スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主はなくともカウンターは廻る・・・80万アクセス御礼 

[2010/07/13] | ブログ日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 ご無沙汰いたしております。いつの間にかカウンターが80万を超えてましたので、「お礼申し上げる記事ぐらいは書かなくては」と、久しぶりにブログの編集画面を開いてみました。

  • 前回、75万アクセスの記事を書いたのは、2月末でありましたか。約4ヶ月で、5万アクセス。この間の更新の少なさを考えると、申し訳ないぐらいです。
  • 流行り(?)のツイッターで一生懸命つぶやいているのかというと、そういうわけでもなく。たまにブクマすると連携してツイートしてるだけなんですが、なぜかフォローしてくれる人はいるんですねぇ。
  • 毎年、3月~5月あたりがめちゃくちゃな繁忙期なのはいつものことなのですが、4月以来、仕事の担当が大きく変わって、これまでやったことのないような業務を割り振られ、おまけに4人のチーム態勢の一人が欠員状態で3ヶ月。この7月にようやく新人が補充されましたが、この間よくしのげたなぁと自分たちであきれるぐらいでした。
  • こういう状態でしたので、アニメなども全然見ておらず。せいぜいネットで配信されていた『鋼の錬金術師』ぐらいでしたかねぇ。今日、ついに最終回を見ることが出来ましたが、なかなか面白かったです。
  • 実は「TSUTAYAの会員証の更新期限が来てますよ」というお知らせがありまして、無理すれば行けなくもなかったんですけど、どうも意欲が出ない間にそのままに。けっこうポイント貯まってたはずなんですけど、まあ仕方がないですねぇ。そして、そういうのがあると、ますます改めて借りに行くのが億劫になっちゃうんですよねぇ。
続きを読む
スポンサーサイト

75万ヒット御礼。その他あれこれ 

[2010/02/23] | ブログ日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 久しくブログを更新しておりませんでした。言い訳はしないでおきましょう。何と言うか・・・疲れてます。それだけ。

 全然記事を書かずにいる間も、かれこれ4年以上書き綴った駄文のあれこれを読みに来てくださる皆さんのおかげでカウンターは回り続け(まあ10日以上前ですが)75万アクセスを超えましたので、節目のお礼を申し上げねば、というところであります。

リーンの翼 COMPLETE [DVD]

『リーンの翼 COMPLETE』

 近況・・・と言いますか、富野監督のあの意欲作が、とてもリーズナブルな価格でコレクションできてしまう『リーンの翼 COMPLETE』は非常に好調な売れ行きのようで、大変嬉しい限りです。
 私もさっそく購入し、時間の空いたときには何度も見ています。私はコレクターというタイプではないんですけど、レンタルではこの「時間が空いたときに何度も」・・・というやつができないんですよねー。
 そう言いながら、そうそう何度でも見たい作品なんてのもあるわけじゃないんですが、この『リーンの翼』はなかなかどうして見飽きない。実にいい作品だなーと思います。

 この作品は2006年の富野監督のお誕生日に、バンダイチャンネルで一挙無料配信という素晴らしいイベントがあったときに初めて全部見たんですが、そのときから

「エレボス!ワーラーカーレーンへ帰るぞ!」

・・・というクライマックスのシーンでは涙がブワッとあふれてきちゃうんですね。あれは漠然と見ていただけでは分からないような作りになっている。
 ただ、今は3月末に出版される新装小説版『リーンの翼』を読むことを一番の楽しみにして待っているところなので、アニメ版を何度も見ておくべきなのか、逆に少し忘れるようにしておくべきなのか、ちょっと考え中・・・。

「富野アニメの不思議力は、何故かいつも思うに任せない」

 『リーンの翼』を見ていると、富野アニメの魅力がぎゅっと詰まってると思うのです。なので、近ごろちょっと思ったのが、このこと。
 オリハルコン(トリトン)、ムートロン(ライディーン)、ニュータイプ(ガンダム)、イデ(イデオン)、オーラ力(ダンバイン)、・・・。物語の世界観を作り出すのに便利なアイテムとしての不思議な力のあれこれなんですが、何故かいつも思うに任せないことが多いんじゃないかと。
 そして実在のエネルギーとしての核兵器もそんな感じ。
 オカルトな人なのか、科学的なのかということなんだけど。要は真面目なんだよね・・・。
 こういう話題はTOMMYさんなんかのほうが、きっと面白く書けるんじゃないかと思ったり。

マイマイ新子と千年の魔法 オリジナル・サウンドトラック

「マイマイ新子と千年の魔法」が横浜で上映中なんだそうだ!

 情報が遅れてしまいました。これだからもう・・・。

「コ・・・コスモ・・・。俺たちは・・・やることがすべて遅すぎたのかもしれん。」

 ともかく、この作品はチャンスがあるときに映画館で見とくべき。(今の調子ではDVD化されないかもしれないという話。)上質の作品なので、絶対にオススメ。

 私の感想はこちらです。

続きを読む

70万ヒット御礼と、コミュニケーションコスト云々の話 

[2009/10/03] | ブログ日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | TOP ▲

 このブログに設置してありますカウンターの数字が70万を超えました。先月の記事数が最低記録更新の4回というタイミングでこういう節目が来るというのも、何とも間が悪いのですが、仕方ないですね。(苦笑)
 もっとも、前回65万ヒットのお礼を申し上げてから約3ヶ月でありまして、60万から65万が4ヶ月かかったのから見れば、少しは元のペースに戻ったという意外な結果です。

サマーウォーズ完全設定資料集

 この間に多くアクセスをいただいた記事は、「サマーウォーズ問題」ってどんな問題なんだろう?(8/21)ぐらいでした。はてなブックマークで取り上げていただいたり、ニュースサイトにリンクいただいたりしたおかげであります。
 考えてみるとちょうど1年前に押井守監督の「スカイ・クロラ」も公開初日に見に行って、これも多くの人に読んでいただけましたから、要は旬な映画をいち早く見に行って感想を書いただけじゃないかという話もないではなく。
 ただ、押井監督の「スカイ・クロラ」より、今度の細田守監督の「サマー・ウォーズ」は、“応援”したいという気持ちが少し多めだったんで、見てきた直後の感想ではそういうフィルターがかかってたんですが、やっぱり気になったことには(おぼつかないなりにも)触れてみたほうがいいということなんでしょうね。

 9月には、富野由悠季監督のショートフィルム『リング・オブ・ガンダム』がGyaOで配信されたので、これこそ全力で応援したいと思って、「毎日観ましょう!」、「みんなで観ましょう!」、「何度でも観ましょう!」と(少ししつこく)書いてみたんですが、どうも手ごたえは今ひとつでした。
 想像力を刺激される短編で、物語面や演出面では見事な作品だと私は確信しているんですが、まあ正直に気になったことといえば、皆さんそうでしょうけど人物のCGですね。ただあれは、(実在のタレントをモデルとすることとか)製作の“条件”みたいなものが何かあったのかなと個人的には思ってます。

 このブログも書き始めて5年目になるんですが、最初はただ好きなアニメのこととかを漠然と書いていくつもりでした。それで昔好きだったガンダムのこととかを書いているうちに、自分が好きなのは『ガンダム』じゃなくて富野由悠季という人の作る作品だということがだんだん自分で分かってきて。
 それまではむしろ食わず嫌いだった富野監督の小説なんかも読んでみたりするようになってきて、どんどん“富野スキー”の道へと入り込んでいったというような経過があります。

海のトリトン コンプリートBOX [DVD]

 念願だった『海のトリトン』のDVDボックスも入手しまして、その感想なんかもぼちぼちと書いていきたいと思っていたりもするんですが、どうも根っから好きで書いていると、むしろ富野作品について触れた記事はあまり注目してもらえないというところがあるんですよね。
 それでも自分が書きたいことを書いているブログなんだから、読者が多かろうが少なかろうがかまわないと言っちゃえばそれまでなんですが。
 とにかく思いを伝えることができないのは、自分の力不足なんだろうなぁと思うと、少し哀しくなります。

正直に言うと、すべての観察対象(とコミュニケーション対象)をエネルギー全開の解像度でまなざし続けたら、僕は廃人になってしまうと思います。美術館で疲労困憊するようなノリで日常生活を過ごせば、間違いなく神経衰弱に陥るでしょう。

 それはそれとして、シロクマ先生の上記の記事は、インターネット上でのコミュニケーションコストについてのお話だったんですが、これを読んだときに私が思ったのは、アニメを観るのなんかでも同じだなということでした。何でもかんでも観るもの全てをエネルギー全開で観ていたら、へとへとになってしまいます。

 このところ、それは何となく思っていたことではあって、例えば『バスカッシュ!』とか、『真マジンガー 衝撃!Z編』とか、このへんの現在進行形のロボットアニメもフォローだけはしているんですが、感想を書いていく気力がなかったんで、ただ観てたんですね。

続きを読む

65万ヒット御礼申し上げます 

[2009/07/04] | ブログ日記 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 このブログに設置してありますアクセスカウンターの数字が65万を超えました。6月の更新も月間最低記録タイの5回だけ(最低記録を更新したのは4月・・・)っていう低空飛行を継続中で、これまでだいたい3ヶ月に5万ヒットというペースを維持してきたんですけど、前回60万ヒットのご報告から約4ヶ月かかっての節目報告になっております。

 この間にちょっとアクセスの多かった記事というと一つしかありません。

たかが『感想』なんていうな!
『感想』は実は難しいんだよ!!

 難しさを骨身にしみて味わい続けている今日この頃です。(笑)

 特に今は『Zガンダム』のテレビ版を見直しているのでなおさら。

 あ、仕事の超忙しいモードは、ようやくひと段落しました。もう死ぬかと(苦笑)。
 それで『Zガンダム』の最終巻を何度か見直していて・・・なんかいきなり、矢も盾もたまらず衝動的に『星の鼓動は愛』を見てしまいました。

機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛-

 テレビ版の感想を真摯に書くんだって宣言してたのにねぇ。 ^^;

 その話を書き出すと、最終巻の感想が書けなくなっちゃうので、あんまり触れずにおきますが、やっぱりトラウマなのかなぁ。

 その代わりにトラウマ話のついでといっては何だけど、新劇場版ヱヴァンゲリヲン祭りにイマイチ乗れない自分というのを考えていて、どうもその、『新世紀エヴァンゲリオン』という作品自体にそもそもあまりハマれていなかったからなんだろうと。
 それはどういうことかというと、私は人生で一番多感な時期に、『伝説巨神イデオン』のあの発動篇を直撃で食らっちゃっているんですよ。これはもう、絶対的なアニメ体験になっちゃっているんで。(あくまで個人的な話ですが。)

 ただ、「この体験を超えるものは絶対にないだろう」という確信を揺るがしたのは、『ブレンパワード』だけでした。(『∀ガンダム』よりブレンなんです。個人的に。・・・説明不能ですが。)

 だからエヴァの新劇場版がブレンぐらいにヴィヴィッドな展開をここから示してくれるなら話は別ですけど、とてもじゃないが結末まで見ないことには手放しで褒めるなんて無茶はできないんです。断然、保留。

 まあ、それはともかく。発動篇は「禁じ手」を使っちゃったという言い方があるんですけど、あれは一生懸命やってたらああなっちゃったと思うので、受け止めようはあったんです。
 だけど『Z』のテレビ版の結末も禁じ手だったんじゃ?・・・それも半ばは意図した禁じ手。そういうものは受け止めきれない。

 受けずにそのまま流すのは、どうもねぇ。

 考えてみれば、『Zガンダム』をもう一回見ても大丈夫じゃないかって思えたのは劇場版の新訳Zがあったからこそなんで。『星の鼓動は愛』を見ずにはいられなくなったのも、そんなに否定することじゃないのかもしれません。

 まるきり個人的な話に終始してしまって申し訳ありません。
 更新ペースは思うように上がらないかもしれないですけど、ぼそぼそと感想を書き続けていきたいと思いますんで、よろしかったら引き続きお付き合いくださいませ。

60万ヒットありがとうございます & キングゲイナーの話を少しだけ 

[2009/03/08] | ブログ日記 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 えーと。(汗

 このブログに設置してありますカウンターのアクセス数が、60万ヒットを超えました。このところの低調ぶりにもかかわらず、それでも日々カウンターは回っていっているのだなーと。ちょっとプレッシャーを感じたりもします。w

 つい先日、“2月の月間エントリー数が「9」というのは、このブログを書き始めて以来最小、初めての一桁”でした、ゴメンなさいという記事(3/1)で、そのへんのたまってるものを吐き出したばっかりなので、今日はあんまりそういう話で書けることもなかったり。

 ちょっとぼやぼやしていましたら、いつからかなぁ?はてなにユーザーの「プロフィール」みたいなページができてました。

自分ではブックマーカーのつもりではないのですよ。w

 放置状態のはてダの自己紹介のままではいかにもまずかったので、あわてて書き直しましたが、さて何を書こうかと考えて、・・・自嘲の言葉ぐらいしか出てきませんでした。orz

 しかし、こうやってみると、はてなのサービスいろいろ手を出してますねー。ちょっとやり過ぎかも。ブックマーカーじゃないやい、と強がってみましたが、囚人022のはてブのブクマ数は既に9,000以上。やがて10,000の大台に乗っちゃうじゃないですか、この勢いでは。w
 以前にはときどきメンテナンス(整理)していたんですけど、最近は増えすぎて手に負えなくなってるし。RSSリーダーのほうはLivedoorリーダーに乗り換えちゃったので、はてなのほうは放置になってますけど、そっちもちょっと購読数が増えすぎ。インプットが多いわりにアウトプットが増えるわけではないっていうのは、考える時間が足りていないんでしょうねぇ・・・。

 この間、子犬さんが自分ははてなが好きじゃないと言っておられましたが、耳が痛かったです。
 はてなって、はてブもそうだし、はてスタもそうだけど、アクセス数やコメントだけじゃなくて読者のリアクションが可視化されやすくて、それはもう素朴に「嬉しい」と感じてしまうんですよね。
 特にたくさんブクマされると、アクセス数も目に見えて増えるし、そうするとはてな界隈で注目されている話題に食いつく記事を書きたくなるんだと思います。普通にブログやってても、時事ネタのほうが受けがいいなんてのは、みんな何となく意識するでもなく意識しちゃうことだと思うんですけど、はてなの場合はそこがすごく顕著で。ちょっとたちが悪いのは、それが誰でも見れるネット空間の中の出来事なんだけど、はてなユーザーの間だけで閉じたコミュニケーション(くねくね)になっていっちゃうところがあるもんだから、外部から見ていると「なんのこっちゃ」になっていても全然気が付かない。

 ただ、こういうのは例えば、富野監督の熱烈なファンの間でばかりコミュニケーションしていると、はたから見れば同様に「なんのこっちゃ」だったりもするから、気をつけなければならないんですけど、考え込みすぎちゃうと何も言葉が出てこなくなっちゃうし。難しいですよね。

 はてブの話に戻すと、それを個人的な“ネタ帖”的なものと考えている限りでは、ブログ本体のほうではなくて、ブックマークのほうが人気があり、ブロガーというよりブックマーカーとして認知されているというのは、不本意なことだと思います。で、正直、ちょっとは不本意なんですが(笑)、でもまあ、何も人気ないよりこれはこれでいいかなーと。
 はてなブックマークは、かなり機能化された個人ニュースサイトのようなものだという考え方に馴染んできたというか、ネタの備忘録というだけじゃなく、自分が「これは」と思った記事を皆さんに紹介したいという気持ちも近ごろはあるような気がしています。

 今、イチオシの記事はこれですね。『キングゲイナー』という作品に感じた違和感について、考え直す重要な新知見が多数あると思いました。“富野信者”の外からの真面目な視点って(それが貴重なものになってしまっているのが残念ですが、)たいへんありがたいです。
 ただ、ブログ的には即時タイムリーに反応すべきなのかもしれないけど、もう一度見直してじっくり考えてみたいという、最近はそういう感じです。

 この記事の中で、グダちんさんが『∀ガンダム』について、富野監督がシナリオを絵コンテ段階で軌道修正しているということを書いておられますけど、『キングゲイナー』は『∀ガンダム』以上に、ストーリーラインで追っていくのと、アニメとして表現されたものの印象が乖離していたのではないかという、今思い出して考えてみると、そういう仮説のようなものが今の私にはあるんですが、それはもう一回見直してみないとハッキリしたことは言えません。
 それと、「事態は今なお進行中」と言っておられるとおりだと思うんで、実社会の話と重ねて考察するのは、非常に興味深いんですが、どうもなかなか難しい。歴史化された過去ではなくて、まさに現在進行形の問題だからなんでしょうかね。

 話があっち行ったりこっち行ったりしますが、はてなの「くねくね」したところについて、厭だなと思うことを書いたわけなんですけど、でも私はやっぱりはてなが提供してくれるコミュニケーションもありがたいなと思うほうです。
 先日の「更新が少なくてスミマセン」という記事に、全く思ってもみなかったことでしたが、いくつか“はてなスター”をもらったのは、ちょっと驚いて涙が出そうになっちゃいました。
 それにつけてもpsb1981さんの言われた「身の丈に合わない物語」というのは至言だなぁと。作品の解釈の話だけでなく、自分の身にひきつけて考えることができる問題提起というものは、読み応えがあるものです。『Z』のテレビ版を見てるから今の私はこんななのかもしれませんけど(笑)、あまり思いつめずにやっていきたいと思いますので、皆様よろしくお付き合いくださいませ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。