・・・何でだかサッカーやってるし。だけどホランドじゃないけど、私もノルブは好きだから、とりあえず支持しとこう(笑)。
 ノルブの真意をあれこれ憶測するゲッコーステイトのメンバーがありがちな感じで、「何かを見つけられた者はそれでいいし、見つけられなかった者もそれでいい」みたいなノルブの解説は、ちょっと作品を見ている視聴者の姿をメタ批評的に出したのかな、とか思ったりしました。
 っていうか、エウレカとレントンが思い切りホランド(の顔)を踏み台にしたのには思わずケタケタ笑っちゃいましたけど、ストーリー的にはこれは何の隠喩よ、って感じで。この先こういう展開になるわけですか?(笑)

40 コズミック・トリガー

 ああ、このヴォダラクのお婆ちゃんも好きなキャラです。描写が宗教くさくなるのは得策ではないと思いますけどね。・・・いちおう批判的な部分もきちんと入れているけど、そういう風には全体として見えにくい。
 デューイはスカブコーラルのことを「謝りもしない侵略者」とか言ってたけど、人類のほうが最初からいたんだったっけか?まあどっちが先かとかいう問題じゃないんだろうけど。さすがに三ヶ月も間が開くと、そういう説明ってあったんだったかどうだったか曖昧になります。

41 アクペリエンス・3

 「アクペリエンス・2」って19話でしたね。ああそうか。あの時の図書館には本が全然なかった。今回は本がいっぱい。えーと。でも、また白紙の本なんですねー。自分はまだ何ものでもない、みたいな?
 いや、自分の本に書くべきものは、何もハートマークだけでなくてもよいような気もするけど、まあいいか、ノルブ少年は可愛らしいし(笑)。
 顔の引きつれを消してあげようかってサクヤに言われて、断るエウレカは強い子ですね。つらかったことも悩んだことも含めて自分ですよ、みたいな?・・・だけど視聴者的には彼女の髪の毛が伸びて安心した!(それよりポイントは眉毛かなぁ。)

42 スターダンサー

 デューイは本気でホランドたちの行動を阻止する気があったんですかねぇ。まあ地殻を破壊するミサイルを落とせば抗体コーラリアンが出るから、それで用は済むと思ったんだろうか?(イマイチ意図が不明・・・。)
 アネモネのジ・エンドの前にホランドが立ちふさがって、カッコいいのかと思ったら、案外あっけなくやられちゃいました。もうちょっと見せ場を作ってやってヨ(苦笑)。・・・でもまあ生きててよかった。
 いよいよ渦の中心核(←違)へ突入!ってところで、走馬灯のようにこれまで関わった人々の顔を思い浮かべるレントン君。うん、まあ泣かせどころですか。
 ・・・で、何?どこへ出てきたの、これは!えぇーっ?(マジでこの先の展開知らないので、すげービックリしました。)いやあ、オーラロードだったとは知りませんでしたよ。(←だから違・・・。)
 まだ8話もあるのに、もうクライマックスかと思ったら、・・・こりゃあこの先どうなるんだろう。

『エウレカセブン』の劇場版が作られるのですか? 

[2008/04/11] | ネット巡遊記 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 これからいいところ?とにかく間もなくまさに山場を迎えつつある38話というところで、諸般の事情により久しく視聴を中断中の『エウレカセブン』なのですが。

 しまった。斜め読みとはいえ、つい読んでしまった!なるべく先入観を入れないようにしていたのに、・・・現時点でけっこう「なるほど」と感じる部分も記事の内容に多かったので、よけいに最後まで見終わってから読むべきでした。こんなのは完全に自己責任。反省!

 どうも評価が割れている作品らしいことは、なんとなくですが理解してしまいました。もっとも、他の人がどう思っていようが、自分が見て面白ければ、基本それでいい人なので、だからどうということでもないのですが。
 こういうときのための備忘録として自分の感想メモもたまには役に立ちます(笑)が、第10話まで見たところでは、正直この作品、個人的にはその先を見続けるかどうかぎりぎりのボーダーラインでした。2クール目終わりの26話の評判が圧倒的なようだけど、私は1クール目終わりの13話が面白かったので、続きを見ているという、そういう感じです。(好きなキャラクターはドミニク君かも。)

 今ひとつ作品の作り手を信頼し切れていないところがあるので、最後まで決定的な感想は保留にしておきたい感じです。『ゼーガペイン』みたいに、予想以上、尻上がりに大好きになる作品もこれまでにはあったし。
 とにかく、いつ劇場公開されるのか知りませんが、それまでにはちゃんと見終わっておかねば、ということですね、はい。しかし、少しタイミングを置いて劇場版が製作されるというのは、新訳Zとか、エヴァンゲリオン新劇場版みたいに、再構築される要素があるっていうことなんでしょうか。・・・少しタイミングを置いて、になるんですかね。実はそのへん(ライブではいつオンエアされた作品だったか)さえ、曖昧だったりするいい加減な視聴者だったりします。

『交響詩篇 エウレカセブン』 35話~38話 

[2008/03/17] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(4) | TOP ▲

 物語の構造は面白いんですが、見せ方がどうなのか。面白いと思いながら、どこか解せないところも残るかも(それは謎解きばかりではなく)、というあたりの『エウレカセブン』第10巻です。

交響詩篇エウレカセブン 10

第35話 アストラル・アパッチ

 だいたい主人公が“不殺”みたいなことで悩みだしたりすると、ロボットアニメは難しくなりますわね。せっかくホランド以下、ゲッコーステイト一致団結して大胆不敵な首都進攻という見せ場だったんですけど。でもこの作品の面白いところは、そういう主人公たちを、ホランドにしてもタルホにしても責めないで認めてやってるところかな。みんな、エウレカとレントンのために命がけでやってるのにね。
 でもアネモネのために一生懸命なのに、その信頼を勝ち得ないドミニクを見ていると、組織の違い、組織との関係の作り方、いろんなことを考えさせられますね。
 しかしデューイとホランドが兄弟だとは、まいったなぁ。いろいろキツいこと言ってたけど「私のお古の女まで拾う」はかなり腹立つぞ、これは。でもここでエウレカと対になるレントンを見せることで、余裕かましていたデューイが一瞬狼狽するのは、これは痛快でもあり、レントンって重要な存在なんだと再認識もしました。(笑)

第36話 ファンタジア

 ノルブ、想像以上に面白すぎ!いけないルージュマジックは、これは怖すぎ!(笑)・・・しかしヒロインの顔でこんなに遊んじゃって、作品的にほんとにいいんでしょうか。(ただ個人的には、タルホさんプロデュースのメイクみたいに、眉毛ぐらい描いてあったほうがいいと思うんですが、エウレカちゃん。)
 男と男の腹を割った話は風呂場の裸の付き合いで、っていうのはわりと定型化されたところに落とし込んでくるなーと。あとホランドとダイアンを幼少時に出会わせて、初恋というところに持ってくるのも、まあそうですかーという感じで。このところ謎解き話が多いんですけど、ダイアンの失踪の話は案外捻りがなかった気がしてしまいました。

第37話 レイズ・ユア・ハンド

 謎解きモード全開で、科学(ドクターベア)と宗教(ノルブ)の双方から、この星の危機を考察するのは、よいと思うんですけど。月並みだけど、やっぱこういうのは主人公が努力して答を勝ち得るってほうがありがたみはありますよね。それかあらぬか、せっかく明らかにされた危機の実相も、クーデター含みでデューイが展開した一大プロパガンダの前には大河の一滴だとか。この作品、こういうメディア戦略みたいな部分もフィーチャーしているところは変わってるなぁと思うんですけど、やがて重大な役割を果たしてくるんでしょうか。
 そう言えば、いつまで月光号にいるんだろうと思っていた技術屋さん一行も、この対談で役割を終わったのか研究所へ帰ると。エウレカの変化は早すぎると皆が異口同音に言ってます。しおらし過ぎると私も思いますけどねー。

第38話 デイト・オブ・バース

 レントンとエウレカのディスコミュニケーションにはじまるエピソードが、こんな爆笑展開になるとはビックリしました。いや、ご婦人方には怒られていたけど、「あの二人できんの?」ってドギー兄さん、よくぞ言ってくださった。それも大事なことだよね、うんうん(笑)。
 この作品はこういうコメディをやらせると上手いですよねー。でもまあ、そこに母になろうとしているタルホの語りなんかも交えて、人の親の愛情というものをエウレカに教える展開は、これは文部科学省推奨ものの教育番組でもありました。
 そしてエウレカの口から父アドロックのことを聞くレントンでしたけど、“サマー・オブ・ラブ”っていうのがよく分からないから、それで世界やみんなを救った英雄になっていっちゃうというのも、結局は納得いかない気がしたんですけどねー。

 しかしゲッコーステイトがコメディやってる間に、どうやらデューイはクーデターを完遂して権力を完全掌握したらしいですよ。この人はコーラリアンを殲滅できると信じているんでしょうかね。
 せっかくスペックアップしたのに、ニルヴァーシュの出番もあまりありません。主人公たちが活躍しないんでしょうがないですけどね。(「ねだるな、勝ち取れ」といううたい文句が、どうも滑ってる気がしてならないストーリー展開だったりします。はい。)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。