スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロボットアニメ雑感(“あり得なさ”と“本物っぽさ”) 

[2007/04/12] | 随想系 | トラックバック(1) | コメント(4) | TOP ▲

 今日は雑感を少し書いてみます。押井守監督の作品は『ビューティフルドリーマー』以来、あまり見ていなかったのですが、今回、『機動警察パトレイバー the Movie』を見てみたら、面白かったという話から。

 “面白い”ということから言えば、宮崎アニメも面白いですけど、アニメとしての出来はいいんだろうなと思いながら、なぜか私はあまり感想を書く気にならないんですね。私はいわゆる“イカモノ食い”なのかもしれません。
 個人的な好みの話を続けてしまうと、『パトレイバー』の画面は“絵”として美しいと感じたんですが、私がパトレイバーの“アニメ的な動きの面白さ”で思い出すのは、もっぱらロボットバトルのシーンだったりします。(これを“レイアウト主義”と“絵コンテ主義”と言うのかどうかはよく分かりませんが。)

 ところで私は押井さんが、アニメの“本物っぽさ”にこだわるようなところがあることを、不思議なものに感じてしまう人です。なにしろ『マジンガーZ』以来の、年季の入ったロボットアニメファンですので、これはあるいは世代のせいなのかもしれません。が、“巨大ロボット”という“あり得ない”ものが画面狭しと活躍する“ロボットアニメ”は、私だけではなく一定のファンも多いようで、一つのジャンルのようになっています。
 そもそも“あり得ない”対象を描いているロボットものの魅力を“娯楽性”と言ってしまっていいのか、そこもまだよく分かりません。ただ、それと“本物っぽさ”を並立させるという不思議な課題に対し、アニメが意識的に取り組み始めたのは、やっぱり『ガンダム』以来ってことになるんでしょうかね。

 何だか話があっちへ行ったりこっちへ行ったりしますが、“あり得ないもの”を含めながら“本物っぽい”世界観を成立させるには、作品全体が“デフォルメされたものにならざるを得ないのは必定だと私は思うんですね。
 最近の作品を例に挙げて言うと、(ロボットものではありませんが)高橋監督の『いろはにほへと』では、オカルト的な存在である“覇者の首”という“あり得ない”ものが投入されることで、地味になりがちな歴史物が活き活きとした画面になりかけていたと思うのです。それだけに、物語の後半に来て、それが浮いて見えてしまっていたとすれば、それはオカルトが行き過ぎたのではなくて、それを支える(キャラクターを含めた)物語全体のデフォルメされた描写力が付いていけなかったからなのではないかと思うのですが、どうでしょうか。
 別の例で言うと、谷口監督の『コードギアス』が対照的に後半に行くに従って(私にとって)面白くなってきたのは、ロボット同士の戦いなんか、ある意味そっちのけの勢いで、登場人物の心理も行動もデフォルメされたドラマを描き出したからかな、と思っています。あのぐらいぶっ飛んだ物語になってくると、ガウェインぐらいの“あり得ない”スーパーロボが出てくるぐらいで、実はちょうどいい感じなんですね、私の場合。

 それで、これらの現在進行形の作品と並行して、私は富野監督の過去作である『ダンバイン』を見ていたわけなんですが、幸いにして、ほとんど何の先入観も持たずに見ることができたので、時代を超えて、ほぼ横並びのものとして見ることができたんじゃないかと思っています。(まあ週に1話ずつ見るのと、6話まとめてみるのでは、物語が展開するスピード感も違ってしまうという差異はあるんですけど。)
 私は作画にはほとんどこだわりがない人なので、そうした目で見ると、『ダンバイン』はこれらの作品と比肩してもまったく見劣りしない面白い作品でした。以前にも書いたとおり、私は“バイストンウェルもの”に妙な偏見を持っちゃっていたんですが、『ダンバイン』は私の大好きな『イデオン』から『ブレンパワード』までの間に、ごく普通に位置を占めると考えられる、非ガンダムの富野作品らしい良作でした。

 さらにまとまりなく話は暴走しますが、『ダンバイン』と『イデオン』では、どちらにも人の精神を拠りどころにした“あり得ない”エネルギー(“オーラ力”と“イデ”)が出てきます。
 『イデオン』ではソロシップの側だけにイデの力があったのに対し、『ダンバイン』では彼我ともにオーラ力で戦っていました。そしてむしろ『ダンバイン』では、敵側が後先構わずに“あり得ない”力をふるっていたのに対し、シーラ・ラパーナやショウ・ザマは、その力の暴走を如何に抑えるかということに腐心していたことは、興味深い対照ではないかと思われました。

 こう、うだうだと書き連ねてきて、やっと自分が何を思っているのか少し分かったような気がするんですが、私はどうやら、現実には“あり得ない”ものを、まるで実在するものででもあるかのように感じさせてくれる“アニメ”の(特別な?)表現力というものが好きなようです。
 “ロボットアニメ”というのは、それが極端なかたちで表れているから、格別に私の嗜好にあうのかもしれません。ただ、頭でではなく、体感的にその感覚を与えるためには、設定やSF考証の緻密さよりも、作品全体を貫く表現の、バランス感覚とテクニックが必要だと思うのです。
 イデオンの“イデ”の力というのは、頭で考えていくと“トンデモ”に類すものなのかもしれませんが、“全長100mを超える巨大ロボット”が否応なく存在してしまう物語の世界には、そのぐらいの超エネルギーが存在しているほうが、感覚として“自然”なんだと思うんですよ。

続きを読む
スポンサーサイト

幕末機関説いろはにほへと 最終話「海の向うへ」  

[2007/04/07] | 感想系 | トラックバック(1) | コメント(0) | TOP ▲

 さてさて、『幕末機関説 いろはにほへと』最終話の感想メモでありんす。(笑)

 冒頭、なんと太夫が生きていました。「よかったぁ~」・・・うむうむ、そこはまあ確かに。なんだかアレで死んじゃったんじゃ、ただ哀れすぎる。

 だけど、「どういうことなんだよ、先生、・・・なぁ!どういうことなんだよ、先生!」ってことで、どっと本筋へ突入。んー、これで一座のメンバーは、本筋への介入なしになっちゃいますか。せっかく蝦夷くんだりにまで全員集合したのになぁ。なんだか残念!

 「女一人斬れぬとは。それで刺客を名乗るとは、笑止千万。」
 ジャンルダルクの扮装が、秋月の一太刀ごとに切り離されていって、ぜぇーんぜん、「一刀のもとに斬り捨て」てないんですが、秋月さん。(武士に二言もへったくれもないゼ。)でも、そうやって座長が少しずつ“首”の呪縛から解かれていく描写を、分かりやすく視覚化してみせるやり方は悪くなかったという気が。(でも、でも座長、ちょっと弱すぎんか。)

 「己から、怨霊と成り果てたか、茨木蒼鉄!」
 そんなわけで、やはりラスボスはこの人しかない。蒼鉄の刀が薙刀モードになったのは、さすが殺陣としては、ちょっといい感じだったんじゃないでしょうか。ただ座長の支配を失ったら、それだけで“首”が榎本から追い出されちゃったり、弱くなっちゃったような気がするのは「はてな?」でした。

 蒼鉄センセイの行動は“血の宿命”ってことで。“宿命”が好きだな、この話は。それで“己自身の力で国家と、世界と向き合っていたあの男”への賛歌に持っていくんですね。(ふーむ・・・。)

 「全ては胡蝶の夢。茨木蒼鉄が大芝居、これにて幕なり。」
 この作品、後半に入ってから、史実のほうに引っぱられたせいなのか、ちょっと話の捻りがなくなりましたが、それもこれも全部まとめて“大芝居”とくくってしまうと、(映像的にも)きれいな幕引きで、それはそれで良かったかな。

 「遊山赫之丈は役者としての名、私の本当の名は・・・」
 「今度聞こう」
 秋月、お前は最後までそれかよ!ここ、今回一番ウケちゃいました!(笑)

 そんなこんなで、・・・贅沢に主人公中心の“本筋”一直線の最終話でした。無敵かと思われた“首”の封印も、“なんだ、それでいいのか”という感じで。
 たぶん、悪くない最終回だったんですけどね。個性的なキャラクターの配置と描写のスタイルが、作品の前半で特に面白かったので、期待が過大に膨れ上がってしまって、まっとうな幕引きのやり方に、少し欲求不満が残ってしまったというのが正直なところです。
 横浜で始まった物語の、最後も横浜から世界へ向かって船出で終了。・・・正攻法だなぁ。私なんて、超古臭いアニメファンのはずだと思っていたんですが、今どき、こうまともだと何か物足りない気がしてしまったのは、自分でも意外な感想でした。


| ランキングオンライン |

幕末機関説いろはにほへと 第25話「五稜郭浮上す」  

[2007/03/31] | 感想系 | トラックバック(1) | コメント(0) | TOP ▲

 『幕末機関説 いろはにほへと』第25話の感想メモです。いよいよラス前ですね。いろいろ謎だった部分が、次々と明らかに、・・・。

 秋月vs神無の決着。少しく工夫はされていましたが、それでも意外とあっさり。・・・神無の死に方は、ああいうふうなものでしたか。

 太夫の最期は、可哀そうだったなぁ。

 「あの烏合の衆が、どうやって愛すべき美しい国家を作ると言うのだ。」
 「かつて似たような言葉を口にされた御仁が一人。戯作者にもならず、客にもならず、自ら立った舞台を自ら壊し、飛び出して、さらなる大舞台に立つと。」
 「坂本龍馬か、フン!それでこの芝居を作ったと?」
 ・・・ブリュネにでもパッと通じる話が、いまいち私には、すっと理解できないのが悔しいなぁ。

 「おひさしゅうおじゃりまする、わこ。かの奇兵隊を誕生せしめた後、その頭たる高杉晋作を倒して消え失せた“首”を、よくぞまた」
 坂本龍馬、高杉晋作、・・・この物語の始まる前の戯作者センセイの動きが肝心なところのようですが、そこの謎解きは、最終回へ持ち越し。

 「かつて、吾らが高麗の里に、身寄りのないあまたの幼子が集められた。すべては・・・」「月涙刀、陰の大太刀の使い手、すなわち新たな“永遠の刺客”となるべき宿命を負うたものを探すためでした」「そして、その大太刀自ら、一人の子どもを選んだ。それが・・・」「耀次郎でした。それで後の子どもたちは全て里子に出し、その後の消息も敢えて追いませなんだ」「じゃが、その中に、もう一振りの月涙刀、陽の小太刃の使い手となるべきものもおったとは・・・」
 あれ、それだけで終わり?もっと一癖ある展開を期待してたんだけど、・・・

 「かのもの、再び相まみえし時あらば、一刀のもとに切り捨てる所存にて候」
 ・・・何せ、次回ですね。うーむ。

 「座長・・・。」
 やっぱりこれだけ個性のある役者を揃えたら、もっと活躍させてくれないと、納得いかないですよ。

 今回一番よかったのは、「飛び切りいい女が・・・」ってお駒の見得の切り方かなぁ。あと、“いかにも時代劇”な音楽の使い方も好きでした。

 お駒が蝦夷にいたってことは、聖天さま、何か“首”を倒すための秘策を秋月に伝えてくれたのかなぁ。どうするんだろう、ますます無敵モードの“覇者の首”。今回、いろんな謎を明かすやり口が意外とあっさりしていたので、次回最終回は、鬼が出るか蛇が出るか、と思っているのですが・・・。


| ランキングオンライン |

幕末機関説いろはにほへと 第24話「色は匂へど」  

[2007/03/24] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 『幕末機関説いろはにほへと』第24話の感想メモです。ずいぶん焦らされましたが、ついに“ラストアクション来たぞ!”って感じです。でも、思ったより捻りがなく、まともに入ってちゃいましたけど、どう展開するんだろう、今回を入れてあと三話。

 今回は、主役を食っちゃう存在感のキャラだった土方さんの退場が話の主軸。「その思い、俺に預けて欲しい」とか秋月に言っていたわりに、二人で共闘することがないまま終わったのが残念でした。「荒事の似合う歌舞伎ものが一人欲しい」ということで、話の中軸に位置してきたはずの土方さんでしたが、神無との対決で物語の舞台から去っていったのは、意外とあっけなかったような気がしました。
 広い北海道の大地が舞台では、第8話のときみたいなアクロバティックな殺陣も演じられないし、仕方ないんだけど、次回、秋月v.s.神無の“決着”は、どう見せ場を作る気なんだろうか。

 「同じだ、10年前と同じだ・・・。」赫乃丈一座の面々が座長の姿勢に疑問を感じ始めたのが、どうにか話に絡んできてくれると嬉しいんですけどね。もちろん琴波太夫も出てきて、壮絶な大芝居になって欲しいとぜひ。

 第24話タイトルが「色は匂へど」だったのは、作品タイトル「いろはにほへと」との関係で重要なのかと思ったんですが、今ひとつ、そのへんが見えてきませんでした。この作品には“普通以上”を期待して見てきたんで、最後は過激に盛り上がって欲しいですね。


| ランキングオンライン |

幕末機関説いろはにほへと 第23話「函館はあかく」  

[2007/03/19] | 感想系 | トラックバック(1) | コメント(0) | TOP ▲

 GyaOが重くてなかなか映らないのは私だけですか?ようやくにして見ることのできた『幕末機関説 いろはにほへと』第23話の感想メモです。
 前回のラスト近くで“チーム神無”(笑)こと英国特殊部隊が一瞬だけ映ったときは、「やっとこいつらが出てきてくれた、これでこいつらが物語を引っ掻き回してくれる!」と期待したんですが・・・。

 あけてビックリ、Oh, My God!!

 今回はなんとも、えぐい話でしたね~。榎本への疑惑を深める土方に、ついに“覇者の首”の秘密が明かされる。そこへ最後の意地をかけて乱入してくる英国特殊部隊、・・・なんだけど。

 おっぱいの大きなメガネっ子“クイーン”は隠れ妹属性付きだったんですが、それがなんと神無のマザコンを癒す役割を果たすとはねぇ。ご丁寧に、そういうステップを踏んでおいて、神無のトラウマを操り、彼自身の手で彼女を殺めさせる。今さらながら、邪悪だなぁ、“覇者の首”!

 それにしても、英国特殊部隊は空しい散り際でした。せめてもう少し、見せ場を作ってやれなかったものか。怪しいからくり仕掛けで一気に地上に出たら、そこにはジャンヌ・ダルクに扮した赫乃丈が失意の神無を待ち構えている・・・なんて言ったら、まさかこれも戯作者の手の内にあったことなのかと、土方じゃなくても冷や汗が出ます。

 で、この物語の主役って、誰でしたっけ?(笑)
 今回、秋月のセリフは気合だけでしたか?

 いい加減、ケレン味あふれるキャラクターたちが縦横に入り乱れる展開が見たくてうずうずしています。(まるで、なかなか繋がらないGyaOみたいじゃないか!)
 次回タイトルは「色は匂へど」ってことで、これはもしや今まで意味不明だった作品名「いろはにほへと」に通じる重要なエピソードってことか?次こそ期待!

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。