『リング・オブ・ガンダム』を、ヒット作にするためには! 

[2009/11/20] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 書きかけている記事がいくつもあるんですが、いつもお世話になっているkaito2198さんが全力で『Ring of Gundam』応援記事を連載しておられるので、ちょっと反応してみます。話し相手がいるほうがいいんじゃないかな、と。

 富野由悠季ファン待望の『リング・オブ・ガンダム』への期待ということで、これはたぶん富野監督への提言というよりも、この作品をプロデュースすることになる誰かの背中を、「こうすれば売れる!(かも)」という感じでググッと押そうという力技の記事のようにお見受けしました。

 私はあくまで「観客」だと自分の立場を定義してますんで、これからの作品については「面白ければいいな!」と希望するばかりですが、kaitoさんの個々のお話には興味深いものがあるので、世の中の受け取り方からは遠いかもしれないオールドファンのたわごとですが、個人的に思ったことを書き留めてみます。

キャラクターとメカのデザインについて

  • 富野作品においては、キャラクターの造形は作品内容や作劇・演出に決定的な影響を与えない
超合金魂 GX-36 伝説巨神 イデオン

 これは同感です。それを強く思うのは、むしろメカのほうですね。あのイデオンのデザインを見ろってぐらいで、オモチャオモチャしたデザインを逆手に取れる富野監督の足腰の強靭さは凄いですよね。プロデューサーの立場で作品が「ヒットする」ことを前提にしたときに、富野監督ならではのこだわりを我慢していただくとすれば、まずはこの部分かもしれません。(監督、ごめんなさい。監督の理想をスポンサーが正しく理解するまでには、まだまだ時間がかかると思うのです。)

∀ガンダム ― オリジナル・サウンドトラック 1

 一方のキャラクターデザインについても、『ブレンパワード』のいのまたキャラをはじめてみた時は私もビックリ(笑)したものですが、それでも今ではブレンほど好きな作品はありませんから、監督の力ならどうにでもできるというのには同意。ただ富野作品の本質は人間ドラマですので、個人的意見としては、ここはメカよりもこだわりを残したいところです。
 先日、秋葉原であったあきまんさんの個展を私は見ることが出来なかったんですけど、油彩画で描かれた『∀ガンダム』のキャラクターの絵画を(ネット上でですけど)見せていただいて、人間味のニュアンスが豊富な富野アニメの人物を描くのには、こういうセンスがふさわしいのだなぁと強く感じました。(アニメ絵らしいマンガ絵、ペン画的なタッチより、他の例で言えばガンダムの安彦さんの水彩画の筆で描いた味わいが合っていたとか、そんな印象論です。)
 ストーリーとのマッチングから言えば、骨格のしっかりとした湖川キャラもベストマッチだったのですが、既に目に馴染みすぎてるという判断があるのならば、やっぱりキングゲイナーで抜擢された中村嘉宏さんの絵には、(例えラフ画でも)「いいなぁ!」と感じさせる力がありますよね。

CGについて

  • これはキャラクターデザインにも絡む問題で、実写の役者をベースにしたキャラクターとはいえ、人物の動き方や演技などと比べますと、顔と表情は明らかに圧倒的に物足りなかった

 そういうわけで、短編フィルム『リング・オブ・ガンダム』で、精一杯ファンの目補正をかけても、ちょっとどうかなーと思わざるを得なかったのはCGキャラクターの「表情」という指摘にも遺憾ながら同感(笑)。
 ただ、まあ、同じく富野ファン補正のかかっている頭で判断すると、あれは毎度何かと「モルモット部隊」にされる(新しいものへの挑戦者とも言う)富野監督に背負わされた十字架だったような気もします。モデルは売り出し中のイケメンライダーとグラビアアイドルかもしれないけど、アニメとしてはあのままじゃ残念ながら売れ筋にはなりにくいというのは、エンディングで中村さんのラフ画を見せているあたり、監督自身も問題点として承知しているのかな、と思っていたりします。

続きを読む

世の中変わっていくから、変わらない本質についてポジショントークしよう! 

[2009/05/29] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 グダちんさんが世代語りをしているのを読んで、ふっと気が付いたら自分もいつの間にか、アムロ・レイって言うよりもテム・レイのほうに近い年齢になっちゃってるんだよなぁ(笑)とか、つくづく思っちゃったので、書きかけで持て余してる記事がいっぱいあるんだけど、すっ飛ばして中年オッサンのポジショントークをしてみる。w

 「ポジショントーク」って自分の立場をはっきりさせて言うって意味と、自分に有利なように言うってニュアンスと両方あるらしい。(ポジショントークとは - はてなキーワード

昔は良かったというのは結局は年長者の自我を慰撫するポジショントークにすぎないのだろう。

 これは、ほぼ正しいと思います。だけど、この手の「最近の若いもんは」話への反発というのも、若者の立場からのポジショントークだよね。っていうか、私が胸を張って若者ですと言えた頃にも、当然のようにこんな感じの世代間の断絶みたいな話はありふれてて、そういう意味では延々とループしてる話だよね・・・って言い出しちゃったら、そこで終わっちゃうから、もう少し続けてみます。

しかし、世代論になると互いに想像で話すから齟齬が在りますね。

 まあ結局そこだよねー。「想像で話す」しかないってこと。

 そこで何で「想像で話す」しかなくなっちゃったかって言うと、世の中の変わってく勢いが凄いから、オッサンの若いときの経験からは、今の若者の置かれてる環境がかけ離れちゃってる部分があまりに多いんで、想像力が及ばないことになっちゃっているんだろうと。
 逆に、今の若者だっていつかは歳をとるわけなんだけど、今のオッサンたちの置かれている立場そのままの姿に自分たちの将来像を思い描くことが、ナンセンスにしか見えないんだろうというのもあります。こう世の中が変わっていくんじゃねぇ、そうなるのも仕方ないでしょうね。

 今の老人世代が年金もらってるみたいに、自分たちが歳をとったときに年金もらえるかって言ったらたぶん無理だよね、とか。まったくそのとおり。
 だけどさぁ。中学生とか高校生ぐらいからケータイ与えてもらってたり、まだ学生さんのはずなのに凄い高価なアニメのDVDボックス買っちゃっていたり、そんなような豊かな子ども時代は、私がティーンエージャーだったときには絶対に考えられなかったですよ・・・みたいな裏返しのこともあるので、そのへんは一概には言えない気もするんですよ。

 何世代ぐらい前のことになるのか、よく分かんないけど、人々の多くが生まれた家でそのまま育っていって、ほとんどの場合、親の仕事をそのまま受け継いで、そこで再び人の親になって子育てをして、そして生まれたその土地で死んでいくのが当たり前っていう、そういうループを繰り返していた時代であれば、若者の気持ちを年長者は(自分の経験から)理解できたし、若者は年長者の姿に自分の将来像を重ねて見ることができたんだろうと思います。

 「昔は良かった」っていうんなら、そういう時代にまでさかのぼって語りたいところだけど、残念ながらそんな記憶を持っている世代はもうほとんど残ってないんじゃないでしょうか。だいたい、それこそ「時代が違うんだよ!」で一蹴されてしまうのがオチ。

 だから時代は変わっちゃったんだよ(そしてこれからも変わり続けていくだろう)っていうのをお互いに直視するっていうのは、これは世代間で語り合う場合の最低限のお約束なんでしょう。その上でポジショントークしたいもんです。・・・あれ、でもそれだと何も共通の基盤がないから、よっぽど工夫しないと不毛な話にしかならないですね?うーん・・・。

続きを読む

『機動戦士Zガンダム』 第38話 「レコアの気配」 

[2009/05/07] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 先日買ってきた『機動戦士Zガンダム』の小説版を早く読みたいんだけど、いちおう以前に自分で「テレビ版の再見を終わってから」とハードルを設けてしまったので、まだ読めないのでありました。

機動戦士Z(ゼータ)ガンダム〈第5部〉戻るべき処 (角川文庫)

 しかし、目の前に人参をぶら下げる必要が?

 なくもないですね。でもつまらないものを我慢して見ているわけではありません。面白いんです。面白いんですけど、しんどいんです。そんな感じ。

 ついに38話。二回目の地球降下からカミーユとシャアが宇宙に戻り、いよいよ終盤の物語に向かっていこうというところ。この回では地上篇の前半から宇宙篇の後半までを、ひとつのエピソードの中で切れ目なく繋いでいっています。『ZZ』の製作決定で後半全体が引き延ばされていますから、このままラストアクションに入っていかないところはシリーズとしてはテンポが悪いんですけど、一話一話が間延びした感じになることはないのは、さすがです。

 のっけからカミーユへの怨念に凝り固まっているジェリドが出てきますけど、個人レベルの小さな勝負にこだわってるだけの、こんなつまらん男では、もうカミーユのライバルというポジションは保てない。冷徹ですね。

 二話前の『永遠のフォウ』ラストで、もうクワトロ大尉とは呼ばない、と突っ張っていたカミーユなんですが、やっぱり「シャア」とは言いにくいし、この回で案外あっさりと妥協。何か微妙な距離感で、それでもシャアについて行くって感じかな?
 この緊迫した場面で(宇宙で会うはずの)カツへの伝言はないかとハヤトに尋ねるカミーユは、いろいろ気配りの出来る優しい少年。ハヤトの「生きていてくれれば」というセリフは、後のことを考えると切ないです。カミーユは気配りのできる子だから、こういうのも記憶のどこかに残っていて、一人一人の死を重く受け止めずにいられなかったのかもしれないなー。

クワトロ 「一昔前の人々は、この何倍ものGに耐えながら宇宙に出た」
カミーユ 「知っています」
クワトロ 「彼らは宇宙にこそ希望の大地があると信じた。自分達を宇宙に追いやった地球のエリート達を憎むことより、その方がよほど建設的だと考えたからだ。地球の重力を振り切った時、人は新たなセンスを身に付けた。それが、ニュータイプの開花へと繋がった。そういう意味では、確かに宇宙に希望はあったのだ」
カミーユ 「よくわかる話です。僕もその希望を見つけます。それが今、僕がやらなくちゃいけない事なんです。(・・・そうしなければ、フォウはオレの中に生き残ってはくれない。)」

人間の条件 (ちくま学芸文庫)

 ハンナ・アレントの『人間の条件』という本を読んだとき、その「プロローグ」で、あ、これが“ニュータイプ”のイメージの源だな、と直感しました。
 「公共性」について述べられているこの本は1958年(!)に刊行されていますが、その書き出しは、前年のスプートニク(最初の人工衛星)打ち上げのことから始まっているんです。

「地球に縛りつけられている人間がようやく地球から脱出する第一歩」というこの発言が陳腐だからといって、本当はそれがどんなに異常なものなのかを見逃してはならない。というのは、なるほどキリスト教徒はこの地上を涙の谷間といい、哲学者は人間の肉体を精神や魂の囚人として眺めてきたけれども、人類の歴史の中でいまだかつて、人々が本気になって、地球は人間の肉体にとって牢獄であると考え、文字通り地球から月に行きたいとこれほど熱中したことはなかったからである。

 「地球は人間の条件の本体そのもの」ですが、その条件から脱出したいという望みを人間は持つ。こうした「与えられたままの人間存在にたいする反抗」についての判断を、職業的科学者や職業的政治屋だけに委ねることはできない。この「プロローグ」でアレントは、生命のあり方や労働のあり方などの「現代的な不安」を例示していますが、彼女はそれに対して「解答を与えようとするものではない」とし、「人間の条件を再検討すること」をこの本で試みています。
 「空想科学小説」について、「それは大衆の感情と大衆の欲望を伝える媒体として注目に値するものであるが、残念なことにこれまでそのような注意を払った者はだれもいない」とも述べています。とても難しい本ですが、非常に興味深い内容です。

 「そういう意味では、確かに宇宙に希望はあった」とシャアは言い、それにカミーユは「よく分かる」と。地球の重力(つまり人間の条件)を振り切る希望に僕は生きるんだ、と熱っぽく同意しちゃってます。

「本当に排除しなければならないのは、地球の重力に魂を引かれた人間たちだろ!」

「排除しなければならないのは、地球の重さと大きさを想像できないあなたたちです!」

 ちょっと先走って最終話の話題になっちゃいますが、『機動戦士Zガンダム』のテレビ版と劇場版で、最も顕著な相違点を示している上記のカミーユのセリフの変更は、この38話でのシャアとの距離感の取り方で既に決まっちゃってるところもあるような気がします。
 ガンダムみたいな“巨大ロボットアニメ”なんて、大衆の感情と欲望にまみれた「きわめて尊敬すべからざるもの」だったんでしょうが、富野由悠季はそういうところでこそ「人間の条件」を再検討していたような気がします。

 しかし、フォウの死をまだ引きずっているところへダカール演説の高揚感も重なって、しかもシャアの操縦しているシャトルに自分の命を預けているという絶妙のタイミングでこういうふうに“オルグ”されちゃったら、カミーユがシャアから自立した独自の視座を持つことは難しいでしょうね。つくづくテレビ版のストーリーテリングは残酷です。

続きを読む

正月休みは、あまり休まりません? 

[2008/01/03] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 昨夜遅く帰宅しました。今日は早々に用も済ませて、明日からの仕事に備えて一休みです。正月休みは本当にあわただしくて、忙しいですね。毎年言ってるような気がしますが、日本人はこれだけ正月を大切にする民族なんだから、もうちょっと正月休みは長くていいですよね。なぜ、そういう公約を掲げる政党がないのか。(笑)
 とはいえ、もはやファストフードに限らず、サービス業関係は軒並み逆方向というか、「正月休み?そんなの関係ねぇ」的な流れが強まってきちゃってますから、実現不能ですかねぇ。

 実家へ帰ってもすることもなく、なんだかんだと呑みっぱなしの正月でした。考えてみれば、こんなに呑み続けることも一年を通じてなく。ほとんど耐久レース状態。(笑)
 両親ももう、70歳を超えましたから、「あとどれだけこうしてお正月できるんだろうか」という思いもあって、日程的にも財政的にも苦しい中を、いちおう帰省するんですが。久しぶりに会ったからとて、別に話すことがあるわけではなく。(苦笑)
 まあ顔を見せればいいんだと納得をして、あとは潤滑油代わりにただただ酒を呑む。・・・たしかに正月でもなかったら、こうやって帰省もしないわけだから、やっぱり正月の威力ってのは偉大なもんです。
 が、ともかくあわただしいとんぼ返りと(少々)暴飲暴食のおかげで、休みと言いながら、ちっとも体は休まっていない気のする正月休みなのでした。

 今年はあまり長々とした記事を書かない、というのを、ブログの抱負にしたいと思っております。人さまのブログにお邪魔いたしましても、長ーい文章というのはやっぱり読むのが大変。でも、私の場合なんかだと、長文を書くほうが楽なんですね。書きながら考えてる人なんで。ただ、人さまに読んでいただきたいことほど、よく考えて、簡潔にまとめたほうがいいのは絶対に間違いのないことで。
 開き直りとしては、自分が書いていて楽しいのが絶対条件なので、無理はしませんけど、努力目標というのはあったほうがいいと思うのです。あと、アニメの本数も少し減らす!減らしたい!減らせればいいかな?ま、なるべくそうしましょう。(笑)

 今も働いていらっしゃる皆さんには申し訳ないんですけど、正月の何がすごいって、ほぼ日本中同時に、そして半強制的に「仕事ストップ!」ってなっちゃうのは他に類を見ないですよね。たまっている仕事とかどれだけあっても、誰かが働いていると、どうもこっちも落ち着いて休めないから、「休め!」っていう感じ。これも一種の「空気読め」ですかねぇ?
 そうすると、正月も休まないサービス業っていうのは、「あえて空気読まない」なのか、空気が変わってきてるってことなのか。こうやって実家から帰ってきてみると、やっぱりファストフードやらコンビニやらにはお世話にならざるを得ないので、働いていらっしゃる皆さんには感謝しなくちゃなあと思いつつ。
 体はあんまり休まっていなくても、気分の上では仕事がいったん全部リセットかかるっていうのは大きい気がします。(たまっている中身を思い出し始めると鬱になりますが。 ・・・笑)
 別に「新年」って言ったって、私が生存している空間そのものは何も新しくはなってはいないんですけど、いちおう何でも一度、手を止めて、ここから再スタートをするんだぞ、って暗示は、それはやはり何だか「めでたい」!

 帰りの車中でハンナ・アレントの『人間の条件』 (ちくま学芸文庫)をようやく(ようやくにも、ようやくにも!)読み終えて、訳者のあとがきに「本書は難解だといわれ」ってさらっと書いてあって、思わず安心したんですが(笑)、“公共性”みたいなことを考えるきっかけとしては、本当に素晴らしい本でした。全然、読解力が追いつきませんが、折に触れて何度でも読み返したいと思います。
 何が難しいかといって、彼女は現代社会の危機について、その根源にさかのぼって緻密に考察を加えているんですけど、“今日の社会がどういう過程を経てこうなったのか”は書くけれど、“だからこうすべきだ!”とは言わないんですね。それはたぶん、原理主義的にそれをやってしまうと、たぶん一気に“全体主義”みたいにもなりかねないということを、アレント自身がいやになるぐらいよく知っているからなのだと思うのです。

 何でも簡潔に結論があったほうが、読むほうからすると楽なんですが、誠実に考えようとするほど、いい加減に「こうすべきだ!」とは断言できなくなります。私にとっての富野アニメなんかもそういうようなものなんですが。
 で、正月です。(笑)
 大衆消費社会のあくなき欲望は、サービス業の絶えざる営業を求めてやまず、市場原理に委ねていれば、やがて正月休みなどは有名無実化するのかもしれません。もちろん、警察や消防や医療現場など、休みたくても休めない職種もあるでしょう。だけど、それ以外では・・・本当にこのままでいいんですかねぇ?
 きっと正月も休まず働いている人たちの多くは正社員ではなかったりして、やがて“のんびり正月休みなんて言ってるやつらは、自分たちだけエリート気取りか!”みたいな殺伐とした「空気」が芽生えてきてしまうんじゃないかと、恐ろしくなったりもします。
 少なくとも、せめてうちの両親が健在な間ぐらいは、“お正月ぐらいのんびり休もう”(・・・実際にはあまり休めてないけど)という「空気」が維持されて欲しいなぁと私は願っているのでありました。

富野由悠季と小松崎茂 

[2007/11/15] | 御大 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 “巨人と小人”の話に導かれたわけではないですが(笑)、なぜかむしょうに見たくなって、今日はレンタル屋さんで『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』を借りてきて見てしまいました。久しぶりに見たんで、けっこう新鮮だったんですけど、なかなかすごかったです。感想は、また今度書きます。

 今夜は、本当は昨夜書きたかったことを。
 今回、Nishinomaruさんが示してくださった“GIANTS OUT OF THE SUN”は1940年のものだそうですが、その前に“ガウォーク!?”ということで見せてくださったイラストは、なんと1929年のものだそうで!驚きです。まさにAMAZING!(あ、ガウォークか。いや、だから今日マクロス見たわけじゃないですよ、ほんと。 笑)
 で、あちらでコメントもしましたが、それを見た瞬間に、≪小松崎茂!!≫とか連想してしまったわけです。

図説 小松崎茂ワールド (ふくろうの本)図説 小松崎茂ワールド (ふくろうの本)
(2005/11)
根本 圭助

商品詳細を見る

 この本、いい本ですよ。今でこそ再評価されて「画伯」とか言われていますけど、少年ものの挿絵画家ということで、子どもたちには絶大な支持を受けたけれど、世間的には充分な評価を受けなかった小松崎茂(→ Wikipedia)という人の“生涯現役”で描き続けた軌跡が、時代背景なども含めながら記されています。(私はプラモデルのパッケージぐらいでしか実際に作品に接することは少なかったですけどね。)
 この本の第6章に、小松崎の弟子であり、本の編著者でもある根本圭助が描いた小松崎の画室のようすが載っていますが、デスクの背面の壁が全面、本棚になっていて、比較的大きさの揃った雑誌のようなものがぎっしりと詰まっています。小松崎の“参考書”の具体的な中身はこの本の中では言及されていないんですけど、Nishinomaruさんが指摘されたような外国雑誌なんかもきっとあったんじゃなかろうかと妄想します。昭和14(1939)年という頃には、『機械化』という科学雑誌に日本におけるSF画の嚆矢と言われるスーパー兵器を次々と描き出していた画伯ですから。(下記のサイトなどでまとまって作品を見ることができます。)

komatsuzaki.net (オフィシャルサイト)
小松崎茂・少年少女世界科学冒険全集

僕の世代の男の子は、半分ぐらいは小松崎の影響下にいるのではないのかと思う。

・・・と、富野監督も、小学生ぐらいの時に小松崎茂の真似をして、学級新聞に『地球SOS』(昭和23~26年)によく似た連載絵物語を描いた思い出を『だから僕は・・・』に記しています。

だから僕は…―ガンダムへの道だから僕は…―ガンダムへの道
(2002/11)
富野 由悠季

商品詳細を見る

 面白いな、と思うのは、中学生になったときに“僕”以上の同級生が出現して、絵のうまさでも対象への知識でも圧倒される話でした。

たとえば昨日みせてもらった戦艦を、その日の夜にでも描いて、それを翌日、湯山にみせる。と、
「これが大和かよ。嘘をつけ」
「ひょっとすると艦爆と零戦のちがいがわからないの?」
 と、こうなるわけで、くやしかった。戦艦大和の写真なんか一枚もないのだから、主砲が二連なのか三連なのかもわからないし、カンバクがわからない。現在のように図鑑づけの時代ならいざ知らず、『丸』のような雑誌があることさえ知らなかった僕には、イラストの代表といえば小松崎茂しかいないのだ。

 これは「オタク的教養に知識を偏らせたオタク」との出会いなのでしょうね。(笑)

 ところで小松崎茂の描いたロボットはないかと探してみて、『怪人白どくろ団』という作品(昭和28年)の絵を見つけました。とても今ふうにカッコいいとは言いがたいですけど、このロボットの躍動感は素晴らしいと思いました。

小松崎茂『怪人白どくろ団』(昭和28年) 小松崎茂『怪人白どくろ団』(昭和28年)

 小松崎茂という人の精力的な制作を眺めていると、富野監督のコンテ千枚切りの話なんかを思い出したりします。躍動感のある表現だけではなく、その制作のジャンルが世間からは低く見られるところなども、私は富野監督とついつい重ねてみてしまったりします。富野監督は、小説を書くよりも、絵物語を描いたら面白いんじゃないか、とまで言ってしまったら言い過ぎなんですが・・・。(笑)

いまだ、クリエイティビティと言う神話を素朴に信じている非オタクと、オタク的教養に知識を偏らせたオタクのギャップは広がるばかりです。

・・・と、Nishinomaruさんがおっしゃったのは、ついつい“ルーツ”探しをしてしまうことについて、自虐的に言われたのかなと思うんですが(違ってたらゴメンナサイ!)、“必死に自分の個性を出そうとするのは如何なものか”的なことを近年、富野監督もよく言われます。大げさに言うと“近代的自我”の問題なのかな、と私は思っています。

死すべきものの任務と潜在的偉大さは、無限の中にあって住家に値する、そして少なくともある程度まで住家である物―仕事、偉業、言葉―を生み出す能力にある。

ハンナ・アレント『人間の条件』

 自然の絶えず循環する生命の中にあって、人間だけは生から死へと直線を描こうとする。クリエイティビティという話も、ロボットの話も、最後はそんなことを考え合わせねばならないと私は思うのですが、それは本当に難しいものですね。

続きを読む
FC2 Management