スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまだに総括しきれない「松本零士ブーム」の時代 

[2009/11/25] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(7) | TOP ▲

 えらく間隔が空いてしまいましたが、どうもこの間もPSB1981さんとの世代差トークはずっと頭の中に残っていて。普遍性のあるオープンな表現を保つのはあちらで引き受けてくださっているので、私のほうはそれをいいことに個人的な感懐をダダ漏れに語らせていただける。(ぉぃ

  • 松本零士への失望と西崎義展プロデューサーへの反発
  • ビジネスへの反発
  • 草の根運動
  • 底辺
  • イデオロギーへの嫌悪
  • うる星やつら(80年代)
  • マニアとオタクの差異

私は、ここから囚人022さんが青春を過ごしたあの時代の、時代精神のようなもの=なぜ松本零士ブームやアニメブームがあり、その先、ある意味、頂点にガンダムがあったのか、が読み取れるんじゃないかと思います。そして、そこに今日のオタク文化の雛形、原型を見出すことができるのではないかと思います。

 前の記事を読んで、こういう風に思われたとのことで、ちょっと話が大きいんで焦りますが(苦笑)、何かのサンプルにしていただけるのは幸いです。

 「学生運動」は私の中高生時代には、もうほとんど見られませんでしたが、そういう反動なのか「受験戦争」を勝ち抜くことだけを目指す「管理教育」は強まっており、さらにその反動で「校内暴力」が問題になっていたような時代でした。『3年B組金八先生』の時代と言えば、分かりやすいでしょうか。体育教師は竹刀をぶら下げて校内をうろついていましたね(笑)。
 ああ、そうか。私はのほほんとしていたほうなので、「夜の校舎 窓ガラス 壊して回った」りはしませんでしたが、尾崎豊と同世代というほうが、若い人にもより分かりやすいかも。「組織」への嫌悪というのは意識してましたが、イデオロギーとか高度経済成長とかは、当時はよく分かってなかったような気がします。

当時の若者は松本零士作品やあしたのジョーの、何に熱狂したのか。それはおそらくは、松本零士の戦争まんがや、あしたのジョーの中で描かれた「たった一人で、理屈じゃない闘いに挑み、そして負けてゆく男の美学」でしょう。

〈ANIMEX1300 Song Collection シリーズ〉(7)宇宙海賊キャプテンハーロック

 なるほど尾崎豊なんかも同じようなところに根ざしていたのかもしれないですね。ただ、少し繰り返しになりますが、『あしたのジョー』にしても松本零士の『宇宙海賊キャプテンハーロック』にしても、原作マンガはストレートにそれでしたが、アニメの製作者たち(出崎統だったり、りんたろう&上原正三だったり)には原作に対する批評性のようなものがあった。そこの些細な違いは、私には重要なことだったように思われます。

 機会がありましたら、『キャプテンハーロック』(TV版)はぜひ見てみてください。まったくPSB1981さんが言われるとおり、ほとんど戯画的なまでに「豊かで平和な時代に背を向けて、たった一人で理屈じゃない戦いに挑んでいく男」のストーリーです。

 あれ、今から思えば大人の事情がありありと分かるけど、アニメでは宇宙戦闘機のしょぼいメカアクション(「エアーダッシュ!」ってコマーシャルを、何故かトラウマ的に覚えている・・・)なんかを追加させられて、普通に不出来な作品だったようにも思います。ただ、マンガのほうでは(案の定)完結できなかったストーリーになんとか(?)結末を付けるなど、物語的には、苦しいなりにアニメスタッフは頑張っていたんだろうなぁ。

続きを読む
スポンサーサイト

「松本零士ブーム」から「機動戦士ガンダムの時代」へ 

[2009/11/06] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 PSB1981さんとの対話からはじまった、この記事の続きです。私のほうの発言を書くとか言いながら、あまりそうなってないですし。(笑)

 松本零士ブームって何だったのか。私だってリアル中坊だった時代のことです。前の記事で引いたようなアニメ様のように冷静な視点はないんですが、当時のぬるーいアニメファンのレベルでの実感で言うと、アニメの情報も知識もほとんどない中で、「アニメの作者」=「原作マンガの作者」というありがちな勘違いが基本的にはありました。それが第一点。

宇宙戦艦ヤマト【劇場版】 [DVD]

 あと、『宇宙戦艦ヤマト』の続編商法が余りにお粗末で、ビジネス的なやり口のあからさまだった西崎義展プロデューサーへの反発が、ヤマト以後のアニメファンのやり場のない気持ちを、松本零士への追い風にしていたということもあったかもしれません。

 私はヤマト以前から、松本零士の「戦場まんがシリーズ」が大好きな子どもでした。彼の描くメカは(「アルカディア号」をはじめ)とにかくカッコよかったんです。
 ですが、本業であるはずのまんがのほうで、読み切り短編はともかく長編シリーズは、どの作品も中途半端に完結しないのを見ていくにつれ、「・・・?」という気持ちが生じてきたことを実によく覚えています。今の人には笑われるでしょうが、アニメというのは漫画家が実際作ってるわけじゃないらしいよということを知るのは、もう少し後になってからのこと

旅立ちは描けても帰途のビジョンがない。999があんなに長旅だったのも頷けます。できることなら永遠に旅を続けていたかったはずです。あれは、覚めぬ夢の話です。いつまでも覚めぬ夢にたゆとうていたい、そのための揺りかごの話なんです。成長譚じゃないんですよ。あれはむしろ、ドラえもんやサザエさんの延長線にある。

 これはバルタザールさんからいただいた言葉ですが、全く同感です。「遠く時の環が接するところ」って殺し文句で、どこまでも無限にループしちゃう。(笑)

 松本零士という人は、今だったら世界観を作るコンセプターとか、そんな感じでしょうか。もっともそれも、同じパターンの繰り返しばかりではあるんですが、(愛憎入り混じった言い方ですけど)たしかに癖になりそうな、変な味のある作家ではありました。

 ところで、当時のことを振り返って言うのに、オッサンたる私は“「底辺」にいたぬるーいアニメファン”というようにしか自分の立場を説明できないのですが、それは若いPSB1981さんに言わせると、「底辺も何も、全部『消費者』として、ひと括りでいいのでは?」とひっかかるそうなんですね。

まあ当時はクリエイターに近いファンも多かったでしょうし、ファンも知識を競うようなところがあったので、ヒエラルキーがあったのかもしれないですが、「底辺」という響きには、単なる消費行為の中に、抵抗の物語を呼び込もうとしているようなニュアンスがあって、そこが不思議な感じがします。

もっとも、アニメ新世紀宣言とか見ると、そういう(抵抗の)物語(フィクション)としてアニメブームがあったんだなぁ、と思わせられますが。

・・・とのご指摘でほとんど間違いはないのですが。よく考えてみれば、「抵抗の物語」というものはたしかにありました。いや、あったような気がするというべきか。
 そこに物語はあったんだけど、それが(仕組まれた)フィクションに乗せられただけだったのか、敗北戦だったのかというあたりの話になるんでしょうかねぇ。w

続きを読む

むかしむかし、「松本零士ブーム」というのがありました 

[2009/11/02] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 某所でPSB1981さんとちょっと面白い対話があったので、ブログに転載しようかなーと思っていたら、思いは同じだったようなので、応答するような感じで私のほうのパートの発言を書いておきます。(すぐに書くつもりがだらだら長くなってタイミングを逸してしまい申し訳ない。)

銀河鉄道999 (劇場版) [DVD]

 PSB1981さんは私よりずっと若いんですけど、
 「子供のころ銀河鉄道999が嫌だったなー」
 「メーテル嫌い、っていうか怖いんだよ。。」
・・・ってつぶやいておられたんで、
 「テレビ版はそうでしたね。あれ、映画版と違って鉄郎が子どもだからそう感じたのかなぁ。」
・・・と合いの手を入れたら、
 「映画版は鉄郎子供じゃないんですか?」
・・・というリアクション。(!)
 劇場版『銀河鉄道999』というのは、(例えば宮崎アニメなんかと同じぐらいのレベルで)わりと誰でも見たことのあるタイトルだと思っていたので、すでに歴史のかなたに去っていっていることにびっくり。(まさに「さらば、少年の日よ。」)

 それで「あの松本零士ブームってのは何だったのか、誰か目の覚めるような解説を書いてくれないかなー」と私がぼやいたところ、PSB1981さんがリンク先の記事のようなことを書いてくださったというような流れです。

明らかに高度消費社会を前提にしなければ成立しえない当時のサブカルの中で描かれる、世の中(高度消費社会)に敗れ去る(ことを選択する)男の美学(スノビズム)と、それを消費する(プレ)オタクみたいな。

>消費社会への敗北
この辺りの感覚は、村上春樹の初期作品を読むと(頭で)理解できます。

ねじれ、というのは、そんな村上作品が、80年代においてスタイリッシュなオシャレ小説(プチインテリや都会人の自意識の受け皿)として消費されていったという点ですね。

世の中に取り残され、敗北してゆくジョーや松本マンガの中の男(の美学)が、女子供のメディアであるマンガやアニメに乗っかって、高度消費社会到来後にブームを巻き起こした、というのも同じだと思います。

 もう少し前段のところでこういうお話もあって、それで宇野常寛さんなら「安全に痛い」と表現するだろうと言われたのに、ひどく納得が行ってしまって。とぼけた感想なんですが、「エヴァンゲリオン的な読み方」ですね、と思わず言っちゃいました。
 これは文句でもなんでもなくて、長い間、「あれは一体なんだったんだろう?」と思ってきたことが、こういう読み方で「なるほど」と思えるのだから、なるほどエヴァンゲリオンはアニメの批評を進歩させたんでしょうねー。

続きを読む

『日本動画興亡史 小説手塚学校 1 テレビアニメ誕生』 

[2009/07/29] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 とても面白かったです。『鉄腕アトム』テレビ放映はついにはじまったものの、誰もが危惧していたとおり、第4話で放映に穴をあけてしまうのか!というところまでで第1巻は終わり。このブログ的には残念ながら、まだまだ富野由悠季(っていうか、「富野喜幸」)は出てきません(笑)。
 詳しく研究しておられる方には、既知のことが多いのかもしれませんが、テレビアニメとは何か(少なくとも、どういうところからはじまったのか)ということに、関心を持つ向きには非常に参考になる、とてもよくまとまった本だと思いました。

4062155559

 巻末に13ページに及ぶ脚注。私は無精者だし、見てもわかんないから、いちいち確認しませんけど、文中での描写がどういう文献に基づいてるのか明記されてます。近い過去とはいえ、いろんな立場からいろんな証言が残ってるものだけに、どの記録をベースに書かれたものかは大事なところなんでしょう。研究者の人っていうのは大変だなーと頭が下がります。(私には絶対、真似できませんよ、こんなのは。w)
 でも、この本は研究論文タッチではなく小説仕立てなので、私のような素人には読みやすくてありがたかったです。

 皆川さんの思いは「あとがきにかえて」ということで巻末に書かれています。これ自体がよいまとめにもなってますね。“手塚治虫の物語”ではなく、彼がまいた種を育て、引き継いだ人々の群像劇。彼らの姿は「手塚流リミテッド・アニメーション」を推進した作家集団として一種の学派(School)のようでもあり、その若さゆえの無軌道ぶりは学校のサークルのようでもある。そんな意味で『手塚学校』と名づけたと。(『日本動画興亡史』という大仰な副題の意味もそこでは語られていますが、この部分は2巻以降への思いでしょうね・・・。)
 だいたい手塚先生からして、すでに売れっ子漫画家として地位を築いていたとはいえ、まだ30代。なんて若い!

 虫プロ以前のアニメ(というか「漫画映画」)の状況というのは全然知らなかったので、資本をバックにした大手・東映動画のほかに戦前から続く小さなプロダクションがいくつかあったことや、意外に大きなものだったコマーシャルフィルムの需要、そして当時のテレビに『ポパイ』など輸入物の「漫画映画」が多くあったことなど、大変興味深く読ませてもらいました。
 それら輸入物の質の低さから国産の“テレビまんが”が待ち望まれていたが、生産性と採算性の壁を前に、どの会社も製作に踏み切れずにいた状況。その中で、300人以上の社員を抱える東映動画さえも手を出さないビジネスに、社員数十人の虫プロが挑んだ無謀さ!(これはプロジェクトXですな w)

 とはいえ、彼らにもまったく考えがなかったわけではなく、強いキャラクター性と高いドラマ性で観衆を引きつければ、あまり画を動かさなくても堪えられるのではないか、という(“コロンブスの卵”的な)発想の転換があり。アニメーションでは命と考えられている“動き”を、物語の道具として限定するという「手塚流リミテッド・アニメーション」の発明がそこにはあったのでした。
 すなわち彼らは、単にテレビ放送されるアニメーションを作ったのではない。アニメーションの歴史の中に<アニメ>という新たな手法を創造したんだ、ということ。

 ストーリーとカットワークさえ優れていれば、例えば目をぱちぱちと動かすだけのカットに「驚き」という意味を与えることもできる。
 当時のテレビで人気のあった輸入もののアニメは単調なパターンの繰り返しが多く、物語的な内容が薄かったという背景も。(これ、今のアニメファンには通じる話なのか、ちょっと自信が無いけど、私はよく分かる気がします。私は年寄りなので、このへんの低俗な輸入アニメというものも何となく知ってますが、若い皆さんはご存じないかもしれないですね・・・。録画からコマ送りの静止画をべたべたネット上に貼られる時代には、通じにくい話ですか?)

続きを読む

アニメ「批評」の問題は、アニメ史と切り離しては語れない気がする 

[2008/11/15] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(6) | TOP ▲

 WEBアニメスタイルでアニメ様が「アニメ様365日」という連載をはじめておられて、これが私には面白くて面白くて。驚いたことに毎日更新されていて、どうもこのタイトルからすると、1年間毎日書き続けるという決意なのかなと。内容はというと、アニメ様こと小黒祐一郎氏の個人的アニメ史とでもいうことになるようです。

『さらば』だけは特別だ。気軽に観られない理由のひとつは思春期に真剣に観た作品であるから。もうひとつは『ヤマト』シリーズに関するトラウマのためだ。トラウマについては同年輩の人間でないと理解できないかもしれない。

 以前から「近い世代かも・・・」という印象はあったのですが、「俺達が、あの時に劇場で流した涙はなんだったんだ」にあまりに共感(笑)してしまったので確認したら、やっぱり同い年ですね。

 WEBアニメスタイルって、アニメのクリエーターのインサイド寄りって印象があったんだけど、この頃アニメ史的な内容が多くなってる気がして、私にはなかなか嬉しいです。
 それで、ちょっと最近ネットで読んだ中で思ったことを書いておきたくなりました。

ぼくの考えでは、アニメ批評がいまなぜ低調かといえば、知識があるひとがいないとか情熱があるひとがいないとか以前に、そもそもアニメ批評は、読者の(読者の、です。書き手の、ではありません)質があまりに悪すぎて、いま批評を志す人間にとってコストが高いわりにリターンが少ないからです。

 具体的には「一生懸命なにか考えて書いても、ちょっとした名前のミスとかなんとかで鬼の首でも取ったように非難する、そしてそれを「見識」だとカンチガイしている読者が多すぎる」ということだそうで、世の中が“データベース”的になってるということを書いてた頭のいい人の頭脳が、けっしてデータベース的ではないらしいということを知って、けっこう共感(?)したりしました。

 「大人向け、すなわちアニメに関するリテラシーを相当に有するマニア向け」に創刊されたとおぼしき『アニメージュ オリジナル』というアニメ誌に関して、先の東さんのつぶやきにも言及しているこの記事の中で、津堅信之さんみたいな人が自分を中途半端な「アニメ・ウオッチャー」だとおっしゃるのには驚きました。

 すなわち、アニメを本質的に捉えようとしているのか、アニメ批評の本来形を示唆しているのか、マニアたちの渇望に応えているのか、新たなファン層を発掘しようと啓蒙しているのか、そのあたりの「落ち」である。
 正直なところ、私はたぶんついていけない。その私はといえば、文字通り半端モノであって、こういう雑誌の編集に関われる生粋のファン、ライターの知人は複数いるのだが、その人たちからは、「お前は、アニメーションのことは知っているが、アニメのことは知らない」と、お叱りを受けているのだ。
 その意味では、作品の完成形に至るまでの、単なる「メモ」「原材料」でしかない絵コンテやレイアウト、原画類の存在価値と読解能力をここまで求められるアニメというのは、他の芸術・芸能分野と比較して、著しく特異的といえるのかもしれない。

 この人もやはり同世代と言っていいと思うんですけど、「作画解説にあたって原画をひもとき、絵コンテやレイアウトの重要性を強調するなど、これは疑いなく1970年代にアニメに開眼し、ひいては80年代にそのことにこだわった「オールド・ファン」の視点」というような、歴史観を下敷きにした考察に、私はもの凄く説得力を感じるんですよ。

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。