スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『キャシャーンSins』 第8話まで “アートアニメーション”のにおいがする! 

[2008/11/28] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(5) | TOP ▲

 ネットでしか見れないので、8話までの感想でごめんなさいね。
 このブログでは前回、『キャシャーンSins』の感想は第5話まででした。第5話「月という名の太陽を殺した男」、第6話「運命との再会」で、物語としての状況はだいぶ分かってきました。

reason

『キャシャーンSins』って、たまたまテレビで流しているだけで、内容的にはいわゆるアート・アニメーション的だと思うんですよ。
by prisoner022

いい時代になりました
by nuryouguda

そう、あんなアートアニメーションのような作品がテレビアニメで放映されるとは、 いい時代になったなぁ、とも・・・たしかに思うのです。 思うのですが。 なぜ『キャシャーン』なのだろうかとも思わずにいられないのですよ。 昔のキャシャーンの世代の人間としては。 上手くいえないのですが。
by prisoner022

たしかに、新しい流浪ロボットでもいいでしょうね それはガンダムでもですが、ガンダムシリーズよりも設定は似てませんもんね。 インスピレーションモチーフでしょうか? 全体評価は最終回待ちですが。
by nuryouguda

 上記のような対話をグダちんさんとしたのは第7話「高い塔の女」を見終わったところだったのですが。第8話「希望の賛歌」を見て、これはアートアニメーションのような作品だなぁという印象は、ますます強いものになりました。

「アート・アニメーション」という名称が、日本でいつのまにか定着してしまった気がする。自分の作っている作品、また志しているこのブログで取り上げているような作家性の強いアニメーションを定義するいい呼び名がないものか以前から考えてきたが、全ての作品がフィアンアートだけを目指して作品作っているわけでも無いし、「アート・アニメーション」という呼び方には違和感がある。
英語圏でも特にそれらしい呼び名は無い。「インディペンデント・アニメーション」「ファインアート・アニメーション」「実験アニメーション」などがあるぐらいだ。

 この分野の日本における第一人者であろう山村浩二さんが、この呼び方には抵抗感があると言っているぐらいで、「アート・アニメーション」というのは聞きなれない人には聞きなれない用語なんだと思います。

 アニメーションというのはそもそもそういうもので、日本のアニメは商業ベースが当然になりすぎちゃってるということだと思うのですが、機会を見つけてはなるべく見たいと思っている、いわゆる「アート・アニメーション」です。クレイ・アニメとかパペット・アニメまで含むようなあいまいな言葉なので、「アート・アニメーション」的だという例えはますます意味不明なんですが、何となくニュアンスは(分かってもらえる人には)分かってもらえると思います。
 ぐりぐりよく動く作画とか、そういう意味でのアニメーションというのではなくて、海外の短編アニメーションによく見られるような、とても抽象化・観念化されたドラマの感じを、まあ私の貧しいボキャブラリーではそういうふうにしか言い表せないんですけど。

続きを読む
スポンサーサイト

ポール・グリモー『王と鳥』 

[2007/12/22] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 見れるものは何でも見てやろう、みたいな感じで。宮崎駿や高畑勲のアニメに大きな影響を与えていると言われているポール・グリモーの『王と鳥』を借りてきました。

王と鳥 スタンダード版王と鳥 スタンダード版
(2007/04/04)
ジャン・マルタン、パスカル・マゾッティ 他

商品詳細を見る

 『王と鳥』として公開されたのは1980年らしいですが、宮崎さんや高畑さんが見て影響を受けたというのは、1952年にフランス初の長編アニメーション映画として制作された『やぶにらみの暴君』ということのようです。「王と鳥 - Wikipedia」を読むと、日本での公開は1953年。グリモー監督には不本意な形で公開されたらしく、改作される前のバージョンは、今では目にすることはできないようですね。手塚治虫は『王と鳥』より『やぶにらみの暴君』のほうを高く評価していたらしいですが、どこがどう違ったんでしょうかね。

 見て面白いかというと、エンターテイメント的には、面白いとは言えないかもしれません。アニメーション的にすごいかというと、それもよく分かりません。1952年の作品として見たら、画期的だったんだと思いますけど。じゃあガッカリだったかというと、実はそうでもなくて。
 宮崎アニメへの影響というのは、ぱっと見ただけでも、かなりすぐ分かるものです。『カリオストロの城』のお城は、この作品の王様のお城そのまんまだし。そびえたつ塔の地下に虐げられた人々が住む街がある、というあたりは『未来少年コナン』のインダストリアを思い出させます。
 ただ、この作品の魅力はというと、テイストで言ったら高畑アニメに近いような、何とも言いようがない苦味だと思いました。

 戦後間もないフランスで作られた作品ですから、暴君の姿にはヒットラーが投影されているのかもしれません。でも、この王様のキャラクターはなかなか味わい深くて、ただ悪逆の象徴として描かれているのではなかったようにも思えます。彼は、改作前の題名にも「やぶにらみ」とあるように、どうも実際に目つきがおかしいということにコンプレックスがあるようなのですが、奇妙なぐらいに城じゅうを自分の肖像画や彫像で埋め尽くしています。まあ、それだけではなくて、人間は容赦なく処分してしまいますけれど、芸術を愛好する心性はあるようで、実際、彼が絵画の中に描かれた“羊飼いの少女”に恋をするというのが、この作品で物語がはじまるきっかけになります。少女は、しかし隣の絵に描かれていた“煙突掃除の少年”に恋をしていて、王の思いは横恋慕。
 エンターテイメント的に考えれば、少年と少女がヒーローとヒロインの物語を構想しそうなものなのですが、この作品ではどうも、あくまで主人公は暴君の王様と、もうひとつは少年少女を助ける変な鳥さんなのですね。

 どちらかというと少年少女は物語に振り回されているばかりで、話を駆動していく役回りは、実に奇妙な鳥さんが担っている、このへんは『長靴をはいた猫』のペロなんかにも近いのかもしれませんね。ただ、変だ奇妙だとさっきから、この主人公格の鳥さん(実際、作品の冒頭に出てきてストーリーテラーの役割を果たしたのも、彼)のことを書いているんですけど、どうも彼は少し意地悪なところがあって、感情移入がしにくかったりするんです。
 絶対的な権力者である王様に対して、彼には自由があるということなのかもしれませんけど。ほんとうに、エンターテイメントとしてはおかしなことなんですが、私なんかは、むしろ悪者のはずの王様のほうに、しばしば感情移入をしてしまいがちでした。そのへんの苦いところが、なんとも高畑アニメっぽいのかな、などと感じられたり。

 話のテンポも独特な感じです。少年を助けるために王との結婚を受け入れてしまう少女とか、結婚式に乱入していく少年とか。これをエンターテイメント的に組み立てなおすと、そのまま『カリオストロの城』になりますね。クライマックスには、なんと巨大ロボットも登場してきます。そして物語の終わりには、“えー、そこまでやるんだ・・・”ということになるんですが。いやはや!
 これをカタルシスといってもいいのですかねぇ。思わず考え込んでしまいました。とても戯画化された表現だといってもいいんでしょうが、これはあまりにも深いなぁ。

 映像特典で、高畑監督と、爆笑問題の大田さんの対談が収録されていたんですけど、これがまたアケスケで、けっこう笑えました。(笑)
 今年、レンタルDVDで見るアニメはこれが最後になると思います。このDVDはスタジオジブリが日本での普及のために出しているそうなんですけど、たしかにこういう作品は手が出にくいだけに、こんな形で見せてもらえてありがたかったです。

「日本の表現力」展 凄いアニメのラインナップ!? 

[2007/01/21] | アニメ全般な話題 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 いよいよ明日(っていうか日付変わっちゃったから今日)、六本木に新しく開館する国立新美術館で開催される「日本の表現力」展(1月21日から2月4日まで)が気になっています。メディアアート、エンターテイメント、アニメ、マンガというテーマも見てみないとよく分からないし、この短い会期は展示よりも、むしろイベント主眼の構成なのかなと想像してみるけど、それも実際見てみないとなんともいえないですね。

「日本の表現力」展
公式サイト
公式ブログ
国立新美術館
公式サイト

 ちょうど近々上京する機会があるので、ぜひ見てみようと思っているんですが、イベントの告知を見て驚きました。(アニメ関係だけを抜粋)

時代を飾ったアニメーション

■その1
『鉄腕アトム』 アニメ第一話 [60年代]
上映時間:25分
(TVアニメーション) 手塚治虫
『ゲゲゲの鬼太郎』 [60年代]
上映時間:25分
(TVアニメーション) 黒田昌郎、白根徳重
『まんが日本昔ばなし』 アニメ一話分 [70年代]
上映時間:15分
(TVアニメーション)
■その2
『新世紀エヴァンゲリオン』 アニメ第一話 [90年代]
(TVアニメーション) GAINAX・EVA制作委員会
『蟲師』 アニメ第一話 [2000年代]
(TVアニメーション) 長濱博史
『鋼の錬金術師』 [2000年代]
(TVアニメーション) 水島精二
『攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX』 [2000年代]
上映時間:25分
(TVアニメーション) 神山健治
■長編単独上映作品
『白蛇伝』 劇場版 [50年代]
上映時間:78分
(アニメーション) 藪下泰司、大江原章、森康二
『太陽の王子 ホルスの大冒険』 劇場版 [60年代]
上映時間:82分
(アニメーション) 高畑勲
『機動戦士ガンダムⅠ』 劇場版 [1981年]
上映時間:137分
(アニメーション)
『銀河英雄伝説』 [80年代]
上映時間:59分
(TVアニメーション) 石黒昇
『AKIRA』 劇場版 [1988年]
上映時間:124分
(アニメーション) 大友克洋
『機動警察パトレイバー』 劇場版 [1989年]
上映時間:99分
(アニメーション) 押井守
『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』 劇場版 [90年代]
上映時間:123 分
(アニメーション) 押井守


もう一つのアニメーションワールド

■その1
『こねこのらくがき』 [50年代]
上映時間:13分(仮)
(アニメーション) 藪下泰司
『くじら』 [50年代]
上映時間:8分33秒
(影絵アニメーション) 大藤伸郎
『幽霊船』 [50年代]
上映時間:10分44秒
(影絵アニメーション) 大藤伸郎
『瓜子姫とあまのじゃく』 [50年代]
上映時間:18分
(人形アニメーション) 持永只仁
『こぶとり』 [50年代]
上映時間:15分34
(人形アニメーション) 持永只仁
■その2
『プチプチアニメ~ニャッキ~』
上映時間:5分8秒
(クレイアニメ) 日本放送協会
『頭山』(長編)
上映時間:10分
(短編オリジナルアニメ) 山村浩二
『年をとった鰐』(長編)
上映時間:13分
(短編オリジナルアニメ) 山村浩二
『こまねこ』(短編)
上映時間:5'10
(クレイアニメ) 合田経郎
『クジラの跳躍』(長編)
上映時間:23分
(長編オリジナルアニメ) たむらしげる
■長編単独上映作品
『連句アニメーション「冬の日」』 長編
上映時間:100分
(長編オリジナルアニメ) 川本喜八郎
『死者の書』(長編)
上映時間:70分
(人形アニメ) 川本喜八郎


歴代受賞作品セレクション その4

『年をとった鰐』 長編
上映時間: 13分
(短編オリジナルアニメ) 山村浩二
『頭山』 長編
上映時間: 10分
(短編オリジナルアニメ) 山村浩二
『死者の書』 長編
上映時間: 70分
(人形アニメ) 川本喜八郎


歴代受賞作品セレクション その5

『BLOOD THE LAST VAMPIRE』 長編
上映時間: 48分
(長編オリジナルアニメ) 北久保弘之
『新世紀エヴァンゲリオン』 長編
上映時間: 25分
(TVアニメ) GAINAX・EVA制作委員会
『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』 長編
上映時間: 25分
(TVアニメ) 神山健治


歴代受賞作品セレクション その6

『老人と海』 長編
上映時間: 40分
(長編オリジナルアニメ) ALEXANDER PERTROV
『クジラの跳躍』 長編
上映時間: 23分
(長編オリジナルアニメ) たむらしげる
『ほしのこえ―The voices of a distant star―』 長編
上映時間: 25分
(長編オリジナルアニメ) 新海誠


長編単独上映作品

『アヴァロン』 長編
上映時間: 106分
(長編オリジナルアニメ) 押井守
『千年女優』 長編
上映時間: 90分
(長編オリジナルアニメ) 今敏
『連句アニメーション「冬の日」』 長編
上映時間: 100分
(長編オリジナルアニメ) 川本喜八郎
『東京ゴッドファーザーズ』 長編
上映時間: 91分
(長編オリジナルアニメ) 今敏
『マインド・ゲーム』 長編
上映時間: 103分
(長編オリジナル動画) 湯浅政明・ロビン西


 マジっすか。なんか夢のような、すげぇラインナップですね。上映時間は公式サイトのこのページからPDF形式の一覧へ。これ両方見比べないと要領を得ないんですよねぇ・・・。いつ行けば何を見れるのかって一番重要な情報でしょうに!
 いや、メディアアートのフェスティバルだから、凝ったサイト作りをしたいのは分かるんだけど、「ウェブ・アクセシビリティ(→首相官邸情報通信技術戦略会議HPより。)って言葉知ってますか」と小一時間問い詰めたい気分です。少なくともねぇ、「音声や画像で表示されるコンテンツには代替手段を提供すること」!! (笑)
 もちろん地方から上京する私には、見に行ける日を自分で選べる余地なんか少ないんですけど。これはすごいや。もし東京に住んでいたらほぼ毎日行きたくなりそう。
 ところで、アニメだけに絞ったもう少し詳しいタイムスケジュールどっかにありませんかねー?(笑)

→関連:メディア芸術祭関連記事

続きを読む

「三原三千夫の万国博覧会」を見てみました 

[2007/01/15] | アニメ全般な話題 | トラックバック(1) | コメント(1) | TOP ▲

 先日書いた記事「ドラマ派のアニメはもう、それだけで批判の対象? 」で、「宮崎さんの作品は、とにかく画として完成してない場合が多くて、リアルな人間ドラマとか、そんなところにばっかりいってますよね。」、「日本のアニメがそういうふうになってしまっているのは、どうしてなんでしょうかねえ。」というようなことが書いてあるらしいから読まなければ、と書いたWEBアニメスタイルの「三原三千夫の万国博覧会」をさっそく見てみました。
 改めて読んでみると、けっこう目を通してはいたんですが、後半のほうの肝心な部分を読み逃していたみたいです。商業ベースのアニメ制作にも参加しておられますが、アートアニメーション的なスタンスのアニメーターさんなんだということを改めて認識。「特別企画 - 『2005年宇宙の旅』三原三千夫」ということで、WEBアニメスタイルの中で、短編作品を一つ見ることができます。

 以下、連載の中でのオススメを少し書いておきます。

 第20回「ゴリラは憧れ」を見て、普通に絵がうまいなぁと感心しました。…と思ったら、「上下逆さまにして描きました」とか「左手で描いてます」とのことで、なかなかびっくりしました。これはクロッキーとか、かなり人体の素描を重ねた人じゃないと、こんな絵は描けないんじゃないかと思います。
 第41回「20年間もあたり前に思ってきた事も……」は、アニメ製作現場の豆知識的ですね。欧米のアニメーターと日本のアニメーターのトレス台の傾斜がまったく違うというマニアックな話ですが、

 日本は伝統的に、床に紙を置いて、正座して水分の多い岩絵の具や墨で絵を描いていた頃からの連続性で、ほとんど水平の作画机が使用されているんでしょう。戦前の写真を見ると、まったく傾斜のない机で仕事をしているように見えますから。
 片や欧米では、フレスコ画の様に壁に絵を描き、その後、油絵の具でイーゼルに、板またはカンバスを立てかけて、立って、またはイスに座って絵を描いていたので、作画机も自然に傾斜の大きな物が使われるようになったのでしょう。


・・・という考察は面白い。日本画と油絵のそういうところから来るメンタリティの違いとか、美術のほうでは研究してる人がいそうですが、同じようなことがアニメにも影響あるんでしょうか。
 第43回「アニメファンだったボクから」では、同世代の人間として、なるほどと考えさせられました。「好きだったアニメを職業にするにつれて、アニメーターとして作品を観るようになり、正直な話、観られないアニメや観たくないアニメが増えてきたんですね。」としみじみと・・・。「本来アニメーションが表現するべき作品の方向性」を、三原さんなりに考えていることがよく分かりました。

日本のアニメは実写に近いリアルな感じの動きや、ディフォルメの少ない(目の大きなキャラクターはありますが、それは顔だけで全体的なシルエットはむしろリアルな方向じゃないと成立しないみたいですね)キャラクターで、本当はアニメで表現する必要の薄いと思われる人間ドラマなんかを、得意とするわけですけど、それって本当にアニメでやらなきゃならない事なんですかね。


 やはりこの連載の白眉は、こんな問題提起を含む第47回「ショメの仕事のスゴイところ」だと思います。

ショメの仕事を見ていると、もちろんショメの天才と個性によるんですけど、欧米人と日本人の芝居と絵のディフォルメの仕方の度合いの違いに驚くんですが、この違いはなんなんでしょうか。やはり文化的なものの違いなのか、しかし、19世紀末の世界では、歌舞伎や浮世絵など日本の文化の方が、ディフォルメはヨーロッパの文化より得意だった時期もあるようなんですがね。いったい誰がそうしてしまったのか、手塚、宮崎のツートップですか、悪い人たちは。ってもちろん、ジャパニメーションが悪いんじゃなくて、ボクが嫌いなものが多いだけなんですけどね。でも、もっと「絵」として成立するべきなんじゃないですかね、アニメーションなんだし。


 これにはドラマ重視派っぽい私でも、さすがに考えさせられますね。本来アニメーションで表現するのには不向きかもしれない“人間ドラマ”を、あえてジャパニメーションは重くとりあげてきた。――しかしアニメを「あまり上等ではないメディアで、“あえて”」というようなサブカルチャー的な文脈でだけ語られるのは、普通に映像表現としてアニメーションを志しているクリエイターにとってはまったくありがたくないことのようです。「ゴミの最終処分場」という言い方がスゴいですが、「ゴミの処分場だって、おもしろい場所といえばおもしろい場所ですしね、充分に。」ということで、個人としての好き嫌いとそうでない部分はきちんと区別されている点は好感が持てます。
 アニメ史的に言えば、手塚系全盛だったアニメブームの渦中に東映系の旗手として脚光を浴びたのが宮崎駿さんでした。過去記事では、「なるほど、虫プロ系と東映系ですか!」などで書きましたが、WEBアニメスタイルの記事で言えば、アニメ様の七転八倒「虫プロブームとマイナーだった宮崎アニメ」、「宮崎駿と判官びいきのやり過ぎ」「宮崎アニメがイケていた頃」などをご参照いただけるといいと思います。
 宮崎監督が、漫画映画系から文芸志向にゆるやかに路線転換をはじめたのは『ナウシカ』以後でしょうか。好き嫌いや路線の違いはあっても、一芸に秀でればそれで良いとばかりも言えず、それなりに評価はせざるを得ない作家だと思うのですが、ここでは「悪い人」にされるとは。(笑)……ただ宮崎さん自身が、同様に手塚さんを悪く言ったこともあるので、そうやって繰り返されていくものだということなのでしょうか。
 「~万国博覧会」に話を戻して、「第44回 王の帰還って、本当に王様なんているの?」は一見アニメ業界とは関係ない『指輪物語』の話なんですが、「ボクは王様なんていらない」「脇役は泣きをみるばかり。ことさら大きなナショナリズム、やれおそろしや、おそろしや。」…このあたり、三原さんの人となり、思いのありようがなんとなく伝わってきて、面白かったです。

ドラマや、キャラクター、世界観とファンの求めるものは様々でしょうが、もう少し絵や、アニメーションの技術的なところも観てほしい。色々なアニメーションがありますから、そういう部分にも興味を持って、アニメーション作品を観てもらえたらなと、思うんです。色々なスタイルのアニメーションが、世界にはありますし、絵や人形が動く事自体がかなりオモシロイ事なんですね。


 総論で言えば、第43回でこう書いておられたとおりで、アニメにはいろんな要素があるので、幅広く関心を持ったほうがいいぞ、というのは素直に賛成できる話です。
 昔に比べれば、(こういうクリエイターの声が、私のようなぬるいマニアでも読めるようになったということだけでも、)アニメの作画への関心というのは格段に深まったんじゃないかと思います。私なんかの体感ではむしろ前の記事でも書いたとおり、“ドラマ重視”の視点なんかは、今では少数派なんじゃないかと思っている次第。

「キャラクター >>> 作画 > 世界観 > ドラマ」


・・・残念ながら最近は、こんな感じじゃないでしょうかね~?(笑)


| ランキングオンライン |

ドラマ派のアニメはもう、それだけで批判の対象? 

[2007/01/14] | アニメ全般な話題 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 WEBアニメスタイルは、特にインタビューもので面白い記事がよく載ってるのですが、宮崎駿監督関連の話題で、興味深い記事がありましたので、御紹介しておきます。

アニメの作画を語ろう:animator interview 三原三千夫(1)  『走れメロス』と『もののけ姫』

 アニメーターになったきっかけは宮崎駿ファンだったからという三原さん。(嗚呼、私と同世代・・・。)「僕らの世代は、『未来少年コナン』や『カリオストロの城』を観て、アニメファンになった人が多いと思うんですよ。」はい、そうだと思います。(『カリ城』の人気は“後からしり上がり”だったと思いますけどね。)しかし入口はそこだったけど、ユーリ・ノルシュテインなどのアート・アニメーションに早い時期に接して「自分の方向が、ある意味曲がってしまった(笑)」と仰ってます。
 これまでの大きな仕事として、1997年の『もののけ姫』を挙げているんですけど「やっぱり宮崎ファンだったんですけど、一時期かなり否定的になってしまって。画がとにかく嫌いに」なったと。キャラが「ふにゃけて」いると。

三原 あと、これも宮崎さんの批判になりますけれど、結局手塚好きだったんでしょうね。それも大きい……。
小黒 宮崎さんが、手塚治虫が好きだったという事ですか。
三原 ええ。手塚治虫を読んできた世代ですよね。だから、手塚治虫のマンガが好きかどうかは別にして、画的な面でその上に乗っかって仕事をしてる。あくまでキャラクターの画についてだけですけど。


 私と同世代でアニメ制作の第一線にいる人には、こういう意見があるんだなぁと、興味をひかれました。「宮崎さんのキャラは、どこまでいってもマンガですよね。アニメーションのキャラクターじゃないと思います。」とまで言われると、宮崎信者じゃないですが、けっこう動揺してしまいました。(笑)
 真面目な話、マンガとアニメのキャラクターの違いってなんだろう、と。
 「宮崎さんの作品は、とにかく画として完成してない場合が多くて、リアルな人間ドラマとか、そんなところにばっかりいってますよね。」、「日本のアニメがそういうふうになってしまっているのは、どうしてなんでしょうかねえ。」というようなことが、以前に連載されていたコラム「三原三千夫の万国博覧会」に書いてあったそうなので、これは見逃してたんですが今からでも読まねばならないような気がしてきました。
 “基本=ドラマ重視”で、その物語の上に、画は乗っけただけってのは手塚マンガが築いた様式だっていうのは前にも聞いたことがあった気がします。(大塚さんの本だったかな。)だけど、そのことがここまで強く批判されるというのには、少しビックリしちゃいました。
 WEBアニメスタイルは、全体的に“作画重視”っぽい感じがあって、こういうのを読むと、逆に自分がいかに「画として完成して」るかどうかがどうでもよくて、「リアルな人間ドラマとか、そんなところにばっかりいって」る人間かということを痛感します。
 なかなか見る機会が少ないんですが、アートアニメーションはアートアニメーションで、何も考えずに見るのは嫌いじゃないんですけどね。(というか、むしろ好き。)
 やっぱり私は旧式なんだなぁと。最近はもう、ドラマ重視傾向のアニメファンというのは少数派なのかもしれないですね。

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。