私個人にとっての「普遍的」価値 

[2007/09/08] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 のっけの表題から、言葉の意味に厳密な方が読んだらひっくり返りそうな、矛盾そのものの言葉を使っちゃいましたよ。w

→ 「普遍的影響力」と「普遍的価値」

 この記事に、またたくさん勉強になるコメントを寄せていただいて、本当にありがとうございます。・・・なるほど、身に付かない難しげな言葉をうっかり出してしまうと、予期せず“哲学・思想的な話”になっていってしまいますね。身近な疑問が哲学的なものに繋がっていくというのは、自分の勉強の機会としては嬉しいんですが、ただ、このブログの常連の皆さんでないと、ここの管理人たる私が、こうも“学のない”人間だとはご存じないので、ぱっと来てはじめて読まれた人にはいろんな誤解を与える可能性はありますね。気をつけます、ハイ。

 私の哲学・思想の知識などというのは、高校生のとき(何十年前だよ、ヲイ!)の「倫理社会」の教科書からそれほど進んではいません。ローティとか、アレントとか、このブログを書いている中で、皆さんにご教示いただいて、懸命に読んでおりますが、全然読み進められないし。ほんとに基礎学力がないというのは情けないことです。

 私が「普遍的影響力」とか粗雑な言葉で言ってしまったものは、世の多くの人に知れ渡って人気を博し、ブームを起こす力のような、そんな程度のイメージだったと思います。(前の記事での辞書の定義で言えば、「広く行き渡ること」という、漠然とした定義のほうですね。)
 「普遍性」と言ったときに、哲学・思想用語として捉える人よりも、そういう“人気の出る要素”のように聞いてしまう人も案外いると思うのです(英語で言えば、ユニヴァーサルではなくポピュラーに近い?)。私の場合は、そのへんの区別が全然できずに混同しながら使っていた状態でした。
 哲学・思想の用語で言えば、これは誤用なのですね。・・・“価値”というのは、むしろ相対的なものだと。そこを絶対的なものの如く思いなそうとすると、それは“イデア”について話していることになる、と。あるいは“アプリオリ”とか。どうやら、そういう話なのですね。私には難しいですけど、とても面白いです。

 それこそ遠い昔に「倫理社会」のお勉強をしていたときに、“イデア論”で語られる真・善・美という概念は、けっこう気に入っていました。でも、私が個人的に、≪これには“普遍的な価値”があるんじゃないか≫などと思うものを、いくらなんでも“イデア”とまで語れるかと言われれば、そりゃかなり無理ですよねぇ。(笑)

 世界の真理についてのような話になると、「普遍」というのはいかにも難しいのですが、私程度の人間にも知覚し得る範囲のことに限定して言うと、 「時代の中で人間は変わっていくものだけど、いつの世にも変わることなく人間が抱えているもの(良い意味でも悪い意味でも)ってことになるんでしょうかねぇ」と書いた、その程度のことは許されないものだろうか、と思っています。

→ ukparaの思索メモ (つねに未完成) - うのもえ 第4話 「三つの決断主義」

 けれど、このあたりを読ませていただいて、私の思い込みは「普遍的価値」などと言うよりも、むしろ「無根拠な選択」なのかなぁと感じました。

決断主義2=「諸個人が、自らの無根拠な行為を、その政治性を自覚化する(社会参加する=自分自身だけでなく全人類をもアンガジェ〔拘束〕する)ことで、正当化すること」 in サルトル『実存主義はヒューマニズムである』(1946年)

 個人的にいいと思う作品を、ただ自分で楽しんでみているだけではなくて、こうしてブログに感想を書いたりするっていうのも、ずいぶん迂遠ですが、世の中に関わろうとしているってことになるんでしょうね。

決断主義2(サルトル実存主義)は、ポストモダン時代では不可避な生き方だから、当然の(歴史相対的な)前提。よって、肯定される。逆にこういった自覚がない人は、自分の発言の政治性を自覚できないので、危険。

 なるほどなぁ。うっかり「普遍性」などという言葉を持ち出すと、私は“普遍主義者”になっちゃうんだなぁ。
 ネット上でのいろんな話を読んでも、抽象的で実感がわきにくいこともしばしばあるんですが、こんなふうに例えば“ブログを書く”みたいな身近な現実に接続してくると、現実味を帯びてきて、私のような無学な人でもある程度、具体的にイメージを持って考えることができます。
 今回もまた、皆さんのおかげでいろいろ勉強させていただけました。今後ともどうかよろしくお願いいたします。

旅の読書日記 

[2007/01/02] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 リチャード・ローティの「偶然性・アイロニー・連帯」を背伸びして読んでおりますが、大苦戦しています。(笑)
 ただ第一章は読み飛ばして第二章までたどり着いたら、少し中身が頭をかすめる程度には読めるようになって来ました。
 私のような哲学の門外漢は読者として想定されていなかったっぽいですが、第二章は多少時系列に沿ってもろもろの哲学者に対する著者の考えかたが記されているので、まだ私のような入門者レベルにも、取っ付きの足掛かりがある感じです。
 とはいえ、読んでどう感じたか、みたいなレベルの読書とは、到底なりそうもありませんが…。(笑)
 まるで理解を超えているなりに、楽しい読書です。こういうのもたまにはいいものですね。

お正月の読書 

[2007/01/02] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 思いがけず、この正月は、ゆっくりできる時間が少なくて、なかなか読み進みません。
 ですが、もしかなり集中できたとしても、これを読むには私の基礎学力は相当不足してますねー。うん。

偶然性・アイロニー・連帯―リベラル・ユートピアの可能性 偶然性・アイロニー・連帯―リベラル・ユートピアの可能性
リチャード ローティ (2000/10)
岩波書店

この商品の詳細を見る

 「サブテキスト必須」というアドバイスをもらいましたが、まず一回は(ほとんど意味が理解できなくて、頭の中がホワイトアウトするのに耐えて、)ざっくりと読み流してみようかな、と思い始めています。(本気で読むときにはノートを取りながら読まなきゃ・・・。)

 とりあえず。がんばれ、自分!(笑)

怠け者の私に、向学心をありがとうございます。 

[2006/11/24] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 体調の悪いせいばかりではないのですが、昨日の記事では、自分の無知なところ、自信のないところ、弱さだなと感じるところをそのまま言葉にしてしまいました。
 ブログの記事としては、決して誉められたものではない内容であったと反省されるのですが、大変真剣なコメントやメールをいただいて、今回もまた「ブログを書いていて本当によかった。ありがたい!」という気持ちになりました。心より感謝申し上げます。
 今日はtakkunさんからいただいたメールに電撃を受けて、衝動的に本屋さんに走り、さっそく課題図書(笑)を買ってきてしまいました。

偶然性・アイロニー・連帯―リベラル・ユートピアの可能性 偶然性・アイロニー・連帯―リベラル・ユートピアの可能性
リチャード ローティ (2000/10)
岩波書店

この商品の詳細を見る

 恥ずかしながら、ハードカバーの本を買ったのは何年ぶりだろう?まあ、ゆっくりと読みます。(お正月の読書かな?)
 それからちょっとググってみたら、印象に残ったところがあったので、書き留めておきます。

リチャード・ローティが言う「アイロニー」とは、「僕はこの件では私的には○○だと信じるけれど、世の中にはいろいろな価値観のひとがいるから、公的にはそれが唯一の価値観だとは主張しないよ」という態度のことだ。つまり、寛容の精神のことである。
 波状言論::はてな出張所 - アイロニーと「あえて」


 東さんの宮台さんや大塚さんへの批判はよくわかりませんが、この“アイロニー=寛容の精神”という解説には、なるほどなぁと膝を打ちました。(私などはベタ丸出しを基本スタイルとしている人なので、なおさらそう思ったのでしょうね。)
 ただ、「自己を優位に置くための論争上の戦略」としての冷笑的な態度(シニシズム)を遠ざけたい思いはあるんですが、その遠ざけたいという自分の気持ちもまた唯一の価値観ではあるまい、と。――毎度にわか勉強をすぐに受け売りする単細胞で、お恥ずかしい。(笑)
 勉強のための勉強ではなくて、自分の関心が向いていったところが自然にそこだったということで、ちょっと難しい本でも読めるんじゃないかな、と思っております。
 最近ちょっと行き詰まり気味でしたが、本当に、皆様には深々と感謝!

FC2 Management